FC2ブログ
2019年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

労働組合をつくろう!


使用者は労働者が労働組合を結成する、労働者が労働組合に加入する、これら労働組合活動を理由として解雇してはならない。また労働組合に加入しないように、もしくは労働組合からの脱退を条件に雇用契約を結ぶことも労働組合法に違反します。
法人は労働組合との団体交渉を拒否できません。

日本国憲法第28条
勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利は、これを保障する。

労働組合法第7条
使用者は、次の各号に掲げる行為をしてはならない。
1 労働者が労働組合の組合員であること、労働組合に加入し、若しくはこれを結成しようとしたこと若しくは労働組合の正当な行為をしたことの故をもつて、その労働者を解雇し、その他これに対して不利益な取扱いをすること又は労働者が労働組合に加入せず、若しくは労働組合から脱退することを雇用条件とすること。
2 使用者が雇用する労働者の代表者と団体交渉をすることを正当な理由がなくて拒むこと。

障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律

第三章 障害者福祉施設従事者等による障害者虐待の防止等

第十六条1項 障害者福祉施設従事者等による障害者虐待を受けたと思われる障害者を発見した者は、速やかに、これを市町村に通報しなければならない。

第十六条4項 障害者福祉施設従事者等は、第一項の規定による通報をしたことを理由として、解雇その他不利益な取扱いを受けない。

第十八条 市町村が第十六条第一項の規定による通報又は同条第二項の規定による届出を受けた場合においては、当該通報又は届出を受けた市町村の職員は、その職務上知り得た事項であって当該通報又は届出をした者を特定させるものを漏らしてはならない。
都道府県が前条の規定による報告を受けた場合における当該報告を受けた都道府県の職員についても、同様とする。

>告発をするときは一人で行くなよ
>対応は数で上回るのが優位だ
>ボイスレコーダーで記録を取り必ず相手の名前を聞くこと
>電話で通報告発するときは名前を言う必要はない  <告発は匿名が条件だ>

お知らせ

189-189.jpg

気付いてください
虐待を受けている子供や虐待をしている保護者には、つぎのような特徴が見られます。一つだけでなく、複数の項目に該当したり、頻繁に見られる場合には虐待が疑われます。

子供について
●子供の泣き叫ぶ声が頻繁に聞こえる。
●不自然な外傷(あざ、打撲、やけどなど)が見られる。
●表情が乏しく活気がない。
●衣服や身体が極端に不潔である。
●ひどく落ち着きがなく乱暴、情緒不安定である。
●食事に異常な執着を示す。
●夜遅くまで遊んでいたり、徘徊している。
●理由もなく、保育園や学校を休みがちである。

保護者について
●子供を怒鳴りつける声がよく聞こえる。
●小さい子供を家に置いたままよく外出している。
●子供の養育に関して拒否的、無関心である。
●子供を甘やかすのは良くないと強調する。
●気分の変動が激しく、子供や他人にかんしゃくを爆発させることが多い。
●子供のケガや欠席について不自然な説明をする。
●子供がケガをしたり、病気になっても医者に診せようとしない。
●地域や親族などと交流がなく、孤立している。  

子供を虐待から守るための5か条
1 「おかしい」と感じたら迷わず連絡
2 「しつけのつもり…」は言い訳
3 ひとりで抱え込まない
4 親の立場より子供の立場
5 虐待はあなたの周りでも起こりうる

2019.04.23 (Tue)

ストレス施設なのか?*日頃から問題があった ⇒ 表面化する

老人福祉施設で入居者を暴行し逮捕

阿賀野市の老人福祉施設で介護士の男が入居している女性を暴行し、けがを負わせた疑いで逮捕された。
逮捕されたのは 阿賀野市の介護士の板垣京平容疑者。

警察によると、きのう施設の職員から入居している90代の女性の胸元と首に内出血があると相談があった。
その女性を1人で担当していた板垣容疑者が乱暴したことを認めたため、傷害の疑いで逮捕した。
この福祉施設の施設長によると、板垣容疑者が4月ごろから入居している人に大声をあげることがあったという。




94歳女性に暴行

新潟県阿賀野市の老人ホームに入所している94歳の女性に暴行を加えケガをさせたとして、介護士の男が逮捕された。
傷害の疑いで逮捕されたのは、阿賀野市にある特別養護老人ホームの介護士・板垣京平容疑者。

警察によると、板垣容疑者は4月18日夜、入所している94歳の女性に暴行を加え、首や胸などが皮下出血するケガを負わせた疑い。
警察の調べに対し、板垣容疑者は容疑を認め、「女性が言うことを聞いてくれないので、不満がたまっていた」などと話しているという。施設によると当時、夜間勤務の時間帯で、板垣容疑者は1人で入所者18人を担当していた。

また、被害にあった女性は「ベットから落とされて被害を受けた」などと話しているという。
警察が当時の状況などを詳しく調べている。




板垣京平23歳



http://bit.ly/2IPkREo



特別養護老人ホームかがやき苑



社会福祉法人かがやき福祉会
理事長 小野里 浩
新潟県阿賀野市寺社甲3848-212


残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.04.22 (Mon)

ゲに恐ろしきは介護士の業

元職員の介護福祉士 田村真樹31歳を起訴

横須賀市の老人ホームで1月、入居者の菅谷伊津子さん=当時(89)=を殺害したとして、殺人容疑で再逮捕された元施設職員の介護福祉士、田村真樹容疑者(31)について、横浜地検は19日、殺人罪で起訴した。

起訴状によると、田村被告は1月24日、老人ホームで菅谷さんの首を背後から腕で締め付けるなどの暴行を加え、窒息させて殺害したとしている。

事件をめぐっては、同日朝、心肺停止状態の菅谷さんを施設職員が発見したことで発覚。県警は菅谷さんの口座から現金を引き出したとして2度にわたって窃盗容疑で田村被告を逮捕。田村被告は窃盗罪などで起訴され、先月29日には殺人容疑で再逮捕されていた。


極刑を望む

老人ホームで意識不明 搬送先の病院で死亡   2019年1月25日
1月24日午前8時40分ごろ、神奈川県横須賀市大矢部の老人ホーム「横須賀グリーンヒルケアハウス」で、入所者とみられる80代くらいの女性が意識を失った状態でいるのを施設職員が発見。女性は病院に搬送されたが、病院で死亡が確認された。
同県警捜査1課によると、朝食の席に女性が現れなかったことを不審に思った職員が女性を発見したという。女性の体から刺し傷や出血などの目立った外傷は確認されておらず、室内が荒らされている様子もなかったといい、同課が死因や詳しい経緯を調べている。

横須賀の老人ホームで死亡 ⇒ 窃盗 介護福祉士逮捕
警察は殺人事件とみて捜査を始めたが、この老人ホームの介護福祉士の男(31)が、菅谷さんの口座から現金15万円を引き出したとして、窃盗の疑いで24日夜、逮捕した。警察は菅谷さんが亡くなった事件との関連を調べている。

入所の89歳女性は窒息死 殺人事件として捜査
目立った外傷はなかったが、警察が詳しく調べたところ、死因は首を圧迫されたことによる窒息死と分かり、殺人事件として捜査を始めた。

http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4333.html



殺人容疑について認める供述をした
「金を盗んだのが発覚して施設を辞めさせられるのが嫌だった」と

元職員を再逮捕 入所の高齢女性殺害容疑 2019年3月31日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4423.html

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.04.22 (Mon)

幼稚園で金と地位を手に入れるってか

学校法人こばと学園
理事長 小西 輝
読谷こばと幼稚園
園長  佐久川恵子
沖縄県中頭郡読谷村字長浜1677



給与未払いで教諭全員が退職 私立読谷こばと幼稚園

学校法人こばと学園が運営する読谷村長浜の私立幼稚園「読谷こばと幼稚園」で、勤務する全職員9人のうち幼稚園教諭全員を含む8人が退職することが、21日までに分かった。

同法人では数年前から理事長の地位を巡る確執があったほか、職員への給与未払いに関するトラブルがあった。
関係者によると法人は園の運営を継続する意向だが、職員らは在園児の受け入れ先として村内に新たな認可外保育園を設立。19日までに園児の大半が新設された施設への転籍を決めている。

同園は40年以上の歴史があり、外国人園児を含む3~5歳の56人が在籍していた。ある職員によると1~3月に給与の一部が支払われず、法人に対する不信感などから職員の大半が退職を決めたという。職員らが12日に保護者説明会を開き退職の意向を示したのを受け、40人以上の園児が新設施設への転園を決めた。19日は対応を決めかねている5人が登園した。

理事長の地位を巡っては数年前から訴訟が起きていて、今年1月に現理事長の地位が認められた。元理事の男性職員は「法人の運営で保護者や園児にご迷惑を掛けてしまった」と謝罪し、「今後も園児を最優先に考え、良い環境づくりに努めたい」と話した。現理事長は21日まで本紙取材に応じていない。

私立幼稚園を監督する県子育て支援課によると、2018年度は園の運営費などとして同法人に約1800万円を補助した。同課には12日以降、困惑した保護者から電話やメールで問い合わせが複数寄せられているという。

担当者は「判決が確定した2月ごろから、新理事長に対し子どもたちに影響がないような運営をするよう指導をしている」と説明。19日には同課の職員が園を訪れ、現場の状況を確認した。


理事長の地位や給与支払いを巡るトラブルが起きた

勤務する全職員9人のうち幼稚園教諭全員を含む8人が退職


法人は園を存続する意向だが
職員達は
在園児の受け入れ先として村内に認可外保育園を立ち上げる



同法人の理事長の地位を巡っては、元理事長と現理事長の間で数年前から訴訟が起きていて、福岡高裁那覇支部で1月、現理事長の地位が認められた。

退職について職員らは1~3月に給与の一部未払いがあったと主張。取材に対し「勤務継続は精神的に限界。残された園児はしっかりサポートする」と説明。現理事長は「残業代は必要書類が足りず払えなかった。経営を立て直して新体制で園を続ける」としている。

4歳男児の母親(41)は「何があったか詳しくは知らないが、大人のごたごたで子どもが犠牲になるのは心苦しい」と表情を曇らせる。職員への感謝はあるが巻き込まれたくないといい「別の園に移ります」と言葉少なだった。

3歳男児が通う父親(49)は「先生たちの対応が良いので、同じ先生たちの下で遊ばせたい。子どもは(こばと園の)運動場で走るのが好きだったから、場所が変わるのはかわいそう」と話した。

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.04.22 (Mon)

罪を憎んで人を憎まず?*JR三ノ宮駅前のバス事故

民事訴訟
遺族は神戸市に対して損害賠償を求めなさい!


糖尿病の血糖値管理を怠った過失を認定 (東京地裁 平成25年3月7日判決)

交通事故の判例 (意識障害事故の民事賠償)
意識障害の死亡事故で無罪判決を受けたが民事裁判は賠償を命ずる
https://www.think-sp.com/2013/03/29/hanrei-ishikishogai-kashitsu/



バス運転手、糖尿病の持病 意識低下の可能性も

兵庫県警はバスを運転していた市交通局職員大野二巳雄容疑者(64)(神戸市長田区)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死)容疑で現行犯逮捕した。

県警の発表では、死亡したのは同市須磨区のアルバイト那須勇成さん(23)と兵庫県明石市の大学生柳井梨緒さん(20)。奈良県斑鳩町の会社員の女性(45)が両脚骨折の重傷を負った。

バスは神戸北町(北区)―三宮駅前(中央区)を運行中で、現場から約5メートル手前の地下鉄三宮駅前バス停で乗客全員を降ろした後、低速のまま赤信号を無視して横断歩道に進入。歩行者をはね、中央分離帯に衝突して止まった。

バスはオートマチック車で2008年から使われており、大野容疑者は県警の調べに、「発進準備をしていて、ブレーキを踏んでいたが、バスが急発進して人をはねてしまった」と供述しているという。


無自覚性の低血糖症

神戸市によると、この日は午前6時頃から2路線で計6回乗務していた。糖尿病の持病があり、日頃からインスリンを使用していたという。インスリンは使用後、意識が低下することもあり、県警が関連を調べている。


直近の定期健康診断(昨年11月)で支障はないと判断したことも明らかにした。大野容疑者の親族によると、糖尿病を患ったのは10年ほど前で、事故前の20日夜も服薬していたという。


神戸市によると、このバスはオートマチックのディーゼル車。毎年の車検のほか、3カ月に1度の法定点検を受けており、問題は報告されていないとしている。


運転手は30年以上勤務するベテランだった。運転手の大野二巳雄容疑者(64)=自動車運転死傷処罰法違反容疑で逮捕=は、1986年採用。2015年に定年を迎え、再任用されたベテランだという。



厚生労働省は平成25年5月29日
医薬品服用中の自動車運転等の禁止等に関する患者への説明を医師及び薬剤師が適切に行うように通知を出している

平成25年6月7日
てんかんや統合失調症など運転に支障がある疾患があり病状を自覚していながら免許取得時・更新時に故意に申告しなかった運転免許取得者に対する罰則

平成26年1月7日の通知において
[重要な基本的注意]の項に「低血糖症状を起こすことがあるので高所作業 自動車の運転等に従事している患者に投与するときには注意すること」と追記するよう指示が出された

Blog Top  | つぶやき | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.04.21 (Sun)

全日本指定自動車教習所協会連合会*会長は元警察庁長官

また プリウスか
って言うじゃな~い

別にプリウスを叩くわけじゃないけどな
あまりにもプリウスの重大事故が多すぎるわ
オマエらこのプリウスって車を運転したことあるかぇ?
ワテは何度か運転したことがあるけどな相当慣れないと戸惑うわ
ましてや高齢者だからな


こんな危険な危ない75歳以上のドライバーが多すぎるわ

19日午後12時25分ごろ、東京都豊島区東池袋四の都道交差点で、板橋区弥生町、無職飯塚幸三さん(87)の乗用車が、横断歩道を自転車で渡っていた豊島区東池袋二、無職松永真菜さん(31)と長女莉子ちゃん(3つ)や歩行者らを次々とはねた。松永さん親子は病院で死亡が確認された。ほかに、飯塚さんを含む40~90代の男女8人が骨折などの重軽傷を負った。

警視庁交通捜査課によると、ドライブレコーダーに残された音声から、飯塚さんは事故直前、同乗していた80代の妻から「危ないよ。どうしたの」と声をかけられ、「どうしたんだろう」と答えていた。事故後、息子に「アクセルが戻らなくなって、人をいっぱいひいてしまった」と電話していた。

飯塚さんは池袋駅方面から南東に走行中、道路左側のガードパイプに接触。スピードを緩めずに約150メートルにわたって暴走した。その間、横断歩道で自転車の70代の男性をはね、二カ所目の横断歩道で、自転車に乗っていた松永さん親子をはねた。さらに、左側から来たごみ収集車と衝突し、別の横断歩道に突入。歩行者4人をはねた。対向車線で信号待ちをしていたトラックにぶつかって止まった。

現場は片側二車線の直線。いずれの横断歩道も飯塚さんの側が赤信号だったと、交通捜査課はみている。目立ったブレーキ痕はなかった。



この人って この男の家族は 松永真菜さんと莉子ちゃんに どう詫びるんだろうか

このドライバーの無職の飯塚幸三87歳は経済産業省の官僚だった そうや
近所の住民は飯塚幸三87歳の近況について
ここ何年かで 歩くのは結構きつそうになっていた 最近はいつも、つえを持って歩いていたと語った

このドライバーの無職の飯塚幸三87歳は
アクセルが戻らなくなったと話している
だがなオマエさんのウソはバレる
近頃の車にはイベントデータレコーダーなるものを密かに設置してるんだよ
解析すれば言い訳は通用せんのだ
オマエさんの一族で松永さんを一生償え!


認知機能検査 って (笑
87歳って
男性の平均寿命は81歳だろ
免許の更新させるなよ
この飯塚一族は よくもまぁこの男をホッタラカシにしといたわ


高齢者の運転支援だと
我々の税金をこんなもんに使わんといてくれ

一般社団法人
全日本指定自動車教習所協会連合会
会長 田中節夫 元警察庁長官
東京都千代田区九段南2丁目3番9号サン九段ビル4階
Tel 03-3556-0070

全日本指定自動車教習所協会連合会が運営するサイト

http://www.zensiren.or.jp/kourei/index.html


高齢運転者は自動車の運転のベテランです。しかし、年齢とともに視力や体力、記憶力や判断力など身体機能が変化し、若いときと同じではなくなってきます。そうした加齢に伴う身体機能の変化を理解し、変化に応じた運転を行うことで安全運転を続けることができます。

現在、70歳以上の運転免許取得者には、免許証更新時に「高齢者講習」を受講しなければなりません。この講習は、視力や運転操作につき問題がないかを確認したり、実際に車を運転したりしながら、自身の運転技能についての認識・理解を深め、その後の安全運転に生かしていただくためのものです。

75歳以上の方が免許証を更新する場合には、高齢者講習及び認知機能検査を受けなければなりません。認知機能検査は、記憶力や判断力等の認知機能を簡易な手法で調べる検査で、その結果に応じて高齢者講習を実施します。
また、認知機能の低下のおそれのある方に対して、タイムリーに医師の診断や安全運転支援(安全運転指導)を行うことを可能とするため、認知機能が低下した場合に行われやすい一定の違反行為をした場合には、臨時認知機能検査を受けなければならず、その結果に基づいて、臨時高齢者講習の受講や臨時適性検査又は主治医等の診断書の提出を行うことなどが定められています。
高齢者講習及び認知機能検査は、各都道府県公安委員会又は各都道府県公安委員会よ り業務委託されている指定自動車教習所等で受けることができます。

エエかげんに もうな
65歳以上の運転免許の更新を厳しくさせなさい
くだらんサイトに金をつかうなよ
Blog Top  | つぶやき | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.04.21 (Sun)

公職選挙法違反で捕まるなんて ⇒ オマエさんら人間失格や

選挙で投票の偽造をすることは悪質な行為である
オマエら やるんじゃねぇぞ
人生終わるよ
横領とか不正受給とかのレベルじゃないぞ
気ぃつけや


氷山の一角
表面に現れている事柄は全体のほんの一部にすぎないことのたとえ

4月7日に行われた県知事選挙の不在者投票で意思表示ができない70代から90代の入所者の女性5人の投票用紙に勝手に候補者の名前を書いて投票した理事長の一乗公博容疑者86歳+吉田まみ44歳+川田有美52歳+中村嘉克43歳+四方康代40歳
公職選挙法違反の投票偽造で逮捕された





福井県知事選で投票偽造、介護施設の5人逮捕 

7日投開票された福井県知事選で、特別養護老人ホーム入所者の不在者投票用紙に勝手に候補者名を記入して投票したとして、県警は19日、公職選挙法違反(投票偽造)の疑いで、同県大野市犬山、社会福祉法人理事長一乗公博容疑者86歳ら5人を逮捕した。

他に逮捕されたのは
いずれも同老人ホーム職員の同市春日、吉田まみ44歳、同市中荒井、川田有美52歳、勝山市郡町3、中村嘉克43歳、大野市中野、四方康代40歳の4容疑者。

逮捕容疑では、4月上旬に同老人ホームで行われた不在者投票で、意思表示できない70~90代の女性入所者5人の投票用紙に勝手に候補者の氏名を書いて投票したとされる。

県警は認否を明らかにしていない。
同老人ホームの不在者投票は県選挙管理委員会から指定され、施設長の一乗容疑者が管理者、中村、四方両容疑者が代理投票補助者、吉田、川田両容疑者が投票立会人となっていた。老人ホームなどでの不在者投票で、公正さを確保するために努力義務とされている外部立会人はいなかった。


社会福祉法人光明寺福祉会
浄土真宗 本願寺派光明寺が創設した福祉法人 だってさ



不在者投票で投票偽造 第三者チェックなし

警察によると、この施設は県知事選挙で不在者投票を行う施設に指定されていて5人は不在者投票の管理者や立会人、それに代理で投票用紙に記入する役割を務めていたという。
また、不在者投票時には施設関係者以外の外部の人の立ち会いはなく、不正がないか第三者のチェックはない状況だった。
この施設では今回の県知事選挙でおよそ50人が不在者投票をしていた。警察はほかにも不正がなかったなど詳しく調べることにしている。


さて 誰に投票したのか

投票偽造 施設長が中心的役割か

福井県知事選挙の不在者投票で、大野市の特別養護老人ホームの施設長ら5人が、意思表示できない入所者5人の投票用紙で勝手に投票したとして逮捕された事件で、警察は逮捕された施設長が中心的な役割を果たした疑いがあるとみて20日、施設を家宅捜索するなどして詳しく調べている。

この事件は、大野市の特別養護老人ホームなどを運営する社会福祉法人の理事長で施設長を務める一乗公博容疑者(86)と職員のあわせて5人が、4月7日に行われた県知事選挙の不在者投票で、意思表示ができない70代から90代の入所者の女性5人の投票用紙に、勝手に候補者の名前を書いて投票したとして、公職選挙法違反の投票偽造の疑いで、19日逮捕された。

警察は20日、大野市の施設などを家宅捜索した。
警察によると、不在者投票時には施設関係者以外の外部の人の立ち会いはなく、不正がないか第三者のチェックはない状況だったという。

このうち施設長の一乗容疑者は不在者投票の管理者を務めていて立会人などを選定する立場だったことなどから、犯行で中心的な役割を担った疑いがあるとみて調べている。
警察は施設での不在者投票制度を悪用した犯行とみてほかにも不正がなかったかなど詳しく調べることにしている。


>入所者5人の投票用紙に同じ候補者名が記入された可能性がある
>今回 施設全体で約50人が不在者投票していた

>統一地方選に当たり、福井県選管は2月12日、不在者投票で投票偽造がないよう県内の施設担当者ら約150人を集めて福井市内で説明会を開いていた。
>入所者らに投票の意思を確認するよう要請。「入所者から依頼があった場合のみ、市町に投票用紙を請求してほしい。
>投票が公正・公平に行われるよう立会人を決めるように」と念を押していた。

>>不在者投票時には施設関係者以外の外部の人の立ち会いはなく、不正がないか第三者のチェックはない状況だった。
>>>あるベテラン捜査員は「今回の知事選のような激戦になると、支持する候補者を勝たせたいという思いが強まる。なかなか不正はなくならない」と語った。

なんのこっちゃ

仏教精神 って何なのさ
浄土真宗本願寺派

むかし昔ムカシから こんな事件事例は
よくあることだった
社会福祉法人の理事長が県や市からの天下り 県や市の元幹部職員だったとか
新たに施設を建設するとき市長や知事に市議会議員や県会議員に
土地や建設の斡旋してもらいたいから 入札の便宜や献金や選挙応援する
特定の候補者を選挙応援する
むかし昔から こんな事件事例は よくあることだった
今もだろ
氷山の一角




浄土真宗 本願寺派光明寺が創設した福祉法人
社会福祉法人光明寺福祉会
この福祉法人が この候補者3人の誰かと関わりがあるのか?
この誰かを投票すれば どんなメリットがあるのだろうか?

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.04.19 (Fri)

社会福祉法人龍峯会+林一族

社会福祉法人龍峯会
設立 平成19年10月4日
熊本県八代市興善寺町495番地

理事長 林 邦雄 医療法人優林会理事長 整形外科専門医
業務執行理事 常務理事 林 真千子
理事 林 悦子

理事全員の報酬等の総額 17,704,852円

監事監査 ⇒ 高橋静喜(税理士) 稲田卓也
監査報告により求められた改善すべきこと ⇒ 特になし (笑




社会福祉法人の資産を私的流用か

八代市で特別養護老人ホームを経営する社会福祉法人の理事長と家族が、法人の資産を私的に流用していたことが分かり、市は流用分を弁済し、辞任するよう勧告した。

勧告を受けたのは八代市で特別養護老人ホームを経営する社会福祉法人龍峯会。

市によると、平成29年度の定期監査の結果、理事長と、いずれも理事を務める妻と娘の3人の個人的な飲食代や買い物代が特別養護老人ホームの経費として支払われるなど、法人の資産が私的に流用されていたことが分かった。

理事長はそれ以前に不適切だと指摘された分も含めておよそ600万円を法人に返還した。

ところが、翌年度(30年)の定期監査でも不適切な支払いが明らかになったうえ、ことし2月の特別監査では、法人が公用車として購入した外国製の乗用車を、娘が個人的に使用し続けていることなどが確認されたという。
このため市は法人に対し、私的流用の実態を調べる第三者委員会を設置し、流用分を弁済させて理事長ら3人が辞任することなどを勧告した。

龍峯会の林邦雄理事長はNHKの取材に対し、責任を認めたうえで「妻と娘は理事を辞める予定だが入所者や職員のためにも理事長は続けたい」と話している。
市によると、この法人は、特別養護老人ホームを建設した際、国の補助金およそ2600万円を受け取っていた。



娘が個人的に使用している公用車 ⇒ BMW


理事長 林邦雄のあいさつ 顔出し
http://archive.is/pCVSm


八代市は
理事長の林邦雄や理事の妻と娘らが法人資金を私的流用したとして
法人に流用分の回復や理事辞任を勧告した


八代市が所管する社会福祉法人龍峯会において
社会福祉法等に関する重大な違反行為が行われた疑いが強いと判断されたため 社会福祉法第56条第4項の規定に基づく勧告を行い改善のために必要な措置をとるよう求めた。

今般 その措置状況報告が4月10日に法人より提出されたが本市の勧告内容に対して一部の対応が不十分であると判断し
同条第5項の規定に基づき公表する

社会福祉法人龍峯に対する勧告ついて平成31年4月12日

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.04.19 (Fri)

なんかよーわからん医療法人やな

医療法人悠山会
理事長 山内達司
愛知県名古屋市天白区植田1-2116 88ビル

介護報酬不正受給で返還命令

名古屋市の医療法人が運営する岐阜県下呂市にある2つの介護施設が、入所者の数をごまかして介護報酬を不正に請求していたとして、下呂市は、加算金を含めて約680万円を返還するよう命じた。
また、ケアプランを作成せずに介護報酬約1億円を受け取っていたとして、自主的に返還するよう指導をした。

返還を命じられたのは
名古屋市の医療法人「悠山会」が下呂市で運営するファミリア小坂ファミリア下呂・少ヶ野の2つの介護施設。

下呂市によると、2つの施設は、平成28年10月から去年5月にかけて、定員を超えた場合の介護報酬の減額を申請しなかったり、逆に、入所者を多く報告したりして、介護報酬を不正に請求していた。
このため下呂市は、加算金を含めて約680万円を返還するよう命じた。

また、2つの施設が4年から5年間にわたって、ケアプランを作成せずに介護サービスを提供し、約1億円の介護報酬を不適切に受け取っていたとして、自主的に返還するよう指導した。

施設を運営する悠山会は「処分を重く受け止め、今後、このようなことが起こらない体制にするための改革を行って参ります」とコメントしている。


下呂市が昨年12月に両施設で行った監査で不正が発覚

介護給付費を不正受給 下呂市と飛騨市が計約1200万円返還請求へ

岐阜県下呂市の2つの介護施設が介護給付費を不正に受給していたとして、下呂市などは医療法人に約1200万円の返還を求めることを明らかにした。

下呂市によると不正請求をしていたのは、名古屋市の医療法人「悠山会」が運営する下呂市の「ファミリア小坂」と「ファミリア下呂・少ヶ野」。

2016年11月から2018年5月までの間、「ファミリア小坂」で定員を2人上回っていたにも関わらず、「ファミリア下呂・少ヶ野」で2人を受け入れていると偽り、定員を超えた場合に必要な介護給付費を減額申請せず、満額を不正請求していました。

不正請求された下呂市と飛騨市は「悠山会」に対し、計約1200万円の返還を求めるということです。


利用者数を水増しするなどして、介護報酬を不正に受け取っていたとして、岐阜県下呂市は15日、市内二つの小規模多機能型居宅介護施設を運営する医療法人「悠山会」(名古屋市天白区)に対し、計約678万円の返還を命令するとともに、両施設の地域密着型サービス事業所指定の効力を6月から3カ月間停止するとの行政処分を発表した。

 下呂市によると、両施設のうち、同市小坂町の「ファミリア小坂」は2016年10月から17年3月にかけ、定員より2人多く利用者がいたが、定員を超える場合、3割減額して介護報酬を申請しなければならないのに市に報告せず、不正に報酬を受け取った。

 もう一方の同市少ケ野の「ファミリア下呂・少ケ野」では16年10月から18年5月にかけ、利用者を2人分多く装って申請し、市から介護報酬を受け取った。



ファミリア小坂とファミリア下呂・少ヶ野は3月から施設を休止している

悠山会は1億円近くの介護報酬を市に自主返還する意向を示している


過去には
入居者の90歳女性

職員に殴られた と訴える

南里裕也42歳 ⇒ ⇒ 殴った覚えはありません

医療法人悠山会が運営するグループホーム「ファミリア元八事」(名古屋市天白区)で、介護職員の南里裕也容疑者(42歳、名古屋市守山区元郷2丁目)が入所者に暴行したとして、愛知県警天白署は今月11日、同容疑者を逮捕したことを発表した。

南里容疑者は、先月22日、同グループホームに入所する90歳女性に対して、顔を数回殴るなどの暴行を加えケガを負わせた。翌23日、ホーム責任者に対し南里容疑者は「女性は転んで顔を打ったようだ」と説明していたが、被害女性が家族に「南里容疑者に殴られた」と訴えて事件が発覚した。

90歳入所者殴った疑い 介護施設職員逮捕 2018年9月12日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4160.html

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.04.18 (Thu)

懲戒解雇すればお咎めなしってか*目糞鼻糞の社会福祉協議会

社会福祉法人桐生市社会福祉協議会
理事長 笠井秋夫
群馬県桐生市新宿三丁目3番19号

障害者施設の職員が400万円着服

桐生市社会福祉協議会は17日、運営する障害者支援施設「桐生みやま園」(同市川内町)の40代の経理担当の男性職員が、施設で制作した販売品の売上金などから現金計約400万円を着服したとして、懲戒解雇処分とした。

同会によると、男性は昨年1月から今月まで、現金で受け取っていた売上金などを46回にわたって預金口座に入金していなかった。着服した現金は競艇、パチンコ、マージャンなどギャンブルに使ったという。

男性本人からの報告で、8日に発覚した。15日時点で約175万円が返済されており、12月27日までに完済予定。

笠井秋夫会長は「信頼を損ねる事態を招いたことに対し、深くおわびする。再発防止に努める」との謝罪コメントを発表した。

桐生みやま園
群馬県桐生市川内町5丁目1199
園長 桑子信之



桐生市の障害者支援施設の男性職員が施設で作った商品の売り上げなどあわせて400万円余りを着服していたことがわかり、施設を運営する社会福祉協議会はこの職員を懲戒解雇の処分にした。

懲戒解雇となったのは桐生市にある障害者支援施設「桐生みやま園」の経理を担当していた40代の男性職員。

施設を運営する桐生市社会福祉協議会によると、この職員は去年1月から今月4日までの間に施設の利用者が作った学用品などの売り上げや、保護者が支払った行事に参加するための費用などあわせて400万円余りを施設の口座に入金せず、着服していたというこ。この職員は今月、経理に詳しい上司が施設に異動してきたため発覚を恐れ、みずから着服していたことを申し出たという。

社会福祉協議会によると職員は着服した金を「ギャンブルにあてた」と話していてこれまでに220万円余りを返済しことし中には全額返済する意向を示しているという。

社会福祉協議会は警察に被害の相談をするとともに、17日付けで懲戒解雇の処分にした。
桐生市社会福祉協議会の前原太常務理事は「利用者や多くのみなさまの信頼を損なうことになり、心より深くおわびいたします」と述べ、謝罪した。


あのな
何度も言うけど
誰の金で運営できとんのや
我々の税金でオマエさんは飯を食っているんだろが



福祉施設職員が403万着服 桐生市社会福祉協議会が懲戒解雇

障害者が製作した販売品の売上金や保護者会負担金など総額約403万円を着服したとして、桐生市社会福祉協議会(笠井秋夫会長)は17日、経営する障害者施設「桐生みやま園」(同市川内町、桑子信之園長)の40代男性職員を懲戒解雇にしたと発表した。処分は同日付。群馬県警桐生署への被害届の提出も検討する。一部は返済されたという。

市社協によると、元職員は2018年1月~19年4月、利用者が製作した児童用のバッグや小物入れなど販売品の売上金をはじめ、利用者や保護者が支払った施設行事の負担金などを46回に渡り、同園の預金口座に入金せず、着服した。着服分の売上金は、売掛金を計上する会計処理を行っていた。元職員が8日、桑子園長に申し出て発覚した。

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.04.17 (Wed)

前代未聞*放課後等デイサービスの行政処分 ⇒ 市長がメディアへ発言

行政処分に関して市長が発言した
こんなことって初めてやな

しょーもない くだらない お言葉だけど

悪質 って
そらそうやわ
近頃の放課後等デイサービスの悪事は異常だよな




川崎市の放課後等デイサービス指定取り消し 2019年4月5日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4436.html


放課後等デイサービスミライズ*市長が「事件は極めて悪質」とコメント

川崎市で障がいのある子どもたちが通う施設の事業者が、職員の配置を偽るなどし、指定を取消されることになったことについて、川崎市の福田紀彦市長は「事件は極めて悪質」とコメントをした。

この問題は、川崎市宮前区の「放課後等デイサービスミライズ」が、在籍していない児童指導員を、いるように偽って申請したとして、川崎市が来月1日事業者の指定の取消し処分を行った。

申請では指導員について
大学の学位や実務経験を証明する書類も偽造していたという。
市は内容が悪質であるとしてこれまで2年間の給付費に加え、加算金も請求していて、合わせて4386万円の返還を指示している。

16日の会見で福田市長は、「想定をしないような悪質事案だった」と述べた。
川崎市によると施設には6歳から16歳までの17人が通っていて、ミライズ側が次の事業所を探すことになっているという。


>想定をしないような悪質事案だった

想定できます

今度はトンデモナイことが発覚した 放課後等デイサービスが資格証明書を偽造 2018年12月26日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4280.html


4,386万円 返せよ
リハフロンティア株式会社 代表取締役の吉岡理恵さん



平成31年4月16日 川崎市長記者会見
https://www.youtube.com/watch?v=b_yKGBf-8xc
記者からの質問で (16分55秒~)
>どれだけの人数で監査をするのか悩ましい (笑
>これだけ事業所があるんだから職員を増やせばエエんじゃないか と意見がある (笑
はぁ?
頼りない市長や
川崎市の不正受給は これからも無くならない

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |  NEXT