FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2019.07.17 (Wed)

パーマリィ・イン明石の孤独死*明石市の調査報告書

有料老人ホーム:パーマリィ・イン明石
開業 平成12年2月1日
兵庫県明石市大久保町八木486
支配人 二反田 幸樹
生活相談員:西田陽一  ケアマネジャー:常峰はるな  看護職員:田村美恵子


有料老人ホームで男性孤独死 10日超気付かず 2019年5月31日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4487.html
兵庫県明石市の介護付き有料老人ホーム「パーマリィ・イン明石」で男性(91)が孤独死して10日以上気付かれなかったのは、元気で自立した生活をしていたため施設側が安否確認を怠ったことが原因とみられる。明石市は31日、見回り態勢や人員配置に問題がなかったか詳しく聞き取る方針を明らかにした。


明石市長のリーダーシップ発揮
事故から一か月たらずで、これだけの報告書を書き上げるとは

有料老人ホームにおける孤独死事案に係る調査報告書

兵庫県明石市は16日、市内の介護付き有料老人ホームで今年5月に入居者の男性(91歳)が孤独死していた問題をめぐり、その経緯や原因などをまとめた調査報告書を公表した。

icon_19_07.png
令和元年 7月10日
明石市福祉局 高齢者総合支援室
同 福祉政策室法人指導課
保存した http://chachacha.rgr.jp/databox/akashi-city-chosa_01.pdf

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.06.14 (Fri)

こういう女は運転免許を返納するんだろうか

兵庫県西宮市の
のぞみ夢保育園の先生と園児ら合わせて19人が近くの公園へ行こうと散歩をしていたところ
車がUターンしようとした際に園児らの列に突っ込みそのまま病院の壁に衝突

西宮市で園児の列に乗用車が突っ込み車下敷きの女児、5人で持ち上げ救出

兵庫県西宮市で13日、歩道を歩く保育園児の列に乗用車が突っ込み、園児2人が重軽傷を負った事故で、事故直後に近くの医院の医師や通行人らが車の下敷きになった6歳の女児を助けていた。女児は右肩を骨折したが、命を取り留めた。

現場近くの産婦人科医院の男性院長(46)は、切迫した職員の声に診察の手を止め、外に出た。目に入ったのは、車の前輪タイヤが背中の上に乗り上げ、うつぶせで倒れる女児だった。

駆け寄り「分かる?」と声を掛けると、女児は「分かる」と答えた。通行人の女性らと車を動かそうとしたが、外国車とあって重くて持ち上がらない。若い男性も加わって5人ほどで車体を浮かせた瞬間、保育士とみられる女性が女児を引っ張り出した。

この間、女児は時折泣いたがしっかり受け答えができ、院長は「パニックにならず、とても気丈だった」とたたえた。

事故は13日午前9時55分ごろ、西宮市樋之池町の市道で発生。方向転換しようとした車が保育士と散歩中だった保育園児17人の列に突っ込んだ。車を運転し、西宮署に自動車運転処罰法違反(過失致傷)容疑で逮捕された同市の無職女性(69)は事故の後、車内で放心し、自力で車を降りられない状態だったという。


車を運転していたのは
無職の上田理恵子69歳=西宮市苦楽園四番町


近くの工務店で勤める女性(55)は事故直後、立ったまま泣き続ける園児や、何かを叫ぶ保育士の姿を見た。「周囲に保育所が多く、広い公園もあって子どもたちがよく通る。大津の事故があり、同僚と『運転に気をつけないとね』といっていたところなのに」と顔をこわばらせた。

けがをした園児が通う同保育園を運営する社会福祉法人の崎山泰弘専務理事(64)は「散歩コースを点検するよう指示したばかりだった。まずは園児、保護者の心のケアに全力で取り組む」とした。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.05.31 (Fri)

ええええええええええええええええええええ*んなアホなホンマかいな

株式会社アセット
神戸市兵庫区中道通6丁目1-29
代表取締役社長 押部浩二

有料老人ホーム:パーマリィ・イン明石
開業 平成12年2月1日
兵庫県明石市大久保町八木486


有料老人ホームで男性孤独死 10日超気付かず 

兵庫県明石市の介護付き有料老人ホーム「パーマリィ・イン明石」の個室で暮らしていた男性(91)が5月22日に死亡しているのが見つかり、死後十数日経過していたことが31日、ホームへの取材で分かった。明石市は施設職員が孤独死に気付かなかった経緯を調べている。

ホームや明石市によると、防犯カメラ映像から、男性は9日に買い物に出掛けた後は外出していない。22日午前、男性が2階にある部屋から出てこないことに事務職員が気付き、室内を確認して倒れているのを見つけた。医師の検案では死因不明だったが、10日ごろに死亡したという。

男性は2000年に妻と入居し、妻は04年に死亡。家族からは5月4日に「(男性の)体調が悪い」と伝えられていた。ただ、その後数日は何度も自転車で外出していたという。

ホームは約90室に約100人が入居しており、複数の介護スタッフが常駐。男性は食事提供や週1回の掃除といったサービスを受けておらず、ホームとして安否確認ができていなかった。




たぶん ココか? 確定しました
http://bit.ly/2MfqbnB

兵庫県明石市の有料老人ホームで、入居者が「孤独死」していた。亡くなった90代の男性は遺体の状況から、通夜や葬儀では棺(ひつぎ)のふたにテープが張られ、遺族は顔を見られなかった。棺に花を入れることもできず、遺族は「きちんとお別れもできなかった」と悔しさをにじませる。

男性は2000年、妻と一緒に入居。妻が04年に亡くなった後も同じ部屋で1人で暮らしていた。「子どもたちに迷惑をかけたくない。誰にも気付かれずに死ぬのも嫌」などと語っていたという。

入居金は2人で約2200万円。男性は介護の必要のない「自立」で、現在は管理費などで月約12万円を支払っていた。

今月22日朝、男性は自室の机の近くで倒れているのが見つかった。今月4日、家族が訪れた際に作った煮物が、鍋の中でカビだらけになっていたという。

同ホームでは、入居者の約8割は介護保険サービスを受けており、定期的に部屋に人の出入りがある。男性と同じ「自立」の人の安否は、清掃サービス(無料)やレストランでの食事、医師による往診の状況などで把握していたが、男性はいずれも利用していなかったという。介護保険サービスを使っていない入居者の安否確認のため、スタッフが各部屋を訪問する制度はなかった。

遺族は「支払ったお金は安くはない。介護保険サービスを受けず、身の回りのことができていたとはいえ、何かあったときは助けてほしいと思っていたはず」と肩を落とした。


b555c_m8ui8i.jpg

亡くなった90代の男性は遺体の状況から、通夜や葬儀では棺のふたにテープが張られ、遺族は顔を見られなかった。棺に花を入れることもできず、遺族は「きちんとお別れもできなかった」と悔しさをにじませる。

男性は2000年、妻と一緒に入居。妻が04年に亡くなった後も同じ部屋で1人で暮らしていた。「子どもたちに迷惑をかけたくない。誰にも気付かれずに死ぬのも嫌」などと語っていたという。


支配人 二反田 幸樹

兵庫県明石市の介護付き有料老人ホーム「パーマリィ・イン明石」で男性(91)が孤独死して10日以上気付かれなかったのは、元気で自立した生活をしていたため施設側が安否確認を怠ったことが原因とみられる。明石市は31日、見回り態勢や人員配置に問題がなかったか詳しく聞き取る方針を明らかにした。

厚生労働省は同日、全国の自治体に「入居者が希望しなくても、毎日1回以上、安否確認を実施することが必要」との通知を出し、施設への指導の徹底を求めた

ホームによると、男性の部屋は2階の端で、机の脇で倒れていた。入り口の鍵はかかっていなかったため、様子を見ることは容易だった。


生活相談員 西田陽一    ケアマネジャー 常峰はるな



看護職員 田村美恵子
b555c_m8b9iin.jpg
http://palmaryinn.com/akasi/facilitystaff.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.05.19 (Sun)

3回当選の兵庫県議会議員:谷口俊介 ⇒ 選挙中に当て逃げ ⇒ 親族を身代わり出頭

兵庫県議会議員の選挙中に当て逃げ ⇒ 親族を身代わり出頭

兵庫県議の谷口俊介氏(41)(自民、神戸市西区選出)が4月の県議選の期間中、神戸市西区のスーパー駐車場で当て逃げし、その後、谷口氏の親族が県警神戸西署に出向いていたことがわかった。

県警は、谷口氏が親族を身代わりに出頭させた疑いもあるとみて調べる方針。

谷口氏は、読売新聞の取材に「全て弁護士に任せている」と説明を避けた。谷口氏の代理人弁護士は、谷口氏の当て逃げ行為を認めた上で、「親族が署に出向いたことは事実だが、詳しい経緯は確認中だ」としている。

県警などによると、谷口氏は4月2日午前、神戸市西区のスーパーの立体駐車場で自身の運転する車を出入り口ゲートのバーに当てたが、そのまま通報せずに走り去った。バーはその後、折れて破損した。

防犯カメラの映像から谷口氏の車が接触していたことが判明。谷口氏は神戸西署から連絡を受けた後、自身は同署に行かず、親族が行った。

谷口氏は今春の統一地方選の県議選(3月29日告示、4月7日投開票)に自民党公認で出馬し、3選を果たしている。自民党県連青年局長を務めている。


防犯カメラ映像などから谷口氏名義の車と判明し、神戸西署が事務所に連絡。弟が運転者と名乗って出頭したが、すぐに「兄が運転していた」と話したという。



兵庫県議会議員 谷口俊介
生年月日 1978年3月1日
選挙区 神戸市西区
所属会派 自由民主党
文教常任委員会委員長
当選回数 3回
経歴
平成8年 神戸北高校卒業
オーストラリア クイーンズランド州立専門学校経営学科卒
オーストラリア ルッソ専門学校ホテル経営学科卒
衆議院議員井上喜一秘書
医療法人顧問
妻 長女 長男との4人家族


今年4月の県議選では神戸市西区選挙区でトップ当選 




https://ameblo.jp/shunsukeblog


当て逃げ身代わり依頼の兵庫県議、書類送検へ 犯人隠避教唆容疑 5月17日

選挙運動期間中に車で当て逃げをした県議が、弟を警察署に身代わり出頭させた問題で、兵庫県警神戸西署は17日に道交法違反と犯人隠避教唆の疑いで、谷口俊介兵庫県議(41)=神戸市西区選出=を書類送検する方針を固めた。同署への取材で分かった。

同署によると、送検容疑は4月2日午前、同区内のスーパー駐車場の出入り口のバーに車を接触させたにもかかわらず現場を立ち去り、弟を同署に身代わり出頭させたとしている。

同署によると、防犯カメラ映像などから、谷口県議名義の車が事故を起こしたと判明。身代わりで同署に出頭した弟が「実際には兄の運転だった」などと説明していた。同署は犯人隠避の疑いで、この弟についても書類送検する方針。

谷口県議は4月7日投開票の兵庫県議選で3選。当て逃げは選挙運動期間中に起こしていた。


Blog Top  | つぶやき | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.05.09 (Thu)

浜風の家*兵庫県との闘いは続く

浜風の家
子供たちの心に何時までも残る*浜風の家

売却違法確認を請求 神戸地裁

阪神・淡路大震災の遺児らのケアハウスとして県有地に設立され、昨年1月に閉館した「浜風の家」(兵庫県芦屋市)を巡り、設立呼び掛け人で作家の故藤本義一さんの妻統紀子さん(84)らが8日、兵庫県による土地売却処分などについて、違法であることの確認を求める住民訴訟を神戸地裁に起こした。

訴状などによると、浜風の家は県有地の返還期限を迎えたため閉館。県による土地売却の入札で、統紀子さんが理事長だった運営法人は落札できず、別の社会福祉法人が落札し、建物は昨年6月に解体された。

統紀子さんらは今年2月、「県の入札方法は違法」などとして住民監査請求をしたが、4月に請求の大部分が棄却されたため、提訴に踏み切った。県企業庁は「訴状が届いていないためコメントは差し控える」とした。

統紀子さんらは2月、県に計4700万円の損害賠償を求めて提訴しており、県側は争う姿勢を示している。



住民訴訟とは
住民が自ら居住する地方公共団体の監査委員に住民監査請求を行った結果、監査の結果自体に不服、又は監査の結果不正・違法な行為があったにもかかわらず必要な措置を講じなかった場合などに裁判所に訴訟を起こすことができるという制度である。




震災遺児支援「浜風の家」入札 運営者側、落札できず解体へ 2018年3月24日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3955.html

仁愛がない宮地千尋さん

兵庫県は3月24日、阪神大震災で被災した児童らの心のケアの場となった児童館「浜風の家」(兵庫県芦屋市、昨年12月閉館)の立つ県有地について、建物付きで売却する一般競争入札を行い、神戸市中央区の社会福祉法人明倫福祉会が落札した。同法人は現地に福祉施設を新設する方針で、現在の建物は解体される見通しとなった。

浜風の家*別法人が落札 ⇒ 実は出来レースか? 2018年3月27日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3961.html

「浜風の家」入札巡り談合か 元運営者が県と法人を刑事告訴   2018年8月8日
官製談合容疑 震災遺児支援「浜風の家」の土地入札で刑事告訴
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4125.html

藤本統紀子さんら県を提訴 閉館の「浜風の家」巡り  2019年3月2日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4378.html
「浜風の家」巡り 官製談合容疑で告訴した藤本義一氏遺族を、恫喝していた兵庫県
https://access-journal.jp/20897

神戸地検 ⇒ 不起訴処分
2019年4月1日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4451.html
藤本義一氏の遺族が兵庫県と社会福祉法人を告発した理由
http://www.bestbookweb.com/verdad/article.php?id=20190303

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.04.22 (Mon)

罪を憎んで人を憎まず?*JR三ノ宮駅前のバス事故

民事訴訟
遺族は神戸市に対して損害賠償を求めなさい!


糖尿病の血糖値管理を怠った過失を認定 (東京地裁 平成25年3月7日判決)

交通事故の判例 (意識障害事故の民事賠償)
意識障害の死亡事故で無罪判決を受けたが民事裁判は賠償を命ずる
https://www.think-sp.com/2013/03/29/hanrei-ishikishogai-kashitsu/



バス運転手、糖尿病の持病 意識低下の可能性も

兵庫県警はバスを運転していた市交通局職員大野二巳雄容疑者(64)(神戸市長田区)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死)容疑で現行犯逮捕した。

県警の発表では、死亡したのは同市須磨区のアルバイト那須勇成さん(23)と兵庫県明石市の大学生柳井梨緒さん(20)。奈良県斑鳩町の会社員の女性(45)が両脚骨折の重傷を負った。

バスは神戸北町(北区)―三宮駅前(中央区)を運行中で、現場から約5メートル手前の地下鉄三宮駅前バス停で乗客全員を降ろした後、低速のまま赤信号を無視して横断歩道に進入。歩行者をはね、中央分離帯に衝突して止まった。

バスはオートマチック車で2008年から使われており、大野容疑者は県警の調べに、「発進準備をしていて、ブレーキを踏んでいたが、バスが急発進して人をはねてしまった」と供述しているという。


無自覚性の低血糖症

神戸市によると、この日は午前6時頃から2路線で計6回乗務していた。糖尿病の持病があり、日頃からインスリンを使用していたという。インスリンは使用後、意識が低下することもあり、県警が関連を調べている。


直近の定期健康診断(昨年11月)で支障はないと判断したことも明らかにした。大野容疑者の親族によると、糖尿病を患ったのは10年ほど前で、事故前の20日夜も服薬していたという。


神戸市によると、このバスはオートマチックのディーゼル車。毎年の車検のほか、3カ月に1度の法定点検を受けており、問題は報告されていないとしている。


運転手は30年以上勤務するベテランだった。運転手の大野二巳雄容疑者(64)=自動車運転死傷処罰法違反容疑で逮捕=は、1986年採用。2015年に定年を迎え、再任用されたベテランだという。



厚生労働省は平成25年5月29日
医薬品服用中の自動車運転等の禁止等に関する患者への説明を医師及び薬剤師が適切に行うように通知を出している

平成25年6月7日
てんかんや統合失調症など運転に支障がある疾患があり病状を自覚していながら免許取得時・更新時に故意に申告しなかった運転免許取得者に対する罰則

平成26年1月7日の通知において
[重要な基本的注意]の項に「低血糖症状を起こすことがあるので高所作業 自動車の運転等に従事している患者に投与するときには注意すること」と追記するよう指示が出された

Blog Top  | つぶやき | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.04.10 (Wed)

コイツら臭い飯を食わさなアカンわ

黒石誠黒石静香 

コヤツら今頃 家でノンビリとしてるわけないわな
きっと また 楽に金を得ようと目論んでるな




前理事長夫婦を詐欺容疑などで書類送付

全国で保育園などを運営する社会福祉法人「夢工房」(兵庫県芦屋市)の運営費不正流用問題で、兵庫県警は5日までに、前理事長の男性(60)と、前統括園長の妻(56)に対する詐欺容疑などの捜査結果を神戸地検に書類送付した。捜査関係者への取材で分かった。

同法人は2017年、前理事長ら2人が神戸市や姫路市から約8300万円の補助金をだまし取るなどしたとして、詐欺や業務上横領、背任などの疑いで告訴・告発状を提出。ただ、詐取したとされる補助金は法人側が各自治体に返還し、夫妻も私的流用の疑いがある法人経費の一部を弁済している。

捜査関係者によると、県警は大半の容疑について起訴を求めない意見を付けたという。前理事長は16年、金融機関から借り入れをする際に虚偽の理事会議事録を用いた疑いなど、妻は14~16年、法人経費で婦人服や家電を購入した疑いなどで捜査を受けていた。


社会福祉法人ってな 美味しいのぉ

文書偽造で芦屋の保育園元トップ書類送検

全国7都道府県で保育園などを運営する社会福祉法人「夢工房」(兵庫県芦屋市)の運営費不正流用問題で、兵庫県警芦屋署が有印私文書偽造・同行使の疑いで前理事長(60)を、業務上横領などの疑いで妻(56)を書類送検したことが5日、捜査関係者への取材で分かった。

前理事長の送検容疑は借入金のために理事会議事録を偽造し金融機関に提出したとしている。妻の送検容疑は平成26年8月~27年9月、夢工房の運営費を婦人服や電化製品など計約330万円分の私的購入に充てたとしている。

夢工房の現経営陣は29年、8300万円規模の不正を確認したとして2人を告訴・告発していた。


どいつもコイツも食い物にするわ


現況報告書 (平成30年4月1日現在)

理事全員の報酬等の総額 29,100,000円

理事
理事長 滝澤功治 非常勤
崎山泰弘 施設の管理者 常勤
鷲尾由紀 施設の管理者 常勤
林 亜衣子 非常勤
森田 義 非常勤
伊達惠一 非常勤
高見澄江 非常勤
外ノ池浩志 非常勤

施設の管理者が2人と
そして非常勤の理事長で2千900万円
コヤツらエエかげんにせえよ
ここの社会福祉法人はこれだけ社会的事件を起こしといて
我々の税金を食い物にしといてな
理事役員の総入れ替えしたとたんに
またか

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.04.01 (Mon)

社会福祉法人明照会の第三者調査委員会の報告はエグイ

社会福祉法人明照会の不正経理問題
不正流用は1億8千万円 第三者委員会が認定

兵庫県の阪神間で特別養護老人ホームなどを運営する伊丹市の社会福祉法人「明照会」で不正経理が確認された問題で、同会が設置した第三者委員会は29日、創業者一族ら9人と、一族が経営するファミリー企業3社に総額約1億8千万円の利益供与があったとする調査結果を発表した。同会は役員を一新しており、前理事長らに賠償を求め、刑事責任を問うことも検討する。

同法人は1992年、前理事長の父親が設立した。前理事長は次男にあたり、2011年から理事長に就任。親族も役員に就任した。伊丹、宝塚、尼崎市などで高齢者福祉施設など6事業所を営む。同会の理事によると、法人や施設の存続に影響はないという。

第三者委の弁護士によると、同会は11年以降、前理事長の両親や親族らのファミリー企業が所有する土地5カ所に、不動産鑑定評価額を最大3・3倍上回る賃料を支払っていた。

評価額が月額約30万円の土地に100万円を支払う内容の賃貸借契約もあり、第三者委は計約9400万円が不正な利益供与だったと判断した。両親や親族はこれらの土地で介護事業などの会社を営んでいた。

このほか、前理事長の両親は退任後、同会とコンサルタント契約を結んでいたが、5年以上にわたり報酬として受け取っていた計約2800万円が実態に照らして高額すぎると指摘。前理事長の母親が規定にない「名誉理事」として得ていた相談業務の報酬280万円と合わせて、いずれも利益供与に当たると認めた。

第三者委は、前理事長らの社会福祉事業に対する理解や認識の低さを批判。委員長を務めた尾藤寛弁護士は「一般の会社と区別が付いていない」と述べた。

不適切な経理は17年12月、県の特別監査で判明。同会は問題発覚後、前理事長らが退き、役員体制を一新した。


平成31年3月29日

社会福祉法人明照会 第三者調査委員会
委員長 尾藤 寛
委員 南部敏幸
委員 馬込武志

調査報告書 http://www.asokaen.or.jp/Summary.pdf
保存した http://chachacha.rgr.jp/storage/asokaen-Summary.pdf


河原至誓ってこんなヤツ ⇒ http://archive.is/n7CjE

河原一族を糾弾せよ!まだまだ膿がでるぞ

兵庫・伊丹の福祉法人、損失8900万円 創業一族に高額賃借料 2018年9月24日
創業夫婦に利益供与
伊丹市の社会福祉法人で不正経理 県が改善勧告
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4187.html


社会福祉法人明照会
         設立 平成4年2月15日
             兵庫県伊丹市中野西1丁目18番地
     理事長 ⇒ 河原至誓
       理事 ⇒ 河原 綾
  評議員+あそか苑施設長 ⇒ 河原寿子
               評議員+円徳寺住職 ⇒ 河原顕誓

社会福祉法人サンシャインは尼崎市から行政処分を受けていた

サンプラザ居宅介護支援事業所
兵庫県尼崎市大庄西町4-3-9
指定取消し
平成30年4月30日

不正請求+虚偽報告 ⇒ 指定取消し 2018年9月29日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3964.html

社会福祉法人サンシャイン
理事長 河原俊亨
理事   河原寿子
法人の設立認可日 平成4年3月24日                        

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.04.01 (Mon)

神戸地検は不起訴

神戸地検 ⇒ 不起訴処分

藤本義一さんの妻らが兵庫県を提訴 2019年2月15日

阪神・淡路大震災の遺児らのケアハウスとして設立され昨年1月に閉館した「浜風の家」(兵庫県芦屋市)を巡り、設立呼び掛け人で作家の故藤本義一さんの妻統紀子さん(84)らが15日、土地の契約や入札などに問題があったとして、同県に計4700万円の損害賠償を求める訴訟を神戸地裁に起こした。

訴状などによると、浜風の家は無償貸与を受けていた県有地が返還期限を迎えたため閉館。県による土地売却の入札で、統紀子さんが理事長だった運営法人は落札できず、別の社会福祉法人が落札して、建物は昨年6月に解体された。

統紀子さん側は、当初の土地賃貸借契約には借り主が保護される借地借家法が適用されるべきで、本来の賃貸借期間は2028年5月までと主張。入札の公正性なども問題視し、解体された建物の時価額などの支払いを求めている。さらに当時の県の担当幹部らについても、官製談合防止法違反などの容疑で神戸地検に告発・告訴状を提出した。

県は「(統紀子さん側の法人に)最大限の配慮を行ってきたが理解が得られず、このような動きをされることは残念」とコメントした。


阪神淡路大震災の遺児支援施設 浜風の家を巡る告訴 不起訴処分 2019年3月30日

阪神・淡路大震災の遺児らを支援するために設立され、昨年1月に閉館した「浜風の家」を巡り、設立呼び掛け人だった作家の故藤本義一さんの遺族らが、兵庫県による土地の契約や入札で不正があったとして詐欺容疑などで告訴・告発した県幹部らについて、神戸地検は26日付で不起訴処分とした。

地検は「捜査を遂げた結果」としている。

浜風の家は県から土地を無償で借りていたが、契約期間切れとなった。入札では遺族側の法人が落札できず、建物は昨年6月に解体された。

不起訴となったのは、県公営企業管理者のほか、土地を落札した社会福祉法人明倫福祉会とその理事長:宮地千尋
県企業庁は「一連の手続きに問題なかったことが認められた結果」とコメントを出した。


一本の蝋燭で多くの蝋燭の火をつけても
初めの蝋燭の光は弱まらない


仁愛 がないのか?宮地千尋さん
無念じゃ 浜風の家」解体へ 2018年3月24日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3955.html

実は出来レースか? 2018年3月27日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3961.html

子供たちの心に何時までも残る*浜風の家 2018年5月18日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4030.html

上を向いて生きているぞ ⇒ 浜風の家
「浜風の家」入札巡り談合か 元運営者が県と法人を刑事告訴 2018年8月8日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4125.html

藤本統紀子さんら県を提訴 閉館の「浜風の家」巡り 2019年3月2日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4378.html





藤本義一氏の遺族が兵庫県と社会福祉法人を告発した理由
http://www.bestbookweb.com/verdad/article.php?id=20190303



因みに

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.03.24 (Sun)

尼崎リハビリセンター園田+介護ステーションうぃず指定取消し

盛晃販売株式会社
尼崎リハビリセンター園田
兵庫県尼崎市東園田町五丁目60番地の1ウィズ東園田105号

介護ステーションうぃず
兵庫県尼崎市東園田町五丁目60番地の1ウィズ東園田103号



介護報酬を不正受給 尼崎の2事業所が指定取り消し

兵庫県尼崎市は22日、運営する介護事業所2カ所で常勤職員がいるかのように偽って介護報酬を不正に受給したとして、同市の不動産関連会社の介護事業者指定を取り消したと発表した。市は不正請求で受けた給付費約3050万円に加算額を加えた計約3650万円の返還を求める。処分は20日付。

同市によると、同社が営む介護事業所は2016年10月にデイサービス事業の指定を受ける際、勤務実態のない女性を常勤の生活相談員と偽って申請し、今年3月まで約2年半にわたり不正に介護給付費などを受け取った。

また、別の介護事業所では、17年1月に訪問介護事業の指定を受ける際、非常勤の訪問介護員を常勤として偽り、1人以上の配置が必要な訪問事業責任者を一度も置かなかった。

不正は昨年7月、同市の調査で分かった。




全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.03.06 (Wed)

弱きを助け強きを挫く ⇒ 泉 房穂 55歳

選挙の投票は
日本国民の権利であるけれど
今回の明石市長選挙は
明石市民にとっては義務である




よっしゃ
泉 房穂 55歳が立候補するゾ
明石市長選挙 投票日:平成31年3月17日(日曜日)

4年前の明石市長選挙は




泉 房穂 55歳

巷では明石市長が市職員へ暴言とか騒いだ
違うだろ
前の明石市長の泉房穂は市の職員へ叱ったんです
言葉の暴力だとか アホ?
長年の職務怠慢をしてきた部下を叱っただけです

市議会議員選挙 県議会議員選挙 衆参議院選挙 知事選挙 市長選挙で
候補者たちが口癖のようにノタマウ公約
社会福祉を充実させます!

高齢者福祉の充実とか
障害者や障害児への福祉の充実とか
子育て支援と教育環境の充実とか
地域公共交通網の整備の充実とか

どいつもコイツも公約違反
クチだけ

だけれど
泉 房穂 55歳は
福祉関係者から信頼をうけた
泉市政の継続を求める会



光文社新書
子どもが増えた! 明石市人口増・税収増の自治体経営  1580円

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(4) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.03.02 (Sat)

初めの蝋燭の光は弱まらない*藤本統紀子さんの蝋燭


一本の蝋燭で多くの蝋燭の火をつけても
初めの蝋燭の光は弱まらない



藤本統紀子さんら県を提訴 閉館の「浜風の家」巡り

阪神・淡路大震災の遺児らのケアハウスとして設立され昨年1月に閉館した「浜風の家」(兵庫県芦屋市)を巡り、設立呼び掛け人で作家の故藤本義一さんの妻統紀子さん(84)らが15日、土地の契約や入札などに問題があったとして、同県に計4700万円の損害賠償を求める訴訟を神戸地裁に起こした。

訴状などによると、浜風の家は無償貸与を受けていた県有地が返還期限を迎えたため閉館。県による土地売却の入札で、統紀子さんが理事長だった運営法人は落札できず、別の社会福祉法人が落札して、建物は昨年6月に解体された。

統紀子さん側は、当初の土地賃貸借契約には借り主が保護される借地借家法が適用されるべきで、本来の賃貸借期間は2028年5月までと主張。入札の公正性なども問題視し、解体された建物の時価額などの支払いを求めている。さらに当時の県の担当幹部らについても、官製談合防止法違反などの容疑で神戸地検に告発・告訴状を提出した。

県は「(統紀子さん側の法人に)最大限の配慮を行ってきたが理解が得られず、このような動きをされることは残念」とコメントした。





取り壊された児童館「浜風の家」 県を相手取り神戸地裁に提訴

去年取り壊された芦屋市の児童館「浜風の家」を巡り、契約時にうその説明をしたなどとして、元運営者らが兵庫県を相手取り建物代などを支払うよう求める訴えを神戸地裁に起こした。

訴えを起こしたのは、「浜風の家」を運営していた藤本統紀子さんたち。

震災遺児の心のケアなどを目的に1995年に建てられた「浜風の家」を巡っては、県は2004年から無償で土地を貸し出していたが、おととし土地の返還を求め、売却先を決める一般競争入札を実施。その結果、別の法人が落札し、「浜風の家」は去年5月解体された。

藤本さんらによると、県との契約は本来借地借家法が適用され、30年土地を借りる権利があったのにうその説明を受けたということで、県に対し合わせて4700万円を支払うよう15日神戸地裁に提訴した。



https://access-journal.jp/20897

「浜風の家」巡り 官製談合容疑で告訴した藤本義一氏遺族を、恫喝していた兵庫県

~ ところが兵庫県は借地契約の更新を拒否。
それでも入札(「浜風の家」建物ごと)するというので、浜風の家側はそれに希望を繋いだものの、昨年3月、社会福祉法人明倫福祉会(神戸市)に落札が決まった。すにで浜風の家は取り壊されている。
しかし遺族側が調べてみると、明倫福祉会はすぐ横の土地を兵庫県に随意契約で譲ってもらい、しかもその際、浜風の家が退出したら県が直ちに連絡し、同地を売却するとの「覚書」をしていたことが発覚。

また、藤本氏の法的無知につけ込み、本来は借地借家法の適用で28年5月まで借りれたのに騙して契約を短くしていた事実も発覚したという。
また、県は入札の形を取ったものの、それはアリバイ的なもので、最初から明倫福祉会の落札ありきと思わないわけにはいかない問題があったことも判明し、今回の訴えに至ったという。

藤本氏遺族は今回の訴えに先立ち、昨年8月、官製談合防止法違反容疑で県職員らを訴えていたのだが、これに対し県側が遺族側に送りつけた文書内容が脅しをかけ、告訴取り下げを迫るとんでもないものだった。.
https://access-journal.jp/20897


仁愛 がないのか?宮地千尋さん
無念じゃ 浜風の家」解体へ 2018年3月24日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3955.html

実は出来レースか? 2018年3月27日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3961.html

子供たちの心に何時までも残る*浜風の家 2018年5月18日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4030.html

上を向いて生きているぞ ⇒ 浜風の家
「浜風の家」入札巡り談合か 元運営者が県と法人を刑事告訴 2018年8月8日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4125.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.02.16 (Sat)

障害者表記 ⇒ 障害者 ⇒ 障がい者 ⇒ 障碍者 

いっそのこと しょうがいしゃ でエエんちゃう



障害者は害じゃないぞ と
あちらコチラで論議があったが

害を
がい


そして
がい









もしかして昨年の
教育委員が差別発言 難病女児に「養護学校が合っている」と発言⇒その後辞職
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4149.html

この事件を発端に
障害者福祉に目を向けたのかな


宝塚市が障害を ⇒ 障碍に 公文書で表記

障害者施策などに関する公文書について、兵庫県宝塚市は4月から「障害」の文字を使わず「障碍(がい)」と表記する方針を決めた。災害や害悪など「害」に否定的なイメージがあり、障害者の中に不快に思う人がいるというのが理由。市によると、公的に「碍」を使う自治体は全国初という。

法律や公文書で使う漢字は常用漢字表が基準になっており、妨げるという意味がある「碍」の字は含まれていない。だが、2020年の東京パラリンピックを見据え、衆参両院の委員会が昨年、法律で「障碍」と表記できるよう常用漢字表に「碍」を加えることを求める決議をした。

常用漢字について話し合う文化審議会国語分科会は昨年11月、「相応の審議が必要」として結論を先送りしたが、「地方公共団体や民間の組織が『碍』を使うことを妨げるものではない」との考えを示していた。

宝塚市はこれまでホームページや広報資料では「障がい」と平仮名交じりで表記してきた。この見解を受け、市内の障害者の関係団体の意見を聞いた結果、おおむね異議はなく、表記を改める方針を決めた。

今月15日に開会する市議会で、中川智子市長が「障碍」の使用を表明する見通し。今後、法律や固有名詞などを除き、市の判断で表記を変えられる公文書や広報誌などに適用していく。当面は文字にルビをふって周知をはかるという。



コトバだけ変えればエエんか?
もっと
ほかに
根本的に
変えなければいけないことがあるだろ
差別解消法とか
合理的配慮とか
差別の解消をなくす議論より言葉だけ変えれば簡単だよな

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.01.30 (Wed)

たかが10万円でもネコババには違わない

有限会社 青空ケアサービス
姫路市南新在家1-1 HMCビル4階
代表者 大田美矢子

虚偽の訪問介護記録で金銭不正受給

虚偽の訪問介護サービス記録を作成し、介護給付費約10万円を不正受給したとして、兵庫県姫路市は29日、青空ケアサービス(同市南新在家)の訪問介護事業所、居宅介護支援事業所の指定を取り消すと発表した。取り消しは2月1日付。

市によると、同社は2016年6月~18年6月にかけて、市内に住む認知症の80代女性宅などに計37回分の訪問介護を行ったと偽り、サービス実施記録を作って市に提出した。

書類に不審な点があったため、昨年10月に市が抜き打ち監査に入ったところ、利用者の80代女性が別の施設でデイサービスを受けている日に、訪問介護記録があった。

代表の女性取締役(70)は「利益を上げるためだった」と虚偽書類の作成を認めた。訪問介護などのプランを立てるケアマネジャーも、水増しに気付きながら実態を確認せず、不正請求に加担した

同社は不正受給した介護給付費に加算金を加えた約14万1千円を1月29日付で市に返還した。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.01.22 (Tue)

インフルエンザの集団感染で7人死亡*もうエエかげんにせえよ!

オマエら
健康危機管理 って言葉知ってるか?
感染症危機管理 って言葉知ってるか?


今宵はインフルエンザで亡くなる時代なんです

幼稚園児や障害のある人や高齢者や病で治療を受けてる人
社会的弱者と言われる人達
そんな人達が利用している施設においては健康危機管理をもてよ 重要だろが

インフルエンザの猛威
ここ数年 あちらコチラで福祉施設で集団感染が発生している
なんでや
なんでこうも高齢者施設でこんなにもインフルエンザの集団感染で死亡事故が起きるんや
おかしいやろ
病院でインフルエンザの集団感染 って無いやろが
オマエら介護士や職員の健康管理が無いんや
危機管理の自覚が無いんじゃ



社会福祉法人千鳥会
法人設立 平成4年4月1日
理事長 吉村秀樹
補助金等の事業運営に係る公費1,352,987,661円

養護老人ホーム北淡荘
兵庫県淡路市育波字西地558-2
理事で施設長 山田正司

ggbm_ammkzn310.jpg

インフルエンザ集団感染で7人死亡 淡路市の老人ホームで発症74人

兵庫県は21日、同県淡路市の養護老人ホーム「北淡荘」で入所者と職員計74人がインフルエンザに集団感染し、うち71~99歳の入所者7人が発症後に死亡したと発表した。

県洲本健康福祉事務所によると、8日に職員1人が最初に発症。ホームは死者が出た11日になって「インフルエンザの集団発生があり、1人が死亡した」と同事務所に報告した。7人目が死亡したのは21日だった。

同事務所は、死亡した7人のうち76~98歳の男女3人の死因は肺炎で「インフルエンザが直接の死因であることが否定できない」と説明。ほかの4人は発症後に脱水症状や誤嚥性肺炎などで死亡しており「インフルエンザ以外が直接の死因」とした。そのほかに発症したのは入所者55人と職員12人。ホームによると、うち入所者2人が重い症状で入院している。

同事務所は感染症法に基づき11日と17日に立ち入り調査。1回目の立ち入りで抗インフルエンザ薬の予防投与を助言したが、ホームは職員にのみ実施した。18日に入所者にも投与するよう同事務所が指導した。

ホームは3階建てで、入所者全員が2、3階の個室で生活。死亡した7人はいずれも2階に入所していた。定員は168人で、11日時点の入所者は165人。ホームは2018年11月に全員の予防接種を実施したという。

ホームを運営する社会福祉法人千鳥会の吉村秀樹理事長は「感染した職員の出勤停止や入所者の外出禁止、面会制限といった対応をしていた。感染の拡大が想定を上回ってしまった」と釈明した。


1月11日に北淡荘から報告を受けて立ち入り調査を

兵庫県は発症していない入所者に
インフルエンザの治療薬を予防的に投与するよう指導したが


薬が施設に届いたのは20日だった


インフルエンザの集団感染があったのは、兵庫県淡路市育波の養護老人ホーム「北淡荘」。
兵庫県によると、1月8日以降に入所者や職員が次々にインフルエンザに感染し、21日までにあわせて74人が感染した。
このうち21日までに、71歳から99歳までの男性4人と女性3人のあわせて7人の入所者が死亡した。

県によると、死亡した7人のうち、3人についてはインフルエンザが直接の死因となったことが否定できないとしていて、ほかの4人については誤えん性肺炎など別の原因で亡くなったとみられるという。

県は、1月11日に「北淡荘」から報告を受けて立ち入り調査を行い、発症していない入所者にインフルエンザの治療薬を予防的に投与するよう指導したが、実際に薬が施設に届いたのは20日だったという。

「北淡荘」では現在も161人が入所しているが、県はこれ以上の感染の拡大は防ぐことができるとして、引き続き死亡した原因や感染の経緯などを詳しく調べることにしている。

養護老人ホーム「北淡荘」の山田正司施設長はNHKの取材に対し、「インフルエンザにかかった入所者とかかっていない入所者とで食事の場所を別々にするなど、施設側としてもできるだけの対応をしたつもりですが、インフルエンザの集団感染を防げず、7人の方が亡くなる結果となり、大変申し訳ありません」と話している。




全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.12.27 (Thu)

ララハートなごみケアー合同会社指定取消し

何度も何回も言うけれど
オマエらな
就職転職するとき
ネットで情報を集めるやろ

求人誌やハローワーク等で求人募集をみつけて
>ララハートなごみケアー合同会社>>デイサービス>>訪問介護
おっ コレええんちゃう 家からも近いし 勤務時間もちょうどエエし
給与はこんなもんかな ってな
こんな感じで簡単に就職転職するなよ
例えパート・アルバイトでもな
インターネットで検索してみても 何~も情報もない
ヤメとけよ辞めとけ 


ララハートなごみケアー合同会社
代表者 石田陽子
神戸市兵庫区石井町2丁目3-10 スマイルウエスト205


介護報酬76万円を不正受給 神戸の事業者に処分

神戸市は26日、同市兵庫区石井町2の介護事業所「ララ・ハートなごみケアー合同会社」が訪問介護の虚偽記録をもとに、介護報酬約76万円を不正請求し、受給したとして、指定取り消し処分にしたと発表した。市は加算額を含めて計約106万円の返還を求める。

同市によると、同事業所は2017年5~7月、利用者がデイサービスを利用している時間帯に、訪問介護を計22回受けたとする虚偽記録を作成し、同年5~8月には、記録がないのに訪問介護232回を提供したとして報酬を請求した。

同年4月に匿名の通報があり、市が監査を進めていた。監査中も、実際はサービスを行っていないヘルパーの名前を記載した虚偽記録3件の報告もあったという。同事業所代表の女性(60)は「実際にサービスは提供している。記録を誤った」と説明しているという。

処分効力は訪問介護と介護予防訪問サービスが来年4月1日から、居宅介護支援事業が同年2月1日から、それぞれ発生する。


ナメとる

介護保険法に基づくヘルパー事業所及び居宅介護支援事業所の指定取消し処分

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.12.26 (Wed)

また放課後等デイサービスが*今度はトンデモナイことが発覚した

資格証明書の偽造は奈良県の業者がしてくれるのか!??

オマエら真似するなよ




イニシャルイノベーション株式会社
設立 2016年12月1日



明石の障がい児支援施設の指定取り消し

兵庫県明石市にある2つの障がい児支援施設を運営する会社が専門職員の数を偽って県に届け出ていたとして、県はこの2つの施設の事業者指定を取り消す処分をした。

事業者指定の取り消し処分を受けたのは、明石市大久保町の障がい児通所支援施設「おひさん」と「児童発達支援ふわり」。

兵庫県によると、この2つの施設を運営する大阪市内の会社は2年前、施設を開く際に実務経験のある専門職員がそれぞれの施設に1人しかいなかったにもかかわらず、2人ずついると偽った書類を県に提出していたという。

県の聴取に対し、「事業をやりたかったが、職員を捜すのが難しかった」と話してい。施設側には介護給付費約763万円が支給されていて、県は不正な受け取りとして返還を求める。




職員の資格証明書を偽造

発達障害児らの支援などを行う施設運営に必要な児童指導員などの資格者や実務経験者の証明書を偽造したとして、兵庫県は21日、明石市大久保町大窪の障害児通所支援施設「おひさん」と「児童発達支援ふわり」の2施設に対する事業者指定を、来年1月21日付で取り消すと発表した。

2施設は大阪市西区の株式会社「イニシャルイノベーション」が運営。県によると、同社は今年10月末、3カ所目となる新規施設の開所の相談に県へ来庁。事前提出された同社職員の実務経験証明書について、県職員が記載された過去の職場に勤務歴を問い合わせたところ、実際には同社職員が働いていなかったことが分かり、押印されていた元勤務先のはんこも偽造されていたことが判明した。
県と明石市は11月に抜き打ちで合同監査を実施。実際には実務の経験がない職員の実務経験証明書が、ほかにも10人分あった。

中には架空の人物を捏造しているケースもあったといい、兵庫県悪質性が高いと判断し、私文書偽造の疑いで明石署に届け出た。

明石市は同社が不正に受け取った給付額763万2千円の返還を請求する方針。現在の利用者49人については、市内の近隣事業所へ受け入れてもらうよう調整している。

同社は聞き取りに対し「職員の確保が難しかった。偽造の証明書は奈良の業者に依頼して作ってもらった」などと話したという。




指定取り消し

指定取り消しの処分を受けたのは、明石市にある障害児の預かりなどを行う施設「おひさん」と「児童発達支援ふわり」で、いずれも大阪市の「イニシャルイノベーション」という会社が運営している。

障害児の支援事業者としての指定を受けるには、職員の勤務経験を示す書類を自治体に提出することになっているが、兵庫県によると、「イニシャルイノベーション」は10人の職員にこの書類を偽造していたという。
このため兵庫県は、21日付けで2つの施設の指定を取り消す処分にした。
また、勤務経験がある職員がいるとして受け取っていた763万円余りの介護報酬について返還請求する。

調べに対し、この会社は「施設を開設したかったが経験ある職員が確保できず、書類を偽造してしまった」と話しているという。
2つの施設に通っている約50人の子どもたちについては、近くの別の施設で受け入れるよう調整している。

「イニシャルイノベーション」は、NHKの取材に対し、「障害児の受け入れ施設を求める声が多く、オープンを急いだことや認識の甘さなどから書類を偽造してしまった。利用者の方にご迷惑をおかけし、責任を感じている」と話している。


認識の甘さから

書類を偽造した
????
子供でも認識できると思うわ

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.12.20 (Thu)

コヤツ相当の性悪な人間や

ttvb_aa800x0g3.jpg


NPO法人西宮がすきやねん
理事長 吉田知英

別事業でも給付金の過大受給疑い 西宮のNPO法人

NPO法人「西宮がすきやねん」(吉田知英理事長)が障害者支援施設運営補助金を兵庫県西宮市から不正受給していた問題で、同市は19日、新たに過去5年間に介護給付金などで最大約8800万円を過大に受給した疑いがあると発表した。同市は制度で認められない二重受給があったとし、法人に対し過大に受けた給付の返還などを求める。

同市によると、同法人は市内で障害者のグループホーム2カ所を運営。6月の市監査で、本来は夜間に兼務できない施設での業務と重度訪問介護サービスを行い、給付金を得た。2013年10月~18年9月、国や県、市から夜間支援加算などで約5800万円、夜間の重度訪問介護で約8800万円を受け取り、二重支給された疑いがあるという。法人側は市に「制度の認識が不十分だった」と不正受給の意図を否定した。

同法人を巡ってこれまで、グループホーム利用者の人数や利用日数を水増しして不正受給したとして、市が補助金約4300万円の返還を求めている。法人の吉田理事長は市の福祉施策に関する三つの審議会などの委員だったが、いずれも辞任した。


この輩
これまでにネコババした金を貯めこんでるんかな


西宮市は19日、身体障害者の共同生活施設を運営する市内のNPO法人「西宮がすきやねん」がグループホーム2カ所で夜間支援と介護の2給付費を重複請求しており、勤務実態の精査と過大請求分の返還を命じたと発表した。県国民健康保険団体連合会から2013年9月~18年9月に計約1億4700万円が給付されていた。


老後のために

NPO法人 約4000万円を不正受給 2018年11月21日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4237.html


健康福祉局生活支援部生活支援課 平成30年11月20日
身体障害者生活ホーム運営費等補助金の不適切な処理について

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.11.21 (Wed)

バレたから ⇒ 開き直りか?

NPO法人西宮がすきやねん
理事長 吉田知英
設立 2004年3月23日

コイツは
西宮市の
障害福祉推進計画策定委員会委員
ほんでもって
特定非営利活動法人西宮市身体障害者連合会の事務局長
え?これもか
西宮市の
こども未来センター運営審議会の委員
え?これも?
西宮市次世代育成支援行動計画策定委員


3_9mllkghj608.jpg





NPO法人 約4000万円を不正受給

西宮市は20日、身体障害者が共同で生活する「生活ホーム」を運営する同市のNPO法人「西宮がすきやねん」(吉田知英理事長)が、少なくとも平成25年度以降、利用人数の水増しなどで市の補助金約4300万円を不正受給していたと発表した。市は同法人に今年度末までに全額返還するよう求めている。

生活ホームは、家庭で介護が困難な身体障害者らが、地域のマンションなどで指導員による援助や介護を受けながら生活する住居。市生活支援課によると、同法人は16年に設立。生活ホーム事業を市内2カ所で実施し、運営費や住居の借り上げ費などとして22年度から年約830万円の補助金を受け取っていた。





障害者施設の運営NPO 補助金4千万円超不正か

兵庫県西宮市は20日、身体障害者が共同生活する支援施設を運営する同市のNPO法人「西宮がすきやねん」(吉田知英理事長)が、利用者の人数や利用日数を水増しして、過去約6年間に運営補助金約4300万円を不正に受け取った疑いがあり、返還を求めると発表した。吉田理事長は、市の福祉施策に関わる三つの審議会などで委員を務めている。

市によると、同法人は介護スタッフが付く「生活ホーム」を2カ所運営。市の監査で、2013~18年度に居住していない利用者を計上したり、利用回数を水増ししたりして補助金を申請していたと分かった。

同市は約2400万円を不正な受給と確認。法人側は不正と認めないが補助要件に満たないと判断した受給分も含め、返還を求める。

吉田理事長は、同市の障害福祉推進計画、地域福祉計画の各策定委員会と、こども未来センター運営審議会の委員を務める。NPO法人西宮市身体障害者連合会の事務局長も兼務し、13年に兵庫県功労者表彰(福祉功労)も受けた。取材に対し「だます意図はなかったが、不正と言われても仕方ない」と話し、返還に応じるとした。

一方、同市は現地を確認せず書類審査だけで補助金を交付しており、同市生活支援課は「不適切だった」と謝罪した。西宮がすきやねんは10~12年度にも補助金計約2500万円を受け取っていた。市は「不正の疑いはあるが資料が残っていない」とし、返還は求めないという。




障害者の支援施設を運営する西宮市のNPO法人が、施設の利用人数を水増しするなどしておよそ4000万円の補助金を不正に受け取っていたとして、市は補助金の返還を求めた。

このNPO法人は、西宮市の「西宮がすきやねん」。
西宮市によると、このNPOはマンションや住宅の1室で障害のある人が共同生活をする「生活ホーム」を2か所で運営しているが、利用者の人数や利用日数を水増しして、市に報告していたという。
その結果、平成25年度から昨年度までの5年間にあわせておよそ4000万円の補助金を不正に受け取っていたということで、西宮市はNPOに対し、補助金を返還するよう求めた。

調べに対し、NPOは「補助金を別の事業の人件費に充てていた。申し訳ない」と話している。

西宮市生活支援課は
「不正を見抜けなかったことは、市としても反省している。今後はしっかりと運営実態を把握したうえで補助金を支給したい」
と。

「西宮がすきやねん」の吉田知英理事長は報道機関の取材に対し、「西宮市をだますつもりはなかったが、補助金の支給条件を満たしておらず、結果として不正受給となってしまった。みなさんの信頼を裏切り申し訳ない」とコメントしている。




日本国民の前でメディアで発言しましたね
>今後はしっかりと運営実態を把握したうえで
補助金を支給したい

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.10.26 (Fri)

こんな輩たちは天罰が下るわ

障害者作業所使い盗品を転売か

ことし5月、芦屋市で乗用車からおよそ240万円相当のゴルフ用品を盗んだとして、男4人が逮捕された。
盗んだものは障害者の作業所に持ち込まれ、箱詰めなどをされたうえで、転売していたものとみられ、警察が捜査を進めている。
4人はいずれも容疑を否認しているという。

逮捕されたのは
▽大阪・東住吉区の無職、松浦直美容疑者(46)
▽赤穂市の無職小島壽文容疑者(46)
▽神戸市長田区の古物商、白石皓之容疑者(30)
▽神戸市中央区の会社経営、蓮本憲太郎容疑者(42)のあわせて4人。

警察によると、4人は、ことし5月芦屋市楠町のマンションの駐車場で、乗用車の車内からゴルフクラブなど87点、合わせて241万円相当を盗んだ疑いが持たれている。
4人は盗んだものを、蓮本容疑者が運営に関わる神戸市長田区の障害者の作業所に運び、転売のための箱詰め作業などを委託していたとみられるという。

兵庫県内では、ことしに入って、同様の手口の窃盗事件が500件以上相次いでいるということで、警察は関連を調べている。
これまでの調べに対し、4人はいずれも容疑を否認している。


株式会社アミューズリンク
代表取締役 蓮本憲太郎



障害者集めて盗品磨かせる、支援制度悪用

車上荒らしでゴルフ用品を盗んだとして、兵庫県警捜査3課は25日、窃盗の疑いで、神戸市中央区相生町の会社経営、蓮本憲太郎容疑者(42)と、同市長田区萩乃町の古物商、白石皓之(こうじ)容疑者(30)ら男4人を逮捕したと発表した。蓮本容疑者らは神戸市の指定のもとで障害者支援施設を運営し、障害者を集めて犯行に加担させていたとみられ、県警は事件の全容解明を進めている。

捜査関係者や市によると、蓮本容疑者は今年6月以降、長田区で障害者就労継続支援事業所「グラスト」(定員20人)を運営。市から1人当たり1日約6千円の給付金を受け取りながら、障害者に盗品のゴルフ用品を磨かせたり、梱包作業に従事させたりしていた。盗品は白石容疑者が経営する同区のリサイクルショップ「爆買王」に持ち込まれ、インターネットオークションで転売されていた。

県警によると、県内では今年1月以降、ゴルフ用品を狙った車上荒らしが多発。盗品の保管先倉庫を捜索し約千点を押収した。

逮捕容疑は、共謀し5月14日未明、兵庫県芦屋市の駐車場で車のガラスを割り、クラブなどが入ったゴルフバッグ2点(計約241万円相当)を盗んだとしている。いずれも容疑を否認している。

障害者就労継続支援事業所は、障害者に就労のための知識や能力を身につけてもらうための施設。神戸市はこれまでグラストの運営実態について詳細を把握しておらず、担当者は「施設に立ち入って調査する」としている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |  NEXT