FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2019.07.16 (Tue)

コスモス・アースの車内放置死亡事件*罪に問われた職員は執行猶予

罪が軽すぎるわ

車内放置死で刑猶予 障害者施設職員ら

埼玉県上尾市の障害者支援施設「コスモス・アース」(生活介護とさきに改称)で平成29年、男性利用者=当時(19)=が送迎用ワゴン車内に放置され熱中症で死亡した事故で、業務上過失致死罪に問われた元運転手の高橋三男被告(75)と、職員の寺下晋平被告(39)に、さいたま地裁(石井俊和裁判長)は16日、それぞれ禁錮1年、執行猶予3年(求刑禁錮1年)の判決を言い渡した。

起訴状によると、高橋被告は29年7月13日、自力で降車できないと知りながら、後部座席で寝ていた男性の誘導を怠り、車内に残したまま施錠して車を離れた。寺下被告は同日、男性が所在不明となっていたのに、遅刻や欠席と考えて保護者に連絡を取らなかった。2人の過失が重なり、男性は車内に約6時間放置され、熱中症で死亡したとしている。


2018年2月9日
女性職員の体を触ったとして、強制わいせつ罪に問われた、元管理者で理事長で瑞宝双光章を授与されていた大塚健司被告75歳の判決公判が9日、さいたま地裁で開かれ、新井紅亜礼裁判官は「卑劣な犯行」として懲役2年6月、執行猶予5年



同じ埼玉県では  2017年9月30日
3歳男児、バス車内に5時間放置 さいたま市の東武リズム幼稚園
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3706.html


2017年7月13日
障害者男性が死亡 施設側が車から降ろし忘れ熱中症か
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3584.html

施設側は県に対し1日5回ほど利用者が来ているか確認していたと話している 2017年7月15日
ずさんな運営明らかに
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3588.html

<上尾男性放置死>殺された気持ち 死亡男性の父「事実曲げないで」 2017年7月21日
睡眠薬は息子が落ち着いて寝られるように、夜寝る前に服用していたことはあるが、朝に飲ませたということはない。事実が曲げられて伝えられたことが悲しく、憤りを感じている。ちゃんと事実を伝えたい」
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3595.html

熱中症死亡事故の施設 利用者2年で倍、常勤職員は1人 2017年7月27日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3604.html

2017年10月23日
NPO法人コスモス・アースの理事長兼施設管理者 ⇒ 大塚健司
理事長に抱きつかれ 体を触られた
強制わいせつ容疑で逮捕

http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3733.html

障害者死亡事故受け 指定NPO法人取消しへ 2017年12月5日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3793.html

熱中症死亡事故 障害者施設職員ら3人を書類送検 2018年1月22日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3848.html

ようするに 偽善者だったのよ

わいせつ行為の元管理者に懲役2年6ヶ月求刑 2018年1月26日
理事長兼施設管理者 ⇒ 大塚健司
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3860.html

エロ爺 理事長兼施設管理者で瑞宝双光章 ⇒ 大塚健司 2018年2月9日
懲役2年6月 執行猶予5年の判決

職員ら2人を在宅起訴
上尾の施設の障害者放置死で担当職員ら起訴
  2018年12月29日
担当職員だった寺下晋平38歳 運転手の高橋三男75歳
なんやかんや言ってもA級戦犯は75歳の運転手
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4289.html

さいたま地裁で初公判  2019年4月3日
業務上過失致死罪に問われたのは 施設職員の男39歳 運転手の男75歳
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4434.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.06.29 (Sat)

さいたま市のめだか保育園*プール死亡事故*元園長ら在宅起訴

元園長69歳と派遣社員で保育士32歳


さいたま地検が元園長ら在宅起訴
保育園のプールで女児が死亡したのは、十分な監視行わず注意義務を怠る

さいたま市緑区大間木の認可保育所「めだか保育園」で2017年8月、プール遊びをしていた女児=当時(4)=が溺れて死亡した事故で、さいたま地検は28日、事故を防止する注意義務を怠ったとして、業務上過失致死の罪で、無職の元園長(69)=さいたま市=と、当時保育士として勤めていた派遣社員(32)=東京都足立区=をさいたま地裁に在宅起訴した。

事故は17年8月24日午後に発生。プールで遊んでいた赤沼美空ちゃんがうつぶせで浮いているのが見つかり、翌25日に搬送先の病院で死亡が確認された。死因は溺れたことによる低酸素脳症だった。

起訴状などによると、元園長は複数の保育士でプール内の園児の十分な監視、指導を行う措置を取らず、保育士への指導や安全確保ができない場合にはプール遊びを中止する注意義務を怠り、派遣社員はプール内の園児の動静を注視する注意義務を怠ったとされる。

県警などによると、当時プールでは3~5歳の園児約20人が遊んでいたが、元園長は監視役の保育士を1人しか置いていなかった。派遣社員はプールに設置された滑り台の片付けなどをしており、3分ほど園児から目を離していた




プール4歳死亡、保育園長ら書類送検へ 監視に過失疑い 2018年8月27日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4141.html

事故の教訓は生かされてなかった



プール事故対策 25%が改善実施せず 消費者事故調 2018年4月24日
7年前、神奈川県の幼稚園のプールで園児が溺れて死亡した事故を受けて、国の消費者事故調が全国の幼稚園や保育所などに安全対策の状況を聞いた結果、全体の25%余りで国のガイドラインなどに基づいた改善をしていないことがわかった。
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4010.html


平成30年4月24日 消費者安全調査委員会
教育・保育施設等におけるプール活動・水遊びに関する実態調査

(平成23年7月11日に神奈川県内の幼稚園で発生したプール事故に関する意見のフォローアップ)
http://www.caa.go.jp/policies/council/csic/report/report_003/pdf/report_0003_180424_0001.pdf

保育園のプール死亡事故*問題は見守り体制 2017年8月25日
25日未明、病院で死亡が確認された。
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3647.html

保育園のプールで4歳女児溺れ意識不明 さいたま市 2017年8月24日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3643.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.04.03 (Wed)

あのコスモス・アースの事件*初公判

さいたま地裁で初公判

業務上過失致死罪に問われたのは
施設職員の男39歳
運転手の男75歳


埼玉県上尾市の障害者支援施設で2017年、男性利用者=当時(19)=が送迎車内に放置され、熱中症で死亡した事故で、業務上過失致死罪に問われた、白岡市篠津、施設職員の男(39)と、さいたま市北区、元運転手の男(75)の初公判が1日、さいたま地裁(石井俊和裁判長)で開かれ、両被告は起訴内容を認めた。

スーツ姿で入廷した両被告。石井裁判長に起訴内容について問われた職員の男はメモを読み上げ
公訴事実に間違いない。(男性が)欠席だと思って出席確認を怠りました。しかし施設としても出席確認業務がきちんと行われていなかったことを述べておきます」と、施設側の出席のチェック体制に不備があったことも指摘した。

検察側は冒頭陳述で、施設のサービス管理責任者だった職員の男が、保護者からの欠席の連絡や運転手から送迎車に乗車させなかったなどの報告を受けていないにもかかわらず、男性の所在を確認しなかった点を指摘。送迎車の運転手だった男については「眠り込んでいた被害者に声を掛けるにとどまり、ほかの利用者と共に誘導し終えたと軽信した」とそれぞれの過失を主張した。

起訴状などによると、元運転手の男は17年7月13日午前、送迎車で同施設「コスモス・アース」(生活介護とさきに改称)まで男性らを送り届けたが、建物内まで誘導することを怠って施錠した送迎車から離れ、職員の男は男性が遅刻か欠席したものと思い込んで所在を確認せず、男性を約6時間車内に放置し、熱中症で死亡させたとされる。



にしても
75歳の運転手 ってな

>利用者男性が欠席だと思って出席確認を怠りました
>しかし施設としても出席確認業務がきちんと行われていなかったことを述べておきます

なんや コレって なんでワシだけ罪に問われるんやー
そういうことか?


メチャクチャな障害者施設だったってこと

障害者男性が死亡 施設側が車から降ろし忘れ熱中症か 2017年7月13日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3584.html

施設側は県に対し1日5回ほど利用者が来ているか確認していたと話している 2017年7月15日
ずさんな運営明らかに
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3588.html

<上尾男性放置死>殺された気持ち 死亡男性の父「事実曲げないで」 2017年7月21日
睡眠薬は息子が落ち着いて寝られるように、夜寝る前に服用していたことはあるが、朝に飲ませたということはない。事実が曲げられて伝えられたことが悲しく、憤りを感じている。ちゃんと事実を伝えたい」
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3595.html

熱中症死亡事故の施設 利用者2年で倍、常勤職員は1人 2017年7月27日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3604.html

2017年10月23日
NPO法人コスモス・アースの理事長兼施設管理者 ⇒ 大塚健司
理事長に抱きつかれ 体を触られた
強制わいせつ容疑で逮捕
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3733.html

障害者死亡事故受け 指定NPO法人取消しへ 2017年12月5日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3793.html

職員ら3人を書類送検 2018年1月22日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3848.html

エロ爺*大塚健司75歳瑞宝双光章 懲役2年6月 執行猶予5年 2018年1月26日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3860.html

上尾の施設の障害者放置死で担当職員ら起訴 2018年12月29日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4289.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.02.27 (Wed)

ありがとうイムス富士見総合病院の看護師酒井加奈子さん

看護者は 社会の人々の信頼を得るように 個人としての品行を常に高く維持する
看護は、看護を必要とする人々からの信頼なくしては存在しない。 看護に対する信頼は、専門的な知識や技術のみならず、誠実さ、礼節、品性、清潔さ、謙虚さなどに支えられた行動によるところ が大きい。また、社会からの信頼が不可欠であり、専門領域以外の教養を深めるにとどまらず、社会的常識などをも充分に培う 必要がある。常に、看護者は、この職業の社会的使命・社会的責任を自覚し、専門職としての誇りを持ち、個人としての品行を高く 維持するように努める。

医療法人財団明理会
イムス富士見総合病院
埼玉県富士見市鶴馬1967-1



勤める職場の理念を実行した酒井加奈子さん



社会的使命に努めた酒井加奈子さん


偶然通った看護師が心臓マッサージ 通行人もカラーコーン置く 意識戻る

車にはねられ、意識のなかった女性に心臓マッサージを施すなど適切な措置を行い、一命を取り留めたとして、朝霞署は、和光市に住むイムス富士見総合病院・救急外来の看護師酒井加奈子さん(40)に感謝状を贈呈した。

同署と酒井さんによると、2月5日午後6時35分ごろ、志木市中宗岡3丁目の市道交差点で、犬の散歩中に横断歩道を渡っていた同市、女性(65)が乗用車にはねられ、道路中央付近にうつぶせに倒れた。

直後に現場を買い物に向かう途中、乗用車で通り掛かった酒井さんは路上に女性が倒れているのを発見。近くに車を停車し、女性に駆け寄った。声をかけたところ、うめき声を上げるが、脈も感じにくく、意識がない状態だった。

このため、心臓マッサージによる蘇生措置を敢行するとともに、カラーコーンを配置するなど通行人らとともに現場の安全確保を図った。数分後、救急車が到着した際、女性の意識は戻った。救急隊員は「蘇生措置がなかったら、救命率は下がった」と話していたという。

感謝状を受け取った酒井さんは「命を救えたことは本当によかったと思う。救命は私一人だけのことではなく、周囲にいた協力者のおかげであり、その一次救命に対する意識の高さが非常にうれしかった。感謝状はこうした人たちの代表として受け取りたい」と話した。


全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.02.20 (Wed)

熊谷市の障害者施設で32人がノロウイルスに感染


32人がノロウイルスに感染

熊谷の障害者支援施設で食中毒 ノロウイルス検出
提供された料理食べ32人が発症   熊谷保健所が処分

埼玉県は19日、熊谷市小島の障害者支援施設「新光苑」内の厨房でロワール通商(深谷市樫合)の従業員が調理し、提供された料理を食べた10~80代の32人(入所者17人、職員15人)が下痢や嘔吐(おうと)などを発症し、患者5人とロワール通商の従業員1人の便から食中毒の原因となるノロウイルスが検出されたと発表した。

県熊谷保健所は同施設の厨房で調理、提供された料理が原因と断定し、食品衛生法に基づき、同日から3日間の営業停止処分にした。

県食品安全課によると、13日正午ごろ、同施設で105人(入所者85人、職員20人)がお好み焼きやニース風サラダ、牛乳、果物を食べたという。

15日午前9時ごろ、同施設職員から「14日午後11時から翌朝にかけて、下痢、嘔吐症状の利用者と職員が複数発生している」と熊谷保健所に連絡があり、同保健所が調査していた。


株式会社ロワール通商
埼北給食センター
埼玉県深谷市樫合903-2



コチラは初期対応が早かったので子供たちに被害なし

久慈市内18の小中学校19日まで給食中止 調理員2人ノロ感染

久慈市教委は14日、久慈市小久慈町の市学校給食センター勤務の女性調理員2人がノロウイルスに感染したため、15日から土日を除く19日までの計3日間、同センター管内の市内18小中学校の給食約2900食分の提供を中止すると発表した。

同センター職員全39人を対象に13日行った月1回の定期検査の結果が14日夕に判明し、調理員2人に症状は出ていないもののノロウイルスの陽性反応が示された。市教委は同日、2人に対して出勤停止を指示。市の判断基準に従い給食を中止とし、各学校に通知した。感染経路を調べている。

同センターでは同市山形町の4校を除く11小学校と7中学校に給食を提供。これまでに給食を原因とした児童生徒の体調不良は報告されていない。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.02.17 (Sun)

川口かがやきの里 ⇒ 入浴死亡事故*どうして私だけが ・・・

555c_8uk00k.jpg
555c_8uk07k.jpg

介護老人福祉施設で入浴介護中の86歳女性が死亡 2018年8月2日
職員離れた間に溺れる
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4119.html


女性介護士、業過致死容疑で書類送検

埼玉県川口市の介護老人福祉施設「川口かがやきの里」で昨年7月、入居者の女性=当時(86)=が入浴中に死亡しているのが見つかった事件で、県警捜査1課などは15日、業務上過失致死容疑で当時入浴を介助していた女性介護士(47)を書類送検した。容疑を認め、「他の入所者の脱衣介助のため目を離していた。効率的な業務をしたかった」と話しているという。

送検容疑は昨年7月30日午後2時半ごろ、氷見タマ子さんを車いすに乗せたまま入浴させる際、注意義務を怠り、浴室から離れて水死させた疑い。 


埼玉県警は施設の安全管理に問題がなかったのかも捜査したが、同施設では定期的な研修などで職員に入浴時の注意点を共有させており、施設責任者の刑事責任は問えないと判断した。


介護士3人が入居者14人を順番に入浴させていた

入浴中の80代の女性から目を離し、死亡させたとして警察は埼玉県川口市の介護老人施設の女性職員を業務上過失致死の疑いで書類送検した。

去年7月、川口市にある介護老人施設「かがやきの里」で、入所者の氷見タマ子さん(86)が浴槽の中で溺れているのが見つかり、その後、死亡した。

氷見さんは車椅子専用の浴槽の中で胸と腹をベルトで固定されていたが、上半身がずれて横に傾き、顔を湯につけた状態で約3分間放置されていた。

埼玉県警は15日、当時、氷見さんの入浴を担当していた女性職員(47)を注意義務を怠ったとして業務上過失致死の疑いで書類送検した。女性職員は「他の入所者の脱衣介助のために目を離していました」と容疑を認めている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.02.14 (Thu)

また放課後等デイサービスが ・・・*2170万円不正受給:指定取消し

株式会社 A prime
代表取締役 本橋功司
法人所在地 東京都練馬区土支田4-32-11
法人設立 平成25年11月1日
指定年月日 平成26年4月1日


東京都の障害児通所支援事業者 2170万円不正受給

埼玉県は13日、障害児通所支援事業者「A prime」(東京都)が運営する3事業所で、報酬計約2170万円の不正受給があり、指定取り消し処分にしたと発表した。処分は4月1日付。

県障害者支援課によると、児童指導員の出勤簿や経歴を改竄(かいざん)するなどして、不正に報酬を受給した。利用契約書の偽造も行っていたという。

指定取り消しとなるのは
リズムroom
埼玉県所沢市荒幡39番地1

上新井リズムroom
埼玉県所沢市上新井1-13-1レジデンス金子1F

入間リズムroom
埼玉県入間市下藤沢908番地



http://aprimerhythm.wixsite.com/rhythm


ちょっとビックリした
マイナビで新卒を募集していた


http://archive.is/d3Swe

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(4) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.12.29 (Sat)

メチャクチャな障害者施設だったってこと

そもそものA級戦犯は75歳の運転手

以前から前々から何度も何回も当ブログで言ってるやろ
通所施設は送迎で始まって送迎で終わりなんですよ


上尾の施設の障害者放置死で担当職員ら起訴

上尾市戸崎の障害者支援施設「コスモス・アース」(現生活介護とさき)で送迎車に取り残された知的障害のある男性=当時(19)=が約6時間放置され、熱中症で死亡した事故で、さいたま地検は28日、業務上過失致死罪で、担当職員だった寺下晋平容疑者(38)=白岡市=、運転手の高橋三男容疑者(75)=さいたま市北区=を起訴した。

起訴状などによると、2人は男性の安全を確保する義務があったにもかかわらず、男性の両親や施設管理者に安否確認を怠ったとしている。男性は昨年7月13日午前9時ごろ、送迎車で施設到着後、炎天下の中で約6時間放置され、倒れているところを発見された。

地検は業務上過失致死容疑で書類送検されていた利用者の出勤確認担当の元職員の20代女性については同日、不起訴処分とした。地検は理由を明らかにしていない。


担当職員 ⇒ 所在確認せず 不在に気付いた職員もいたが
捜したり保護者に連絡したりしなかった
運転手 ⇒ 建物内に誘導怠る 降りたと思っていた


職員ら2人を在宅起訴 

埼玉県上尾市の障害者支援施設「コスモス・アース」(現生活介護とさき)で昨年7月、知的障害のある男性利用者=当時(19)=が車内に放置され死亡した事故で、さいたま地検は28日、業務上過失致死の罪で、男性の担当職員だった男(38)=白岡市=と、送迎車両の運転手だった男(75)=さいたま市=をさいたま地裁に在宅起訴した。

起訴状などによると、担当職員だった男は昨年7月13日午前9時10~30分ごろ、男性がいないのを知りながら遅刻や欠席したと思い込んで所在を確認することを怠り、送迎車両の運転手だった男は男性を送迎車から建物内に誘導することを怠ったとされる。

男性は知的障害のため自力で降車できず、午前9時14分~午後3時22分ごろまでの間、車内に放置され、熱中症で死亡した。

ともに書類送検された元職員の20代女性について、地検は同日付で不起訴処分とした。裁定主文や処分理由は明らかにしていない。


NPO法人コスモス・アース ⇒ 特定非営利活動法人とさき が引き継ぎしていた

特定非営利活動法人とさき  設立 2008年7月
代表者 太田原秀義
埼玉県上尾市大字戸崎384番地1

特定非営利活動法人とさき 2017年度事業報告書等


障害者男性が死亡 施設側が車から降ろし忘れ熱中症か 2017年7月13日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3584.html

施設側は県に対し1日5回ほど利用者が来ているか確認していたと話している 2017年7月15日
ずさんな運営明らかに
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3588.html

<上尾男性放置死>殺された気持ち 死亡男性の父「事実曲げないで」 2017年7月21日
睡眠薬は息子が落ち着いて寝られるように、夜寝る前に服用していたことはあるが、朝に飲ませたということはない。事実が曲げられて伝えられたことが悲しく、憤りを感じている。ちゃんと事実を伝えたい」
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3595.html

熱中症死亡事故の施設 利用者2年で倍、常勤職員は1人 2017年7月27日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3604.html

2017年10月23日
NPO法人コスモス・アースの理事長兼施設管理者 ⇒ 大塚健司
理事長に抱きつかれ 体を触られた
強制わいせつ容疑で逮捕
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3733.html

障害者死亡事故受け 指定NPO法人取消しへ 2017年12月5日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3793.html

職員ら3人を書類送検 2018年1月22日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3848.html

エロ爺*大塚健司75歳瑞宝双光章 懲役2年6月 執行猶予5年 2018年1月26日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3860.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.12.11 (Tue)

いつの世も善意ある人が多額の寄付を

ありがとう
志木市の横山武治さん
社会福祉法人志木市社会福祉協議会はアナタ故人が残した財産を大切に使います



たーくさんのお金を寄付する
そやけどな
そのお金がどのように使われるのか

以前から何度も言ってるやろ
寄付でもな1000円 2000円のお金なら赤い羽根共同募金でエエ
けどな
1億円ってな


志木市社会福祉協議会は基金をつくるっていうからエエけどな



地域福祉に役立てて…1億3300万円を遺贈

志木市社会福祉協議会は6日、昨年7月に85歳で亡くなった同市本町の会社員横山武治さんの遺言に基づき、約1億3300万円の寄贈を受けた。同協議会は横山さんの名前を冠した基金を設ける方針で、使途は今後検討する。

横山さんは生前、「高齢者福祉や地域福祉に役立ててほしい」とする遺言を公正証書で作成。没後、所有地などを売却した上で、遺族らが同日、目録を同協議会の谷合弘行会長に手渡した。

同協議会の矢田泰敏・事務局長は「故人の遺志を継ぎ、有効活用するため、市や福祉団体と検討委員会を設置して運用方法などを協議したい」と話した。


遺言書に「寄付する」と明記

埼玉県の社会福祉法人志木市社会福祉協議会(谷合弘行会長)は、市民から遺産約1億3300万円の寄付があった、と発表した。
遺産を寄付したのは、同市の横山武治氏。横山氏は同市出身。独身のまま2017年7月2日、死去した。遺言書に「不動産と現金などの財産を換金し、同協議会に寄付する」と明記。執行者の司法書士が今年1月、同協議会に申し入れていた。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.10.22 (Mon)

レベルが低い ⇒ さいたま市議会

さいたま市議会議員の吉田一郎さん
無料のホームページ Yahoo!ジオシティーズは2019年3月末でサービス終了
ですよ!
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/9297/index.html




さいたま市議会議員 吉田一郎

ブルジョア って ・・・  バカ?

車椅子の市議会議員にブルジョア障害者

さいたま市の吉田一郎市議は19日の市議会本会議で、車いすを使っている伝田ひろみ市議を「ブルジョア障害者」などと表現し、審議が一時紛糾した。新藤信夫議長は本会議休憩中に本人に厳重注意した。

発言が出たのは、「市心身障害者医療費支給条例」の一部改正案に対する賛成討論。吉田氏は討論で、支給に所得制限を設ける改正に賛意を示した上で、伝田氏を念頭に「ここにも年収1354万5000円の車いすの方がいる。ブルジョア障害者」などと発言した。

発言後、吉田氏は記者団に「確かに品がない言い方。申し訳ない」と述べた。伝田氏は「侮蔑的な表現で障害者差別につながる」と不快感を示した。

吉田氏は2月の委員会審議でも、市側答弁者に「首つって死ね」などと発言し、問題視された経緯がある。

市議会9月定例会は同日、市立小中学校のブロック塀撤去費用などを盛り込んだ一般会計補正予算や、2017年度一般会計決算など35議案を可決・認定するなどし、閉会した。


「首つって死ね」

議会で辞職勧告

市議の吉田一郎は辞職しない

2018年3月17日
さいたま市議会の吉田一郎市議(無所属)が市中央図書館長に「首つって死ね」などと不適切な発言をした問題で、市議会は16日、吉田市議に対する辞職勧告決議案を賛成多数で可決した。さらに市議会に対する市民の信頼回復に向けた決議案を全会一致で可決した。同市議会で辞職勧告決議が可決されたのは初めて。

辞職勧告決議は「市議会の品位を著しく汚し、市民の信頼を大きく失墜させた。議会から制裁は受けているものの、責任は重大。政治的責任を取り、職を辞することを勧告する」と辞職を求めた。

法的拘束力はなく、吉田市議は取材に「地元から叱咤激励の声を頂いているので、反省して今後も頑張っていきたい」と、改めて議員辞職を否定した。市議会は吉田市議に出席停止の懲罰を既に科しているが、新藤信夫議長は「懲罰は処分で、辞職勧告決議は議会の意思を示したもの」と説明した。

市民の信頼回復に向けた決議は、不適切発言に関して市民から非難の声が寄せられたことを受け、「市民の信頼回復に向けて、議会一丸となって取り組んでいくことを決意する」としている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.08.30 (Thu)

てんかん発作による突然死は考えられる ・・・ が*真相は?

防犯監視カメラは?


東松山市の障害者施設で入居男性死亡

29日朝早く、東松山市の福祉施設で、41歳の男性入居者がうつぶせで倒れているのが見つかった。遺体に目立った外傷はなく、警察は死因などを調べている。

29日午前6時半ごろ東松山市岩殿にある知的障害者施設「愛弘園」で、「2階の廊下で男性が倒れている」と職員から110番通報があった。
警察などが駆けつけたところ、施設の入居者の41歳の男性が倒れていて病院に運ばれたがおよそ1時間後に死亡が確認された。

警察の調べによると、男性が倒れていた廊下は、朝になると多くの入居者が集まる場所で、職員が様子を見に行ったところ男性が倒れているのを発見したという。遺体に目立った外傷はない。

施設によると男性には知的障害があり、てんかんなどの持病があったという。28日夜、職員が見回りをした際には変わった様子はなかった。警察は明日、司法解剖を行い男性の死因などを調べる方針。


てんかん発作による突然死は考えられる

近頃の障害者施設での事件を振り返ってみると ・・・


埼玉県警が経緯を捜査

29日午前6時35分ごろ、埼玉県東松山市岩殿、社会福祉法人愛弘会が運営する知的障害者施設「愛弘園」の2階ホールで、入居者の男性(41)が倒れているのを巡回中の施設職員が見つけ、110番した。男性は搬送先の病院で死亡が確認された。県警によると目立った外傷はなく、司法解剖して死因の特定を進めるとともに、詳しい経緯を調べている。

男性は2階の部屋に2人で入居。部屋から約15メートル離れた床にうつぶせで倒れていた。扉は付いていない。男性にはてんかんなどの持病があった。

外部から侵入した形跡はないとみられる。施設は2階建てで、約50人が入居している。


全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.08.27 (Mon)

めだか保育園のプール死亡事故*保育士と園長を書類送検

プール4歳死亡、保育園長ら書類送検へ 監視に過失疑い

さいたま市の認可保育所のプールで1年前、女児が溺れて死亡したのは、園側の監視に過失があったためだとして、埼玉県警は27日にも、当時勤務していた女性保育士(31)と女性園長(68)を、業務上過失致死の疑いで書類送検する。捜査関係者への取材でわかった。

事故は昨年8月24日午後3時半すぎ、同市緑区の私立認可保育所「めだか保育園」のプール(縦6メートル、横4・7メートル、深さ70~95センチ)で発生。赤沼美空(みく)ちゃん(当時4)がうつぶせで浮いているのが見つかり、翌日、死亡が確認された。
市の有識者会議が今年5月にまとめた報告書などによると、プールには当時、3~5歳の園児20人がおり、保育士はプールの滑り台の片付け作業をしている間、目を離していたという。

捜査関係者によると、県警は保育士が園児らの監視に専念する義務があったのに怠り、約3分間目を離したことが事故につながったと判断。一方、園長は、プール遊びの際に監視する保育士を1人しか配置していなかった点が、国のガイドラインに反しており、安全管理上の義務を怠ったとみている。

国のガイドラインは2011年に神奈川県大和市の幼稚園プールであった男児の死亡事故などをきっかけに、16年に内閣府などが策定し、自治体を通じて全国の保育所などに通知。プール遊びの際は複数の担当者を置き、監視に専念する人と指導役で役割分担することなどを求めている。


社会福祉法人こぐま会
理事長 黛秋代 平成29年6月~

めだか保育園
当時の園長は理事で黛秋代




園長と保育士を書類送検

さいたま市緑区の私立「めだか保育園」のプールで昨年8月、当時4歳の女児がおぼれて死亡した事故で、園側の監視に過失があったとして、埼玉県警は27日、黛秋代園長(68)と当時勤務していた元保育士(31)の2人を業務上過失致死容疑でさいたま地検に書類送検した。

事故は昨年8月24日午後3時半ごろ発生。赤沼美空ちゃんが、うつぶせで浮いているのが見つかり、翌日亡くなった。

園長の容疑は、国のガイドラインに反して監視役の保育士を1人しか置かずに安全管理義務を怠ったとし、元保育士もプールの監視中に目を離して監視を怠ったとしている。いずれも容疑を認めているという。

事故当時、プールには3~5歳の園児20人がいた。元保育士は同僚とプールの滑り台を片付けるため、約3分間目を離したという。県警の調べに、園長は「1人でも監視を怠らなければいいと解釈してしまった」と供述しているという。



美空ちゃんは午後3時25分にプールに入り、4分後には泳いでいる姿が防犯カメラの映像に映っていた。保育士2人は同36分から備え付けの滑り台を撤去する作業を開始。同38分、保育士がプールの方を振り返ると、美空ちゃんがうつぶせで浮いていた。

保育園のプールで4歳女児溺れ意識不明 さいたま市 2017年8月24日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3643.html

事故のリスクが高い
赤沼美空ちゃん(4)が、25日未明、病院で死亡が確認された 2017年8月25日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3647.html

人手不足なんだろ改善できないんだろ ⇒ プールなんて廃止せよ
プール事故対策 25%が改善実施せず 消費者事故調 2017年4月24日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4010.html
過去のプール死亡事故

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.08.02 (Thu)

川口かがやきの里 ⇒ 入浴死亡事故

社会福祉法人安心会
理事長 片居木 裕明

老人介護福祉施設 川口かがやきの里
埼玉県川口市大字西新井宿字北田1065番1
施設長 中沢修

車いすのまま利用できる浴槽

別の入所者の脱衣を手伝うため目を離した

介護老人福祉施設で入浴介護中の86歳女性が死亡 埼玉・川口

7月30日午後2時25分ごろ、埼玉県川口市西新井宿の介護老人福祉施設「川口かがやきの里」の浴槽内で、入所者の氷見タマ子さん(86)が意識を失っているのを介護士(46)が発見、119番通報した。氷見さんは搬送先の病院で死亡が確認された。同県警武南署によると、司法解剖の結果、死因は溺死とみられ、同署は業務上過失致死の疑いもあるとみて詳しい状況などを調べている。

同署によると、氷見さんは介護士に付き添われ、車いすに乗ったまま浴槽に入浴。介護士が別の入浴者の脱衣を手伝うために浴槽を離れた数分後、氷見さんは口元が湯につかり、ぐったりした状態だった。

氷見さんの腰と足首は、事故防止のため、いすにベルトで固定されていた。施設では当時、介護士3人が入居者14人を順番に入浴させていた。施設の担当者は「捜査中のため詳細なコメントは控えるが、再発防止に努めたい」とコメントしている。


職員離れた間に溺れる

武南署は1日、川口市西新井宿の介護老人福祉施設「川口かがやきの里」で7月30日に入居女性(86)が入浴介護中に心肺停止となり、その後死亡したと発表した。介護を担当した職員が目を離した間に溺れた可能性があるといい、業務上過失致死事件の疑いもあるとみて調べている。

署によると、死亡したのは2015年1月から施設に入居していた氷見タマ子さん。30日午後2時40分ごろ、3階の浴室で、車いすに座った状態で利用する浴槽に入っていたときに心肺停止になり、約2時間後に死亡が確認された。

浴室には氷見さんを担当する女性職員(46)がいたが、浴槽に入らせたあと、ほかの入居者が服を脱ぐ手伝いをするため、隣接する脱衣所に移動。しばらく目を離したあとで氷見さんを見ると、浴槽内の湯に口元をつけるように首を右に傾けていたという。

ホームページによると、同施設は08年4月の開設で定員は約120人。施設の代表は朝日新聞の取材に「捜査中なのでコメントできない」としている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 入浴事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.06.06 (Wed)

キャップの貯金箱騒動の終わり

虐待 ⇒ 通報 ⇒ 訴訟 なんのこっちゃ

障害者施設が認め、元職員と和解

虐待を告発したことで障害者施設から損害賠償請求されるなどして精神的苦痛を受けたとして、告発した元職員の40代女性が施設側に慰謝料など約570万円を求めた訴訟で、女性と施設側がさいたま地裁で和解した。施設側は、職員が利用者に不適切な行為をしたと認め、虐待予防や早期発見には通報が重要と確認するなどの内容。和解は5月29日付。

訴状などによると、施設はさいたま市南区の障害者就労施設「キャップの貯金箱」(2016年12月閉鎖)。女性は15年3月、男の職員が知的障害がある男性利用者2人の裸の画像を撮影するなどの虐待があったと市に通報し、翌月に施設を退職。市は虐待を認定する一方、施設側は「テレビの取材に、女性が施設の名誉を毀損(きそん)する発言をした」として損害賠償請求した。

女性は、賠償請求されてうつ病になったなどとして提訴。施設側は、裸の画像は利用者を指導するためなどと主張していた。

女性の代理人は「施設側が不適切な行為があったと認め、通報が大事と改めて確認したことは意義がある」と話した。



職員が障害者の裸撮影、LINEで送信 さいたま市が支援施設に監査 2015年5月16日
トイレに入る障害者を撮影 施設に監査
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2138.html

障害者施設でトイレ姿撮影、暴力たびたび目撃 2015年5月17日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2142.html

虐待告発職員に賠償請求 埼玉など障害者施設 2015年11月23日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2567.html

内部告発の元施設職員反訴=「障害者虐待」通報し訴訟に 鹿児島 2016年12月9日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3134.html

元職員の女性「虐待告発したら報復でうつ病」570万円の支払い求める 2017年2月28日
障害者施設、虐待告発者を非難「外部発信が本当の虐待」
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3322.html



似たような事件も


障害者への虐待疑い告発の元職員と施設が和解 2017年12月4日
施設側が賠償請求訴訟取り下げ

鹿児島市の障害者就労支援施設の運営会社が、虐待の疑いを告発した元職員に損害賠償を求めて提訴し、男性側が「障害者虐待防止法の趣旨に反する」として反訴した訴訟は4日、鹿児島地裁(川崎聡子裁判長)で、双方が法にのっとり「障害者への虐待の早期発見、通報が重要だと確認」し、訴えを取り下げることで和解が成立した。

障害者虐待防止法は、虐待の疑いを知った施設職員はすみやかに市町村に通報しなければならず、通報を理由に解雇などの不利益な扱いを受けないと規定。施設側から110万円の賠償を求められた男性(50)=鹿児島市=は、和解後の記者会見で「虐待の疑いを持った人が通報して不利益をこうむることがなくなってほしい」と語った。

男性は施設で働いていた平成26年秋、利用者から「職員にバインダーで頭をたたかれた」と聞くなどし、27年2月に市へ通報した。

施設運営会社は27年6月、「情報源を明かさずに職場で虐待の疑いを訴え、誹謗(ひぼう)中傷で社会的信用を落とした」などとして男性を提訴。これを受け男性は28年12月、「施設の提訴は違法」として250万円の損害賠償を求める訴訟を起こした。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.05.30 (Wed)

そりゃ取消しになるわ

特定非営利活動法人すまいるネット
代表理事 谷澤公彦
すまいるラボ
上尾市瓦葺2716尾山台団地4-5-109

上尾市の福祉事業所、申請書偽造 指定取消し

埼玉県は指定障害福祉サービス事業所の申請書を偽造して提出したとして、上尾市瓦葺の事業所「すまいるラボ」の指定を取り消したことが29日、分かった。処分は同日付。30日にも発表する。

「すまいるラボ」は、特定非営利活動法人「すまいるネット」(上尾市西宮下、谷澤公彦代表理事)が運営している。すまいるネットは平成28年2月に印鑑を偽造し、医師の許可を得ないまま、協力医療機関協定書を添付し、県に指定障害福祉サービス事業所の申請書を提出した。今年2月にも偽造された領収書の写しを添付し、補助金の交付を求める書類を県に提出していた。3月の県が実施した監査でも虚偽の返答をしていた。

すまいるラボは障害者の就労継続支援型のサービスを展開している。



定款に記載された法人の目的
この法人は、上尾市及び北足立郡伊奈町とその周辺地域の障害者に対し、「働く場」を提供し、地域社会の中で自立をサポートし、相互に人格と個性を尊重して豊かに暮らせる地域社会を創造することで福祉の増進に寄与することを目的とする。

サービス内容(定員)
■就労移行支援   定員6名
■就労継続支援B型 定員14名

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.03.25 (Sun)

また放課後等デイサービスの不正

2事業所の「不正請求」が発覚

さいたま市は、3月19日、児童福祉法に基づき、指定障がい児通所支援事業者「いずみサポート ISC」に行政処分を下したことを発表した。

「いずみサポート ISC」は、放課後等デイサービスを行っている「ミラクルクラブ」と「夢組ドリームクラス」を運営。いずれの事業所も「不正請求」が処分理由。

「ミラクルクラブ」では、指定放課後等デイサービスの給付費の算定について、児童発達支援管理責任者が不在だった時期があったにも関わらず、その届け出をせず、所定単位数による報酬を算定していなかった。

また、「ミラクルクラブ」ならびに「夢組ドリームクラス」の両事業所においては、実際には勤務していないにも関わらず、職員を配置しているかのような届け出をし、指導員加配加算を不正に算定していたことが確認されたという。


指定障害児通所支援事業者の行政処分について
児童福祉法(以下、法という)第21条の5の23第1項の規定に基づき、平成30年3月19日に下記のとおり障害児通所支援事業者に対し、事業所の指定の効力停止処分を行いましたので、お知らせします。

事業者名
いずみサポートISC 合同会社
代表者名
洪 珍淑

事業所名
ミラクルクラブ

所在地
北区吉野町2-200-31

指定年月日:平成25年12月1日
サービスの種類:放課後等デイサービス

処分内容等
処分の内容:指定の全部の効力停止(営業停止)

効力停止期間:平成30年4月1日から平成30年6月30日までの3月間における営業停止

処分の理由:不正請求(法第21条の5の23第1項第5号)

指定放課後等デイサービスの給付費の算定について、児童発達支援管理責任者が不在だった時期があったにも関わらず、その届出をせず、所定単位数による報酬を算定していなかったこと。また、実際には勤務していないにも関わらず、職員を配置しているかのような届出をし、指導員加配加算を不正に算定していたことが確認されたため。

給付費の返還:今後、市において調査し、返還額を確定していく。



事業者名:いずみサポートISC 合同会社
代表者名
洪 珍淑

事業所名
夢組ドリームクラス
所在地:北区宮原町4-99-5

指定年月日:平成27年5月1日
サービスの種類:放課後等デイサービス

処分内容等
処分の内容:指定の一部の効力停止

効力停止期間:平成30年4月1日から平成30年6月30日までの3月間における新規受入停止

処分の理由:不正請求(法第21条の5の23第1項第5号)
指定放課後等デイサービスの給付費の算定について、実際には勤務していないにも関わらず、職員を配置しているかのよう
な届出をし、指導員加配加算を不正に算定していたことが確認されたため。
給付費の返還:今後、市において調査し、返還額を確定していく。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.03.09 (Fri)

また放課後等デイ*有限会社イシカワ+こどもプラスつるせ教室指定取消し

有限会社イシカワ
こどもプラスつるせ教室



障害児通所支援事業者を指定取消処分/埼玉県

富士見市にある障害児通所支援施設が実際にいない管理責任者を置いているように装い報酬を不正受給していたとして県が、この施設の指定取り消し処分を発表しました。

県障害者支援課によりますと、障害がある未就学児や小学生が通う富士見市の「こどもプラスつるせ教室」は、去年4月から10月までの間、児童発達支援管理責任者がいたかのように装い不正に報酬を請求し、485万円を受け取りました。元の管理責任者が施設を運営する法人の別の施設に移りましたが、後任が入ったのは11月で、7か月間、管理責任者が不在でした。

運営法人は管理責任者がいないと給付額が減額され、収入が大幅に減ることから、管理責任者がいるかのようにタイムカードを押したり、業務日誌にうその内容を書いていたということです。指定取り消しは来月1日で、現在施設に通うおよそ30人は、今月中に近隣の別の施設に移る予定です。


障害児通所支援事業者の指定取消処分について 2018年3月8日

有限会社イシカワ
代表取締役 石川正彦

事業所名
脳を育てる療育プログラムこどもプラスつるせ教室
富士見市鶴瀬東2-18-11 マイシティビルディング2階204号室

サービスの種類
児童発達支援・放課後等デイサービス

処分の内容
指定取消

指定取消の理由
不正請求、不正な行為
当該事業所の児童発達支援管理責任者は、平成29年4月から10月まで別の事業所で勤務しており当該事業所に勤務していなかったが、法人代表者が管理者に指示し勤務したかのように書類の改ざんを行い、不正に報酬を請求し受領した。

不正請求額
4,850,316円

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.03.07 (Wed)

まぁ世の中には同姓同名がおるけれど


介護士を傷害容疑で逮捕、患者は顔面に重傷 埼玉・蕨

入院患者の顔面を殴ってけがをさせたとして、埼玉県警蕨署は7日、傷害の疑いで、さいたま市南区の介護士で病院職員、安藤隼容疑者(30)を逮捕したと発表した。「殴ってはいない」と容疑を否認している。

逮捕容疑は、5日午後11時ごろ、同県蕨市北町の「わらび北町病院」で、入院患者の男性(63)の顔面を拳で数回殴り、ほお骨を折る重傷を負わせたなどとしている。

同署によると、6日朝に男性がけがをしているのを女性職員が発見し、119番通報。男性は「(安藤容疑者に)殴られた」と話した。同署は同日、安藤容疑者を逮捕。調べに対し「介護をしているときに抵抗されて腹が立った」と供述しているという。

同署で詳しい経緯などを調べている。

わらび北町病院は「患者や家族に申しわけなく思う。職員研修を徹底し、再発防止に努める」としている。


勤務先の病院で男性入院患者(63)を殴り顔に大けがを負わせたとして、埼玉県警蕨署は7日までに、傷害容疑でわらび北町病院(同県蕨市)の介護士安藤隼容疑者(30)=さいたま市南区=を逮捕した。

蕨署によると「殴ってはいない」と容疑を否認した上で「乱暴に扱ってしまった。介護しているときに抵抗され腹を立てた」と供述している。

逮捕容疑は5日午後11時ごろ、ベッドで男性の着替えをさせている時に、顔面を複数回殴り、右頬や下顎を骨折する重傷を負わせた疑い。

病院によると、巡回中の看護師が血を流している男性に気付き、6日に届けた。


え? えぇ??
満員電車ゲーム注意した女性殴られ重傷 21歳男を逮捕 2009年3月25日

満員電車内で携帯型ゲーム機を使い注意されたことに腹を立て、女性を殴り重傷を 負わせたとして、埼玉県警蕨署は25日、傷害容疑で埼玉県戸田市美女木、会社員、安藤隼容疑者(21)を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は、25日午前8時ごろ、戸田市を走行中のJR埼京線車内で「込んでいるのにゲームをしないで」と注意した東京都国分寺市の会社員の女性(50)の顔を殴り、下あごの骨を折る重傷を負わせた疑い。

蕨署によると、安藤容疑者は車内で殴った後、近くの乗客に取り押さえられ、降ろされた戸田公園駅のホームでも女性の顔を殴った。女性はゲーム機が頭に当たったことから注意。安藤容疑者は「込んでいるんだから仕方ない。気に入らない」などと供述している。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.02.28 (Wed)

埼玉県の株式会社めいとケア指定取り消し


埼玉県は、2月14日、介護保険法及び生活保護法の規定に基づき、介護保険サービス事業者である「めいとケア」及び指定介護機関が運営する事業所「めいと松原団地訪問介護事業所」「北野訪問介護支援センター」の指定取り消し処分を行ったことを発表した。

「めいと松原団地訪問介護事業所」は、平成27年10月から平成29年9月までの2年間、県に届け出た事業所で営業せず、近隣の住宅型有料老人ホームで営業していたうえ、10%の同一建物減算をしないまま、全額を請求。不正請求額は、1,633万2,707円にのぼる。

また、「北野訪問介護支援センター」も、平成28年11月から平成29年9月までの11カ月間、近隣の住宅型有料老人ホームで営業。10%の同一建物減算をすることなく、全額を請求し、不正に310万6,201円を請求していた。

さらに、いずれの事業所も管理者及びサービス提供責任者は、常勤・専従せず、近隣の住宅型有料老人ホームに常駐していたという。


介護保険事業者等の指定取消処分について

株式会社めいとケア
代表取締役 千葉晴久
千葉県松戸市殿平賀56番地1


めいと松原団地訪問介護事業所
訪問介護、介護予防訪問介護
埼玉県草加市松原5-4-4 めかりビル206号室
指定年月日 平成25年10月1日

処分内容 指定取消

処分理由
平成27年10月から平成29年9月までの24か月間、県に届け出た事業所で営業せず、近隣の住宅型有料老人ホームで営業していた。
同一建物減算(10%)をしなければならないにもかかわらず、全額請求していた。
管理者及びサービス提供責任者は、事業所に常勤・専従せず、上述の住宅型有料老人ホームに常駐していた。   

不正請求額 16,332,707円 



北野訪問介護支援センター
訪問介護、介護予防訪問介護
埼玉県新座市北野2-14-20
指定年月日 平成27年7月1日

処分内容 指定取消

処分理由
平成28年11月から平成29年9月までの11か月間、 県に届け出た事業所で営業せず、近隣の住宅型有料老人ホームで営業していた。
同一建物減算(10%)をしなければならないにもかかわらず、全額請求していた。
管理者及びサービス提供責任者は、事業所に常勤・専従せず、上述の住宅型有料老人ホームに常駐していた。   

不正請求額 3,016,201円 

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.02.20 (Tue)

株式会社めいとケア*代表取締役:千葉晴久*1935万円返せよ

埼玉県は、同一建物等減算をせずに不正に介護報酬を請求したとして、
株式会社めいとケア (千葉県松戸市)が運営する「めいと松原団地訪問介護事業所」(埼玉県草加市)と
「北野訪問介護支援センター」(埼玉県新座市)の指定を、介護保険法などに基づき取り消すと発表した。

取り消しの対象となるのは、いずれも訪問介護と介護予防訪問介護で、処分は4月1日付。不正に受給した介護報酬は両事業所を合せると約1935万円に達する。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |  NEXT