FC2ブログ
2019年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2019.07.03 (Wed)

58歳の介護士が入所者に傷害*クティール六角橋

入所の90歳に傷害疑い 介護士の男逮捕

介護支援施設の入所者の男性(90)を殴り、けがをさせたとして、神奈川県警神奈川署は2日、傷害の疑いで横浜市緑区東本郷、職員の介護士、細池志郎容疑者(58)を逮捕した。「普段から男性の暴言を受けており、怒りが頂点に達して殴ってしまった」と容疑を認めている。

逮捕容疑は2日午前7時20分ごろ、横浜市神奈川区六角橋の介護支援施設で、入所者の男性の顔を複数回殴り、顔面打撲や外傷性くも膜下出血などのけがをさせたとしている。同署によると、男性は救急搬送されて入院したが、意識はあり、命に別条はない。

細池容疑者は1~2日の夜間に別の介護士と2人で勤務。2日朝に出勤した職員が男性のけがに気付き、119番通報した。同署は、この施設で他に暴行や傷害などは把握していないとしている。


別の介護士と2人で勤務

デイサービス クティール 六角橋
神奈川県横浜市神奈川区六角橋5-1-15 







介護士が入居者殴り重傷

横浜市の介護施設で90歳の入居者の男性を殴って重傷を負わせたとして、58歳の職員が逮捕された。

横浜市の「デイサービスクティール六角橋」の介護士・細池志郎容疑者は2日午前7時すぎ、施設内で90歳の入居者の男性の顔を殴って重傷を負わせた疑いが持たれている。

男性は病院に搬送されて外傷性くも膜下出血などで入院したが、命に別状はないという。
警察によると、細池容疑者は施設の食堂で男性の食事の介助をしていた際に素手で顔面を複数回殴っていて、取り調べに対して「暴言を我慢していたが、怒りが頂点に達して殴ってしまった」と容疑を認めている。


株式会社 M&H
神奈川県横浜市港北区小机町1512-6
代表取締役 丸山修一
法人の設立 2009年4月




クティール六角橋
https://www.youtube.com/watch?v=2Eia4wZiemA

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.07.02 (Tue)

また高齢ドライバーの送迎事故*藤棚地域ケアプラザ

ケアプラザの送迎車が交通事故、横浜 70代女性、骨折

横浜市は1日、藤棚地域ケアプラザ(同市西区)の送迎車が70代の女性と接触し、骨折の重傷を負わせた、と発表した。

同区によると、6月30日午前9時半ごろ、同市西区境之谷の交差点で、ケアプラザの軽自動車が左折しようとした際、横断歩道を渡っていた女性をはねた。女性は搬送先の病院で、右肩の骨が折れており、手術が必要と診断された。運転手の60代男性職員は「不注意だった」と話している。

同ケアプラザは、市の指定管理者「横浜市福祉サービス協会」が運営している。



2019年7月1日
【記者発表】藤棚地域ケアプラザ(本市指定管理施設)における
デイサービス利用者送迎車両の交通事故について

      

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.06.29 (Sat)

突然キレたんか?*秦野市の介護士の秋山智彦36歳

それとも ・・・

同僚の頭を椅子で殴り、軽傷負わす介護士の36歳男を逮捕

同僚の女性介護士の頭を椅子で殴るなどし、軽傷を負わせたとして、神奈川県警秦野署は29日、傷害の容疑で同県秦野市の介護士、秋山智彦容疑者(36)を逮捕したと発表した。

容疑を認めている。

逮捕容疑は28日午後10時25分ごろ、同市鶴巻北の飲食店の店内で、同僚の女性介護士(53)の頭をパイプ椅子で殴るなどし、軽傷を負わせたとしている。

同署によると、秋山容疑者は市内の介護施設に勤務しており、当日は被害者と口論になって犯行に及んだとみられるという。同署が当時の状況を調べている。



にしても
神奈川県民は大阪人よりも異常者が多いのぉ

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.04.22 (Mon)

ゲに恐ろしきは介護士の業

元職員の介護福祉士 田村真樹31歳を起訴

横須賀市の老人ホームで1月、入居者の菅谷伊津子さん=当時(89)=を殺害したとして、殺人容疑で再逮捕された元施設職員の介護福祉士、田村真樹容疑者(31)について、横浜地検は19日、殺人罪で起訴した。

起訴状によると、田村被告は1月24日、老人ホームで菅谷さんの首を背後から腕で締め付けるなどの暴行を加え、窒息させて殺害したとしている。

事件をめぐっては、同日朝、心肺停止状態の菅谷さんを施設職員が発見したことで発覚。県警は菅谷さんの口座から現金を引き出したとして2度にわたって窃盗容疑で田村被告を逮捕。田村被告は窃盗罪などで起訴され、先月29日には殺人容疑で再逮捕されていた。


極刑を望む

老人ホームで意識不明 搬送先の病院で死亡   2019年1月25日
1月24日午前8時40分ごろ、神奈川県横須賀市大矢部の老人ホーム「横須賀グリーンヒルケアハウス」で、入所者とみられる80代くらいの女性が意識を失った状態でいるのを施設職員が発見。女性は病院に搬送されたが、病院で死亡が確認された。
同県警捜査1課によると、朝食の席に女性が現れなかったことを不審に思った職員が女性を発見したという。女性の体から刺し傷や出血などの目立った外傷は確認されておらず、室内が荒らされている様子もなかったといい、同課が死因や詳しい経緯を調べている。

横須賀の老人ホームで死亡 ⇒ 窃盗 介護福祉士逮捕
警察は殺人事件とみて捜査を始めたが、この老人ホームの介護福祉士の男(31)が、菅谷さんの口座から現金15万円を引き出したとして、窃盗の疑いで24日夜、逮捕した。警察は菅谷さんが亡くなった事件との関連を調べている。

入所の89歳女性は窒息死 殺人事件として捜査
目立った外傷はなかったが、警察が詳しく調べたところ、死因は首を圧迫されたことによる窒息死と分かり、殺人事件として捜査を始めた。

http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4333.html



殺人容疑について認める供述をした
「金を盗んだのが発覚して施設を辞めさせられるのが嫌だった」と

元職員を再逮捕 入所の高齢女性殺害容疑 2019年3月31日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4423.html

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.04.17 (Wed)

前代未聞*放課後等デイサービスの行政処分 ⇒ 市長がメディアへ発言

行政処分に関して市長が発言した
こんなことって初めてやな

しょーもない くだらない お言葉だけど

悪質 って
そらそうやわ
近頃の放課後等デイサービスの悪事は異常だよな




川崎市の放課後等デイサービス指定取り消し 2019年4月5日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4436.html


放課後等デイサービスミライズ*市長が「事件は極めて悪質」とコメント

川崎市で障がいのある子どもたちが通う施設の事業者が、職員の配置を偽るなどし、指定を取消されることになったことについて、川崎市の福田紀彦市長は「事件は極めて悪質」とコメントをした。

この問題は、川崎市宮前区の「放課後等デイサービスミライズ」が、在籍していない児童指導員を、いるように偽って申請したとして、川崎市が来月1日事業者の指定の取消し処分を行った。

申請では指導員について
大学の学位や実務経験を証明する書類も偽造していたという。
市は内容が悪質であるとしてこれまで2年間の給付費に加え、加算金も請求していて、合わせて4386万円の返還を指示している。

16日の会見で福田市長は、「想定をしないような悪質事案だった」と述べた。
川崎市によると施設には6歳から16歳までの17人が通っていて、ミライズ側が次の事業所を探すことになっているという。


>想定をしないような悪質事案だった

想定できます

今度はトンデモナイことが発覚した 放課後等デイサービスが資格証明書を偽造 2018年12月26日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4280.html


4,386万円 返せよ
リハフロンティア株式会社 代表取締役の吉岡理恵さん



平成31年4月16日 川崎市長記者会見
https://www.youtube.com/watch?v=b_yKGBf-8xc
記者からの質問で (16分55秒~)
>どれだけの人数で監査をするのか悩ましい (笑
>これだけ事業所があるんだから職員を増やせばエエんじゃないか と意見がある (笑
はぁ?
頼りない市長や
川崎市の不正受給は これからも無くならない

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.04.05 (Fri)

また放課後等デイサービスが* リハフロンティア株式会社+放課後等デイサービスミライズ

リハフロンティア株式会社
代表取締役 吉岡理恵
放課後等デイサービス ミライズ
川崎市宮前区平二丁目2番19号
指定日 平成29年4月1日



なんてなんてなんやてぇ?
>児童指導員がいない
>架空の人物を仕立てて勤務しているように装う
>偽造した実務経験証明書や学位記

川崎市の放課後等デイサービス指定取り消し

不正な手段で障害児通所支援事業の指定を受けたとして、川崎市は4日、宮前区の障害児通所支援事業所「放課後等デイサービス ミライズ」に対し、5月1日付で指定を取り消すと発表した。同事業所にはこれまで障害児通所給付金として計約3100万円が支払われており、市は加算金を含めて4300万円余りの返還も指示した。

市障害計画課によると、同事業所は同事業の指定を受け、2017年4月に開所。定員に応じて配置が求められている「児童指導員」が実際には不在にもかかわらず、架空の人物を仕立てて勤務しているように装った。市には偽造した実務経験証明書や学位記を示していたという。

施設には6~18歳の18人が通っており、市は今後、他の施設に移れるよう相談に応じるとしている。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.03.31 (Sun)

窃盗容疑で ⇒ 逮捕 ⇒ 殺人で再逮捕

横須賀グリーンヒルケアハウス
バレて口封じか

老人ホームで意識不明 搬送先の病院で死亡  2019年1月25日
横須賀の老人ホームで死亡 ⇒ 窃盗 介護福祉士逮捕
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4333.html



老人福祉施設の元職員を再逮捕 入所の高齢女性殺害容疑

神奈川県横須賀市の老人福祉施設で1月、入所者の高齢女性が首を圧迫されて死亡した事件で、神奈川県警は29日、当時職員だった田村真樹被告(31)=窃盗などの罪で起訴=を女性を殺害した疑いで再逮捕した。

田村容疑者は女性の所持金計125万円を盗むなどしたとして起訴されたが、殺人容疑について認める供述をした上で「金を盗んだのが発覚して施設を辞めさせられるのが嫌だった」と話しているという。

再逮捕容疑は1月24日朝、横須賀市大矢部1の「横須賀グリーンヒルケアハウス」の居室で、菅谷伊津子さん(当時89歳)の首を圧迫して窒息させ、殺害したとしている。意識不明の状態で菅谷さんが倒れているのを別の職員が発見。菅谷さんは病院に運ばれたが、まもなく死亡した。

この事件の前に菅谷さんから、通帳がなくなったとの相談があった。県警は1月24日夜、菅谷さんのキャッシュカードで金を引き出した窃盗の疑いで田村容疑者を逮捕し、死亡との関連を調べていた。田村容疑者は最近になり、殺害について関与を認める説明を始めたという。


そやけど
なんちゅうか
こんの輩を採用した担当者さん
あんさん
人を見る目がなかった っちゅうことや

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.03.24 (Sun)

目からウロコ ⇒ 障害者入所施設 ⇒ 地域での生活

これはスバラシイ


azzko2_8jkad1.jpg









掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.02.19 (Tue)

よーわからんけど横須賀市の失態 ⇒ 面目ない

横須賀市の
間違い 過ち ミス 手違い 不手際 失態 へま ぽか 落度


医療法人社団清光会
神奈川県逗子市久木4-25-8

2018年4月23日
指定居宅サービス事業者、指定居宅介護支援事業者、指定介護予防サービス事業者及び介護予防・日常生活支援総合事業指定事業者の指定を取り消すこととしました。
介護保険法に基づく指定居宅サービス事業者等の指定の取消処分について

http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4009.html


横須賀市 ⇒ 指定の取り消しは誤りでした

横須賀市への不正請求額 

約1,352万円+40%の加算金を加えた額約1900万円
お返しする


横須賀市は18日、デイサービスなど二事業所の介護保険法に基づく指定を取り消す処分をしたのは誤りだったとして、運営者の医療法人社団清光会(逗子市)に返還させた介護報酬など約1900万円を来月までに返すと発表した。

清光会は2014年12月、横須賀市からデイサービスと居宅介護支援事業所の指定を受け、同市湘南国際村で事業を開始。市は2018年3月、申請書類に虚偽の記載があったなどとして指定を取り消した。

清光会は2018年6月、行政不服審査法に基づき、市に審査を請求した。市は弁護士から「2016年2月に虚偽記載をほぼ把握しながら処分まで時間が空いたのは合理的な理由がない」という趣旨の指摘を受けたのを踏まえ、取り消しを決めた。

自治体の指定取り消しが民事訴訟などで違法と判断されるケースはあるが、自ら判断を覆すのは珍しい。市の担当者は「慎重に調査した結果、(処分まで)時間がかかった」と釈明。清光会の横山志郎理事長は「私たちの主張が通って、名誉が回復されて良かった」とのコメントを出した。


そやけど
人員基準違反
看護師又は准看護師を1名も配置していなかった
介護を提供する時間帯に配置すべき介護職員につき必要となる数を配置していなかった
機能訓練指導員を1名も配置していなかった
とか
運営基準違反とか
虚偽の指定申請とか
虚偽の指定申請とか ・・・

問題なかったん?

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.01.25 (Fri)

殺人罪と窃盗罪 ⇒ 罪は重い*口封じで殺めるなんて

老人ホームで意識不明 搬送先の病院で死亡

24日午前8時40分ごろ、神奈川県横須賀市大矢部の老人ホーム「横須賀グリーンヒルケアハウス」で、入所者とみられる80代くらいの女性が意識を失った状態でいるのを施設職員が発見。女性は病院に搬送されたが、病院で死亡が確認された。

同県警捜査1課によると、朝食の席に女性が現れなかったことを不審に思った職員が女性を発見したという。女性の体から刺し傷や出血などの目立った外傷は確認されておらず、室内が荒らされている様子もなかったといい、同課が死因や詳しい経緯を調べている。


極 刑




田村容疑者は1月5日、この老人ホームに入る80代の女性のキャッシュカードを使用し、現金15万円を引き出して、盗んだ疑い。


横須賀の老人ホームで死亡 ⇒ 窃盗 介護福祉士逮捕

24日、神奈川県横須賀市の老人ホームで89歳の女性が意識不明の状態で見つかり、その後、死亡した。警察は窃盗容疑で逮捕された男との関連を調べている。

24日午前9時前、横須賀市の老人ホームの一室で入所者の菅谷伊津子さん(89)が意識不明の状態で見つかった。菅谷さんは、病院に運ばれたが、首を圧迫されていて、その後、死亡が確認された。

警察は殺人事件とみて捜査を始めたが、この老人ホームの介護福祉士の男(31)が、菅谷さんの口座から現金15万円を引き出したとして、窃盗の疑いで24日夜、逮捕した。警察は菅谷さんが亡くなった事件との関連を調べている。


バレて口封じか  怖ぃ

神奈川・横須賀市で、老人ホームの職員が、施設の高齢女性の口座から現金を引き出して、盗んだ疑いで逮捕された。

窃盗の疑いで24日に逮捕されたのは、横須賀市内の老人ホームの介護福祉士・田村真樹容疑者(31)。
田村容疑者は1月5日、この老人ホームに入る80代の女性のキャッシュカードを使用し、現金15万円を引き出して、盗んだ疑いが持たれている。

警察によると、これまでにあわせて9回、およそ125万円を不正に引き出していたということで、この女性は24日午前、自室で死亡しているのが見つかっており、警察は、女性が死亡した経緯と窃盗との関連も調べている。





1月23日


入所の89歳女性は窒息死 殺人事件として捜査

神奈川県横須賀市の老人ホームで意識不明になり、その後、死亡した89歳の女性の死因が窒息死だったことが分かり、警察は殺人事件として捜査を始めた。この女性のキャッシュカードで現金を引き出したとして介護福祉士の男が逮捕されていて、警察が関連を調べている。

横須賀市の老人ホームで24日、入所者の菅谷伊津子さん(89)が意識不明の重体で見つかり、搬送先の病院で死亡した。
目立った外傷はなかったが、警察が詳しく調べたところ、死因は首を圧迫されたことによる窒息死と分かり、殺人事件として捜査を始めた。

この老人ホームでは、介護福祉士の田村真樹容疑者(31)が、亡くなった菅谷さんのキャッシュカードを勝手に使い、ATMから現金15万円を引き出したとして、盗みの疑いで24日夜に逮捕されている。

菅谷さんの口座からは、この1か月ほどの間に、ほかにも8回にわたって約110万円が引き出されていた。
警察は、田村容疑者が盗みを繰り返していた疑いがあるとみて調べるとともに、菅谷さんが殺害された事件との関連についても捜査を進めている。


こういう輩は 中途入社
履歴書には 過去の職歴はメチャクチャ ・・・
たぶん
犯罪歴もあるだろうな

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.01.24 (Thu)

送迎死亡事故*71歳の運転手 ⇒ 事故の瞬間は覚えていない

もうエエかげんにせえよ
いくら人手不足だからって な
71歳のお爺ちゃんに送迎の運転手をさせるなんて
バカ?

あのな
求人募集しても応募者が来ない
やっと面接に来てくれた けど
65歳とか な
それでも雇い入れるのならば
その人は過去にどんな疾病があったのか
今現在はなにか治療しているか
採用面接で確認しなさいよ
また
採用前に健康診断を受診させて合否しなさい
アタリマエでっせ







介護送迎で死亡事故 71歳運転手「意識失った」

神奈川県川崎市で22日、介護サービスの送迎車が電柱などに次々と衝突する事故があり、利用していた93歳の女性が23日死亡した。71歳の男性運転手は「意識を失った」と話しているという。

県警によると22日午前10時半前、川崎市多摩区南生田で介護サービスの送迎をしていた軽乗用車が、93歳の女性を自宅前で乗せおよそ60メートル先で、道路わきの花壇に衝突した。

軽乗用車はさらに60メートルほど走行し、ブロック塀や電柱などに次々と衝突した。 利用していた女性は病院に搬送された時点で意識はあったが、23日正午前になって死亡が確認された。

軽乗用車は車イスのまま乗車できるタイプで、女性は車イスとともにベルトで固定されていたという。 軽乗用車を運転していた71歳の男性はろっ骨を折る大ケガをし、調べに対しては「意識を失った」と話しているということで、県警が事故のいきさつを詳しく調べている。





71歳の男性運転手



22日午前、川崎市多摩区で介護施設の送迎車が生け垣などに衝突し、乗っていた93歳の女性が死亡しました。運転していた71歳の職員の男性は事故直前に意識を失ったとみられます。

22日午前10時半前、川崎市多摩区の市道で介護施設の送迎車が道路脇にある花壇に乗り上げ、その後、生け垣などに衝突しました。
この事故で送迎車に乗っていた多摩区に住む93歳の塩原久子さんが足の骨を折り病院に運ばれましたが、23日、体調が悪化して死亡しました。送迎車を運転していた介護施設職員の71歳の男性は肋骨にひびが入る重傷です。

警察によりますと、男性は「事故の瞬間は覚えていない」と話していて、事故直前に体調が急変して意識を失い、事故につながったとみられています。




車椅子のまま乗車
 ベルトで固定されていた



93歳の女性利用者は足の骨を折る
翌日 体調が悪化して死亡


視 点
車椅子は車内で固定されていたが ・・・
身体は
車内固定のシートベルトを装着していたのか?
もしかして
昔のよくある車椅子
マジックテープで固定するだけだった ・・・?



https://www.subaru.jp/transcare/transcare/slopetype/index.html

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.01.13 (Sun)

また放課後等デイサービスが*株式会社ウェルクス ⇒ 相模原市+東京都+横浜市でも処分を食らう

株式会社ウェルクス
代表取締役社長 三谷卓也
東京都台東区上野3-24-6 上野フロンティアタワー13階

STEP淵野辺
相模原市中央区相生3丁目13番5号
指定日 平成28年4月1日

STEP相模大野
相模原市南区上鶴間6丁目30番9号
指定日 平成28年6月1日


不正受給 相模原市の放課後デイサービス

相模原市は11日、障害児通所給付費を不正受給したなどとして、児童福祉法に基づき、「ウェルクス」(東京都台東区)が運営する市内の2事業所に対し、新規利用者の受け入れを1カ月停止とする行政処分を出した。

市によると、2事業所は「STEP淵野辺」(同市中央区相生3丁目)と「STEP相模大野」(同市南区上鶴間6丁目)。2016年5月から同9月にかけて、障害児の放課後デイサービス事業に児童指導員を配置していないにもかかわらず、配置したなどとして、加算額など計約88万円を不正受給していた。

同社は同様の不正受給で他の自治体から処分を受けたことから、社内調査を実施したところ発覚、市に申告した。同社は不正受給分を返還するという。
両事業所とも1日の定員は10人で、小学1年から高校3年の障害のある児童・生徒を受け入れている。


ここまでヒドイとは ・・・

相模原市の放課後等デイサービス ⇒ STEP淵野辺 STEP相模大野
人員を配置していなかったにもかかわらず、障害児通所給付費を不正に請求し受領

東京都の放課後等デイサービス ⇒ STEP浅草
採用辞退が決定していた者及び退職が決定した者を事業所に勤務する者として、従業者の勤務の体制及び勤務形態一覧表に記載し、人員基準を満たしているとして不正な手段の申請により指定を受けた

横浜市の放課後等デイサービス ⇒ STEP戸塚原宿 STEP白楽 STEP磯子  STEP 長津田
人員基準を満たしていないにも関わらず、「人員欠如減算」をせず給付費を請求し受領

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.12.11 (Tue)

破産じゃなくて破綻だろ

我々の税金を無駄に使いよってからに
フザケとるんか

社会福祉法人大磯恒道会が破産 負債額3億円以上

神奈川県の大磯、二宮両町で特別養護老人ホームなどを運営する社会福祉法人大磯恒道会(尾尻和紀理事長)が東京地裁に破産申し立てをしたことが10日、分かった。恒道会を巡っては、両町の議会が適正な施設運営を求めて意見書を提出、県も法人に対して行政処分を繰り返した経緯があった。負債額は3億円以上とみられ、施設運営は今後、社会福祉法人豊友会が引き継ぐ方針で協議が続いている。

申し立ては6日付。同地裁は同日、法人の財産散逸を防ぐため、管理を弁護士に命じる保全管理命令を出した。県などによると、恒道会が両町内で運営するのは特別養護老人ホームやグループホームなど8事業所。このうち5事業所には現在も約150人が入所している。このほか、デイサービスも大磯町の2事業所で運営している。

両町の関係者によると、同法人は1974年、大磯町内に特別養護老人ホームを開設、地域の高齢者福祉を40年以上支えてきた。しかし、2013年ごろから職員の離職が相次ぐなどしてサービス悪化が表面化。両町の議会は14、17年に同法人の運営が適正に行われるよう、県に指導を求める意見書を提出した。

その後も利用者数の減少などから年間約7千万円の事業損失を計上するなど経営状態は悪化した。県も17年以降、14回にわたり監査を実施。経営改善計画を提出するよう今年3月から計5回、改善命令を行った。2016年度の同法人の決算書によると負債額は約3億7千万円

恒道会の施設運営については、社会福祉法人豊友会(山口県下関市、山内純一理事長)が施設職員の雇用を含め事業を引き継ぐ意向を示している。来年1月にも事業譲渡の契約を結ぶ方向で、恒道会の弁護士は「施設利用者への影響はない」と説明している。

破産申し立ての連絡を受け県と両町は7日、各施設を視察。大磯町議会は11日に臨時の全員協議会を開き対応を協議する。県などの担当者は「入所者や利用者が不利益を受けないよう指導を続ける」としている。

一方で、ある町議会関係者は「経営状態の悪化を放置してきた県側の責任も重い。これまでも施設休止の話があり、今後も施設の統廃合などが進めば利用者にも負担が強いられる可能性がある」と指摘している。


この社会福祉法人には労働組合があるらしいけど
他の福祉法人が引き継いでも
オマエらも運営の立て直しに必死になれよ

元特養施設長ら出勤停止は無効 地裁小田原支部判決 2014年5月14日

大磯町の社会福祉法人「大磯恒道会」(永井弘隆理事長)の元施設長ら2人が、自らが受けた出勤停止処分を不当として処分無効の確認などを求めた訴訟の判決が13日、横浜地裁小田原支部であった。松井洋裁判官は「弁明の機会など手続きを経ていない」として処分無効の判決を言い渡した。

訴えを起こしていたのは、特別養護老人ホーム「恒道園」の元施設長、久保田久美子さん(64)とコミュニティケアセンターの元センター長、山口真治さん(51)。

判決文によると、権限がないのに医師との契約を不適切に行ったなどとして、法人は久保田さんを6週間、山口さんを1カ月の出勤停止処分とした。処分後、2人はそれぞれの職務を解任されて自宅待機を命じられ、その後、「法人本部分室」勤務となった。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.11.09 (Fri)

横浜市の放課後等デイサービス ⇒ 2事業者の指定取消し*社長は同一人物

情報ありがとう

>厳しめの指定取消
そんなことありませんよ
今般の近頃の放課後等デイサービスにおける不正受給や虐待事案が多いので
自治体も性根が入ってきました

障害児通所支援事業所の指定の取消処分について

横浜市は、児童福祉法(以下「法」という。)に基づく特別監査を実施した結果、放課後等デイサービスに関する不正請求等が認められたため、法の規定に基づき、次のとおり指定放課後等デイサービス事業所の指定を取り消す処分を行いました。

1 事業所名称等
(1) ちあふるはーと小机
サービスの種類 放課後等デイサービス
設置者 株式会社アースブライト(港北区小机町1510-1)
代表取締役 丸山 修一

事業所名称等 ちあふるはーと小机
事業所所在地 港北区小机町1510-1 ラスタープレイスⅡ101
定員 10 名
指定年月日 平成27 年9月1日

(2) ちあふるはーと岸根公園
サービスの種類 放課後等デイサービス
設置者 株式会社M&H(港北区小机町1512-6)
代表取締役 丸山修一

事業所名称等 ちあふるはーと岸根公園
事業所所在地 港北区篠原西町24-39
定員 10 名
指定年月日 平成29 年2月1日

2 処分内容
処分内容 指定の取消し
処分年月日 平成30 年11 月5日
指定取消年月日 平成30 年12 月31 日

3 処分の理由
(1) ちあふるはーと小机
不正請求(法第21 条の5の24 第5号)
利用者1名について、学校から事業所に立ち寄ることなく自宅へ直接送迎したにも関わらず、障害児通所給付費を不正に請求し受領した。

その日の利用者が16 名以上であり、本来であれば定員超過減算が適用される日について、一部の利用者の障害児通所給付費を、利用実績のない別の日の利用として請求し、定員超過減算を不正に免れ、本来得ることのできない障害児通所給付費を不正に請求し受領した。
※ 定員超過減算:1日の利用者数が、定員の150%を超過している場合に、当該日の利用者全員について、給付費を30%減算するもの

虚偽の報告(法第21 条の5の24 第6号)
定員超過について、請求実績と整合を図るために、日報等を書き換え、特別監査の際にも当該日報等を提示した。

(2) ちあふるはーと岸根公園
不正請求(法第21 条の5の24 第5号)
利用者1名について、学校から事業所に立ち寄ることなく自宅へ直接送迎したにも関わらず、障害児通所給付費を不正に請求し受領した。

虚偽の報告(法第21 条の5の24 第6号)
平成29 年2月1日から平成30 年3月31 日まで、児童発達支援管理責任者が常勤・専従で事業所に勤務しておらず、放課後等デイサービス計画は管理者兼指導員が作成していたが、作成者として児童発達支援管理責任者の氏名を記載し、特別監査の際にも当該放課後等デイサービス計画を提示した。

4 障害児通所給付費の返還額(現時点で把握している額)
不正に請求し、受領していた障害児通所給付費について、今後下表のとおり、法第57 条第2項に基づき、返還させるべき額に100 分の40 を乗じた額を加算して返還を求めます。あわせて、利
用者負担についても返還を指示します。なお、金額については今後精査します。

s33v_mk-bn6709.jpg

5 利用者について
両法人による運営は平成30 年12 月31 日で終了し、平成31 年1月1日以降の当該事業所の運営は、他の法人へ承継される見込みとなっています。通所者への支援が途切れることがないよう引き続き指導してまいります

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(3) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.10.14 (Sun)

要するに飲酒運転ってこと*勤務中に送迎事故

遅い時間まで酒を飲んでいた

夜更かし
夜遅くまで起きていること

睡眠不足
仕事をナメとる
仕事の対象者が障害者だと思って
ナメとんのか



»障害者施設利用者ら乗せた車が衝突事故、3人けが

神奈川県清川村で、バーベキューに向かう障害者施設の利用者らを乗せた車がガードレールに衝突し、小学生2人を含む3人がけがをした。

13日正午ごろ、神奈川県清川村で障害者施設の利用者ら5人が乗った車がガードレールに衝突した。この事故で、乗っていた小学5年生の男の子(10)と小学3年生の男の子(8)、さらに施設職員の女性(62)の3人が頭などにけがをした。病院に運ばれたが、いずれも命に別状はないという。

警察は、車を運転していた施設職員の青塚秀樹容疑者(53)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕した。
警察によると、青塚容疑者は施設の利用者や他の職員らとバーベキューに行く途中で、取り調べに対し「不注意で事故を起こした」と容疑を認めているという。




遅い時間まで酒を飲んでいた


ttop_7660899.jpg

実は
呼気からアルコールが検出

運転の男逮捕 ⇒ 遅い時間まで酒を飲んでいた

13日午前11時50分ごろ、神奈川県清川村の路上で、8~10歳の男児3人を乗せた普通乗用車がガードレールに衝突した。車に乗っていた同県秦野市北矢名の小学5年、清田雅斗さん(10)が頭を強く打ち、病院に搬送されたが、命に別条はない。別の男児2人も病院に搬送されたが、快方に向かっている。県警厚木署は、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の現行犯で、運転していた男を逮捕した。

同署によると、逮捕されたのは秦野市内の障害者施設職員、青塚秀樹容疑者(53)。「不注意で事故を起こしたのは間違いない」などと容疑を認めている。

現場は片側1車線のゆるやかなカーブ。青塚容疑者はバーべーキューをするために、施設の児童や同僚職員らと同村の宮ケ瀬ダムに向かっていた最中だったという。

青塚容疑者は「遅い時間まで酒を飲んでいた」とも話しており、呼気からは道交法上の酒気帯びの基準値(呼気1リットルあたり0・15ミリグラム)未満のアルコールが検出された。


本来ならば懲戒解雇だよ 青塚秀樹53歳

どこの法人や 詮索したろ
神奈川県清川村・バーべーキュー
>秦野市の障害者施設
>マスメディアが施設名や法人名を報道しない
こういう事案は
必ず大きい社会福祉法人だな 大きくなくても名の知れた法人

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.09.29 (Sat)

横浜市の株式会社CAI指定取消し*なんか胡散臭い

指定障害福祉サービス事業所の指定の取消しについて

横浜市は、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成17年法律第123号。以下「法」といいます。)に基づく監査を実施した結果、就労移行支援事業及び就労継続支援A型事業に関する不正請求等の事実を確認したため、次のとおり行政処分を行い、通知しましたのでお知らせします。

1 処分対象の事業者(法人)
(1) 事業者の名称 株式会社CAI
(2) 事業者の所在地 横浜市港北区新横浜三丁目22番地5
(3) 事業者代表者 代表取締役 久保田 淳

2 処分対象の事業所
(1) JESD新横浜 日本うつ病就労移行支援協会、JESD新横浜
ア 事業内容 就労移行支援、就労継続支援A型
イ 利用定員 20名(就労移行支援)、10名(就労継続支援A型)
ウ 所在地 横浜市港北区新横浜三丁目22-5 新横浜メグロビル6階A
エ 指定年月日 平成28年5月1日(就労移行支援)、平成29年4月1日(就労継続支援A型)
(2) JESD横浜
ア 事業内容 就労移行支援
イ 利用定員 20名
ウ 所在地 横浜市神奈川区鶴屋町三丁目30-8 鶴屋町共同ビル4階
エ 指定年月日 平成29年9月1日
(3) JESD杉田
ア 事業内容 就労移行支援
イ 利用定員 20名
ウ 所在地 横浜市磯子区新杉田町8-8 ハマシップモール4階401号室
エ 指定年月日 平成30年3月1日

3 処分内容【上記3事業所共通】
(1) 処分内容
法第50条第1項第5号、第6号及び第10号に基づく指定の取消し
(2) 処分年月日
平成30年9月25日

4 処分理由
(1) 就労移行支援サービス及び就労継続支援A型サービスにおいて、実際のサービス提供とは異なる請求をし、不正に訓練等給付費を受領していました。
(2) 不正の手段として、請求内容と辻褄を合わせるため、実際には提供を行っていない虚偽のサービス提供記録を作成していました。
(3) 監査における報告の要請に対して、虚偽の報告を行いました。

5 返還を求める額(現時点で把握している額)
返還を求める金額は以下の通りです。なお、訓練等給付費の不正請求額に対し、法第8条第2項の規定により、以下の金額に100分の40を乗じて得た額を加算して返還を求めます。
17,258,838円
(川崎市、藤沢市、平塚市、茅ヶ崎市、厚木市、鎌倉市、東京都町田市分含む)
うち本市分14,334,187円(内訳は以下のとおり)
※当該利用者に支給決定を行っている自治体が訓練等給付費を支払っています。


掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.09.23 (Sun)

伊勢原市で送迎事故

伊勢原で車衝突 高齢者ら5人が重軽傷

21日午前8時25分ごろ、伊勢原市三ノ宮の市道で、軽乗用車と乗用車が衝突し、軽乗用車を運転していた団体職員の男性(45)が頭を強く打って重傷、同乗の80代~90代女性3人のうち1人があばら骨を折るなどの重傷、2人が軽傷を負い、乗用車を運転していた秦野市の男性会社員(38)も軽傷を負った。

伊勢原署によると、現場は道幅約7メートルで中央線のない緩やかなカーブ。軽乗用車が左カーブを走行中、対向の乗用車と衝突したという。軽乗用車は伊勢原市内の介護施設利用者の送迎中だったとみられる。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.09.17 (Mon)

48歳の男 ⇒ 盗撮が目的で温泉旅館に侵入

警察からマスメディアから
盗撮が目的で温泉旅館に侵入した って報道されるなんて
恥ずかしいのぉ

盗撮目的で温泉旅館に侵入 社会福祉団体職員の48歳男を逮捕

盗撮目的で温泉旅館の男女混浴の浴室に侵入したとして、群馬県警沼田署は16日、建造物侵入の疑いで、神奈川県藤沢市辻堂西海岸の社会福祉団体職員、加藤冬樹容疑者(48)を現行犯逮捕した。

容疑を認めている。

逮捕容疑は16日午前11時20分ごろ、群馬県みなかみ町の温泉旅館の男女混浴の浴室に、女性の裸体を撮影するため、タオルに小型カメラを隠して侵入したとしている。浴槽に入らずに通路にいるのを不審に思った男性客が声をかけ、発覚した。

同署によると、加藤容疑者は神奈川県内で障害者の職業支援をする仕事をし、1人で旅館を訪れていたという。同署は余罪などを調べている。


撮影目的で混浴温泉侵入、社会福祉法人職員の男逮捕

群馬県警沼田署は16日、盗撮目的で同県みなかみ町にある旅館の混浴温泉に侵入したとして、建造物侵入の疑いで、神奈川県藤沢市、社会福祉法人職員、加藤冬樹容疑者(48)を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は、16日午前11時20分ごろ、女性の裸を撮影する目的で旅館内の浴室に入った疑い。

湯船に入らず浴室内の通路に座っていた容疑者を不審に思った入浴客の男性が声を掛け、タオルに包まれた小型カメラを発見。従業員を通じて通報した。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.08.05 (Sun)

もうダメぽ*川崎市の児童発達支援・・・株式会社チェリッシュ

株式会社チェリッシュ
神奈川県川崎市麻生区上麻生1-13-6 ツエニーワンビル2F
代表取締役 秦 勉
設立 2013年11月

児童発達支援室tomorrow 上麻生教室
神奈川県 川崎市 麻生区 上麻生 4-15-1 山口台ビル2F・3F

障害児給付費、4千万円を不正受給 川崎市の通所施設

障害児通所給付費など4千万円を不正請求したとして、川崎市は2日、運営会社「チェリッシュ」(同市麻生区)の障害児通所支援事業所「児童発達支援室 tomorrow 上麻生教室」(同)に対し、児童福祉法に基づく指定を6カ月間停止すると発表した。また、不正受給した4千万円と加算金1600万円の計5600万円の返還を指示。必要な職員を配置しておらず、利用者の支援計画書などが作成されていなかったケースもあったという。

市障害計画課によると、同事業所は2015年1月に市の児童発達支援と放課後等デイサービス事業の指定を受けた。定員40人で、0歳~18歳の知的障害児と発達障害児を受け入れている。

障害児通所支援事業所には、療育や支援計画書の作成などを担う児童発達支援管理責任者(児発管)を常勤で置かなければならないが、同事業所は15年の開設当初から常勤の児発管を配置していなかった。また、16年8月には、実際には勤務する見込みのない事業所外の女性の名義を使い、児発管として勤務するとの虚偽の届けを提出。障害児通所給付費など計4千万円を不正に請求し、受給していた。

事業所職員からの通報や利用者からの苦情を受け、市は17年2月に実地指導、4月に監査を行い、不正請求を確認した。
市は事業所利用者の本人負担分約400万円についても返還を指示。事業所は不正請求を認め、返還にも応じる方針を示しているという。


必要な職員を配置してなかった
利用者の支援計画書などが作成されていなかった


経験者はおらんのか?
ほんまに資格所持者がおるんか?


不正受給で業務停止処分

障害がある子どもの生活を支援する川崎市内の施設が、実際には置いていない管理責任者をいるように見せかけて、市からの給付費およそ4000万円を不正に受給していたとして、市はこの施設を6か月の業務停止処分にした。

処分を受けたのは、知的障害などがある子どもの生活を支援している、川崎市麻生区の「児童発達支援室tomorrow上麻生教室」。

川崎市によると、この施設ではおととし8月から、法律で置くよう義務づけられている常勤の管理責任者について、実際には勤務していない人の名前を借りて、いるように見せかけ、給付費などおよそ4000万円を不正に受給していたという。

市の調べに対し、施設側は「管理者のなり手を探したが見つからなかった」などと話している。
市はこの施設を来月から6か月間の業務停止処分にするとともに、給付費の返還を指示した。


掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.07.09 (Mon)

植松聖と久保木愛弓は思考回路が同じか?

慢性期の患者

終末期の患者

ただ死を迎えるだけの患者

家族が 医療従事者が ・・・

奮闘しています



https://twitter.com/Angelfishmanbo









回復が見込めない終末期の患者

医師が数か月以内に死に至る と

患者自身が
数か月以内に死が訪れることを認識していたので

患者の家族が
もう楽にしてください と

時代は 延命治療の是非が問われるときが来た

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |  NEXT