FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2019.02.19 (Tue)

介護報酬2540万円不正受給

不正受給 介護報酬2540万円

静岡県などは12日、三島市の介護事業会社「カームライフ」が2016年4月~昨年7月、介護記録を作成せずに請求するなどして介護報酬計約2540万円を不正受給していたと発表した。県は支払い元の三島市など7市町に対し、罰金の意味合いがある加算金を足した約3550万円を同社に請求するよう要請する。また、7日付で同社の訪問介護事業所を3月から6カ月停止とするなどの行政処分を出した。

静岡県によると、昨夏に関係者からの情報提供を受けて同社を監査し、訪問介護事業所など3施設で不正受給が見つかった。


株式会社カームライフ
代表取締役 杉本雄治

事業内容
住宅型有料老人ホームの運営及び在宅介護サービス事業所の運営

設 立
平成27年4月10日

静岡県三島市徳倉3丁目1-29



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.01.16 (Wed)

静岡県東部の障害者施設で元職員が男児にワイセツ行為をしていた





去年11月に下着を盗んだ疑いで逮捕される

2016年1月 当時 勤務していた福祉施設で10代の男子児童の下半身を写真に撮影していた

障害者施設で10代男児にわいせつ行為した疑い 元職員を逮捕

障害者施設を利用する10代の男の子に、わいせつな行為をしたとして、施設の元職員の男が逮捕された。
男は容疑を認めている。

強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、三島市文教町の無職 吉本孝一 容疑者で、3年前 当時職員として働いていた静岡県東部の障害者施設で、10代の男の子にわいせつな行為をした疑いが持たれている。

吉本容疑者は「間違いない」と容疑を認めている。

吉本容疑者は2018年11月に、下着を盗んだ疑いで逮捕されていて、関係者によると、自宅から見つかった下着の中には施設を利用していた子供のものもあったという。
警察は当時の状況を詳しく調べている。








福祉施設元職員が男児にわいせつ

三島市に住む福祉施設の元職員の男が、職員だった当時、施設に通っていた10代の男子児童の裸を写真に撮影したとして警察に逮捕された。

逮捕されたのは静岡県東部にある福祉施設の元職員で、三島市文教町に住む吉本孝一容疑者(39)。

警察によると、元職員は3年前の1月、当時、勤務していた福祉施設で、この施設に通っていた10代の男子児童の下半身を写真に撮影したとして、強制わいせつの疑いが持たれている。

元職員は去年11月に別の子どもの下着を盗んだとして逮捕され、その後の捜査で児童の写真を持っていた
調べに対し、男は容疑を認めているということで、警察は犯行当時の状況などを詳しく調べている。


静岡県東部の障害者施設
この施設に通っていた10代の男子児童


http://kiboukai.or.jp/data/pdf/nozomi_96.pdf

http://kiboukai.or.jp/data/pdf/nozomi_96.pdf
qoook_2097983.jpg

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.09.13 (Thu)

こういう輩にはネットで晒す*そのほうが本人は自己反省するやろ

gtt5_8ikm80d0.jpg

いかなる場合も
決して暴力は許されるものではない




https://www.youtube.com/watch?v=3IVSfp5E53s

加害者は定年後に再雇用された非正規社員の清掃作業員
被害者の男性は正社員



加害者は
半年前ぐらいにも被害者に同様な行為をしていた
そのときも加害者が被害者側に謝罪していたという

このご時世では
世間に訴えるときは証拠を示すべし

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.02.10 (Sat)

静岡県の株式会社シフト*6事業所で行政処分

株式会社シフト
代表取締役 高野勝好
静岡県駿東郡清水町伏見616-1


介護報酬不正受給で6事業所を行政処分

介護報酬を不正に受給したなどとして、県は9日、介護会社「シフト」(清水町)が運営する訪問介護事業所など6事業所について、介護保険法に基づく指定を取り消す行政処分を行ったと発表した。処分は7日付で、28日に指定を取り消す。

静岡県の説明によると、同社が運営する函南町、清水町、富士市にある6事業所では平成27年10月から29年1月にかけて、実際には行っていない介護サービスを提供したように装って介護報酬を不正に受給するなどしていた。不正受給した介護報酬は計約2160万円に上っており、県は保険者の各市町に加算金を含めて返還するよう求めている。


代表取締役 髙野勝好





3,020万円返せよ!

介護保険法に基づく事業者の行政処分

介護サービス事業所について監査を実施した結果、不正事実が明らかになったので、介護保険法に基づき事業者の処分を行います。

株式会社シフト
代表取締役 髙野勝好

所在地
静岡県駿東郡清水町伏見616番地1

対象事業所
訪問介護及び介護予防訪問介護
(ア) ヘルパーステーションシフティーン熱海 (田方郡函南町)
(イ) ヘルパーステーション シフティーン三島長泉 (駿東郡清水町)
(ウ) ヘルパーステーション シフティーン富士富士宮 (富士市)

居宅介護支援    
(ア) シフティーン熱海 居宅介護支援事業所 (田方郡函南町)
(イ) シフティーン三島長泉 居宅介護支援事業所 (駿東郡清水町)
(ウ) シフティーン富士富士宮 居宅介護支援事業所 (富士市)

2 処分内容(処分決定日:平成30年2月7日)
(1) 訪問介護事業所及び介護予防訪問介護事業所
指定の取消し : 平成30年2月28日

(2) 居宅介護支援事業所
指定の全部の効力の停止 : 平成30年3月1日から6月間


3 処分の主な理由
(1)  訪問介護事業所及び介護予防訪問介護事業所
 ア 計画に基づかないサービス提供、不正なサービス記録の作成等の運営基準違反
 イ 架空のサービス提供に係る不正請求及びタイムカード等の虚偽報告
(2)  居宅介護支援事業所 
 ア 不適正な給付管理を行った運営基準違反

4 今後の対応
(1) 事業所が不正に受領した介護報酬(約2,160万円)に、加算金(40%。約860万円)を付加して返還請求をするよう、保険者である三島市等に要請します。(2) 利用者のサービス利用に支障が生じないよう、事業者を指導するとともに、保険者に要請します。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.12.28 (Thu)

これを福祉を食い物にしていると言う ⇒ NPO法人社会保健団体心友会

NPO法人社会保健団体心友会

なんか胡散臭いNPOやな


静岡県が訪問介護事業者の指定取り消し処分

県は、磐田市で訪問介護事業所を運営する事業者が介護報酬を不正請求したなどとして、事業者の指定を取り消すと発表した。事業者の指定が取り消されるのは、浜松市中区東伊場の心友会。心友会は磐田市西貝塚で「訪問介護ステーション芙蓉」を運営しているが、県によると去年9月からことし8月までの間に訪問介護員の資格がない人に訪問介護サービスを担当させ、その介護報酬を請求するなど、これまでにあわせておよそ1400万円を不正請求したというもの。県は1月31日付で事業者の指定を取り消し、磐田市に返還請求を要請することにした。


磐田市にある訪問介護サービスの事業所が、介護福祉士の資格を持たない人にサービスを行わせて介護報酬を不正に請求していたことがわかり、県は事業所の指定を取り消すとともに、介護報酬の返還を求めることにする。

指定取り消しの行政処分を受けたのは、浜松市中区の社会保健団体「心友会」が磐田市で運営している「訪問介護ステーション芙蓉」。

この事業所はおととし9月からことし8月頃にかけて、施設の利用者13人に対し、
▼介護福祉士の資格を持っていない職員が訪問介護の計画を作成していたほか、
▼介護員の養成講座を受けていない職員が介護サービスを行って、介護報酬約1400万円余りを不正に請求していたという。

県は、介護保険法に違反しているとして、事業所の指定を1月31日付けで取り消すとともに、不正に受け取った介護報酬を返還させる行政処分を行うことを決めた。
施設を運営する「心友会」は県の調査に対し、運営に問題があったことを認めているということで、訪問介護員の確保ができなかったなどと説明しているという。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.10.01 (Sun)

6歳の男児に強制わいせつ*大川浩平36歳起訴される


男児にわいせつ行為の保育教諭を起訴 静岡地検

静岡地検は9月29日、静岡市駿河区国吉田、市立中村町こども園の保育教諭、大川浩平容疑者(36)を強制わいせつの罪で静岡地裁に起訴した。起訴状では、大川容疑者は8月10日、こども園で、13歳未満と知りながら男児(6)の下半身を触るなどしたとしている



男児に強制わいせつ容疑、保育教諭の36歳男を逮捕 9月11日

静岡南署は11日、6歳の男児にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつの疑いで認定こども園の保育教諭大川浩平容疑者(36)を逮捕した。

逮捕容疑は8月10日午後2時ごろ、勤務先の認定こども園で男児の下半身に触るなどした疑い。容疑を否認している。

静岡市によると園は当時、昼寝の時間中で園児約20人と大川容疑者が教室にいた。帰宅後に男児から打ち明けられた保護者が園に問い合わせた。

大川容疑者は2015年から同園に勤務。今年4月から男児のクラス担任だった。

静岡市子ども未来局の深沢俊昭次長(57)は「本市職員が逮捕されたことは大変遺憾。事実を確認し厳正に対処していきたい」とコメントしている。


男児にわいせつな行為をしたとして、静岡県警静岡南署は11日、強制わいせつの疑いで、静岡市駿河区国吉田の公立こども園保育教諭、大川浩平容疑者(36)を逮捕した。同署は大川容疑者の認否を明らかにしていない。

逮捕容疑は8月10日午後2時ごろ、同市内にある勤務先の市立こども園で、寝ていた男児(6)の下半身を触るなどのわいせつな行為をしたとしている。

同署によると、当時園児たちは昼寝の時間で、教室には園児20人ほどと大川容疑者がいた。男児から話を聞いた母親が後日、同署に相談したという。

市子ども未来局の深沢俊昭次長は「職員が逮捕されたことは大変遺憾。事実を確認し、厳正に対処していきたい」とのコメントを出した。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.06.01 (Thu)

静岡市高齢者福祉課の言い訳

前経営者 入居者の預金持ち逃げか 静岡の有料老人ホーム

静岡市清水区の住宅型有料老人ホームで、預金通帳と印鑑を管理していた男性経営者が、入居している身寄りのない高齢者らの金を持ち逃げしたとみられることが29日までに関係者の話で分かった。2月に経営難から運営法人が変わり、この男性と連絡が取れなくなっている。経営を引き継いだ新法人は被害届の提出に向け、警察と相談している。

「美容院に連れて行ってもらおうとしたら、お金がなかった」。運営主体が変わり、入居者女性(64)の相談をきっかけに被害の実態が明らかになった。2015年12月にこの女性の口座から50万円が引き出されたのを皮切りに、計88万円が消えていた。新法人が調べると、過去に5人から300万円以上が不自然に引き出されていた。女性は「(前の経営者は)優しい人だった。信じていたのに」と唇をかむ。

市は昨年8月、同じような被害を受けた入居者家族の通報を受け、立ち入り調査を実施した。「経営者は資金繰りを理由に5人を含む入居者の金を引き出したことを認めた。その時は全ての返還を約束した」(高齢者福祉課)という。一部入居者には返したが、結局、身寄りがなかったり、認知症を患っていたりした5人がそのままになった。

調査内容は新法人には伝えられなかったといい、「市がもっと強い立場で指導してくれていたら」と憤る法人の社長(40)に対し、市は「男が代表者のころはずっと返還を促していた。現行法では指導に限界があり、『お願い』を続けるしかなかった」と釈明する。

高齢化社会を背景に、届け出制で民間の参入障壁の低い住宅型有料老人ホームは全国で増えている。50万円を失った別の女性(68)は通帳を預けたまま、額面を確認したことがなかった。「親兄弟に面倒を見てもらえないからここにいる。世話になっている以上、疑っていたらいられなくなるし・・・」。女性は力なくこう語った。


なんのこっちゃ 静岡市の高齢者福祉課
もうダメぽ

静岡市清水区の有料老人ホームを運営していた男性経営者が、入居者の預金計約400万円を持ち出したとみられることが30日、市への取材で分かった。市は問題を把握しながら、口頭での問い合わせにとどめていた。2月に施設を別会社へ譲渡後、男性と連絡が取れていない。譲渡先の運営会社が静岡県警への被害届の提出を検討している。

市高齢者福祉課によると、男性は平成27年12月~28年5月、認知症や身寄りのない入居者ら5人から預かった通帳や印鑑を使い、無断で計約570万円を引き出した。うち1人の親族から昨年8月下旬に市へ相談があり発覚。男性は市に「施設の資金繰りに困り、運営費に充てた」と話し、引き出しを認めた。

市が電話などで問い合わせていたが、相談があった1人を除く4人に約400万円を返さないまま施設を譲渡。市は4人と譲渡先の会社に経緯を伝えていなかった。

運営会社は「問題発覚時点で市はより強い指導や公表をすべきだった」と批判。市は「当事者間で解決してもらいたかった。男性が説明すると思っていた」と話している。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.05.24 (Wed)

元施設長がキャッシュカードを盗んで400万円を



浜松市内にある老人介護施設の施設長だった男が、入所者のキャッシュカードを横領し現金約400万円を盗んだとして逮捕された。
逮捕されたのは、焼津市三ケ名の木村達也容疑者(43)。

警察によると、木村容疑者はおととし12月、当時施設長をしていた施設で、入所者の男性から預かっていたキャッシュカード1枚を横領し、去年2月から12月ごろにかけATMなどを通じあわせて約400万円を盗んだ疑い。警察の調べに対し容疑を認めているという。警察は木村容疑者が、男性のカードからさらに金を盗んでいたとみて余罪を追及している。




入所者のカードで窃盗容疑 元介護施設長の男逮捕

老人介護施設の入所者から預かっていたキャッシュカードを無断で使い、現金計約400万円を不正に引き出したとして、静岡県警浜北署は24日、業務上横領と窃盗の疑いで元施設長の木村達也容疑者(43)=同県焼津市三ケ名=を逮捕した。

逮捕容疑は平成27年12月、入所していた認知症の男性(77)から預かっていたカード1枚を横領し、28年2~12月ごろ、複数回にわたり現金を引き出したとしている。

同署や施設の運営会社によると、カードは同社が保管。男性の薬代などが必要な時に、木村容疑者が同社に申請して引き出していたが、27年12月からカードを返却しないままだった。

木村容疑者の金遣いが荒かったことを不審に思った施設関係者が28年12月ごろ、男性の口座を確認して不正が発覚、同署に相談した。木村容疑者は社内調査を受けた後に辞職した。



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.03.25 (Sat)

静岡県立こども病院*39歳の看護師 ⇒ 児童買春 ⇒ 懲戒解雇

県立こども病院、看護師懲戒解雇

静岡県立こども病院は24日、児童買春・ポルノ禁止法違反(児童買春)の罪で罰金50万円の略式命令を受けた副主任看護師の男性(39)を懲戒解雇処分にした。

男性は昨年6月29日、愛知県豊橋市内のホテルで、当時16歳の少女が18歳未満と知りながら、現金5万円を渡す約束をしてみだらな行為をしたとして、今年2月に愛知県警中署などに逮捕された。

同病院によると「家族や病院に迷惑がかかり、謝罪の言葉も見つからない」と話しているという。2人は昨年6月にツイッターで知り合い、少女が同9月に補導されて発覚した。


こども病院看護師が16歳少女を買春 「年齢は分からなかった」 2017年3月2日

愛知県警中署は2日までに、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで、静岡県立こども病院の看護師(39)=静岡市駿河区=を逮捕した。

逮捕容疑は昨年6月29日、愛知県豊橋市内のホテルで、当時16歳の少女が18歳未満と知りながら5万円を渡す約束をして、みだらな行為をした疑い。

中署によると「年齢は分からなかった」と容疑を否認している。2人はツイッターで知り合ったという。
静岡県立こども病院は「職員が逮捕されたのは遺憾。事実を確認し、厳正に対処する」としている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.03.03 (Fri)

16歳の少女と5万円でみだらな行為*静岡県立こども病院の看護師山下直人39歳

愛知県警中署は2日までに、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで、静岡県立こども病院の看護師の男(39)=静岡市駿河区聖一色=を逮捕した。

逮捕容疑は2016年6月29日、愛知県豊橋市内のホテルで、当時16歳の少女が18歳未満と知りながら5万円を渡す約束をして、みだらな行為をした疑い。

中署によると「年齢は分からなかった」と容疑を否認している。2人はツイッターで知り合ったという。
同病院によると、看護師の男は11年4月に採用された。現在は副主任看護師。瀬戸嗣郎院長は「職員が逮捕されたのは極めて遺憾。事実を確認し、厳正に対処する」とコメントした。


こども病院の看護師、児童買春の疑いで逮捕 2017年2月21日

21日、児童買春の疑いで、静岡県立こども病院の看護師・山下直人容疑者(39)が逮捕された。

警察の調べによると、山下容疑者は去年6月、愛知県豊橋市のホテルで、18歳未満と知りながら、当時16歳の少女に現金5万円を渡してみだらな行為をした疑いがもたれている。

2人はツイッターで知り合ったとみられ、警察が少女を補導し話を聴いたところ、容疑が発覚した。調べに対し山下容疑者は「名前と年齢は分からないが、やったことには間違いない」と容疑を一部否認していて、警察が当時の状況を調べている。


全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.01.27 (Fri)

島田市の垂穂寮*元支援員に有罪判決

聖隷福祉事業団グループ
社会福祉法人牧ノ原やまばと学園
垂穂寮


島田の施設入所者暴行 静岡地裁、元職員に有罪判決

島田市の障害者支援施設で入所者に暴力を振るったとして、暴行罪に問われた元職員(57)=焼津市すみれ台=の判決公判が26日、静岡地裁で開かれ、川畑薫裁判官は懲役8月、執行猶予3年(求刑懲役8月)を言い渡した。

川畑裁判官は判決理由で「重度障害の入所者が予想外の排せつをしたことに対し、自分の感情にまかせて軽くない暴行を加えた。職員として手厚い対応が求められる中、強く非難されるべき犯行」と指摘した。一方で「謝罪し反省している」と執行猶予の理由を述べた。

判決によると、被告は昨年7月15日、同施設のトイレで入所者の男性=当時(55)=に対し、便座に押し倒して頭や腹をたたくなどの暴行を加えた。


検察 ⇒ 懲役8月を求刑

静岡地裁 ⇒ 執行猶予3年


島田の施設入所者暴行 元職員に懲役8月求刑 2017年1月12日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3208.html

福祉施設職員を入居者殴った疑いで逮捕 2016年11月7日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3069.html

歴史ある立派な福祉法人なんだから
法人理念に沿って施設運営をしてください
法人理念に沿って支援員は与えられた使命を果たしてください


与えよ さらば与えられん



2016年12月3日
社会福祉法人牧ノ原やまばと学園
理事長の長澤道子が 皆様と題して 職員起訴のニュースと、今後の対応等

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.01.25 (Wed)

ノロウイルス集団食中毒*社会福祉法人葵寮

社会福祉法人葵寮
救護施設葵寮
静岡県静岡市葵区与一六丁目17-3
理事長 松林隆一




福祉施設でノロ集団食中毒

静岡市葵区の福祉施設で集団食中毒が発生した。入所者と職員計40人が感染し、ノロウイルスが原因とみられている。

集団食中毒があったのは、静岡市葵区与一の社会福祉法人葵寮。
静岡市保健所によると1月18日に施設内で調理された給食を食べた入所者と職員計40人に嘔吐や発熱、下痢など食中毒の症状がみられ、検査したところ一部の患者からノロウイルスが検出された。患者は全員、快方に向かっているという。

また、調理を委託されている静岡給食協同組合の40代男性からもノロウイルスが検出された。静岡市保健所は葵寮に対して当分の間調理施設の営業禁止命令を出している。


静岡給食協同組合 静岡給食センター


なんだか コレをみると
社会福祉法人葵寮 苦情解決の状況
情報公開の苦情解決

給食のメニューの不満なのか 要望なのか
給食に対しての苦情が多いな

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.01.12 (Thu)

島田市の障害者支援施設*元職員に懲役8月求刑

聖隷福祉事業団グループ
社会福祉法人牧ノ原やまばと学園


島田の施設入所者暴行 元職員に懲役8月求刑

島田市の障害者支援施設で入所者に暴力を振るったとして、暴行の罪に問われた同施設の元職員の男(57)=焼津市すみれ台=の初公判が12日、静岡地裁(川畑薫裁判官)で開かれ、被告は起訴内容を全面的に認めた。即日結審し、検察側は懲役8月を求刑した。

冒頭陳述で検察側は犯行の状況について、「言葉を話せない被害者のトイレを介助する際、小便器の前に立った状態で大便をしたことに腹を立てて暴力を振るった。同僚が目撃し、発覚した」と指摘した。

被告は被告人質問で「大勢のトイレ介助、朝食の準備などが立て込む中で、思い通りにいかずいらいらしてしまった」と説明。「ほかの人にも乱暴な介助をしたことが数回ある。守るべき入所者に暴力を振るい、人の道を外れたことをした」と謝罪した。

起訴状によると、被告は昨年7月15日午前5時50分ごろ、同施設のトイレで重度心身障害のある男性入所者=当時(55)=に対し、両腕をつかんで便座に押し倒した上、頭や腹をたたく暴行を加えたとされる。被告は事件後に施設を退職した。


福祉施設職員を入居者殴った疑いで逮捕 2016年11月7日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3069.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(2) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.01.10 (Tue)

ド素人が福祉経営に手を出すなっちゅうの

レジャー開発株式会社
代表取締役社長 海野正人
静岡県静岡市葵区西草深町21-7



デイサービス焼津亀松亭
https://www.facebook.com/yaizukishotei/
デイサービス御前崎亀松亭
https://www.facebook.com/omaezakikishotei/



高齢者のデイで 看護師が不在 16ヶ月も福祉施設を運営か
エエ根性しとるわ



っていうことは 一年以上も監査はなかったのか
監査はあったけど ・・・  んなことないか

»介護報酬4200万円不正請求、デイサービス事業所が業務停止に

静岡県のデイサービスの施設2か所が、看護職員を適正に配置していなかったのに介護報酬およそ4200万円を不正に請求して受け取ったとして、静岡県はこの事業所を6か月間の業務停止処分とした。

来月1日から6カ月間の業務停止処分を受けたのは、静岡市の会社が運営する介護事業所で、焼津市のデイサービス焼津亀松亭と御前崎市のデイサービス御前崎亀松亭。

県によると、この2つの事業所は、おととし1月から去年5月までの間、看護職員は営業日に毎日勤務しなければならないにもかかわらず適正に配置していなかった上、看護職員がいない日でもいたと偽り、介護給付費を不正に請求していた。

この2つの事業所で不正に受け取っていた介護報酬は、合わせておよそ4200万円に上る。静岡県はこれに加算金を加えたおよそ5800万円について、保険者の焼津市などに返還を請求するよう要請をする。




介護報酬 不正受給 5事業所、静岡県が指定の効力停止

看護職員の配置が基準を満たしていないにもかかわらず、減算せずに介護報酬を請求したなどとして、県は10日、介護保険法に基づき、静岡市葵区の会社が焼津市と御前崎市で運営する通所介護事業所など5事業所を、5日付で指定の全効力停止や一部停止処分にしたと発表した。期間は2月1日から6カ月間。全効力停止は4事業所が対象で介護報酬を全額カット、一部停止は1事業所で5割カットする。

不正受給額は約4200万円。県は加算金を合わせた約5800万円を事業者に返還させるよう、保険者の焼津市などに求める。
県によると
▽サービス提供日には必ず看護職員を配置しないといけないが、規定より不在日が多い期間が長期にわたった
▽デイサービスを利用していない時間帯にも利用したとする虚偽の記録を提出した―などの不正があった。

高橋邦典県福祉長寿局長は会見で「代表が主導して不正行為を行い、組織的に法令順守意識が著しく欠如している。指導監督を徹底したい」と述べた。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.12.31 (Sat)

ありがとう*浜松特別支援学校の岡田壮平さん

ありがとう

施設奉仕5年、高齢者ら笑顔 浜松、ダウン症の高校生

静岡県立浜松特別支援学校高等部3年の岡田壮平さん(17)=浜松市中区=が、同区の高齢者福祉施設で約5年間にわたりボランティア活動を続けている。ダウン症という障害を抱えながら一生懸命に働く姿は、利用者を元気づけ、施設には笑顔があふれている。

毎月第2、4土曜日の午前8時半から1時間、同区八幡町の介護老人保健施設「八幡の森」で、岡田さんは利用者へのお茶出し、タオルたたみ、浴室準備などに取り組む。

岡田さんは内気で当初は利用者に素っ気ない印象を与えることもあったが、徐々に利用者と目を合わせて「どうぞ」と声を掛けながらお茶を出したり、自分から積極的にあいさつをしたりと次第に打ち解けるようになった。利用者からは「黙々と作業をしていて立派。施設の人気者」と親しまれている。

この奉仕活動で10月に県公立高校PTA連合会の「高校生善行表彰」を受賞し、12月には浜松市の「青少年の表彰」で特に顕著な善行のあった青少年に贈られる「善行賞」も授与された。
岡田さんの母(56)は「みなさんの支えでここまでこれた。お世話になった方々に感謝したい」と話した。


ありがとう
壮平君のお母さん

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.12.31 (Sat)

高齢者施設で ⇒ 入所者の80歳男 ⇒ 職員を包丁で・・・

社会福祉法人三幸会
理事長 竹村寿文
静岡県浜松市西区大平台一丁目34番30号

特別養護老人ホーム 山崎園
静岡県浜松市西区雄踏町山崎2829番地

介護職員を包丁で切りつけた入所者の80歳男を逮捕 殺人未遂容疑 浜松の特養ホーム

30日午前2時15分ごろ、浜松市西区雄踏町山崎の特別養護老人ホーム 山崎園グループホームやまざきで、入所者の男が介護職員、鈴木ひろみさん(66)=同町宇布見=を包丁で切り付け、顔などにけがを負わせた。命に別条はない。

浜松中央署は殺人未遂容疑で、入所する無職、迫峻容疑者(80)を現行犯逮捕した。署が詳しい動機や経緯を調べている。

山崎園によると、グループホームやまざきは認知症を患う人が入所する併設施設。迫容疑者を含む高齢者9人が入っていた。鈴木さんはグループホームの担当で、当時は1人で勤務していた。




30日未明、浜松市西区雄踏町山崎のグループホームで、入所者の男が施設の女性職員(66)を包丁で切り付けた。女性は顔や左腕にけがを負ったが、命に別条はないという。同施設は軽度から中程度の認知症高齢者を受け入れている。

浜松中央署は同日、殺人未遂の疑いで施設に入所する無職の男(80)を現行犯逮捕した。80代男性と70代女性の入所者2人も頭や顔に切り傷を負って病院に搬送されたといい、同署は関連を調べている。

逮捕容疑は同日午前2時15分ごろ、同施設内で女性職員の頭を包丁で切り付け、殺害しようとした疑い。同署は容疑者の認否を明らかにしていない。施設関係者によると、女性職員は施設内の廊下で襲われたとみられる。食堂にあった包丁が凶器に使われた可能性があるという。
現場はJR浜松駅から西北西約10キロの畑や民家が点在する地域。

■10日前に入所したばかり 浜松の高齢者施設
浜松市西区の高齢者施設で30日発生した殺人未遂事件。介護職員の女性を包丁で切り付けたとして浜松中央署に逮捕された無職の男(80)は20日に同施設に入所したばかりだった。これまで暴れたりすることはなかったという。施設関係者は「こんなことが起きるとは」とショックを隠しきれない。

施設関係者によると、容疑者は要介護1で入所した。時折大声を上げることはあったが、夜もよく寝ていて問題行動は確認されていなかったという。

事件発生当時は容疑者を含む9人が入所していて、被害に遭った女性職員1人が夜勤中だったという。事件後、女性職員から助けを求められた同じ敷地内にある特別養護老人ホームの職員が110番した。

同じ敷地内の施設に家族が入所しているという30代女性は「安全管理はしっかりしていると思っていた」と言葉少なだった。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.12.24 (Sat)

ありがとう*伊達直人の妹さん

伊達直人の妹から図書カード 浜松市に今年も

プロレス漫画タイガーマスクの主人公・伊達直人の「妹」を名乗る匿名の人物から20日、浜松市役所に5千円分の図書カード4枚が届いた。クリスマス時期に児童福祉施設宛てに寄贈されるのは2011年から6年連続。

浜松市によると、送り主は同一人物と思われる。今年はクリスマスの柄の封筒に手紙と図書カードが入っていた。同封の手紙には「もうすぐ楽しいクリスマス、そしてお正月がやってきます。来る年が明るく良い年である事を祈っております」などと記されていた。
市は市内の児童養護施設3カ所と乳児院1カ所に図書カードを届ける。例年、各施設では子どもの好きな絵本などを購入しているという。

市子育て支援課の職員は「継続していただきありがたい。この温かい気持ちが、何よりもすてきな子どもたちへの贈り物になる」と感謝した。



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.11.17 (Thu)

藤枝市宮原の障害者施設で虐待

入所者の顔、湯に押さえつけ 藤枝の施設職員

藤枝市宮原の障害者支援施設で2014年12月、40代の男性職員が20代の男性入所者に対して入浴介助中に顔を押さえつけて湯につけていたことが16日、市への取材で分かった。入所者にけがはなかったという。

市によると、職員は入所者を風呂に入れている最中に脇を抱えて出そうとしたが、拒んだために顔を湯につけたという。
同施設は職員に対して研修を受けさせた上で別の部署に異動させる処分を行い、市にも報告書を提出した。
同施設は取材に「責任者が不在なので分からない」と話した。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.11.07 (Mon)

立派な福祉法人なんだから*人権学習の再考を求めます

イエス・キリスト
わたしはあなたがたを友と呼ぶ



松井久56歳

12-30n_cs9.jpg

聖隷福祉事業団グループ
社会福祉法人牧ノ原やまばと学園
理事長 長澤道子

12-32n_cs9.jpg

垂穂寮
評議員 施設長 澤渡繁

福祉施設職員を入居者殴った疑いで逮捕

7日、島田市の障害者福祉施設で入居者に対して殴るなどの暴行を加えた疑いで施設職員の男が逮捕された。
逮捕されたのは焼津市すみれ台の福祉施設職員松井久容疑者(56)。

警察によると松井容疑者は7月、勤務先の島田市内の障害者福祉施設で入居者の55歳の男性の頭部や腹部を殴るなどの暴行を加えた疑いがもたれている。
調べに対し、松井容疑者は容疑を一部否認しているという。警察では日常的に暴行を重ねていた疑いもあるとみている。


島田市にある重度の障がい者が入所する施設の56歳の職員が、入所者の55歳の男性の頭や腹を平手でたたいたとして暴行の疑いで逮捕された。

逮捕されたのは社会福祉法人牧ノ原やまばと学園が島田市落合で運営している垂穂寮の職員、松井久(56)容疑者。
警察によると松井容疑者はことし7月、この施設に入所している重度の知的障害のある55歳の男性をトイレで介助した際、頭や腹などを平手でたたいた疑いが持たれている。

この施設には重度の知的障害者約50人が入所しているが、ことし8月に施設の関係者から県に対し、「複数の入所者の体にあざがある」などと虐待の疑いで通報があり、警察が調べたところ、松井容疑者の暴行が分かった。

松井容疑者は調べに対し「排便を促すつもりだった」と容疑を一部否認しているという。
警察は施設の運営する法人にも事情を聞くなどして暴行に至ったいきさつなどを詳しく調べている。

牧ノ原やまばと学園の長澤道子理事長は「詳細に関しては警察の取り調べが行われている状況なので差し控えさせていただきます」というコメントを出した。


施設に入所している重度心身障害者に暴力を振るったとして、島田署と静岡県警人身安全対策課は7日、暴行の疑いで島田市落合の障害者支援施設の職員の男(56)=焼津市すみれ台=を逮捕した。

関係者によると、同施設では複数の入所者が負傷し、けがの原因がはっきりしない事態が相次ぎ、施設側が県に連絡。県が県警に情報提供していた。同署などは職員による日常的な虐待がなかったかどうか慎重に調べる方針。
逮捕容疑は7月15日午前6時ごろ、同施設で重度心身障害者の男性入所者(55)の頭や腹を平手で殴打するなどの暴行を加えた疑い。同署によると、「(入所者の)排便を促すためにやった」と容疑を一部否認している。

ホームページによると、同施設は約50人が入所し、生活している。施設を運営しているのは、牧之原市坂部の社会福祉法人。牧之原、島田、吉田の各市町でほかにも複数の障害者支援施設や、高齢者施設を運営している。

県は9、10月に計3回、法人に立ち入り検査を実施し、複数の入所者が負傷していた状況を確認した。今後、再発防止策を指導するとともに、法人に対する処分を検討する。

障害者虐待の発見者に自治体への通報を義務付けた障害者虐待防止法は2012年に施行された。県によると、法施行以降、県内では沼津市の障害者就労支援施設の総括責任者が15年7月、利用者への強制わいせつ容疑で逮捕されている。


島田市落合の障害者支援施設に入所している重度心身障害者が施設職員から暴行を受けたとされる事件で、同施設の入所者数人の頭部などにあざがあったことが7日、関係者への取材で分かった。島田署と県警人身安全対策課は、暴行の疑いで逮捕した施設職員の男(56)=焼津市すみれ台=が入所者への虐待を繰り返していた可能性も視野に入れ、負傷の経緯などを詳しく調べる。

県は8月上旬に施設関係者から通報を受け、立ち入り調査や職員への聞き取りを実施。入所している障害者数人の負傷が確認された。県から情報提供を受けた同署などが捜査に着手し、男が入所者に暴行を加えていた疑いが浮上した。県は今後も調査を続ける方針で「原因究明と再発防止策を徹底するよう指導する」(福祉指導課)としている。

男の逮捕容疑は7月15日、障害者支援施設で重度心身障害者の男性入所者(55)の頭や腹を平手で殴打するなどの暴行を加えた疑い。「(入所者の)排便を促すためにやった」と容疑を一部否認している。捜査関係者によると、男はこの日、「夜勤」を担当。勤務中の午前6時ごろ、トイレで男性入所者に暴行したとみられる。施設関係者の話では、「夜勤」の職員体制は男女1人ずつで、男が人目に付かない時間帯を狙った可能性がある。

県内では2015年度、障害者福祉施設の職員らによる虐待の相談が14件(速報値)あり、うち9件が虐待と判断された。暴力を振るう身体的虐待が6件で最も多かった。




父よ 彼らをおゆるしください
彼らは何をしているのか わからずにいるのです


7日にニュース報道があり この対応の素早さ  感心するわ


職員逮捕に関するお詫びと、その経緯等について 11月10日


同時期に3人頭けが 島田・障害者暴行、施設側通報せず 11月16日

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.10.11 (Tue)

ありがとう*静岡県温室農業組合:磐田支所の皆さん

アローマメロン
静岡県磐田市 掛川市 浜松市を中心に生産される温室マスクメロン

静岡県温室農業組合 磐田支所
http://www.iwatamelon.co.jp/index.html



ありがとう

福祉施設18カ所にメロン寄贈 

静岡県温室農協磐田支所はこのほど、磐田市内の福祉施設18カ所に地元産のメロンを寄贈した。今年で29年目の恒例の取り組みで、組合員がグループに分かれて計216個のメロンを各施設に届けた。

同市鮫島の高齢者施設「第二遠州の園」では、同組合生産部の宮本恭秀部長が「今が一番おいしい時期。ぜひ食べてください」とあいさつし、入所者にメロンを手渡した。鈴木正治施設長は「みなさんうれしそう。楽しい食事の時間になる」と喜んだ。


全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |  NEXT