FC2ブログ
2019年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2019.07.13 (Sat)

登米市立よねやま診療所*透析患者を送迎中に事故*運転手は69歳


宮城県登米市立よねやま診療所
宮城県 登米市米山町字桜岡大又3-1


透析患者送迎中事故 登米の診療所、2人けが

登米市の患者2人が市の送迎サービスで帰宅する際に事故に遭い、けがをしていたことが12日、分かった。

登米署によると、10日午後3時ごろ、登米市東和町米川の国道346号で、同市の臨時職員の69歳男性が運転する市の送迎用ワゴン車(8人乗り)がセンターラインを越えて路肩の表示板や植木、電柱に接触し、道路右の草地にはみ出した。

この事故で、同乗していた、ともに市内に住む男性(68)と女性(49)が、それぞれ軽傷を負った。運転手にけがはなかった。現場は片側1車線の直線道路で、同署が事故の原因を調べている。

市医療局によると、けがをした2人は診療所で人工透析を受けた患者。診療後に送迎車で帰宅する途中だった。診療所には血液をろ過する人工透析施設があり、頻繁に通院する必要のある市内外の透析患者のうち希望者を無料送迎している。

市医療局は「患者さんの送迎の最中に事故を起こしてしまい申し訳ない。けがの経過をみながら適切に対応したい」と話している。



登米市「よねやま診療所」休止へ、医師定年後の補充困難 来年3月末で 6月18日

宮城県登米市は17日、同市米山町のよねやま診療所を来年3月末で休止する方針を明らかにした。熊谷盛広市長が市議会6月定期議会一般質問で答えた。市は医師不足などを理由に市内4診療所のうち津山を廃止し、登米(とよま)を休止しており、休廃止は3カ所目となる。

市医療局によると、よねやま診療所の医師2人が2019年度末で定年退職を迎え、後任医師の補充が困難であることから休止する。同診療所は内科と人工透析内科の2科。内科は休止、人工透析内科は登米市民病院に機能を移管する。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.07.02 (Tue)

また高齢ドライバーの送迎事故*藤棚地域ケアプラザ

ケアプラザの送迎車が交通事故、横浜 70代女性、骨折

横浜市は1日、藤棚地域ケアプラザ(同市西区)の送迎車が70代の女性と接触し、骨折の重傷を負わせた、と発表した。

同区によると、6月30日午前9時半ごろ、同市西区境之谷の交差点で、ケアプラザの軽自動車が左折しようとした際、横断歩道を渡っていた女性をはねた。女性は搬送先の病院で、右肩の骨が折れており、手術が必要と診断された。運転手の60代男性職員は「不注意だった」と話している。

同ケアプラザは、市の指定管理者「横浜市福祉サービス協会」が運営している。



2019年7月1日
【記者発表】藤棚地域ケアプラザ(本市指定管理施設)における
デイサービス利用者送迎車両の交通事故について

      

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.06.28 (Fri)

また送迎事故:魚沼市*運転手は70歳代ってか

何で どうして こんな事故が起きるの?



運転手は70歳代 70歳代って何歳やねん

未来ある子供 日本国の将来を担う子供を乗せて それが運転手が
70歳代って
魚沼市よ ナメとんのか


魚沼市でスクールバスが電柱に衝突

27日午後4時すぎ、魚沼市小平尾の国道で、広神西小のスクールバスがセンターラインを越え、道路右側の電柱に衝突した。乗っていた3~5年の女児5人と、70代の男性運転手の計6人が額を打つなどの軽傷。

小出署と市教育委員会によると、現場は緩い右カーブ。女児5人の内訳は3年生2人、4年生1人、5年生2人。バスは同校の3台のうちの1台で運行を市内のバス会社に委託し、学校から小平尾、水沢方面を巡回していた。

川池雅樹校長は「子どもたちのけがや、保護者への対応に当たっている」と話した。市教委は「事故原因を究明した上で、安全策の徹底を図りたい」とした。




スクールバスが電柱衝突・小学生ら6人搬送

27日午後4時15分ごろ、魚沼市小平尾の国道352号で、同市立広神西小のスクールバスが、道路沿いの電柱に正面から衝突した。小出署などによると、運転手の70代男性が額を打撲する軽傷、4年生の児童1人が前の座席に頭をぶつけ、前頭部打撲の軽傷を負った。いずれも命に別条はない。現場は緩やかな右カーブが続く下り坂の道路で、警察が原因を調べている。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.06.27 (Thu)

あたりまえじゃ*八女市は厳粛に処罰せえよ

スクールバスを自宅に駐車 市「不適切」と指導  あたりまえじゃ

八女市内で小学校のスクールバスのドライバーが、バスを自宅に持ち帰っている。私的に利用しているんじゃないか

そんな匿名の情報が西日本新聞特命取材班に寄せられた。調べてみると、過疎や人手不足を背景に、子どもたちの通学手段を確保する上での悩ましい現状が浮かび上がった。 

福岡県八女市は、人口減による統廃合を受け、学校と自宅の距離が離れている旧町村部在住の小学生向けに、無料のスクールバスを走らせている。現在、市から委託を受けた3業者が7校で計27路線を運行。車両は市の所有で、いずれも市有地にある車庫に駐車するよう、業者と取り決めている。

取材班は5月下旬~6月上旬、バスの自宅への持ち帰りが指摘された地域で取材した。すると「スクールバス」「八女市」のマークを付けた車両が、平日の昼間に集落の道路脇に駐車されているのを複数回、確認した。住民の一人は「なぜ、こんなところにスクールバスが止まっているのか、ずっと不思議に思っていた」と語る。
.
このバスを運行する委託業者に話を聞くと、男性代表は運転手5人が不適切な車両管理をしていたことを認めた。朝夕の登下校の間の昼間に、4人がバスを自宅に持ち帰り、1人が業者の事務所に駐車していた。5年ほど前から続いていたという。

その理由について男性代表は、市に指定された車庫が、小学校から約8キロ離れていることを挙げた。5人の自宅はいずれも学校の近隣地域にあり、「自宅などに持ち帰った方が距離が近く、時間もかからない。人件費や燃料費を抑えられるので会社としても容認していた。企業努力の一環とも考えていたが、甘えがあったのかもしれない」と釈明。私的利用については「車両が目立つため、できない」と否定した。

市によると、この車庫はもともと別の小学校のスクールバス用だったが、同校の閉校後は、統合先の小学校に児童を送迎するバスの車庫として活用されるようになった経緯がある。


こんなことする人って珍しいわ
こんなことする人が運転する車に我が子を ・・・
怖いわ



スクールバス運転手の確保難しい
だから? 何? こんなんアカンやろ 非常識すぎるわ

西日本新聞取材班からの指摘を受け、市は業者に「盗難や損壊の恐れなど、車両の管理上、問題がある。市民に私的利用の誤解を与える恐れもある」として、今後は指定の車庫に駐車するよう口頭で指導。6月中旬には改善されたとしている。

ただ、市によると、人手不足などからスクールバス運転手の確保は難しいのが現状で、市内の運転手の多くが60歳以上という。朝夕の1日2回、自宅から遠い車庫まで通うのは体力的にも厳しい。厳格な運用が、結果的に人材確保のハードルをより高めてしまう懸念もある。

こうした事態に市は「小学校近くに車庫を確保できるよう検討したい」としているが、実現は来年度以降になりそうだ。


口頭で指導 ってか
ナメとんのか

>人手不足だから
>運転手の確保が難しい
>運転手の多くが60歳以上  (実際は65歳以上だ)

だから何?
問題点は
小学生の子供を車に乗せて送迎するんでしょ
子供の生命 安全が第一なんでしょ
⇒ 人手不足だから
⇒ 運転手の確保が難しい
⇒ 運転手の多くが60歳以上
だからってレベルが低い外部の業者に委託するなよ

幼稚園のバス運行を 請負い業者に委託するのと同じや
幼稚園の関係者も バス運行を請負い業者に丸投げすれば楽だもんな
高い契約料を払ってでも幼稚園は何ーも考えんでもエエもんな

日本国の将来を担う子供たちの命を守るために

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.06.23 (Sun)

直進すればええのに右折して踏切内で立ち往生*特別支援学校のバス事故



県立小松特別支援学校



生徒ら約15人乗ったスクールバスが踏切内で立ち往生 慌てて右折
しかし曲がり切れず

一歩間違えれば大惨事となっていた。

18日午前、石川県小松市内の踏切でスクールバスが立ち往生するトラブルがあった。けが人などはなかったが、トラブルが発生した時電車が接近していた。

18日午前10時10分ごろ、石川県小松市矢田町にあるJR北陸本線・矢田野踏切で、大型のスクールバス1台が立ち往生した。その時すでに警報機が鳴っていたという。

警報機がなる中、踏切の中にバスの後部車体が残ってしまったため、運転手は乗客を避難させ、非常ボタンを押して電車を止めたという

運転手によると、バスが踏切内に進入した際、警報機が鳴り出したため、運転手は線路際の道を慌てて右折。しかし曲がり切れず、進行方向左側の車体が道路沿いの低い壁に乗り上げた。
そして踏切内に車体の後部を残したまま身動きが取れなくなったという。

このスクールバスには県立小松特別支援学校の生徒など、およそ15人が乗っていましたが、ケガはない。

このトラブルでJRは福井=小松間で一時運転を見合わせたため、特急列車5本と普通列車3本の合計8本に最大で50分の遅れが出た。
一歩間違えれば大惨事になっていたこのトラブル。警察は詳しい原因を調べている。




なぜ直進しなかったのか


掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.06.21 (Fri)

また幼稚園バスが事故*運転手は70歳<怖い>



運転手は70歳




蛇行運転を繰り返す
幼稚園のバスが自損事故 園児11人を送迎中

20日、倉敷市で、園児11人を送迎中のバスが、電柱などに衝突する自損事故があった。
ケガ人はなかったが事故直前、蛇行運転をしていたとみられ、警察が70歳の男性運転手から話を聞いて事故原因を調べている。

20日午後3時15分頃、倉敷市西田の市道で、幼稚園児11人と53歳の女性教諭を乗せたマイクロバスが、道路沿いの木と電柱に衝突した。マイクロバスは、70歳の男性運転手が運転し、倉敷市内の幼稚園から園児を自宅に送る途中だった。

警察によると、男性運転手は、事故の前、蛇行運転を繰り返したり停留所で園児を下した後、ドアを開けたまま走行したり、様子がおかしかったという。
警察が、運転手から話を聞くなどして事故の原因を調べている。


数日前から風邪の症状があったから? 何?



どんな運転手やねん 普段から安全運転に自覚がないんちゃう?



幼稚園の送迎バス電柱に衝突 倉敷市

きのう午後、倉敷市で幼稚園の送迎バスが電柱に衝突する事故があった。
バスには園児11人を含む13人が乗っていたが、いずれもけがはなかった。

きのう午後3時15分頃、倉敷市西田の市道で幼稚園の送迎バスが道路脇の電柱に衝突した。バスには3歳から6歳までの園児11人と女性教諭1人、さらに男性運転手の、合わせて13人が乗っていたが全員けがはなかった。

バスは倉敷市阿知の幼稚園から園児たちを自宅に送り届ける途中だった。
警察によると70歳のバスの運転手はこの事故の直前にもドアを閉めずに走り出したり、車がふらつく運転も見られたという。運転手は数日前から風邪の症状があり、入院して検査をしたが飲酒や薬物の反応はなかった。警察は運転手の体調の回復を待って、道路交通法違反の疑いで調べることにする。




学校法人御國学園 御国幼稚園
倉敷市阿知3-20-7


掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.06.03 (Mon)

鹿沼市の交差点で幼稚園バスが軽乗用車に追突

栃木県鹿沼市の交差点で幼稚園バスが軽乗用車に追突

鹿沼市で31日、幼稚園バスが軽乗用車に追突する事故があった。
けがをした人はいなかった。

31日午後3時ごろ、鹿沼市村井町の村井町交差点で鹿沼市上石川の71歳のバス運転手の男性が運転する幼稚園バスが、信号待ちで止まっていた鹿沼市上殿町の33歳の看護師の女性が運転する軽乗用車に追突した。
鹿沼警察署で事故の原因を調べている。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.06.03 (Mon)

65歳以上の高齢ドライバー+糖尿病の持病 ⇒ 健康診断は異常なし?

バス運転手、過去に3回事故「多いと言えず」 市は謝罪2019年4月21日

神戸・三宮の繁華街で21日午後、市営バスが横断歩道に突っ込み、歩いていた20~50代の男女8人を次々ひいた。逮捕された運転手は30年以上勤務するベテランだった。

「重大な事故を起こし、心からおわび申し上げます」。事故を受け、神戸市交通局は21日夕に急きょ会見。内藤直樹自動車部長らが深々と頭を下げた。

市の説明では、運転手の大野二巳雄容疑者(64)=自動車運転死傷処罰法違反容疑で逮捕=は、1986年採用。2015年に定年を迎え、再任用されたベテランだという。

事故当日の21日は午前6時ごろ営業所で点呼とアルコールチェックを受けたが、「問題がない」と判断され、午前6時半過ぎから乗務を開始した。

大野容疑者の運転するバスでは06、07、10年に計3回、発車時などに乗客が転び、けがをする事故があったという。ただ、市は「一概に多い件数ともいえない」とする。また糖尿病の持病があり、インスリンを使用しているが、市は直近の定期健康診断(昨年11月)で支障はないと判断したことも明らかにした。大野容疑者の親族によると、糖尿病を患ったのは10年ほど前で、事故前の20日夜も服薬していたという。

市によると、大野容疑者が今回運転していたバスと同型のバスは他に38台あり、22日朝までに全車のブレーキなどを点検するとしている。


2019年4月21日
運転手は糖尿病でインスリンを投与していた

神戸市によると、運転手は1986年に市交通局に入り、2015年に定年退職後も再任用され勤務。糖尿病の持病で日常的にインスリンを投与しているほか、慢性の腎臓病の治療などのため今月3~17日に仕事を休み、復帰して4日目だった。同署が事故との関連を慎重に調べている。




糖尿病の合併症には
腎症・神経症・網膜症があり
服薬やインスリン自己注射で低血糖状態がある




2014年06月30日
御堂筋暴走事故、運転者は低血糖

30日午後4時頃、大阪市中央区の繁華街・心斎橋で、御堂筋を南方向に走行していたワゴン車が御堂筋八幡町交差点で右折し、一方通行の道路に入り込んで逆走、信号待ちしていた乗用車に正面衝突した。

ワゴン車はこの後、方向転換して、御堂筋を横切り、同交差点の横断歩道付近で自転車に乗っていた女性(32)をはね、停車中のトラックにぶつかるなどして止まった。

大阪府警南署によると、女性は胸の骨を折るなどの重傷で、トラックの近くで作業中だった男性(58)も巻き込まれ軽傷。ワゴン車を運転していた同市内の男(65)も頭にけがを負い、病院に運ばれた。同署は治療が終わり次第、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失致傷)容疑などで事情を聞く方針。

男の家族は同署に対し、「(男は)糖尿病の持病があり、低血糖になることがあった」と話している。低血糖になると意識が薄れることもあり、同署は事故との関連を慎重に調べる。




低血糖症で意識障害に陥り
追突事故を起こしたとして罪に問われた33歳男性

無罪

低血糖症で追突事故、男性無罪 大阪地裁「適切に管理と認識」  2019年05月30日

糖尿病による低血糖症で運転中に意識障害に陥り、前の車に追突して女性にけがを負わせたとして
自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)などの罪に問われた男性(33)の判決公判で、大阪地裁は30日、無罪(求刑懲役10月)を言い渡した。

荒井智也裁判官は判決理由で、男性は約25年にわたり、血糖値管理の経験があり、これまで管理を怠って意識障害に陥ったことがないと指摘。
低血糖症の初期症状を感じた後に糖分入りコーヒーを飲む量を増やしており「被告は適切な血糖値管理をしていたと認識していた」と判断。
正常な運転に支障がある状態との認識はないとして、危険運転の成立を認めなかった。


もうエエかげんにしてもらいたいわ

路線バスのように何十人もの人を乗せる
幼稚園児のように未来ある子供を乗せる

運転手は70歳 70歳を超える高齢者なんてオカシイやろ
記憶能力は加齢に伴って低下してるやろ
今宵 認知症と交通事故の関連性が社会問題化しているのに
雇う事業主はアタマおかしいんか? それでも低賃金で雇いたいんか?
人を乗せてハンドルを握る職人さん
65歳になったら引退せえよ
まだ働きたいか ドライバー職は止めてくれ!

65歳以上の幼稚園の送迎ドライバーを雇うのはアカンよ
40歳50歳代の中年ドライバーで
それなりの賃金雇用をしなさい
送迎バス運行の請負業者なんかに委託するのはヤメなさい!

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.06.03 (Mon)

もうエエかげんにせえよ*幼稚園の送迎バス運転手の定年は65歳にせえよ!

学校法人旭川中央学園
旭川ふたば幼稚園
北海道旭川市豊岡6条7−4−33

送迎バスを運転していたのは70歳のドライバー



10年以上この幼稚園でバスを運転している



送迎バスには運転手と園児12人 教諭1人が乗っていた



右折のため停止していた軽乗用車に送迎車が追突


旭川ふたば幼稚園の送迎車が追突事故 園児ら5人軽傷

北海道旭川市で幼稚園の送迎バスが乗用車に追突し、少なくとも4人の園児と乗用車の運転手がけがをした。
3日午前10時前、旭川市豊岡で旭川ふたば幼稚園のマイクロバスが右折待ちをしていた乗用車に追突した。

消防などによると、マイクロバスには幼稚園に向かう園児ら14人が乗っていて、少なくとも4人の園児が口の中を切るなどのけがをした。また、乗用車を運転していた50代の女性は首の痛みを訴えて病院に運ばれた。

幼稚園によると、マイクロバスの運転手は70歳の男性で、10年以上、この幼稚園で送迎バスを運転していた




幼稚園送迎用ワゴン車 軽トラックに追突 5人けが 運転手の前方不注意か

3日午前、北海道旭川市で幼稚園の送迎用ワゴン車が軽乗用車に追突し、園児4人と女性1人がけがをした。警察は事故の原因を調べている。

事故があったのは、旭川市豊岡5条7丁目の道道。
3日午前9時40分ごろ園児ら約12人を乗せた幼稚園の送迎用ワゴン車が右折待ちの軽乗用車に追突した。

この事故で、軽乗用車を運転していた59歳の女性が胸の痛みを訴えて病院に運ばれたほか、ワゴン車に乗っていた園児4人が唇を切るなどの軽傷。

警察によると現場は片側2車線の直線道路で見通しもよく、ワゴン車の運転手の前方不注意の可能性もあるとみて事故原因を詳しく調べている。


ネコバス



掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.05.22 (Wed)

古河文化幼稚園*送迎バス運転手は71歳



幼稚園バスが乗用車と衝突、運転手が意識不明

22日午前8時ごろ、茨城県古河市古河の国道4号で、古河文化幼稚園(古河市)の送迎バスが対向車線の乗用車と衝突した。バスの運転手の男性(71)が意識不明の状態で病院に搬送され、同乗していた幼稚園の女性教諭(23)と乗用車の男性会社員(41)が首などに軽傷を負った。バスに園児は乗っていなかった。

県警古河署が、運転手が意識不明の状態になった経緯などを調べている。バスは園児を迎えに行く途中だった。現場は片側1車線の直線道路。


ホームページには何も無かったかのように ・・・
ブログには当日も更新されているし ・・・


運転手は71歳

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.05.10 (Fri)

幼稚園バスにシートベルトが必要か?

シートベルトが有れば それで安全だけれど

園児用バスにシートベルト必要 事故経験の保育士「大けが防げたかも」 東京新聞

乗り合いバスの車内で高齢者らが転んでけがをする事故の多さを昨年9月から今年1月にかけての不定期連載で紹介したところ、幼稚園関係者らから「通園バスにシートベルトが必要」との意見が寄せられた。シートベルトがあれば園児の大けがを防げたかもしれない交通事故も、実際に起きている。

「子どもたちがみんな泣き、パニックだった。とにかく助けなきゃと必死だった」。女性保育士は通園バスの横転事故を振り返り、涙をぬぐった。「今でも思い出すとつらくて」

事故は2016年秋の午前8時ごろ、埼玉県北部で起きた。定員22人のバスに、3~6歳の園児11人とこの女性保育士、運転手が乗車。見通しのよい十字路で、軽乗用車がバスの運転席側後方に衝突した。

バスは助手席側が下になる形で横転。助手席側の窓ガラスは割れ、園児たちは座席から転がり落ちた。ガラスが腰や足の裏に刺さったり、割れた窓の隙間から脚が外に飛び出たり。女性保育士は、近所の人と後部の非常用扉から園児たちを助け出した。救急車3台で搬送され、腰にガラス片が刺さった子は手術を受けた。園児全員と女性保育士が負傷したという。

この保育園は2015年に通園バスを購入した際、メーカーにシートベルトをつけてほしいと要望していた。ところが「ベルトはない」と断られたという。「シートベルトがあれば体が飛ばされず、けがは打撲で済んだかもしれない」と女性保育士。男性園長も「命が助かったのは不幸中の幸い。シートベルトは必要だ」と言葉に力を込めた。


保育園送迎バスが事故で横転 園児ら12人搬送 埼玉
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3071.html



なぜ、通園バスなどの「幼児専用車」には
シートベルトがないのか



国土交通省が一三年にまとめたガイドラインでは・・・・・

icon_19_05.png

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.04.13 (Sat)

運転手は68歳*鵜ノ木幼稚園のバスが民家に衝突

学校法人雀村学園
鵜ノ木幼稚園
東京都大田区南久が原2丁目19−3



歩行者が飛び出してきたので避けた



園児ら4人けが 幼稚園送迎バスが民家に衝突

きょう午後、大田区で幼稚園の送迎バスが民家に衝突する事故があった。バスには14人が乗っていて、園児ら4人が軽いけがをした。

きょう午後1時すぎ、園児を乗せた幼稚園の送迎バスが大田区矢口にある民家のブロック塀を壊し、止めてあった車に乗り上げる事故があった。東京消防庁などによると送迎バスには園児12人と幼稚園の先生、運転手の14人が乗っていて、そのうち5歳の男の子2人と4歳の女の子、68歳の運転手の合わせて4人が軽いけがをした。

バスの運転手は警視庁池上署の調べに対し「歩行者が飛び出してきたので避けた」などと話しているという。警察と消防が事故の原因を詳しく調べている。


68歳の運転手


掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.03.21 (Thu)

安全意識という自覚がないから

過去にも以前にも同様の事故があった
このような事故は
運転手に過失はある
それよりも親にも過失がある
わが子を目に届く所で手を繋いで幼稚園の送り迎えをせえよ
どちらも自覚が無いんじゃ



幼稚園のバスにはねられ1歳男児 腰の骨折る

18日午後、鹿児島市で1歳の男の子が幼稚園の送迎バスにはねられ、腰の骨を折る大けがをした。
警察によると、18日午後3時ごろ、鹿児島市の市道で1歳の男の子が幼稚園の送迎バスにはねられ、腰の骨を折る大けがをした。

男の子は、母親と一緒に事故を起こした送迎バスで帰宅するきょうだいを迎えに来ていたという。
バスに乗っていた運転手と園児に、けがはなかった。

バスを運転していた70歳の男性運転手は、「園児を降ろしバスを発車させたところ、何かに乗り上げたような違和感を感じた」と話しているという。

事故に遭った男の子の母親は「気がついたら倒れて泣いていた」と話しているということで、警察がバスの運転手や母親に話を聴き、事故の原因を調べている。


運転手はアルバイトの70歳男性







18日、鹿児島市で1歳の男の子が、姉が通う幼稚園の送迎バスにはねられ、腰の骨を折る大けがをした。警察はバスを運転していた男性などから話しを聴いて事故の詳しい原因を調べている。

警察によると、18日午後3時すぎ、鹿児島市西陵4丁目の市道で幼稚園の送迎バスが園児を降ろしたあと、車を発進させた際に違和感を感じ周辺を調べたところ、左の後輪近くに1歳の男の子が倒れていた。
男の子は病院に運ばれたが腰の骨を折る大けがだという。

送迎バスには幼稚園の職員と園児などおよそ15人が乗っていたものの、けがはなかった。

送迎バスを運行している市内の幼稚園によると、男の子の姉がこの幼稚園に通っていて、きょうだいの母親は姉を迎えに行く際、18日は男の子を自宅の付近で遊ばせていたという。

バスを運転していた70歳の男性とバスに乗っていた幼稚園の職員は前後左右を確認したものの、子どもの姿は見えなかったと。

幼稚園は「児童の心のケアに努めるとともに、安全確認を徹底していきたい」と話している。
警察はバスの運転手などから話しを聴いて事故の詳しい原因を調べている。


>幼稚園の職員は前後左右を確認した 子どもの姿は見えなかった
バス添乗の職員 ⇒ 先生なのか パートで雇った専門のバス添乗員なのか
こんなことを言うとなんだけど
その職員が発車時点に前後左右の確認をしたんですか? 
子供を保護者に渡して挨拶してドアを閉めて添乗員が前後左右の確認をして
発車オーライですか?
そんな幼稚園バスの運行なんて見たことも聞いたこともないわ 
それとも
運転手は停留所に着く前に前方や左右を確認したかもしれない
そやけど添乗員が停留所付近の前後左右の確認をしますか?




バスが発車する直前に
前後左右の安全確認しても遅い ダメよ



停留所に到着した段階で
前後左右の安全確認をしなさい!


子供は 男の子はバスが大好きなんです
トラックも大好きです
近くで見たい 触りたい 車体の下に潜りたい
バス停に到着する時点に
前方や左右に子供がウロチョロしてないか安全確認する
コレってプロドライバーとしての常識でっせ


過去にも以前にも同様の事故があった 2014年7月28日

長野県須坂市で 山びこ幼稚園の送迎バスにひかれ1歳の瑶織ちゃんが頭を強く打って死亡した
運転手の72歳は 園に通う瑶織ちゃんの兄(3)を乗せて発車した際に衝撃を感じ確認するとバスの後ろに瑶織ちゃんが倒れていたと
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3091.html

過去にも以前にも同様の事故があった 2008年3月4日

茨城県坂東市生子で 父母とともに兄の見送りに来ていた2歳男児が猿島幼稚園の送迎バスにひかれ死亡した
園児を乗せてバスを発進させた直後に右後輪で智樹ちゃんをひき死亡させた疑い
智樹ちゃんは母親が目を離したすきにバスの右側に移動したとみられる
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3921.html


この幼稚園名を公表してないけど
ちょっとネットで調べてみた
グーグルマップで
ちょっとフザケタ運転手が二人映ってたわ
ココとは違うと思うけど ・・・??


バス車体の下で遊んでいたんだから

安全確認 って ・・・・・

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.01.28 (Mon)

また送迎死亡事故*施設職員が運転

デイサービス車事故で利用者死亡

28日朝、茨城県龍ケ崎市の交差点でデイサービスの利用者を乗せたワゴン車とワンボックスタイプの車が衝突し、ワゴン車に乗っていた91歳の男性が死亡したほか、4人がけがをした。

28日午前9時すぎ、龍ケ崎市松ケ丘の交差点でデイサービスの利用者を乗せたワゴン車と、ワンボックスタイプの車が衝突した。
この事故で、ワゴン車の助手席に乗っていた市内に住む塚本忠次郎さん(91)が全身を強く打ち、運ばれた病院で死亡。

また、ワゴン車の後部座席に乗っていた81歳と71歳の女性が胸や腰などにけがをして骨折の疑いがあるほか、双方の車の運転手も軽いけがをした。

警察によると、ワゴン車は市内のデイサービス施設の職員が運転し、塚本さんら3人の利用者を乗せて施設に向かう途中だったという。

またワゴン車は助手席側の左前方の部分が大きく壊れているということで、警察は、ワゴン車が交差点を右折しようとして直進してきた車と衝突したと見て、詳しい状況を調べている。
現場は、龍ケ崎市の中心部から北東に3キロほど離れた信号のある交差点。




利用者ら5人死傷

28日午前9時5分ごろ、茨城県龍ケ崎市松ケ丘の県道交差点で、右折中だったデイサービスの送迎用ワゴン車が対向車線の乗用車と衝突し、5人が死傷した。

ワゴン車の助手席にいたデイサービス利用者で、同市白羽の無職、塚本忠次郎さん(91)が胸などを打ち死亡し、後部座席にいた81歳と71歳の女性も重傷。ワゴン車を運転していた同市の介護士、江原美恵さん(41)と乗用車を運転していた同市藤ケ丘の木工業、猪股伸一さん(45)は全身を打つ軽傷を負った。

県警竜ケ崎署によると、現場は片側2車線の十字路交差点で信号はあり、見通しは良かった。江原さんはデイサービスの利用者を自宅から施設へ送る途中だったという。同署が事故原因を調べている。



掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.01.25 (Fri)

また送迎死亡事故が*山形市で7.5メートル下に転落






介護施設の送迎車が畑に転落、女性1人意識不明

25日午前8時50分頃、山形市下東山の丁字路交差点で、近くの介護福祉施設の送迎車が道路脇の鉄製の柵を突き破り、約7・5メートル下の畑に転落した。山形署や山形市消防本部によると、送迎車には運転手を含めて3人が乗っており、施設の利用者で80歳代女性が意識不明の重体、90歳代女性が骨盤骨折の重傷とみられ、病院に搬送された。

発表によると、送迎車は施設の39歳の男性が運転。交差点を左折しようとしたがそのまま直進し、突き当たりの柵を突き破ったという。当時、路面は圧雪状態で凍結していた。同署が事故原因を調べている。


当時、路面は凍結していた


25日午前8時50分ごろ、山形市下東山の丁字路交差点で「ワゴン車が転落した」と110番通報があった。山形署や山形市消防本部によると、車は介護施設の送迎車で、丁字路交差点突き当たりの金属製の柵を突っ切り、約7・5メートル下に転落した。当時、路面は凍結していたという。

運転手の30代の男性と、80代と90代の女性2人が乗っていた。女性2人が病院に搬送されたが、80代の女性の死亡が確認された。90代の女性は意識があるという。

現場はJR山形駅から北東に約9キロの山形市郊外。近くには山寺の通称で知られる立石寺がある。


交差点を左折しようとしたがスリップし



そのまま直進して突き当たりの柵を突き破った



7.5メートル下の畑に転落
現場 ⇒ http://goo.gl/JhZrrV



株式会社 アドエイション
介護福祉施設 燦燦
山形市十文字字大原848-1


過去には同様の事故が
アースサポート仙台青葉*送迎車 ⇒ 崖下に転落 ⇒ 1人死亡  2016年1月25日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2643.html


勝手に検証した

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.01.24 (Thu)

送迎死亡事故*71歳の運転手 ⇒ 事故の瞬間は覚えていない

もうエエかげんにせえよ
いくら人手不足だからって な
71歳のお爺ちゃんに送迎の運転手をさせるなんて
バカ?

あのな
求人募集しても応募者が来ない
やっと面接に来てくれた けど
65歳とか な
それでも雇い入れるのならば
その人は過去にどんな疾病があったのか
今現在はなにか治療しているか
採用面接で確認しなさいよ
また
採用前に健康診断を受診させて合否しなさい
アタリマエでっせ







介護送迎で死亡事故 71歳運転手「意識失った」

神奈川県川崎市で22日、介護サービスの送迎車が電柱などに次々と衝突する事故があり、利用していた93歳の女性が23日死亡した。71歳の男性運転手は「意識を失った」と話しているという。

県警によると22日午前10時半前、川崎市多摩区南生田で介護サービスの送迎をしていた軽乗用車が、93歳の女性を自宅前で乗せおよそ60メートル先で、道路わきの花壇に衝突した。

軽乗用車はさらに60メートルほど走行し、ブロック塀や電柱などに次々と衝突した。 利用していた女性は病院に搬送された時点で意識はあったが、23日正午前になって死亡が確認された。

軽乗用車は車イスのまま乗車できるタイプで、女性は車イスとともにベルトで固定されていたという。 軽乗用車を運転していた71歳の男性はろっ骨を折る大ケガをし、調べに対しては「意識を失った」と話しているということで、県警が事故のいきさつを詳しく調べている。





71歳の男性運転手



22日午前、川崎市多摩区で介護施設の送迎車が生け垣などに衝突し、乗っていた93歳の女性が死亡しました。運転していた71歳の職員の男性は事故直前に意識を失ったとみられます。

22日午前10時半前、川崎市多摩区の市道で介護施設の送迎車が道路脇にある花壇に乗り上げ、その後、生け垣などに衝突しました。
この事故で送迎車に乗っていた多摩区に住む93歳の塩原久子さんが足の骨を折り病院に運ばれましたが、23日、体調が悪化して死亡しました。送迎車を運転していた介護施設職員の71歳の男性は肋骨にひびが入る重傷です。

警察によりますと、男性は「事故の瞬間は覚えていない」と話していて、事故直前に体調が急変して意識を失い、事故につながったとみられています。




車椅子のまま乗車
 ベルトで固定されていた



93歳の女性利用者は足の骨を折る
翌日 体調が悪化して死亡


視 点
車椅子は車内で固定されていたが ・・・
身体は
車内固定のシートベルトを装着していたのか?
もしかして
昔のよくある車椅子
マジックテープで固定するだけだった ・・・?



https://www.subaru.jp/transcare/transcare/slopetype/index.html

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.01.22 (Tue)

また田園型事故*そろそろ警察はコリジョンコース現象の事故対策をせえよ

幼稚園バスと乗用車が衝突 園児にはケガなし

宮城県栗原市の交差点で園児8人を乗せた送迎中のバスが乗用車と衝突する事故があった。園児らにケガはなかった
警察によると、22日午後1時20分ごろ、栗原市志波姫北堀口の交差点で志波姫幼稚園の送迎バスと乗用車が衝突する事故あった。
バスには園児8人を含む10人が乗っていましたが、けがはなかった。
乗用車に乗っていた2人にもけがはなかった。

現場は信号機のない交差点で、警察は運転手から話を聞くなどし、詳しい事故原因を調べている。
このバスは栗原市が民間の会社に運行を委託しているもので、市の担当者は「園児と保護者に大変申し訳なく思う。今後、再発防止に努めていきたい」とコメントしている。




 田園型事故    ド素人が運転すれば・・・


掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.01.02 (Wed)

また田園型事故*って言うかオマエら見通しのよい道路で事故多いわ

田園型事故
コリジョンコース現象



運転手は51歳の女性職員



医療法人芳医会



デイサービス送迎車が事故 105歳女性と76歳男性死亡

2日午前、茨城県北茨城市の交差点でデイサービス施設の送迎車がほかの車と出会い頭に衝突し、施設の利用者の105歳と76歳の男女2人が死亡した。

2日午前9時ごろ、北茨城市中郷町の信号機のない交差点で、デイサービス施設の利用者を送迎していた軽乗用車と、もう1台の乗用車が出会い頭に衝突した。

警察によると、送迎車の後部座席には施設の利用者の山形清江さん(105)と吉原征夫さん(76)が乗っていて、頭などを打って病院に運ばれましたが2人とも死亡した。
また双方の車の運転手もそれぞれ軽いけがをした。

現場の交差点は市の郊外にある田んぼや畑が広がる一角にあり、見通しはよいものの、信号機のほか一時停止の標識などは設置されていない。
警察は当時の状況について運転手たちから話を聴くなどして事故の原因を調べている。


事故現場は
信号や一時停止の標識などがない交差点




105歳と76歳が死亡

2日朝、茨城県北茨城市で、高齢者施設の送迎車が乗用車と衝突する事故があり、乗っていた105歳の女性ら2人が死亡した。
2日午前9時ごろ、北茨城市中郷町で高齢者施設の送迎用の軽乗用車が乗用車と衝突した。

この事故で、軽乗用車の後ろに乗っていた山形清江さん(105)と吉原征夫さん(76)が病院に運ばれましたが、その後、死亡。軽乗用車を運転していた女性(51)も軽いけがをした。

警察によると、軽乗用車はデイサービスを利用する2人を施設に送迎する途中だったという。
現場は見通しの良い交差点で、警察は、事故の原因を詳しく調べている。





過去の事例では

滋賀県八条町で病院の患者を送迎するワゴン車と普通乗用車が衝突しワゴン車が横転する事故
現場は信号機のない田んぼに囲まれた見通しの良い交差点
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3076.html

軽乗用車とデイサービスの送迎用のワゴン車が出合い頭に衝突
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3044.html

周囲を田んぼに囲まれた信号機のない交差点で保育園の送迎バスと軽乗用車が衝突しバスが横転した
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3071.html

コリジョンコース現象とは
JAF 危険予知トレーニング 農道交差点編
https://www.youtube.com/watch?v=phnFnGrXPKI
見通しのいい交差点に潜む危険「コリジョンコース現象」とは?
http://qa.jaf.or.jp/drive/visibility/04.htm

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.12.21 (Fri)

また送迎死亡事故*山形県高畠町で

あのな
何度も なー~んども言うけど
施設の職員 介護士に運転させるなよ
そもそも自覚が無いんだから
人を他人を乗せてハンドルを握るってこと
ましてや
己の職場の施設を利用してくださっている大切な利用者様なんだろ




見通しの良い直線道路で ・・・
昨夜は忘年会で酒が残ってたんか?
遅くまで宴会してたんか?
寝不足なんか?




介護施設の送迎車が電柱に衝突 女性死亡

20日午前、山形県高畠町で、送迎中の介護施設のワゴン車が道路脇の電柱に衝突し、乗っていた75歳の女性が死亡した。

20日午前9時半頃、高畠町相森の県道で、町内にある介護施設のワゴン車が道路脇の電柱に衝突した。この事故で、施設を利用していた高畠町二井宿の無職・島津禮子さん(75)が意識不明のまま病院に運ばれ、約1時間後に心破裂のため死亡した。車には、島津さんの他に運転手と施設の職員の2人が乗っていて、重軽傷を負ったが命に別条はない。

現場は見通しの良い片側1車線の直線道路で、事故当時、路面は雨で濡れていた。警察は運転していた男性から話を聞くなどして、事故に至った経緯を調べている。今年に入って、県内での交通事故による死者数は50人。去年に比べ12人多い。


29歳の職員が運転



施設への送迎中の事故 75歳女性死亡

20日午前9時20分ごろ、高畠町相森の県道で、高齢者施設の送迎用ワゴン車が電柱に衝突した。

この事故で、送迎車を利用していた高畠町二井宿の無職・島津禮子さん(75)が意識不明で病院に搬送されたが、午前10時13分に心臓破裂により死亡した。

現場は見通しの良い直線道路で、警察の調べによると、送迎車には、当時、島津さんのほかに施設の職員2人が乗っていて、車を運転していた米沢市三沢の29歳の団体職員が足の骨を折る大けがをした。

送迎車は、車イスごと乗れるタイプの車で、当時、島津さんは車イスに乗った状態で車内にいた。送迎車は、島津さんの自宅から施設に向かう途中で、走行中に、道路左側の縁石に乗り上げたという。


これか?

http://goo.gl/p1rz5E

専属の運転手を雇えよ

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.12.17 (Mon)

道路から15メートル転落死亡事故



もうな ド素人に運転させるなよ



運転していたのはパート職員

スリップか デイサービス車転落 利用者の87歳女性死亡

長野市でデイサービスの送迎車が、道路から15メートルほど下に転落し、利用者の87歳の女性が死亡した。

17日午前9時半ごろ、長野市の市道で、デイサービスの送迎車両が、道路から15メートルほど下に転落した。
この車には、運転手と、80代から90代の利用者あわせて4人が乗っていて、このうち、長野市の青木月さよさん(87)の死亡が病院で確認された。

90代の利用者2人と63歳の運転手の女性も、重軽傷を負った。
路面は当時、アイスバーンのような状態になっていて、警察と消防は、下り坂を滑って止まりきれなかった可能性があるとみて調べている。


死亡した青木さんはシートベルトをしていなかった可能性



現場は山間部の山肌を走る幅約4メートルの道路で、乗用車は下りの緩い右カーブから左カーブに入った場所で転落した。ガードレールはなかった。


長野市信更町の市道で午前9時前、63歳の女性が運転する乗用車が道路からおよそ15メートル下の斜面に転落した。
車には4人が乗っていて、後部座席の青木月さよさん87歳が出血性ショックで死亡したほか、運転していた女性と93歳の男性、96歳の女性のあわせて3人がろっ骨を折るなどの重傷。


NPO法人のぞみ 宅老所のぞみ
長野市篠ノ井有旅


掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |  NEXT