FC2ブログ
2019年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2019.05.23 (Thu)

児童養護施設愛児の家での虐待人権問題疑惑 ⇒ 東京都の調査は不適切

愛児の家

戦災孤児を救護するため戦後の1945年11月に創立
家庭環境などに恵まれない子どもたちを中野区の施設で養護、育成している
入所児童の定員は36人



東京弁護士会が児童養護施設「愛児の家」で虐待と是正勧告

家庭環境に恵まれない子どもが生活する東京都中野区の児童養護施設「愛児の家」で、職員による児童への虐待があったとして、東京弁護士会が今年2月に是正を勧告していたことが23日、弁護士会への取材で分かった。東京都も過去に通告を受けて調査したが、虐待には当たらないと判断。弁護士会は調査が不適切だったとして、都にも改善を勧告した。

愛児の家の石綿徳太郎施設長は同日、施設で記者会見し「虐待の事実はなく、職員の弁明も聞かずに出された勧告には納得いかない」と反論。16日に勧告の撤回を求めて弁護士会に異議申し立てをしたと明らかにした。

人権問題も?


施設内で隠蔽か?


それともこの問題はウソ偽り?


「中野の施設で児童虐待」 弁護士会が是正勧告

虐待など事情のある子どもが生活する社会福祉法人の児童養護施設「愛児の家」(東京都中野区)で複数の職員から複数の児童への虐待があったとして、東京弁護士会(東弁)が児童の権利を侵害しないよう今年2月に勧告したことが分かった。

2015年に人権救済の申し立てがあり、施設の児童らから独自に聞き取り調査をしていた。この施設については都も通告を二度受けて調査したが、いずれも虐待に当たらないと判断。東弁は都の調査手法も「著しく不適切」と改善を勧告した。

関係者や入手資料によると、都が虐待通告を受けたのは2013年3月と14年1月で同じ通告者らからだった。都は一部の児童や職員から聞き取り調査を行い、一度目は職員の強い口調や差別的な発言が不適切などとして口頭で指導する一方、虐待には当たらないと判断。二度目も「特段指導の必要はない」とした。

東弁は2015年6月に人権救済の申し立てを受け、ほぼ全ての児童らから聞き取り調査を実施。勧告では、高校進学時などに、施設のルールを守らない場合、施設にいられないと約束させる誓約書に署名を求めていたことを問題視。複数の職員で取り囲んで署名を迫ったとし、厚生労働省の虐待対応ガイドラインで「脅かし、脅迫」に当たる心理的虐待だとした。施設側は2017年に誓約書の一部を修正している。

また、男性職員が反抗的な児童の首周辺を腕で絞め、ソファに押し付けるなどの身体的虐待もあったと判断。施設の女性職員が児童に聞こえるように「ぶす」「死ねよ」などと述べ、男性職員が児童に「頭おかしい」と発言したとした。

愛児の家の石綿徳太郎施設長は取材に「勧告は事実関係があまりに違う」と事実関係を否定し、施設の職員に弁明の機会がなかったなどとして、東弁に異議申立書を提出したことを明らかにした。

東弁は都の一度目の調査に対しては、施設を介して聴取対象児童を選び、施設内で聞き取りをしたとして調査手法を問題視。この調査では誓約書の存在も確認できておらず、東弁は厚労省ガイドラインに違反し「著しく不適切」と指摘した。このほか、児童が都児童相談所の職員に「施設の職員に怒鳴られる」と相談したのに都が調査せず、相談内容を施設側に伝えたとも指摘。相談時の事実確認などを定めた児童福祉法に違反するとした。東弁は近く勧告書をホームページに公表する方針。

都の桑田朋子担当課長は「都の調査は適切に行われたと考えている。児相職員が相談内容を施設側に伝えたとの事実は確認していない」とし、どう対応するか検討するため東弁に問い合わせているとした。


東京都が虐待通告を受けたのは2013年3月と2014年1月で同じ通告者から



 高校進学時などに施設のルールを守らない場合、施設にいられないと約束させる誓約書に署名を求めていた
 施設側 ⇒ 2017年に誓約書の一部を修正する

 複数の職員で取り囲んで署名を迫る
 施設側 ⇒ 誓約書への署名についても強要ではなく、子どもたちの進路に幅広い選択肢を与えるための説明だった
 男性職員が反抗的な児童の首周辺を腕で絞め、ソファに押し付ける
 女性職員が児童に聞こえるように ブス 死ねよ
 施設側 ⇒ この時代にあり得ない。うちは(多数の職員で多数の子どもを養育する)大舎制で、職員は必ず複数で対応する。(職員の)1人が不適切なことをしても、誰かが止めることができる。それぞれ抑止力になり、1人が暴走することがない。

 全児童から聞き取りをしなかった
 施設側 ⇒ 問題はない

 虐待調査で誓約書の存在に気づかなかった
 施設側 ⇒ 重く受け止めるが本音を聞きだしており調査不十分ではない

 児童が東京都児童相談所の職員に「施設の職員に怒鳴られる」と相談したのに都が調査しなかった
 相談内容を児童相談所の職員が施設側に伝えた

 施設側 ⇒ 事実ではない

東京都当時の調査は適切に行ったと考えている

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.05.16 (Thu)

せいしん幼児園のプール死亡事故*園の責任

園児プール死亡事故で保育園に2千万円賠償命令 園の責任認める

京都市上京区の保育園「せいしん幼児園」で2014年夏、プール活動をしていた榛葉天翔(あもう)ちゃん=当時(4)=が死亡した事故で、両親らが、同園を運営する社会福祉法人「正親福祉会」(上京区)に約4200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が16日、京都地裁であった。井上一成裁判長は正親福祉会に約2千万円の支払いを命じた。

訴訟で両親側は、保育士2人が数分間プールから離れるなど不十分な監視を行い、天翔ちゃんを溺死させたとし、同会に使用者責任があると主張。

園側は「給食の吐しゃ物誤えんなどの可能性がある」と請求棄却を求めていた

事故を巡っては、15年に両親が当時の園長ら4人を業務上過失致死容疑で京都地検に告訴。地検は16年に不起訴処分(嫌疑不十分)としたが、同年に検察審査会が不起訴不当と議決。地検は17年に再び不起訴処分とした。


京都市の認可保育所「せいしん幼児園」で2014年、園児の榛葉天翔ちゃん(当時4歳)がプールで溺れて死亡したのは監視が不十分だったためとして、両親ら遺族3人が園側を相手取り、約4200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、京都地裁は16日、園側に約2000万円の支払いを命じた。

訴状によると、天翔ちゃんは14年7月30日、プールで水遊び中に意識不明の状態で見つかり、1週間後に低酸素脳症で死亡した。両親らは、保育士の1人がプールを離れるなど適切な監視を怠ったとして、16年7月に提訴していた。


安全であるはずの保育園で何が起きたのか

2014年夏、京都市上京区の保育園「せいしん幼児園」で、プールで遊んでいた榛葉天翔(しんばあもう)ちゃん=当時(4)=が死亡した事故から約5年。両親らが園を運営する社会福祉法人「正親福祉会」(同区)に対して損害賠償を求めた訴訟の判決が16日、京都地裁で言い渡される。父親の英樹さん(48)は「天翔との時間は取り戻せない。幼い命がなぜ失われたのか、事故を風化させず社会全体で考えてほしい」と訴える。

事故は14年7月30日午後2時ごろ、園舎屋上のプールで起きた。約30人の園児がプール遊びをする中、天翔ちゃんが水に沈んでいるのを保育士が見つけた。既に呼吸と心肺が停止している状態で救急搬送された。

「トイレで嘔吐(おうと)して倒れた。意識はある」。両親は当初、園側から電話でそう聞いていた。しかし、病院で医師から「意識がない。1分1秒を争う状況」と説明を受けた。英樹さんは園長に説明を求めたが「適切に処置をした」と繰り返すばかり。保育士が「プールでおぼれた」と話し、ようやく状況を把握した。

天翔ちゃんは一度も意識が戻らないまま、1週間後の8月6日、低酸素脳症で亡くなった。「一度も目を開けることなく、家族とのお別れもできなかった」。英樹さんは今でも当時を思い出すと震えが止まらない。

あの日、プールで何があったのか。両親は当時の状況について園に説明を求めたが、「責任はない」として面会も断られた。

事故を受け、京都市は園に対して特別監査を実施。報告書では、保育士がプールから目を離す時間があったなどとして監視の不十分さを指摘した。しかし、事故原因は特定されなかった。

真相解明を願う両親は15年3月に京都地検に当時の園長ら4人を業務上過失致死容疑で告訴したが、不起訴処分(嫌疑不十分)に。16年に検察審査会が不起訴不当と議決したが、地検は再び不起訴とした。

16年に提起した民事訴訟で、両親側は、天翔ちゃんの死因はプールでおぼれた「溺水」だと主張する。一方、園側は「死亡に至る原因は給食の吐しゃ物を飲み込んだことによる窒息死などの可能性がある」と請求棄却を求めている。

英樹さんは事故後、保育士資格を取る際に救命講習などを義務付ける法整備や保育士待遇の向上を求めて活動を続ける。「保育中の4歳児が亡くなった事故の重大さを忘れず、命を守るという保育の大前提を徹底してほしい。みんなが天翔を忘れないような判決が下されることを望みたい」


2018年11月22日 京都地裁(井上一成裁判長) 第8回口頭弁論
4歳児の全3組の各担任保育士だった女性3人が両親の前で初めて証言
1人は監視が不十分で責任があったと認めた
もう1人も完全な監視ではなかったと証言した


「プール事故防止に監視員」 保育園が京都市に改善報告 2014年12月16日
教訓生かされず…なぜ園児のプール事故再発する?  2014年8月12日
<認可保育所プール事故>ずさん運営 幼い命犠牲  2014年11月18日
社会福祉法人正親福祉会 理事長 城戸京子
せいしん幼児園 園長 城戸京子
社会福祉法人理事長の城戸京子園長が理事長職を辞任し 園長職も今後辞すると
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-1589.html


すばらしい京都市の報告書

京都市認可保育所「せいしん幼児園」に対する調査報告書 (特別監査実施結果)  2014年10月20日
http://www.city.kyoto.lg.jp/hagukumi/cmsfiles/contents/0000173/173990/tyousahoukokusyo.pdf

京都市認可保育所「せいしん幼児園」に対する特別監査実施結果について  2014年10月20日
http://www.city.kyoto.lg.jp/hagukumi/cmsfiles/contents/0000173/173990/osirase.pdf


保育園プール事故「原因特定できず」 京都・第三者委が報告書 2015年2月5日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-1851.html

男児プール事故死、両親が園長ら告訴 2015年3月13日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2017.html

京都市が第三者委設置へ 保育園プール事故、原因を追及 2015年5月23日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2159.html

元保育園長らを不起訴処分 男児プール事故死、京都地検 2016年2月6日
検察審査会に申し立て 両親ら地検処分不服で 2016年3月2日
水遊び園児死亡、遺族ら社会福祉法人を損賠提訴 2016年7月22日
水遊び園児死亡、検察審が不起訴不当議決  2016年7月21日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2885.html

保育園側、請求棄却を求める 京都「せいしん幼児園」プール事故訴訟の口頭弁論 2016年9月16日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2955.html

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.05.09 (Thu)

身を呈して守った保育士

心からご冥福をお祈りいたします


大津市大萱6丁目の県道交差点で
乗用車と軽乗用車が衝突し弾みで軽乗用車が園児らの列に突っ込んだ
列にいたのは園児13人と女性保育士3人
全員が病院に搬送される
伊藤雅宮ちゃん2歳と原田優衣ちゃん2歳が亡くなった

何と言っても泣けてくるのは
2018年3月に撮影された Googleストリートビューの



わたし コレを見るたびに涙がでるわ



この事故で二人の子供が亡くなったけど



この画のように
三人の保育士さんは子供を身を呈して守ったのだろうな


http://bit.ly/2LyguAF

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.05.09 (Thu)

長岡京市立滝ノ町保育所で腸管出血性大腸菌感染*5歳女児死亡

4月18日に感染が確認され入院治療中であった5歳女児が4月30日に逝去された
ご冥福を心よりお祈り申し上げます

保育所での腸管出血性大腸菌感染症(O157)の発生について
平成31年4月22日(月)の時点で、長岡京市立保育所の園児3人が、腸管出血性大腸菌(O157)に感染していることが確認されましたのでお知らせします。

感染の原因及び経路
現在、京都府乙訓保健所とともに調査を行っているが、特定には至っていない。
保育所の提供する食事が原因である可能性は低い。


保育所で腸管出血性大腸菌O157感染

京都府長岡京市は7日、市立滝ノ町保育所に通う女児(5)が腸管出血性大腸菌O157に感染し、4月30日に死亡したと発表した。この保育所では、同じ時期に他に男女4人の園児が感染したが、いずれも快方に向かっているという。

市によると、女児は4月15日に下痢や嘔吐の症状を訴えた。18日に感染が確認され入院し、その後、症状が悪化した。感染経路は不明というが、感染の規模から、保育所で提供されている給食が原因である可能性は低いとしている。

保育所は4月24日から休所し、5月7日に再開した。市の担当者は「職員、園児の手洗いや消毒を徹底させ、感染予防に努めます」と話した。


残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.04.28 (Sun)

社会福祉法人金光福祉会 ⇒ 光花保育園*114万円賠償

社会福祉法人金光福祉会
理事長 池本惣平
法人の設立 1979年

光花保育園 園児定員70名
園長 常務理事 住友雅美
徳島市津田本町四丁目3番31号


安全配慮怠る
男児がけがをしたのに保育園が適切な対応をしなかった

保育園児のけが、園に114万円賠償命令

徳島市津田本町4の私立保育園「光花保育園」で男児がけがをしたのに保育園が適切な対応をしなかったなどとして、男児と両親が慰謝料など約293万円の支払いを求めた訴訟の判決が24日、徳島地裁であった。川畑公美裁判長は請求を一部認め、保育園を運営する社会福祉法人金光福祉会に約114万円の支払いを命じた。

判決によると
2016年5月、園庭で遊んでいた男児がつまずいて階段で顔を打ち、鼻の骨を折ったにもかかわらず、園は医療機関に連れて行かず、母親に連絡しなかった。
2017年3月には、男児が園庭の遊具から落ちて切り株で顎を打ったのに、園庭にいた保育士は男児の遊ぶ様子を確認していなかった。


判決理由で「保育士は遊具付近で遊ぶ男児の動向に気付かず、危険な行為に及んでいる男児を制止するなどしなかった」などとして園の安全配慮義務違反を認めた。一方で「後遺障害が残ったとまでは認められない」などとした。

判決を受け、保育園は「真摯に結果を受け止めて対応策を考えていく」としている。



残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.03.26 (Tue)

マリア幼愛園 ⇒ 園長の退任を求めます!

社会福祉法人聖マリア会
理事長 上田敏明

マリア幼愛園
理事で園長 城 明子 (理事会への出席回数ゼロなし) 
熊本市中央区水前寺4丁目31の56

理事全員の報酬等の総額 8,402,678円
理事6人 ⇒ 理事で園長の城 明子だけが常勤
園長の城 明子は推定年収600万円以上?



園児に暴言 皿投げつける 閉め出し 保護者が録音し発覚

熊本市中央区の認可保育所「マリア幼愛園」の一部の保育士が、複数の園児に暴言や長時間の叱責などを繰り返していたことが、市と園への取材でわかった。約4年前から続いていたという。市は児童福祉法に基づく改善勧告なども検討している。

市保育幼稚園課と園によると、3歳以上の園児を担当する30~40代の女性保育士3人が、忘れ物をしたり、歌を覚えられなかったりした子どもを、空き部屋に連れて行って長時間しかるなどしてきた。

市は昨年7月に保護者から苦情を受け、園を運営する社会福祉法人「聖マリア会」(熊本市東区)や園長らから4、5回にわたり事情を聴き、保育士による園児への行きすぎた叱責を確認、口頭で指導した。だが昨年末、子どもの様子に異変を感じた保護者が子どもの服に録音機を忍ばせて確認すると、泣きじゃくる幼児に「うるさい」「早く寝なさい」などと激しい口調で少なくとも20分以上責め続ける女性の声と「ドン」という大きな音が複数回録音されていた

保護者は今年1月、この音声データを市と園に提出し、関係者の処分と保育の改善を要求。園は2月下旬に保護者会を開き、音声が保育士のもので、大きな音については園児を「押している音」と説明した。

園は保育士への聞き取り調査の結果も公表した。それによると
▽特定の園児に給食の皿を投げて渡す
▽いすから引きずり下ろす▽イライラして子どもにあたる
▽「何回も聞かんで!」「さわらんで!」と強く言う
▽怒られた子を外に連れ出す。謝ろうとしても寄せ付けず、閉め出す
約30項目の不適切な行為を確認した。

園の関係者は「叱責は1時間近くになることもあった。特定の園児を責めるのではなく、日によって対象が変わり、多くの園児がおびえていた」と話す。保護者の一人は「子どもが保育士におびえ、理不尽に怒られることに不満を感じていた。とても不安だったが、通わせる園は簡単には変えられないので、園の運営を改善してもらうしかない」と話す。

園によると、保育室への監視カメラ設置や、専門家による保育士の研修実施などの改善策を保護者に提示した。不適切な行為が指摘された保育士3人は3月末で退職予定だという。

城明子園長は取材に「不適切な指導の実態を十分に把握できていなかった。市などからの指摘で保育士への指導はしてきたが、結果として長い期間改善されなかったのは、私の力不足だった。保護者との信頼回復に努めたい」と話した。

園は1957年設立のカトリック系私立保育所。現在は92人の0~5歳児を預かっている。

主な不適切行為(園側が認めたもの)
・給食で、特定の園児にお皿を投げて渡す
・園児をからかう。冷やかして泣くまでふざける
・園児の荷物を届かない場所に移してとれないようにする
・イライラして子どもにあたる
・ぎくしゃくしている保護者には会わない




熊本市の認可保育所で「不適切保育」

熊本市の認可保育所で一部の保育士が園児に対し、長時間にわたってしかり続けるなどの不適切な保育を行っていたとして、市が業務の改善を指導した。

行政指導を受けたのは、熊本市中央区にある認可保育所「マリア幼愛園」。

熊本市によると、この保育所に勤めている3人の女性保育士が、園児に対して、給食の際に皿を投げて渡したり、屋外や空き部屋で長時間にわたってしかり続けたりするなど、去年7月までに合わせて25件の不適切な保育が行われていたという。

市は、去年から今年にかけて保護者から「子どもが大声で怒られている」などといった通報や音声データが寄せられたことを受けて、責任者や保育士から聞き取り調査を行ったところ、不適切な言動を認めた。

このため市は、保育所に対し原因の究明を求めるとともに業務の改善に向けた指導を行った。

熊本市は「園児への不適切な言動は、見過ごすことはできず、健全な保育園の運営になるよう市としても対応したい」とした上で、今後、業務の改善勧告なども検討していくとしている。

一方、「マリア幼愛園」は「担当者がおらず、取材には応じられない」と話している。




保育の熱心さが虐待に って 笑




保護者から2度の苦情を受けた熊本市が指導

改善が見られず 改善しなかった 改善できなかった

保護者が録音した音声データを園と熊本市へ


熊本市の認可保育所で、3人の保育士が園児に暴言を浴びせるなどしていたことが明らかになりました。

問題が明るみに出たのは、熊本市中央区の「マリア幼愛園」です。

園と市によりますと、4年ほど前から、40代2人、30代1人の女性保育士が忘れ物をした園児、歌が覚えられない園児を長い時間叱るなどしていたということです。

去年、保護者から2度の苦情を受けた熊本市が指導にあたったものの、改善が見られず、その後、保育士の言動を保護者側が複数回、録音した音声データが、今年1月に園と市へ提出されたということです。

その音声データには『うるさい』『触らないで』と、暴言を浴びせるような様子が記録されていました。

マリア幼愛園は、25の不適切行為を認めて、先月、保護者へ説明し、今月「保育士の研修」などの改善策を示しました。

「しっかり保護者の信頼を取り戻せるよう、子ども達のために頑張っていきたい」(城明子園長)

城明子園長は「3人の熱心さが行き過ぎた保育に繋がった」「信頼回復に努めたい」としていて、保育士3人は今月で退職するということです。



むかし昔からの諺
類は友を呼ぶ

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.03.14 (Thu)

エエかげんに放漫経営の放課後等デイサービスに喝を入れなければ

虐待じゃないよ 暴行の疑いで逮捕




12歳の児童の頭や顔を殴った疑い 42歳の女を逮捕

障害のある子どもが通う京都市山科区の放課後等デイサービス事業所「くるみの森 3号店」で虐待があったとされる問題で、京都府警捜査1課と山科署は14日、暴行の疑いで、運営会社社員の女(42)=大阪府枚方市=を逮捕した。.

逮捕容疑は昨年3月24日と4月6日、山科区の同事業所などで、利用者の男子児童(12)の頭や顔を殴った疑い。

市によると、2017年5月以降、「虐待の疑いがある」との通報が複数寄せられていた。市の特別監査に対し、女は虐待行為を否定したが、関係者から提供された動画には児童の頭を平手でたたく様子が映っていたという。

市は昨年9月、施設を運営する「プレイズコンフォート」(福井市)に対し、山科区と左京区にある「くるみの森」の計4事業所の指定取り消しを通知した。


しつけ ⇒ 虐待× ⇒ 暴行です


隅田智美42歳

内部通報で発覚
通報者から提供された動画 音声データが証拠
40代の女性マネジャーが利用者に平手打ちをする虐待行為をしていた
 2018年10月5日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4200.html



京都市にある障害のある子どもの支援施設で、児童の顔をたたくなどの暴行を加えたとして運営会社の元職員が逮捕された。
元職員は、しつけの範ちゅうだったなどとして、容疑を一部否認しているという。

逮捕されたのは、障害がある子どもを支援する事業所「くるみの森」の運営会社で、当時、マネージャーをしていた隅田智美容疑者(42)。
警察によると、隅田元職員は去年3月から4月にかけて、京都市山科区にある2つの施設で、利用者の当時11歳の男の子の顔をたたいたり、体を壁におしつけたりしたとして暴行の疑いがもたれている。

去年、京都市が関係者から映像や音声の提供を受けて調査を始め、警察が捜査を進めていた。
警察によると、調べに対し元職員は叩いたことは認めたものの、しつけの範ちゅうだったなどとして、容疑を一部否認している。

京都市は去年、施設を運営する福井県の会社に対して、施設の事業所としての指定を取り消している。


たいしたもんだ 京都市の報告書

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.03.14 (Thu)

改善勧告に従わない ⇒ にじいろ保育園

改善勧告に従わない認可外保育施設

東京都は12日、葛飾区亀有5の認可外保育所「にじいろ保育園」(森せつ子施設長)で不適切な保育を確認し、改善勧告に従わなかったとして、施設名などを公表した。

都によると、今年1月、森施設長が子どものおしりをたたくなどの情報提供が都にあった。都は2月に特別の立ち入り調査を行い、森施設長が複数の子どもに対し、おしりをたたいたり、顔をびんたしたり、食事を無理やり食べさせるなど身体的な苦痛を与えたことを、職員らへの聞き取りから確認したという。森施設長は都に「しつけだった」と話したという。

都は2月、施設長が保育から外れることなどを求める改善勧告を行ったが、改善が認められなかったとして、法令に基づき施設名を公表した。

にじいろ保育園の定員は26人で、2月時点で0~4歳の19人が入所している。


にじいろ保育園
施設長 森せつ子

改善勧告に従わない認可外保育施設 にじいろ保育園について 2019年3月12日

東京都は、標記施設に対し、児童福祉法第59条第1項に基づく立入調査を実施し、その結果等を踏まえ、設置者に対し同条第3項に基づく改善勧告を行いましたが、指定した期日までに改善が図られなかったため、同条第4項に基づき、改善勧告の内容及び改善の状況について公表します。

1 改善勧告を受けた者

(1) 設置者
森せつ子(施設長)

(2) 認可外保育施設の名称等
施設の名称 にじいろ保育園

施設の所在地
東京都葛飾区亀有5-37-13 ハイツビックワンビル305

開設年月 平成25年7月



残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.03.04 (Mon)

東京都の児童養護施設のグループホームで



児童養護施設で少女に暴言 東京都が虐待認定

東京都世田谷区の社会福祉法人福音寮が運営する児童養護施設のグループホームで、40代の女性職員が入所中の中学1年の少女(13)に「ブス」「みんなが困っている」などと暴言を吐き、都が虐待と認定していたことが14日、寮への取材で分かった。寮の飯田政人施設長は取材に「申し訳なかった」と謝罪した。

寮側によると、昨年5月に自立支援計画書作成のため都の児童相談所(児相)が少女と面談したところ、「嫌なことを言われている」などと訴えた。その後、児相が調査し、同9月に心理的な虐待にあたると認定。平成27~28年ごろ、この職員は少女を「ふて腐れているとブスな顔といわれる」「切り替えをうまくしないとみんなが困っている」などと大声で叱責したという。


発端は2018年5月、世田谷児童相談所に「少女が暴言や暴力を職員から受けている」という通告があった
東京都や児童相談所が職員や少女への聞き取り調査をしたところ
少女への暴言が「心理的な虐待に当たる」と認定
暴力については確認できなかったと結論付けた


児童養護施設のグループホームで職員が心理的虐待 暴力も再調査

東京都世田谷区の社会福祉法人福音寮が運営する児童養護施設のグループホームで、職員が入所中の少女に「ブス」などと暴言を浴びせ、都が虐待と認定したことが、寮への取材で分かった。都は改善指導したが、さらにその後、少女への暴力もあったという別の通告が寄せられ、再調査している。都児童相談所が最初の調査で少女を呼んだ際、この職員が同行しており、少女が十分に被害を訴えられなかった可能性がある。

飯田政人園長(施設長)によると、昨年5月、ホームに入所する少女が職員から暴言や暴力の虐待を受けていると児相に通告があった。都や児相は調査の結果、職員が少女にブス 遅い みんなが困っていると言ったとして、心理的な虐待と認定。9月に文書で改善を指導した。暴力など身体的な虐待は確認できないと結論付けた。

児相に通告があった直後、児相はホームに事情を明かさぬまま、少女を連れてくるよう依頼。翌日、少女は後に都が虐待を認定した職員に伴われて来た。
飯田園長によると、職員は聞き取りに同席しなかったが、少女は安心して話せなかった可能性がある。その後、この職員による少女への暴力もあったという別の通告があり、都は昨秋、再調査を始めた。

都の担当者は「個別の事案については話せない」とした上で、一般論として「加害の可能性が明らかな職員に被害児童を連れて来させることは適切ではない」とコメントした。飯田園長によると、虐待を認定された職員は暴言は認めたが、暴力は否定したという。この職員は今年一月に退職した。
飯田園長は「虐待の認定を受けたのは事実で申し訳ない。再発防止を徹底する」と話した。

同ホームを巡っては、入所中の少年を部屋に長期間閉じ込めたとする別の通告もあり、都が調査している
飯田園長は少年への虐待は否定している

福音寮は1952年、社会福祉法人として養護施設の運営を開始。現在は児童養護施設の本園のほか、都内で小規模のグループホーム6カ所を運営している。


この事件
問題は山積み


ciio_b56czz.jpg

少女「痛いも言えず」

東京都世田谷区の社会福祉法人が運営する児童養護施設のグループホームで起きた虐待問題で、四十代の女性職員から暴言を受けていた入所中の十代の少女が「痛いというのも言えない」などと関係者に訴えていたことが分かった。この職員はホームの責任者だったことも判明。少女が被害を言い出しにくい環境だったとみられる。

少女への虐待通告は昨年五月、都の児童相談所などに寄せられた。通告前、少女は関係者に虐待の被害を「言わないでおいて。あんまり言ってると怒られちゃう」「言ったら精神的に殺される」とも告白。都は現在、こうしたやりとりを把握しているもようだ。

寮によると、少女は同月、ホームの責任者だったこの職員に付き添われて児童相談所を訪問し、聞き取り調査を受けた。通告を受け職員は六月に別の施設に移った。

都は九月、「ブス」などの暴言を心理的な虐待と認定したが、暴力は確認できないとした。
その後、少女への暴力もあったという別の通告が寄せられ、都は再調査を開始。少女は最初の聞き取りで、十分に被害を訴えられなかった可能性がある。

寮の飯田政人施設長は十四日、都の調査結果を基に「暴言は二〇一六年か一七年ごろから続いていたのではないか」と報道陣に説明した。
昨年五月まで長期間、虐待を把握できなかったとして「暴言はほかの職員のいないところで行われており、気がつくことができなかった。子どもたちに申し訳ない」と陳謝した。


残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.03.02 (Sat)

介護福祉士で3人の子供をもつ母親が傷害の疑いで逮捕された

長男の頭踏みつけた疑い 32歳母親逮捕

2018年2月、和歌山市の自宅で当時8歳の長男に暴力を振るうなどしてけがをさせたとして、32歳の母親が傷害の疑いで逮捕された。

逮捕されたのは、和歌山市土入の介護福祉士、栩野由佳容疑者32歳。

警察によると、栩野容疑者は去年2月20日夜ごろ、自宅で、当時小学2年生だった長男の腕をつかんで床の上に引き倒し、後頭部を足で踏みつけて右目の周辺に15日間のけがをさせた疑いが持たれている。
調べに対し栩野容疑者は「子どもが宿題をせず怒ったが、蹴ったりはしていない」と容疑を否認している。

長男のけがに気付いた学校が市に連絡したことをきっかけに、児童相談所を通して警察が調べていたもので、長男は「宿題をしなくて母親に怒られ、手を引っ張ったり踏まれたりした」と話しているという。

栩野容疑者は夫と子ども3人の5人家族で、警察が関係者から話を聞いて詳しく調べている。


和歌山市の自宅で昨年2月、当時8歳だった長男の頭を踏みつけ、けがをさせたとして、和歌山県警和歌山北署は1日、傷害容疑で母親の介護福祉士、挧野由佳容疑者(32)=和歌山市土入=を逮捕した。「宿題をしていなかったので怒ったが、蹴ったりはしていない」と容疑を否認しているという。

逮捕容疑は昨年2月20日夜、自宅で当時小学2年の長男の手を引っ張って転倒させ、後頭部を踏みつけるなどして、右目周辺の内出血など約15日のけがをさせたとしている。

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.02.25 (Mon)

児童養護施設はテレビドラマより痛ましい?

障害者施設は閉鎖的 って言われるけれど
児童養護施設は もっと閉鎖的や


社会福祉法人わかくさ会
理事長 西澤 猛

児童養護施設 若草寮
東京都渋谷区幡ヶ谷3丁目4−9
定員 30名

警視庁によると、25日午後2時前、渋谷区幡ヶ谷の児童養護施設「若草寮」で、施設長の大森信也さん(46)が1階の施設長室の中で男に刃物で複数回刺され、搬送された病院で死亡した。

男は、この施設の元入所者で住所・職業不詳の田原仁容疑者(22)で、殺人未遂の疑いで現行犯逮捕された。田原容疑者は2015年まで少なくとも3年、施設に入所していて、午後1時45分ごろに施設の玄関から侵入し、数分後に犯行に及んだとみられている。

取り調べに対し、「殺すつもりで相手を刺したことに間違いない」と容疑を認め、「施設に対して恨みがあった」「施設関係者なら誰でも良かった」と供述している。警視庁が詳しい経緯を調べている。


施設に対して恨みがあった
殺すつもりで刺した
誰でもよかった


若草寮はさまざまな事情で家族と暮らせなくなった子ども30名が生活しています。子ども1人1人の個性や性格を尊重して、社会に出て自立していけるよう見守っています。
また、社会に出た後に帰ってこられる場所となれるよう、子どもたちとの信頼関係を大切につくっていきます。


表沙汰にならなかっただけで
公にならなかっただけで

若草寮と施設長と入居者同士で何かトラブルがあったとか ・・・

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.02.19 (Tue)

期待できない ⇒ 福岡市こども未来局子育て支援部指導監査課

福岡市
問題の多い福岡市
虐待 不正受給 なんでもアリか?


当ブログ内で
福岡市で検索してみてくれ

福岡市こども未来局子育て支援部指導監査課が
社会福祉法人北斗会:あかつき保育園に改善勧告をした
その内容が
コレか?


あかつき保育園 平成29年度監査結果
平成29年度 指導監査の実施状況及び指摘指導事項
cv33x_0oi006.jpg
http://www.city.fukuoka.lg.jp/kodomo/files/Document_1896_file.pdf


平成 31 年 2 月 15 日
福岡市こども未来局子育て支援部指導監査課
福岡市政担当記者 各位

私立認可保育所に対する児童福祉法等に基づく改善勧告の実施について


社会福祉法人北斗会が運営する「あかつき保育園」に対し,本年1月11日から特別指導監査を行った結果,同園において,入所児童に対する不適切な保育が行われていたことが判明しました。
このため,当該法人に対し,本日,児童福祉法及び社会福祉法に基づく改善勧告を行いましたので,報告します。

1 法人・施設の概要
(1)法人・施設名
社会福祉法人北斗会 あかつき保育園

(2)所 在 地
福岡市東区若宮1丁目13番16号

(3)理事長及び施設長
石橋 理恵(平成31年1月26日~)

(4)入所定員
310名 (※平成31年2月1日現在:254名在園)

(5)法人設立年月日
昭和53年10月12日

(6)施設認可年月日
昭和55年4月1日

2 事案の概要
当該保育園については,平成29年12月に,保育士により入所児童への不適切な保育が行われているとの情報提供が本市にあったことから,平成30年1月に本市が同園に対し確認を指示した。同年2月に,同園から本市に対し不適切な保育の実施等について報告があったため,本市は同園に対し,今後の再発防止について指導した。
しかしながら,同園において不適切な保育が行われているとの情報提供があったことなどにより,本年1月11日から当該保育園に対し特別指導監査を実施した。その結果,平成30年2月に本市に報告された内容の他に,平成28年度に2件,平成29年度に6件,平成30年度に5件の入所児童に対する不適切な保育が行われていたことが判明した。
なお,平成31年1月26日から当該保育園の理事長・園長は交代し,新体制となっている。

3 改善勧告の内容
(1)根拠法令
児童福祉法第46条第3項及び社会福祉法第56条第4項
(2)勧告の内容
① 不適切な保育を行った職員及び管理監督者に対し,法人として責任の明確化を図ること。
② 不適切な保育が二度と発生しないよう,再発防止策を早急に策定し,実施すること。
③ 保護者に十分な説明を行い,その信頼回復を行うこと。

4 福岡市の今後の対応
今後概ね1年間,2か月ごとに,再発防止策の実施状況等を当該保育園から報告させるとともに,本市職員が予告なしに同園を訪問し,改善状況等の確認を行う。

5 その他(相談・通報用メールアドレスの設置)
本日(2月15日)から,保育所等の職員による入所児童への暴言,暴力的行為等の不適切な保育や,家族等からの虐待が疑われる事例に関する相談・通報専用のメールアドレスを設置しましたので,お知らせします。

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.02.15 (Fri)

こりゃあ改善でないわ『あかつき保育園』*腐ったみかんを処分しないと

トンデモ保育園 ⇒ あかつき保育園

社会福祉法人北斗会
福岡県福岡市東区若宮1丁目13-16

元理事長 柿迫恒夫
元園長   柿迫裕里子

園児にバカ ブタ 押し入れに閉じ込める 保育園で暴言・体罰13件

福岡市東区若宮1の認可保育園「あかつき保育園」で保育士が園児に暴言を吐いたり体罰を加えたりする不適切行為が13件あったとして、市は15日、児童福祉法などに基づき園を運営する社会福祉法人北斗会に改善勧告を出した。不適切な保育をした職員や管理監督者の処分や再発防止策、保護者への十分な説明を求めている。

関係者によると、情報提供を受けて1月11日から園を特別指導監査し、職員約50人に聞き取りをするなどしていた。その結果、少なくとも8人の保育士が2016~18年度に園児を「バカ」「ブタ」などと呼んだり正座をさせたりした他、園児が吐き出した給食を口に入れたり、押し入れに閉じ込めたりするなどの行為13件を不適切な保育と認定した。

同園を巡っては2017年12月にも市に情報提供があり、市が園に事実確認を指示していた。

園は18年2月、保育士4人が17年度に
▽園児の口にセロハンテープを貼る
▽園児を倉庫に入れる
▽怖いお面を使って叱る
などの不適切な保育をしていたことを報告。再発防止を図ったとしていた。

ところが、昨年7月にも「不適切な保育が続いている」との情報提供を受けて職員の聞き取りを実施。この時は新たな不適切行為は確認できなかったが、昨年12月、園の元保育士が「(市の聞き取り調査に対し)話さないよう口止めされていたと同僚から聞いた」と証言するテレビ報道があり、市が特別指導監査に乗り出していた。

1月26日付で新たに就任した石橋理恵園長は「子どもたちや保護者に大変な心配をかけて申し訳なく思っている。新たな体制を作りながら原因究明し、保育のあり方を見直したい」とのコメントを出した。


あかつき保育園
福岡県福岡市東区若宮1丁目13番16号

福岡市は15日、同市東区の認可保育園「あかつき保育園」で、保育士による園児への体罰や暴言があったとして、児童福祉法などに基づき、園を運営する社会福祉法人「北斗会」に改善勧告を出した。

市によると、同園で不適切な保育をしているとの情報が2017年末に寄せられた。市は再発防止を指導したが、さらに情報提供があり、今年1月から特別指導監査を実施していた。16~18年度の間に計13件の不適切な保育が確認された。

勧告で市は再発防止策の早急な策定と実行、保護者への十分な説明と信頼を回復することなどを求めた。園は1月26日に理事長と園長が交代し、新体制になったという。



理事全員の報酬総額 21,913,759円

理事長=夫 園長=妻 この二人で2千万円の報酬か?

腐ったみかんが
いつまでも残っている限り改善できません

保育士の総入れ替えをしなさい


 2018年12月23日
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/anatoku/article/475134/
躾けとは言えないような厳しい保育が行われています
福岡市内のある認可保育所の内情について、元保育士の女性から ・・・

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.01.25 (Fri)

保育園で別の保護者の車に*女児はねられ死亡





保護者の送迎の車と接触重体の保育園児死亡

大分市内の保育園児が登園中に送迎のワゴン車と接触した事故で、大分中央署は24日、意識不明となっていた吉野杏奈ちゃん(2)=同市南太平寺=が市内の病院で死亡したと発表した。

死因は頭を強く打ったことによる重症頭部外傷。同署は自動車運転処罰法違反(過失致死)の疑いで、運転していた近くの女性看護師(41)から話を聴いている。

同署によると、事故は同日午前7時35分ごろ、同市古国府のこおりん保育園そばで発生。女性は自分の子どもを園に送った後、駐車場から私道に出たところで、母親の車から降りて1人でいた杏奈ちゃんとぶつかった。

園によると、駐車場には当時、保護者の車3台が止まっていたいつも送迎がピークとなる午前9時前後には職員が駐車場近くで子どもを迎え、車の誘導をしているが、早い時間帯でいなかったという。









保育園で別の保護者の車に はねられ女児死亡

24日朝、大分市内にある保育園の敷地内で、2歳の女の子が別の保護者が運転する車にはねられ、死亡した。
24日午前7時半すぎ、大分市古国府にある、こおりん保育園の敷地内で、乗用車が2歳の女の子をはねた。
この事故で、保育園に通う大分市南太平寺の吉野杏奈ちゃんが頭の骨を折り、病院に運ばれたが、まもなく死亡した。

警察によると、杏奈ちゃんは母親の車から降りて園に向かっていた際、別の保護者が運転する車にはねられたという。
警察は、車を運転していた41歳の女性看護師から話を聴くなどして詳しい事故の原因を調べている。

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.12.28 (Fri)

ただの資格マニアだったのか*南福島保育園の園長さん

南福島保育園の優秀なスタッフが
皆様のかけがえのない宝物であるお子様を
心を込めて保育させていただいております



うつぶせ寝


福島の保育園で1歳児死亡

福島市伏拝の認可外保育施設「南福島保育園」で、うつぶせ状態で昼寝をしていた1歳2カ月の男児が死亡していたことが26日分かった。同市が発表した。福島署が当時の状況などを調べている。

市や同園によると25日午後2時ごろ、父親が迎えにきたため、20代の女性保育士が男児を起こそうとして心肺停止状態になっているのに気付いた。心肺蘇生の措置後に病院に救急搬送したが、死亡が確認された。男児は今月10日に入園したばかりで、短時間の慣らし保育中だった。

当時は0~1歳児クラスの園児15人が昼寝中で、20~40代の保育士2人と無資格2人の女性職員計4人が担当。男児は正午ごろに眠り、午後1時ごろ、職員がうつぶせ状態だったため顔を横向きにしたが、心肺停止で見つかった時は顔が再び下になっていたという。

同園によると、福島市の7月の監査で睡眠時の1歳以上の見守りを10分おきにするように指導されたが、マニュアルの「30分おき」を是正せずに続けていた。丹治洋子園長は取材に「本当に申し訳ない。確認に非があったことは間違いない」と話した。




南福島保育園は
睡眠時の見守りを30分おきにしていた

福島市の指導監査で10分おきにするようにせえよ

事故当日は1時間おきだった



認可外保育で1歳死亡 うつぶせ寝、10分おき見守らず

福島市は26日、同市伏拝の認可外保育施設「南福島保育園」で、うつぶせで昼寝していた1歳2カ月の男児が死亡したと発表した。市は市内の保育園に睡眠中は10分おきに見守るよう指導していたが、同園は守っていなかった。警察は司法解剖をして死因を調べる。

市などによると、男児は25日正午から保育室で昼寝を始め、午後2時ごろに父親が迎えに来た際、職員が起こそうとしたところ、うつぶせでぐったりした状態だった。父親が119番通報し、病院に搬送したが死亡が確認された。

当時、保育室には死亡した男児を含めて0~1歳児15人が睡眠中で、基準の3人を上回る4人の職員で見守っていた。福島市は市内の保育園に1歳児は10分おき、0歳児は5分おきに睡眠の状況を確認するように指導しているが、同園の丹治洋子園長は取材に「当日は1時間おきだった。大変申し訳なく思います」と謝罪した。

うつぶせ寝は子どもが窒息する恐れがあるため、厚生労働省は2016年に作ったガイドラインで、仰向けに寝かせることや呼吸の状態を定期的に確認することを保育施設に求めている。


見守りの時間間隔について明確な国の基準がないため、市はNPO法人「家庭的保育全国連絡協議会」のガイドラインを採用。0歳児は5分ごと、1歳児は10分ごとにチェックし、記録を残すよう助言していた。



丹治洋子園長先生は
保健師 看護師 養護教諭 衛生管理者 調理師等の免許を所持し ・・・・・

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.12.04 (Tue)

元保育士の女 ⇒ 執行猶予4年の判決

保育士に対する社会の信頼を失墜させた

社会福祉法人恩徳寺会
滋賀県大津市玉野浦12-1
理事長 川口弘子

田上保育園
大津市稲津二丁目5番7号




元保育士:河合かなみ28歳 有罪判決 園児暴行で無罪主張

大津市の保育園で3月、当時1歳9カ月の女児に暴行を加え、足を骨折させたとして、傷害罪に問われた元保育士河合かなみ被告(28)=同市千町一=の公判で、大津地裁は4日、懲役2年、執行猶予4年の判決(求刑懲役2年六月)を言い渡した。

弁護側は故意を否定し、無罪を主張。女児を床に強く下ろした行為について、骨折との因果関係を争っていた。

判決理由で加藤靖之裁判長は「幼児は成人に比べて心身が未熟であり、傷害を負わせる危険性が十分にある」と指摘。「保育士として7年以上の経験がある河合被告は、行為の危険性を認識しており、暴行の故意が認められる」とした。


河合かなみ被告は
女の子を持ち上げたものの床に叩きつけてはいない
と無罪を主張


弁護側は
床に座らせようとしただけで けがをさせるつもりはなかった
と無罪を主張



女児を床にたたきつける、大津の元保育士を傷害で逮捕 2018年4月19日

保育園で女児(1)を床にたたきつけて骨折させたとして、滋賀県警大津署は19日、傷害の疑いで大津市千町、元保育士、河合かなみ容疑者(27)を逮捕した。「かっとなってやってしまった」と容疑を認めている。

逮捕容疑は3月15日午前11時半ごろ、当時勤務していた大津市内の私立保育園で女児(1)の両脇を持って抱え上げ、床にたたきつけて左足骨折の重傷を負わせたとしている。

同署によると、河合容疑者は女児の担任。女児にけがをさせた後、自身も付き添って病院で受診させていた。河合容疑者は先月末で退職していた。



http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4006.html

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.11.30 (Fri)

女児に性的暴行*建設作業員池谷伸也43歳

こんな輩には
税金をいくらでも使ってでもエエから
ムショに監禁せえよ

女児に性的暴行 建設作業員池谷伸也43歳

女児に性的暴行を加えたとして、警視庁は29日、住所不定、建設作業員池谷伸也被告(43)(強制わいせつ罪で起訴)を強制性交と児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)の容疑で再逮捕した。池谷被告の逮捕は5回目。

発表によると、池谷被告は今年3月に東京都内で、幼稚園に通う女児をアパートの階段に連れ込んで乱暴し、5月には小学生になった同じ女児に同じ場所で乱暴した上、携帯電話で女児へのわいせつ行為を動画撮影した疑い。容疑を認めているという。

池谷被告は女児の帰宅時間に待ち伏せをし、動画撮影後、「写真をばらまく」と脅して口止めしていたという。

今年9月、別の保育園児に対する強制わいせつ容疑で池谷被告が逮捕され、携帯電話から女児の動画が見つかったことから被害が判明した。女児以外に少女約20人のわいせつ動画があり、警視庁が余罪を調べる。

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.11.30 (Fri)

男性保育士のワイセツな犯罪が多いのはナゼなのか

もともとの人格が小児性愛者だったから


気持ちを抑えられなかった


保育士の男、職場で女児下半身触りけが負わす 強制わいせつ致傷容疑で逮捕

勤務先の保育所で女児にわいせつな行為をしてけがを負わせたとして、徳島県警捜査1課は23日、強制わいせつ致傷の疑いで、県内に住む20代の保育士の男を逮捕、送検したと発表した。男は容疑を認めている。

逮捕容疑は、20日夕、県内の保育所の園庭で女児の下半身を触り、全治3日間の擦り傷を負わせたとしている。

県警によると当時、複数の園児が園庭で遊んでおり、男は園庭の隅で犯行に及んだとみられる。帰宅した女児が母親に話して発覚。母親は同日夜、警察署に被害を届け出た。県警は22日、男に任意同行を求め、容疑が固まったとして同日逮捕した。

調べに対し、男は「気持ちを抑えられなかった」と供述している。保育所の関係者は県警に「男の勤務態度は真面目で、驚いている」と話しているという。

県警は被害女児の特定につながる恐れがあるとして、男の氏名などを明らかにしていない。




コヤツラの身体にGPSを取り付けて移動監視するか





2ちゃんねるの掲示板で ⇒ ミーガン法 って  ちょっとビックリした



同感です





また同じ過ちを犯すか 転職先の保育園で また ・・・





児童の性犯罪大国日本

恥ずかしいわ

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.11.01 (Thu)

情報公開が乏しいし*豊明市の幼稚園で異臭騒ぎ

本日幼稚園で異臭がありました
って
他人事のように



これがお知らせ かよ
なんじゃこりゃぁ
この幼稚園の周辺に住む住民も心配するわな

-- ご迷惑ご心配をおかけしました 
-- ただいま警察や消防とで調査しています
このぐらい言えよ
バスがでません か (笑


愛知・豊明の幼稚園で異臭 28人治療

31日午前10時25分頃、愛知県豊明市沓掛町の私立豊明幼稚園で、「園内で異臭がして、体調不良を訴える人がいる」と男性職員から119番があった。園児や職員ら約50人が頭痛やめまい、吐き気などの症状を訴え、うち園児8人を含む計28人が病院で治療を受けた。県警が原因を調べている。

県警の発表によると、治療を受けたのは同園に通ういずれも年長の男児4人と女児4人のほか、教諭を含む女性職員16人、保護者の女性3人、保護者に同伴していた男児(2)の計28人。いずれも目や鼻、喉の粘膜を損傷した疑いがあるが、症状は軽く入院した人はいない。

県警や同園によると、午前10時10分頃、同園に到着した送迎バスから降りた教諭が園舎の玄関に入った際、「気分が悪い」と訴えた。同じ頃、玄関の上にある「白―3組」の教室にいた園児が一斉にせき込み、玄関隣の職員室にいた職員や、園児らに付き添っていた保護者らも次々に目や喉の痛み、頭痛などに見舞われたという。

この教室では、園児数人が11月の作品展に向け、のりや木工用の接着剤を使って紙の工作をしていた。園児たちは1分間ほどせき込んだが、教室の外に出ると症状が落ち着いたという。消防がガス検知を実施したが、異常はなく、異臭は確認されなかった。治療をした病院によると、体調不良の原因はわからないという。

白―3組、玄関、職員室はいずれも窓やドアが開いていた。一方、ほかの教室では窓は閉まっていたとみられ、体調不良を訴える人はいなかったという。同園の坂田るり子副園長は「窓から何か入ってきたのかと思った」と話す。

ニュースを聞いて同園に駆けつけたある保護者は「幼稚園からは『異常はない』と伝えられた。自分の子どもは無事だったが、原因が分からないのは不安だ」と心配そうに話した。豊明市によると、同園は園児309人で全10クラス(今年5月現在)。現場は名古屋市営地下鉄桜通線・徳重駅の南東約2キロ。付近には畑や住宅が点在している。




愛知県豊明市沓掛町にある「豊明幼稚園」で、31日午前、園児や職員ら約50人が突如“体調の異変”を訴えた。
午前10時過ぎ、こちらの幼稚園の園児数名が、咳き込むなどの症状を訴えて病院に搬送されたという。

頭痛、めまい、吐き気、いったい何が起きたのか。
「事務長が通報した。職員室と白3組の部屋で息を吸い込んだら(せきが)ゴホンゴホンと出た。何かあってはいけないと思い、消防に通報した」(豊明幼稚園 坂田るり子 副園長)

救急隊が駆け付けた際、職員からは「園の中で異臭騒ぎがあった」という言葉が。
体調不良を訴えたのは、バスで登園直後の園児や園内にいた職員、保護者まで。園児を迎えに来た人にも不安の表情が広がった。
「園からは説明がなかった。ホームページを見たら『異臭騒ぎがあったので迎えに来てください』と」(園児を迎えに来た人)

病院に搬送されたのは園児ら28人。いずれも症状は軽く命に別条はないという。
幼稚園側の説明によると、園では、作品展を控えていて、発生当時、2階の教室で、のりなどの接着材を使って園児が工作をしていたという。
一方、病院側は、「原因については分からない」と話しています。同じ時間帯に、同じ場所で、次々と体調不良を訴える“異常事態”。警察が詳しい原因を調べています。


残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.10.24 (Wed)

保育士全員が退職願い?*いつの世も一族が運営する福祉施設は

わいせつ事件が発覚した八尾の認定こども園

社会福祉法人さくら会 さくら保育園
大阪府八尾市福万寺町4丁目14

10月23日八尾市議会

田中ゆうこ議員
認定こども園の休園があるとしたら大変な問題です。休園を避ける、このための努力と決意を語っていただきたいと思います

平野佐織副市長
保育の保証されることについては、いま鋭意努力させていただいているし、保護者にも説明しているなかなので、ご指摘いただくまでのことではないと思います

保育士30人が全員退職を希望している 休園へと

園児160人が転園---?

来年度 ⇒ 休園の可能性?

認定こども園の男性保育士が園児に対しわいせつ 2018年7月26日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4122.html

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |  NEXT