FC2ブログ
2002年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2002.01.04 (Fri)

社会福祉法人札幌育成園 業務上横領で告訴

理事長は年金徴収を一月から中止し、当初二年後の予定だった障害者の財産の個人管理への移行を、前倒しする考えを示した。

また、互助会口座の年金残高が約六億円であることを明らかにした。徴収した年金の一部を返済に充てていた施設建設費の借入総額は約二〇億円で、現在の借金残高は約六億円。一九九七年までは返済全額に年金を充てていたが、それ移行は大半は法人の剰余金で賄ってきたという。元入所者の一人は、同園を業務上横領で告訴することを明らかにした。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2002.01.02 (Wed)

社会福祉法人札幌育成園が寄付の強要

北海道は、社会福祉法人「札幌育成園」が、入所者に支給される障害基礎年金を全額寄付させていたとして別監査を実施していたが、強制的に寄付させていたことがわかったとして、中止するよう改善指導を出していたことを公表した。

昨年末に退所者から「年金を返してもらえない」との訴えで特別監査を実施していた。

入所の際、本人と保護者に、年金を保護者らで作る任意団体の「父兄互助会」に寄付し、園のために使用する承諾書を書かせていた。

入所者への寄付の強要は厚生労働省通知で禁じられている。
同法人は、運営する五カ所の知的障害者施設には入所者計三六〇人がいて、年金支給を受けている約三〇〇人全員から年金全額を寄付させていた。年間約二億円にのぼり、二十年以上前から続けられ、寄付総額は数十億円に達する疑いが出ているという。

年金は個々の口座に振り込まれた後、自動的に「父兄互助会」名義の口座に入られていたが、園側が口座の管理をし、園に「再寄付」させていた。園は寄付金から入所者が支払う国民健康保険料と施設利用料を支出し、残りは施設を建てる際の借入金約二〇億円の返済に充てていた。ここ数年は入所者から寄付させていた年間約二億円のうち、約一億五千万円を返済に充てていた。

理事長は年金徴収を一月から中止し、当初二年後の予定だった障害者の財産の個人管理への移行を、前倒しする考えを示した。

また、互助会口座の年金残高が約六億円であることを明らかにした。徴収した年金の一部を返済に充てていた施設建設費の借入総額は約二〇億円で、現在の借金残高は約六億円。一九九七年までは返済全額に年金を充てていたが、それ移行は大半は法人の剰余金で賄ってきたという。元入所者の一人は、同園を業務上横領で告訴することを明らかにした。



2003年12月10日
東京から札幌へ入所させられたので人権侵害だ、東京都を相手取り2500万円の賠償を求める訴え

東京地裁は、北海道の知的障害者更正施設(社会福祉法人札幌育成園運営の寿都浄恩学園)の元入所者(札幌市在住の四三歳)が、「施設の外で暮らせるような支援を十分にせず、しかも遠隔地の施設に入所させたのは人権侵害」として、東京都を相手取り二五〇〇万円の賠償を求める訴えを、受理した。

一九九四年、住み込みの職場を解雇され、緊急一時保護で都立七生福祉園(知的障害者更正施設)に入ったが、同園の定員がいっぱいで、都内の他の施設にも空きがなかったため、男性と相談の上、一九九五年二月から二〇〇一年五月まで札幌市内の寿都浄恩学園に入所させられたとしている。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |