FC2ブログ
2004年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2004.09.21 (Tue)

大阪市交通局の市バス運転手が身体障害のある男性をバス停で降ろして放置

大阪府警東住吉署は、大阪市交通局の市バス運転手(四六歳)が、先月十九日に、ブレーキのはずみで全治六日間のけがをした車いすスペースにいた身体障害のある男性乗客(三〇歳)をバス停で降ろして放置し、道交法違反(救護義務違反)容疑で事情聴取していることを明らかにした。

運転手は男性が下車する予定だった次の駅で男性と付添い人を降ろし、「後で戻ってくるので、待っていてほしい」と告げてバスを発車。運転手は戻らず、救急車も呼ばす、交通局にも報告しないまま乗務を続けていた。救急車が来ないため一一〇番通報をし、同署から連絡を受けた交通局職員が現場から市消防局に救急車を要請した。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2004.09.06 (Mon)

精神障害者の社会復帰のためのグループホームで殺人 水戸

水戸地裁は、七月四日に精神障害者の社会復帰のためのグループホームで隣室の男性(当時六二歳)を刺して死亡させたとして、殺人罪に問われた友部町の無職の男性(六八歳)に対する初公判を開いた。

被告は昨年十一月に友部病院を退院し、グループホームで生活していた。被告の弁護人は「犯行時、被告は心身耗弱状態にあった」として、精神鑑定を請求した。グループホームは一九九四年に病院主導で開所し、家族会が運営していたが、地域住民が「二四時間体制による運営」を要求していたが、施設側は人のやりくりなどから二四時間管理は難しいうえ、住民に理解が得られない環境で元患者を生活させることはできないとして、事件を契機に年内の閉鎖を決めた。残った利用者は他のグループホームに移る準備を進めている。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |