FC2ブログ
2007年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2007.12.22 (Sat)

大阪の介護老人保健施設で転倒死*遺族に2500万円

大阪・豊中の施設、男性転倒死で和解 遺族に2500万円

大阪府豊中市の市立介護老人保健施設で、歩行訓練中の男性(当時72歳)が転倒して死亡した事故があり、運営する同市の外郭団体「豊中市医療保健センター」が遺族に解決金2500万円を支払っていたことが分かった。遺族が起こした訴訟で10月に和解が成立した。関係者によると、介護事故の訴訟や和解内容が表面化するケースは珍しい。

事故があったのは同市刀根山元町の介護老人保健施設「かがやき」。施設によると、男性は左半身に麻痺(まひ)があったため、同施設に通所してリハビリを行っていたが、02年10月、施設内で歩行訓練中に転倒して頭を強打。3カ月後に死亡した。職員1人が麻痺の残る左側に付き添っていたが、男性が右側に転倒したため、助けられなかった。

遺族側は05年9月、「センターや職員が注意して転倒を防止する義務を怠った」として、同センターなどを相手取り、約5650万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴。今年3月から和解協議に入っていた。介護事故問題に詳しい井上雅人弁護士(大阪弁護士会)によると、介護事故が訴訟になる例は少なく、全国でも過去数十件にとどまる程度という。

井上弁護士は「介護事故では、施設側に対する責任追及が及び腰になりがちだが、施設側の対応や説明が不十分で、遺族や家族が不信感を抱くケースも多い。判例を積み重ねて、どこまでが施設が責任を負う範囲なのかを明確にしていくことも必要だ」と指摘している。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2007.12.12 (Wed)

「弁解の余地がない」 四日市市障害福祉課の女性職員、支援男性宅を公務で訪れた際土足のまま上がる

四日市市障害福祉課の女性職員=課長補佐級、保健師=が、生活保護を受けている精神障害者の男性宅を公務で訪れた際、玄関で靴を脱がずに土足のまま家の中に入っていたことが十一日、分かった。
同市は「弁解の余地がない」として、男性に謝罪した。

市障害福祉課や男性によると、男性側の支援要請を受けて、市は男性宅への二週間に一回のホームヘルパー派遣を決定。この派遣手続きのため、女性職員と民間病院のケースワーカー、派遣されるホームヘルパーの計三人が今月十日午後一時半ごろ、四日市市内の男性宅(県営住宅)を訪問した。

その際、ホームヘルパーとケースワーカーの二人は玄関で靴を脱いだが、女性職員は靴を履いたまま家の中に入った。室内では、風呂場や約六畳の板張りのリビングを見学し、男性が手続きの書類に記入している間は、リビングにいた。女性職員ら三人は約一時間、男性宅にいた、という。

男性は「最初は本人持参の上履きを履いているのかと思ったが、そのまま履いて帰るので、土足だと分かった。部屋はきれいとはいえないが、・・・

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2007.12.11 (Tue)

車内に障害者置き去り 岩手の施設、職員気付かず 西和賀町  ワークステーション湯田・沢内

岩手県西和賀町の障害者施設ワークステーション湯田・沢内(坂巻潤子施設長)で今月初め、視覚や聴覚などに障害のある男性(58)が送迎用のワゴン車に置き去りにされ、ほぼ丸1日気付かれていなかったことが、11日までに分かった。
男性にけがなどはなく、体調も良好だという。

同施設によると、1日午後4時ごろ、施設を利用した障害者7人を自宅に送るため、男性職員がワゴン車を運転し出発。車は約1時間15分後に施設に戻ったが、男性職員が車内をよく確認しないまま車を降りたという。

翌2日午後2時ごろ、この男性宅を訪れた女性ホームヘルパーが男性のいないことに気付き、施設などに連絡。捜索から約1時間後、施設の車庫横の作業室でいすに座っている男性を職員が発見した。男性は1人暮らしで、ほぼ毎日施設を利用しているという。

施設は男性に謝罪。坂巻施設長は「完全にこちらの不手際で申し訳ない。信頼回復に努めたい」と話した。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2007.12.06 (Thu)

転落死を「病死」 容疑で医師2人書類送検

福岡の特養、転落死を「病死」 容疑で医師2人書類送検

福岡市中央区の特別養護老人ホーム「ライフケア大手門」で8月、入所者の女性(当時85歳)がストレッチャーから転落死する事故があり、施設の関連病院の医師が死亡診断書に「病死」と虚偽の記載をして、警察への届け出を怠っていたことが分かった。福岡・中央署は5日、同市城南区の「さくら病院」の副院長(57)と、担当医(39)を虚偽診断書等作成と医師法違反の疑いで書類送検した。

調べでは、女性は8月2日、職員2人の付き添いで入浴しようとした際、職員が離れた間に高さ約80センチのストレッチャーから床に転落。頭を強打し、約2時間後にさくら病院で死亡した。

担当医は副院長から助言され、死亡診断書の死因欄に「脳挫傷による外傷性ショック」と記しながら「病死及び自然死」の項目に印を付けた疑い。副院長は施設を運営する社会福祉法人「桜花会」の理事長を兼ねている。

医師法は、事故死などの「異状死体」を認知した医師に24時間以内に警察へ届け出るよう義務付けている。2人は届け出をせず、調べに対し、医師は「判断を仰いだ際、疑問に思ったが、そのまま出してしまった」、副院長は「異状死体に該当しないと思った。私の過失です」と話したという。

桜花会は8月13日に福岡市に事故を報告。市の指導を受け翌14日、警察に届け出た。女性の家族とは、既に示談が成立したという。桜花会の松本洋三事務長は「事故は施設の落ち度。事故隠しとみられても仕方がないが、届け出が遅れたのは家族への対応を優先したため」と釈明している。

県警は、女性を介護していた男性職員(24)と女性職員(23)についても、業務上過失致死容疑で書類送検した。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 入浴事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2007.12.04 (Tue)

【名古屋】電動車イスの男性がホームから転落、電車にはねられ即死

4日午後4時半ごろ、名古屋市南区柴田町の名鉄常滑線柴田駅のホームで、電動車いすに乗った男性が線路上に転落し、進入してきた名古屋発内海行き特急電車(4両編成)にはねられ、即死した。乗客約100人にけがはなかった。

愛知県警南署で男性の身元の確認を急ぐとともに、転落した原因を調べている。この事故で、同線は神宮前―太田川間の上下線で約1時間15分、運転を見合わせた。名鉄によると、柴田駅は無人駅で、特急電車は通過予定だった。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2007.12.03 (Mon)

手話で詐欺、福祉関連会社「コロニーワイズ」の2人に実刑判決

手話を使って聴覚障害者から金をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた福祉関連会社「コロニーワイズ」(破産)の元経理担当、町田栄子被告(57)と長男の元社員、訓清(のりきよ)被告(29)の判決が3日、東京地裁であった。

井口修裁判長は「聴覚障害者の弱みにつけ込んだ卑劣な犯行」と述べ、栄子被告に
懲役6年(求刑・懲役8年)、訓清被告に同5年(同6年)を言い渡した。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |