FC2ブログ
2008年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2008.04.08 (Tue)

京都・南丹の障害者施設 トイレの時間、工賃減額 ワークセンターびび

京都府南丹市美山町の障害者就労支援施設”ワークセンターびび”の美山本所で、利用者らが作業中にトイレに1回行くと、10分間分に当たる時給の6分の1の工賃を減らしていたことがわかった。

施設を運営する南丹市社会福祉協議会は生理現象で作業場を離れた場合に減額するのは行き過ぎだとして、4月からトイレ時間の減額をやめさせた。同社協は近く、第三者による調査委員会の設置を施設の運営委員会に提案する方針だ。

同社協によると、トイレ時間の減額は、前身の”みやま共同作業所”時代の数年前から続けていたという。作業中に喫煙や来訪者と立ち話をしていた利用者に対し、他の利用者から同じ工賃では不公平だとの声が出たため、利用者と施設職員が話し合い、作業した時間のみの工賃を払う独自のルールを決めたという。

職員が、時給制の利用者14人を対象に喫煙などで作業場を離れた回数や時間を記録し、トイレで離れた場合も減額していた。時給は作業によって160~300円。竹内晶施設長は”不公平感をなくすため、単純に働いた分だけつけようということになった。ペナルティーではない”と話す。

同社協の榎原克幸管理部長は”人間の尊厳を踏みにじる行為はあってはいけない。非常に残念で再発防止に努めたい”と話した」

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2008.04.01 (Tue)

社会福祉法人武田塾*高井田苑のニュースまとめ

大阪府柏原市知的障害者更生施設「高井田苑」での施設内虐待 2008年1月21日

府の調査や職員によると、主導しているのは施設幹部ら中心的な職員。他の利用者や職員に乱暴したり障害者を拳や平手でたたくほか、けることもあったという。このほか、作業を怠ると胸ぐらをつかんで怒鳴る、すれちがいざま気晴らし的に「邪魔」と頭をたたく、など、施設内では威圧的な対応が日常的で、幹部職員らは「言うことを聞かないのは、なめられているからだ」と、力で従わせる必要性を説いていたという。

犬や猫でもトイレのしつけをすればできるようになる」など、幹部が利用者を「動物」や犬猫」に例えてしつけの必要性を説いたとの証言も複数ある。

同苑は99年に開所。当時勤務していた職員は、「罰として角材を足に挟んで正座゙させるなど、開所直後から暴力的な対応は始まっていた」と話す。内心「変だ」と思っている職員も少なからずいるが、上層部の「力わざ」は必要」という理屈に施設全体では流れがちだったという。

朝日新聞社の取材に対し久門良也施設長は、暴力は否定、その上で「対等では利用者に言うことを聞いてもらえない。怖いこともないといけない」とはなしている。

利用者の身の安全に危機感を抱いた関係者が昨年11月、公益通報者保護法に基づいて大阪府に通報した。府障害保健福祉室は「利用者への支援の仕方にかなり乱暴な点があると確認された。実効性のある再発防止策が必要だとしており、研修実施などを文書で通知する方針。府の調査以降、施設内での暴力はやんでいるという。

同苑には20~50代の50人が暮らし、軽作業や生活訓練をしている。大半が重度の知的障害者。職員は約20人。社会福祉法人「武田塾」(田中義郎理事長)が運営している。田中義郎理事長は「わからないことが多いので、府には厳しくチェックしてほしいと伝えている。人権面で幹部の理解が足りない部分があったのではないか」と話している

人との関係作りが苦手、理解力が弱いといった不自由さを抱えがちな知的障害者を威圧することで、施設の「平穏」を作り出そうとしていたという。実態を証言した職員らは「自分も力に頼っていた。正しい支援方法が分からなかったと悔やむ。

「お前、はよせえ」ある元職員は「掃除時間に、男性職員がしばしば怒鳴り散らしていた」と話す。遅れがちな利用者を仰向けに倒し、いすの脚を腹部に押し付けることも。外出時、空腹で落ち着かない利用者の腹部を引率職員がアッパーカットの要領で殴打したのも目撃した。

利用者の大半は重度。自分の手をかんで傷つける、他人をたたく、物を壊すなど対応の難しい強度行動障害の人も多い。

別の元職員は、かまってもらおうとたたいてきた利用者の背中へ、職員がひざげりをしたのを見た。何度も平手打ちをする現場を見た職員も。他の利用者をたたいた罰とのことで、ほおが腫上がっていた。注意すると、後日同僚から「難しさがわかっていない」と非難されたという。
 
からかいもあった。「○○さん、家に帰られへんねんで」「もう絶好や」と突き放す。「いや、帰る」「仲良くして」と必死にすがる様子を面白がったという。自分もしたという元職員は「正しい関わり方が分からなかった。申し訳ない」と悔やむ。

複数の現職、元職員は、幹部が「犬や猫でもトイレのしつけをすればできるようになる」「利用者は動物的な感覚を持っていて、どの職員が思いのままになるかならないかわかる」と、利用者を動物に例えて話していたと証言する。職員の一人は「理性、知性を持たない、本能で動く存在という意味合いと理解した。そのような発想が、問題の原因になってきたと思う」とうなだれた。

久門良也施設長は「職員には手を出すなと言っている。ただ暴れたらおさえつけなくてはいけない。」犬猫発言については「食事と排泄は人間の本能。それすら教えていない親御さんもいる。それはおかしいでしょう」という話。

高井田苑での職員の暴力的対応については、昨年8月30日に、訪れていた府職員3人もたたいているのを目撃。05年2月には利用者家族も気づき、柏原市に通報した。実習生からの報告を受けた大学が人権配慮を申し入れたこともあった。


【大阪】知的障害者に職員が殴る・蹴る・暴言 柏原の障害者施設 2008年1月21日

大阪府柏原市の知的障害者更生施設「高井田苑」で、利用者である重度の知的障害者を殴る、けるなど、職員による暴力的な対応が続いてきたことが、職員や利用者らの証言で分かった。府は昨年末、立ち入り調査に着手。
改善を求め近く指導する方針。大阪弁護士会も人権侵害の疑いがあるとみて調査に乗り出した。

府の調査や職員によると、主導しているのは施設幹部ら中心的な職員。他の利用者や職員に乱暴したり指示に従わなかったりした障害者を、 拳や平手でたたくほか、けることもあったという。

このほか、作業を怠ると胸ぐらをつかんで怒鳴る▽すれ違いざま気晴らし的に「邪魔」と頭をたたく――など、施設内では威圧的な対応が日常的で、幹部職員らは「言うことを聞かないのは、なめられているからだ」と、力で従わせる必要性を説いていたという。

「犬や猫でもトイレのしつけをすれば、できるようになる」など、幹部が利用者を「動物」や「犬猫」に例えてしつけの必要性を説いたとの証言も複数ある。

同苑は99年に開所。当時勤務していた職員は、「罰として角材を足に挟んで正座させるなど、開所直後から暴力的な対応は始まっていた」と話す。
内心「変だ」と思っている職員も少なからずいるが、上層部の「力わざは必要」という理屈に施設全体では流れがちだったという。

朝日新聞社の取材に対し久門良也施設長は、暴力は否定。その上で「対等では利用者に言うことを聞いてもらえない。怖いこともないといけない」と話している。

利用者の身の安全に危機感を抱いた関係者が昨年11月、公益通報者保護法に基づいて大阪府に通報した。府障害保健福祉室は「利用者への支援の仕方にかなり乱暴な点があると確認された。実効性のある再発防止策が必要だ」としており、研修実施などを文書で通知する方針。

府の調査以降、施設内での暴力はやんでいるという。

同苑には20~50代の50人が暮らし、軽作業や生活訓練をしている。大半が重度の知的障害者。職員は約20人。社会福祉法人「武田塾」(田中義郎理事長)が運営している。


社会福祉法人武田塾の田中義郎理事長は「分からないことが多いので、府には厳しくチェックして欲しいと伝えている。人権面で、幹部の理解が足りない部分があったのではないか」と話している。


知的障害者更生施設「高井田苑」で職員が障害者へ暴力的な対応 社会福祉法人武田塾 2008年2月16日

大阪府柏原市の知的障害者更生施設「高井田苑」で職員が障害者へ暴力的な対応を続けていた問題で、府は15日から同苑と運営する社会福祉法人「武田塾」に対して特別監査に着手する。社会福祉法に基づき、不正の疑いが強い場合に実施されるもので、処遇面の問題で特別監査になるのは府では初めてではないか」(施設福祉課)という。期間は1週間程度の見通し。

昨年11月に関係者からの公益通報を受けた府は、同苑への立ち入り調査に着手。1月までに21人の職員全員をはじめ、障害を持つ利用者や家族ら計44人から事情を聴いた。利用者が言うことを聞かない時に殴っていたなどの証言が得られているという。

府は1月中にも何らかの指導を実施しようとしていた。しかし、事態を重くみた厚生労働省からより厳格に調べるよう求められ、特別監査に踏み切ることになった。


故意に倒し骨折、施設長自らも暴力 高井田苑暴力問題 2008年3月17日

大阪府柏原市の知的障害者更生施設「高井田苑」(久門良也施設長)で職員が利用者に暴力をふるっていた問題で、30代の利用者が昨年9月、職員の加害行為によって大腿(だいたい)骨が折れる大けがを負っていたことが府の特別監査で分かった。施設長自ら利用者の頭を殴っていたことも判明。「人権侵害が組織的かつ日常的に行われていた」として府は17日、運営する社会福祉法人「武田塾」に対して改善計画を4月末までに作成するよう求める通知を出した。

府の調査や職員本人の話などによると、昨年9月17日午前8時半ごろ、施設2階の指導員室付近で、男性利用者が朝食後のコーヒータイム後の片づけの際、コップ数個が入ったかごを落とした。職員は利用者がわざと落としたと考え、逃げ出した利用者を追いかけて捕まえ、故意に床に押し倒したとされる。

男性利用者が病院に行ったところ右の太ももの付け根(大腿骨頸部(けいぶ))の骨が折れており、人工骨を入れる手術を受けた。

現場には目撃者がいなかったうえ、男性利用者は重度の知的障害者で証言ができない。府の調べに施設側は当初、偶発的な事故と説明していたが、後に職員本人が故意に倒したことを認めた。

複数の職員によると、この男性利用者は職員の関心を引こうと物を壊すことがあった。その度に施設幹部は「あの利用者は職員を見ている。なめられている証拠だ」などと、職員の力量不足が原因と決めつける発言を再三していたという。
 
また府の調査では、05年2月に、久門施設長自身が食堂でパニックを起こした利用者を制止するために殴打していたことが判明。当時、別の利用者の保護者が暴力に気づいて府が調査した。しかし、施設長ら幹部職員は、当時は休暇だった一般職員を身代わりにして虚偽の報告をし、隠蔽(いんぺい)工作を図っていた。

そのほか、角材をひざに挟んで正座させた▽利用者を犬猫に例えて、しつけをすればトイレが出来るようになる旨の発言をした▽手のひらを踏みつけ怒鳴りつけた――などの暴力や人権侵害が確認された。

高井田苑には約50人の利用者が生活している。大半が重度の知的障害者。関係者からの公益通報を受け、府は昨年11月から調査を続けていた。 武田塾は3月末、田中義郎理事長を含め理事8人全員が辞任する方針。

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |