FC2ブログ
2008年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2008.07.05 (Sat)

串本町*にしき園 ⇒ 解雇した後で虐待報告

串本町二色、特別養護老人ホーム「にしき園」(和田利文理事長)で、男性パート職員(30)が入所のお年寄り21人に暴力を振るい、けがを負わせていたことが5日までに分かった。同園はこの男性を3日付で解雇し、県や町、串本署に報告した。

同園によると、男性職員は昨年12月から今年6月にかけ、同園に入所している65歳から100歳までの認知症のお年寄り21人に対し、たたいたり、つねったりという虐待行為をしていた疑い。

6月12日、91歳の女性の家族が、女性の頭頂部に内出血があることに気付いた。同園が職員全員に確認したが、原因は分からなかった。7月1日、この男性職員のお年寄りに対する言葉遣いが乱暴なことに同僚職員が気付き、上司に報告。2日、男性職員に問いただしたところ、暴行の事実を認めたという。

男性職員は「オムツを外したり、ふとんを汚したりされ、思い通りに動いてもくれなかったので、かっとなってやった」と話したという。

男性職員は昨年3月から、デイサービス施設でパート勤務を始めた。9月に特別養護老人ホームに異動。今年4月から夜勤が始まり、虐待行為が増えたとみられる。

同園は5日、被害者宅を訪問して家族に謝罪。和田吉男施設長は「本人と家族の方には大変申し訳なく思う。地域の信頼も裏切ってしまった。今後、二度とこのようなことがないよう努め、地域の信頼を取り戻したい」と話した。


串本町二色の特別養護老人ホーム「にしき園」(和田吉男施設長)で、パートの介護職員の男性(30)が入所者21人を素手で殴ったり、足をつねったりしていたことが5日わかった。同園は4日付で男性を解雇し、被害にあった入所者の家族に陳謝するとともに串本署に届け出、同署は被害にあった入所者から事情聴取を始めた。

同園によると、先月11日に91歳の女性の頭の一部が内出血しているのを職員が発見。翌12日、女性の家族から「頭にこぶができ、殴られたと言っている」と相談があり、男性から聞き取りしたが、犯行を否認したという。

その後、他の職員の報告を受けて再度事情を聴くと男性は「自分の思い通りにならなかったので、カッとしてやった」と暴行の事実を認めた。男性の聞き取りから、この女性以外の2人が頭や顔、額などに内出血ができ、18人が足をつねられたりほおをたたかれたりしていたことがわかった。

和田施設長は「日ごろの指導、教育が徹底していれば防げた問題。入所者、家族に深くおわびするとともに二度と起こらないよう指導を徹底したい」と話している。


串本の老人ホーム虐待:防止計画策定など指導 県が監査結果公表 7月31日

串本町の特別養護老人ホーム「にしき園」の元職員による入所者虐待問題で、県は30日、同園の監査結果を公表し、虐待防止計画の策定や研修の実施、管理監督者の責任を明らかにすることなどを文書で指導した。同園は「真摯(しんし)に受け止め、信頼回復に努めたい」としている。

県などの事情聴取に、元職員は昨年12月ごろから21人に対し殴る、暴言を吐くなどを繰り返し、次第にエスカレートしたと話しているという。監査では、他職員の虐待はなかったとしている。

また、介護記録では何らかの異変に気付いた記述が3人分しかなく、内容が形式的で危機意識が低い▽4月以降、業務拡大したユニットケア(グループホームのような形式での集団介護)への対応が不十分--などと、虐待を見逃した要因を指摘した。同園は「ユニットケアに対応するため、新たに職員を採用し、虐待防止計画の策定も進めている」とした。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2008.07.04 (Fri)

<交通事故>施設指導員に有罪判決 千葉の8人死傷

千葉県君津市尾車の県道で07年6月、近くの知的障害者施設「たびだちの村」のワゴン車(7人乗車)と12トンダンプカーが正面衝突し計8人が死傷した事故で、業務上過失致死傷罪に問われた木更津市、施設指導員、斉藤春美被告(26)に対し、千葉地裁木更津支部(小宮山茂樹裁判官)は4日、禁固3年、執行猶予4年(求刑・禁固4年)を言い渡した。

小宮山裁判官は「乗車していた入所者が突然発作を起こして動転したという事情はあるが、結果は重大」と理由を述べた。

判決によると、斉藤被告は07年6月4日午後2時50分ごろ、施設の入所者6人を乗せたワゴン車を運転中、後部座席の入所者が発作を起こしたことに気を取られて対向車線にはみ出し、鴨川市の男性運転手(35)=業務上過失致死傷容疑で書類送検、不起訴=のダンプカーと正面衝突。松尾智也さん(当時34歳)ら入所者4人を死なせ、他の入所者2人にけがを負わせた。斉藤被告と運転手も重軽傷を負った。

事故を巡っては、たびだちの村の日報に「ワゴン車に乗っていた入所者が暴れた」との記述が複数回あり、千葉県警は「1人の職員では対応できないことが予見できた」として同容疑で施設管理者の男性(48)を書類送検したが、千葉地検木更津支部は「過失は重大ではない」として不起訴とした。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |