FC2ブログ
2011年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2011.01.29 (Sat)

私的流用:静岡市社協職員が為替取引に1000万円 近く処分、告訴も /静岡

社会福祉法人・静岡市社会福祉協議会(同市葵区)は28日、経理を担当する30代の男性職員が04年以降、市の委託事業費などを含め計約1000万円を私的に流用していたと発表した。

この職員は流用した金を個人の為替取引で作った損失の穴埋めに使ったという。
同協議会は、この職員を近く処分するとともに、刑事告訴も検討している。

同協議会の福井深・事務局次長、種石進総務課長らが記者会見し明らかにした。市が2月に行う監査に備えて伝票などを調べたところ、流用が分かったという。「この職員がシステムに一番精通していたので、チェックはしていなかった」と管理がずさんだったことを認めた。福井事務局次長は「会員や市民に多大な迷惑をかけた」と謝罪した。

説明によると、この職員は00年に採用され02年以降、総務課で経理を担当してきた。職員親睦会の会計幹事を務めていたが、04年10月ごろから、少なくとも計7回、親睦会費から計約900万円を勝手に引き出し、ネットの為替取引でできた損失補てんに流用した。

また09年6月ごろから、同協議会の会計にも手を付け、約80万円を私的に流用。約420万円を親睦会費の穴埋めに充てたという。流用金には、市が同協議会に委託した放課後児童健全育成事業費約300万円も含まれていた。
Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2011.01.26 (Wed)

介護福祉士側の控訴を高裁棄却

2009年7月、喜多方市の老人介護施設で入居者の男性(当時69)に暴行し、死亡させたとして、傷害致死の罪に問われた会津若松市、介護福祉士丹藤雅志被告(42)の控訴審判決が25日、仙台高裁で開かれた。飯渕進裁判長は「一審で確定した犯罪事実は合理的疑いの余地なく認められる」などとして、一審の懲役7年6カ月の実刑判決を支持し、控訴を棄却した。

2009年08月22日の記事
丹藤被告は喜多方市松山町のグループホーム「すこやか」 で勤務していた7月29日午後7時20分ごろから同日午後11時15分ごろまでの間、入所する男性=当時(69)=の居室で下腹部を殴ったりけったりし、首を手や腕で圧迫する暴行を加えて男性を死亡させたとされる。福島地検は遺体の状況や丹藤被告以外に勤務していた職員が当時いなかったことなどから、丹藤被告の犯行として起訴した。
Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2011.01.24 (Mon)

虚偽申請の介護事業者の指定取り消し―岡山県

岡山県は1月24日、虚偽申請で介護サービス事業者の指定を受けたなどとして、「株式会社PMR」(岡山市、藤井景冬代表)が運営する訪問介護事業所「はろーヘルパーステーション」の介護保険法に基づく介護保険事業者の指定を取り消した。介護報酬の不正請求額は約1800万円とみられる。
Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2011.01.22 (Sat)

「さくら福祉会」を処分 理事長の資金不正流用で--松阪 /三重

理事長が法人資金3000万~5000万円を不正に流用しているとして県は21日、松阪市下蛸路町里中の社会福祉法人「さくら福祉会」(久野美文理事長)に対し、不適正事項の調査と流用された資金の回収などの改善措置、理事長らの責任の明確化を求める措置命令を行った。

県監査室によると、同法人は、運営する特別養護老人ホームなどの敷地内に、事業計画にない建物(木造平屋建て約120平方メートル)を「地域交流施設」として建築。
04年4月から久野理事長と家族が住み始め、光熱水費300万円も運営資金から支払われた。久野理事長の私有車のガソリン代などの維持経費や妻の新車購入費など計一千二百万円にも法人資金が充てられたという。

昨年11月の定期監査で発覚し、久野理事長は「地域交流施設として03年12月に建設したが、不評だったため家族で住み始めた」と説明しているという。

県の調査では、建築に関して内容の異なる2種類の理事会議事録があり、記録偽造の疑いがあるほか、地域交流施設として使用した記録もないことなどから、当初から自宅として建てた可能性があるという。その場合は私有車購入費などと合わせて約5000万円、地域交流施設だった場合でも家賃を払っていないため約3000万円を法人に返還する必要があるとしている。
Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2011.01.22 (Sat)

出雲なごみ会、訪問介護事業所の指定取り消し 島根県、不正請求で

島根県は21日、NPO法人「なごみ会」(柴田久美子理事長)などが運営する出雲なごみ会(出雲市)の訪問介護事業所としての指定を取り消し、「江津なごみの里」(江津市)の指定を3カ月停止とする行政処分を行った。
県内で訪問介護事業所の指定が取り消されるのは初めて。

県高齢者福祉課によると、出雲なごみ会は昨年3~4月、実際は行っていない高齢者宅への訪問介護を行ったとする虚偽の書類を作成し、不正に介護報酬を請求。江津なごみの里は、施設のサービス責任者として登録した職員が、実際には出雲市の施設で働いていた。
Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2011.01.22 (Sat)

松阪のさくら福祉会理事長 5000万円私的流用 住居など県が改善措置命令

松阪市で特別養護老人ホームなどを運営する社会福祉法人「さくら福祉会」の久野美文理事長(52)が法人資金約5000万円を私的に流用した疑いがあるとして、県は21日、社会福祉法に基づき、改善を求める措置命令を出した。

久野理事長は、「県の指導を真摯(しんし)に受け止め、法人として近く調査委員会を設置し、改善を図りたい」としている。
発表によると、法人が2003年12月に建設した「地域交流施設」に、04年4月から理事長が家族3人で居住しているほか、同施設の光熱費など私的経費を法人資金から支出。妻の高級乗用車2台を法人資金で購入した疑いがあるという。
Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2011.01.20 (Thu)

老人ホームの38%が消防法違反 無届け施設、地域差も

総務省消防庁は20日、老人福祉法に基づく届け出がない有料老人ホームのうち、2010年10月末時点で37・9%にあたる施設に何らかの消防法令違反があったとする調査結果を発表。09年4月の85・7%からは大幅に改善した。

調査は、09年3月に10人が死亡した群馬県渋川市の老人ホーム火災を受けた緊急調査で把握した34都道府県の446施設を対象に実施。青森など違反施設ゼロがある一方、千葉や沖縄など違反率が60%を超える県もあった。
主な違反は、消防訓練未実施16・5%、スプリンクラー不備5・1%など。
Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2011.01.19 (Wed)

返還は24万円のみ、不正経理問題で福祉法人が報告書/横須賀

横須賀市は18日、不正経理問題で昨年改善命令を出した社会福祉法人「クオレ」(坂本町4丁目)が提出した改善結果報告書の内容を明らかにした。不正経理をしていたとされる女性施設長は17日付で施設長と理事の職を解かれたが、流用が指摘されている資金の返還は購入物品の割引分24万円にとどまっている。

報告書によると、同法人は、関係者の証言などを基に勤務実体のない職員名義による給与(254万円)をはじめとする計281万円も前施設長が流用したと判断し、今後返還を求める。

だが、職員の給与から受け取った161万円など計241万円と、精査できていない75万円に関しては結論が出ず、対応を市の判断にゆだねた。これに対し、市は昨年12月の改善命令通り、621万円全額の返還を求めるよう法人側を指導する方針だ。

今回の問題で前施設長は3月末で退職する内容の辞職願を提出しているが、24万円以外の資金の返還については納得せず、市に対して不服申し立てを検討しているという。同法人の関尾温理事長は「問題が解決したら、わたしも責任を取りたい」と辞意を表明した。
Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2011.01.08 (Sat)

有隣会:前理事長、社福法人を「身売り」 不動産業者から2.8億円受領 兵庫

兵庫県内で特別養護老人ホームや介護施設などを運営する社会福祉法人「有隣会」(神戸市西区)の前理事長(63)が、大阪市内の不動産業者に法人を譲渡し、2億8000万円を受領していたことが分かった。税逃れなどのため、休眠状態の財団法人や宗教法人が売買されるケースはあるが、多くの利用者を抱えるなど公共性が高く、多額の補助金を受ける社福法人の金銭譲渡が明らかになるのは初めて。

◇売買禁止、法に明記なく

厚生労働省は「非営利目的の社福法人を売買の対象にする行為で許されない」との見解を示す。ただ、売買禁止を明記した法律はなく、許認可権限を持つ兵庫県の担当者は「認可取り消しなどはできない。法整備を急いでほしい」としている。

有隣会によると、前理事長は2010年9月10日、理事長を兼務する医療法人の業務が多忙なことを理由に有隣会の理事長を退任。後任に大阪市内の不動産業者が就任し、残りの理事全員(5人)も一斉に入れ替わった。新たな理事は不動産業者の知人らで、理事長を含む全員が福祉関係の経験はない。その後、県の指導で特養の施設長を理事に加えたという。理事長交代を巡り、前理事長は12月、毎日新聞の取材に応じ、「2億8000万円をもらった」と証言した。

今回の譲渡では、堺市内の建設業者(現理事)が3億円で購入するという「買付証明書」を発行。兵庫県尼崎市の別の社福法人の理事長も交渉の場に同席していた。2人とも不動産業者の知人で、前理事長は「尼崎の理事長の紹介だったので信用した」としている。

有隣会関係者によると、不動産業者は、福祉施設や保育所などを併設した開発を計画しているといい、法人購入の目的の一つだったとみられる。一方、前理事長は「借金返済などに充てた。やむをえなかった」と話した。

有隣会は92年設立。神戸市などに特養(定員100人)や通所介護施設など5施設を運営。09年度の事業収支は約4300万円の黒字。特養建設時、神戸市から約13億2000万円の補助金を受けている。
 
◇ネット上に仲介情報

「譲る社会福祉法人」「求む宗教法人」??。インターネット上には公益法人の売買仲介をうたうサイトが多数存在する。「公益法人は社会的信用が高く、税制面の優遇措置もあって人気が高い」と業界関係者は明かす。
Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |