FC2ブログ
2012年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2012.08.27 (Mon)

介護送迎車の7人重軽傷 静岡

株式会社いちぶん
静岡県焼津市大覚寺1丁目6番8号

乗用車と衝突、介護送迎車の7人重軽傷 静岡

27日午前9時ごろ、静岡県焼津市中里の県道交差点で、同市の介護施設ユピテル焼津の送迎用ワゴン車に、乗用車が衝突した。ワゴン車は横転し、乗っていた高齢者7人が重軽傷を負った。

焼津署によると、現場は信号のある交差点。交差点を直進していたワゴン車の側面に、乗用車が突っ込んだという。ワゴン車が赤信号で交差点に進入したという目撃証言があり、同署が運転手から事情を聴いている。

ワゴン車は現場付近でデイサービスの利用者を乗せて、施設に向かっているところだった。



残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2012.08.22 (Wed)

社会福祉法人で1490万円使途不明 宮城・栗原

栗原市内で特別養護老人ホームなど13施設を運営する社会福祉法人「豊明会」(石橋弘二理事長)の2008、09年度の各決算で計1490万円の使途不明金があったとして、県は21日、社会福祉法に基づき、同法人に業務改善の措置命令を出したと発表した。命令は7月26日付。同法に基づく措置命令の発令は、県内で初めて。
 
県によると、豊明会は08年度に造園工事費700万円、09年度に研修会費105万円を現金で支出したように装って会計処理した。支払先とされる業者は、県の調べに対し、現金の受け取りを否定した。
 
両年度にわたって現金支出したとされる消耗品と備品の購入費計685万円については、支払先とされる業者が受け取りを認めたものの支出を裏付ける書類はなかった。
 
使途不明金は、県による10年10月の一般監査で発覚。昨年12月までに一般監査と特別監査を2回ずつ行い、事実関係を確認した。措置命令は、責任の明確化や会計経理体制の見直しなど5項目。
 
措置命令を受けた当時の石橋英治理事長は、管理監督責任を取って6月に造園工事費分を弁済。今月13日に理事長と理事を辞任した。県の監査に対し「(不正なことは)何もやっていない」と話したという。現在は、豊明会が運営する3施設の施設長に就いている。
 
県は県警と相談し、刑事告発するかどうか検討する。
Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2012.08.21 (Tue)

福祉法人が提訴取り下げ、元事務局長遺族に対して

米沢市の社会福祉法人「米沢栄光の里」(吉田一明理事長)で、5月に自殺した元事務局長が4000万円を横領したとされる問題に絡み、元事務局長の妻と3人の子供が遺産を相続放棄していたことが20日、関係者の話で分かった。妻らは負債も相続しないことになるため、同法人は、4人を相手取って山形地裁米沢支部に起こした損害賠償請求訴訟を取り下げた。

同法人が「内部調査で横領が判明した」と発表した4000万円に比べ、元事務局長の残した財産が少なかったことが理由とみられる。訴訟の第1回口頭弁論は21日に予定されていたが、法人側の取り下げを受け、裁判が行われないことが今月15日に確定した。

法人側は、別の親族を相手取った訴訟を検討するというが、代理人の伊藤三之弁護士は「他の親族も相続放棄する可能性が高い」としている。今後、元事務局長の相続財産管理人が選任され、債務の清算が行われる見通しだが、法人が回収できる額は4000万円を大幅に下回りそうだ。

法人側は「施設運営に直ちに影響は出ることはない」と強調している。


同法人は05年にも横領事件が起きていた。

同法人によると、男性幹部職員は03年から法人事務局長や施設長などを務めた。

法人経理を一手にしていた07年10月に県民らの寄付などを入れた口座の1340万円を解約したほか、5運営口座から15回にわたり1100万円以上を払い出した。「米沢栄光の里診療所」の改築資金口座から補填(ほてん)するなど経理操作し、財務報告書などを偽造していた。10年度決算書類に不備があり同幹部を経理から外して、初めて公認会計士や弁護士を入れて分析して判明した。金を何に使ったかは不明という。

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2012.08.15 (Wed)

高齢者施設プールで69歳死亡…市、通報せず

富山市は14日、同市星井町の高齢者福祉施設「市角川介護予防センター」の歩行用プールを利用していた市内の女性(69)が13日溺れ、同日夜、救急搬送先の市内の病院で死亡したと発表した。

市は水死とみている。

市長寿福祉課などの発表によると、女性は同日午前11時20分頃に入館。プール利用前に看護師の立ち会いで行った血圧などの健康チェックでは問題なかったという。午後0時20分頃に深さ1メートルのプールでうつぶせで沈んでいるのを他の利用者が発見。搬送時には意識も呼吸もなかったという。

同センターは、健康長寿の実現などを目的とした施設で65歳以上で体力のない高齢者らが利用できる。女性は今年4月、個人会員になり、2日に1回程度利用していた。事故当時、プールには17人の利用者と、監視員ら職員が2人いた。長寿福祉課の岡地聡課長は「監視体制に問題はなかったが結果的に事故が起きた。監視員を増やすなど、監視体制の改善を図りたい」と話している。

一方、事故の発表が14日になり、県警にも通報していなかった。岡地課長は「遺族の許可を得てからと考え時間がかかった。警察に報告するほどの事故と考えなかった」と説明。県警は14日、市の発表を受け、事故の把握のために捜査員を派遣した。

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2012.08.12 (Sun)

逗子の介護事業所がヘルパー架空請求で指定取消し、返還金2億円――神奈川

神奈川県は7月27日、社会福祉法人「湘南の凪」が運営する「湘南の凪地域生活支援サービス事業所」に対して、障害福祉サービス事業者の指定を8月10 日付で取り消すと発表した。

県によると、同事業所は2008年4月から2012年3月にかけ、グループホームなどの利用者延べ42人分について、食事や入浴など居宅介護サービスの訪問介護員を派遣したとして、記録票を改ざんし、請求限度上限額に合わせて介護給付費1億4,457万円を不正に請求していた。県は加算分を加えた約2億円の返還を求める方針。

【事業所概要】
■事業者名:社会福祉法人湘南の凪
■事業所所在地:神奈川県逗子市逗子3-2-24
■事業所名:湘南の凪地域生活支援サービス事業所
■サービスの種類:居宅介護
■指定取消年月日:2012年8月10日

【指定取消理由】
不正請求。当該法人が運営するグループホーム等における入居利用者に対する「居宅介護」サービスの提供実態がないにもかかわらず、「居宅介護サービス提供実績記録票」を改ざんし、不正に請求し受領したこと。

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2012.08.02 (Thu)

老人ホームの事務所焼く けが人なし、漏電か 北九州・八幡西区

2日午前3時45分ごろ、北九州市八幡西区永犬丸(えいのまる)南町2丁目の特別養護老人ホームを運営する社会福祉法人「善興会」(青木晃隆理事長)の事務所から出火、木造平屋約98平方メートルのうち約84平方メートルを焼いた。北側に隣接する善興会運営のデイサービスセンターには利用者約10人が宿泊していたが、職員の誘導で約30メートル離れた居住棟に避難してけが人はなかった。

市消防局や地元消防団から消防車両24台が出動して消火活動に当たり、約2時間後に鎮火した。市消防局によると、東側に隣接する民家の軒先の一部を焼いた。福岡県警八幡西署によると、事務所は出火当時無人で漏電の疑いがあるとみて調べている。青木理事長(79)は「月1度、避難訓練を実施しており、けが人がいなかったことは不幸中の幸いだった」と話した。

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2012.08.02 (Thu)

乗用車と送迎車が出合い頭に衝突、5人死傷

2日午前9時45分頃、栃木県小山市下初田の市道交差点で、乗用車と特別養護老人ホームの送迎用の軽乗用車が出合い頭に衝突、軽乗用車の高齢者3人が死亡し、運転していた女性が意識不明の重体となった。

乗用車の男性は軽傷。

小山署によると、亡くなったのは、いずれも同市内の特別養護老人ホーム「富士見荘」の利用者で、同市立木、片野キミさん(85)、同市小山、所ミツさん(95)、同市神鳥谷ひととのや、大出ケンさん(90)。重体の女性は従業員の同市渋井、介護福祉士鶴見緑さん(57)。

同署は、乗用車を運転していた同県栃木市大平町、会社員生沢いけざわ久志容疑者(34)を自動車運転過失致死傷容疑で逮捕した。

軽乗用車は片野さんら3人を自宅まで迎えに行き、施設に向かう途中だった。現場は水田に囲まれた見通しの良い交差点で、信号機や一時停止の標識はない。

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |