FC2ブログ
2014年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2014.03.31 (Mon)

袖ケ浦・虐待:施設元職員を起訴 入所者暴行死で

千葉県袖ケ浦市の県立障害者支援施設「袖ケ浦福祉センター」の虐待事件で、千葉地検は31日、入所者の少年(当時19歳)を暴行死させたとして、元職員で派遣社員、行方(なめかた)孝美(たかよし)容疑者(23)=同県茂原市高師=を傷害致死罪で起訴した。

起訴状などによると昨年11月24日、センターの「養育園」のソファで横になっていた少年の腹を数回蹴り、同26日未明、腹膜炎で死亡させたとされる。行方被告は「騒いでいた少年を注意したが、聞いてくれずストレスがピークに達した」などと供述しているという。被告以外の同僚4人=全員解雇=も複数の入所者を日常的に暴行していたといい、県警は捜査を続けている。

一方、センターの運営法人「千葉県社会福祉事業団」は31日、当面の改善計画を発表した。(1)センターの「虐待防止委員会」の委員に、外部から専門家や保護者代表を招く(2)採用試験に職場体験を盛り込み、若手職員には社会人としてのマナーや接遇の研修を行う--などを挙げ、「信頼回復に一丸となって取り組む」としている。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 千葉県社会福祉事業団 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2014.03.30 (Sun)

知的障害者施設:入浴中に33歳男性が死亡 名古屋

29日午後6時35分ごろ、名古屋市天白区植田山2の市立知的障害者施設「あけぼの学園」で、入浴していた入所者の男性(33)が浴室の湯船に沈んでいるのを職員が見つけ、119番した。
男性は運ばれた病院で死亡した。

愛知県警天白署によると、男性は他の入所者5人と入浴。職員1人が付き添っていたが、浴室から1人が出たため追い掛け、数分後に戻ったところ、男性が湯船(長さ約190センチ、幅約90センチ、深さ約55センチ)の底に沈んでいたという。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2014.03.27 (Thu)

福祉法人に改善命令 「ずさん会計運営不適切」、県発表 [熊本県]

熊本県は26日、ずさんな会計処理を行うなど運営が不適切として、菊陽町の社会福祉法人「青生会(せいせいかい)」(甲斐利雄理事長)に対し、社会福祉法に基づく改善命令を行ったと発表した。命令は同日付。

同法人は、障害者の就労支援施設や障害者が暮らすグループホームなど3事業所を運営。県によると、支出伝票の一部を作成していないなど、極めてずさんな会計処理が行われているという。理事会の議決を経ずに、理事長が代表取締役を務める有限会社(合志市)や、理事長やその親族から資金を借り入れていた。一方でキノコの収穫など同社からの受託業務費を請求せず、2012年度末時点で未収金は約4890万円に上るという。

県は5月26日までに、具体的な対応策や、原因や責任の所在などを明らかにし、県に報告するよう求めている。利用者計107人の処遇に問題はなかった。

県によると、甲斐理事長は「管理監督が不十分だった。改善に向けてしっかりとやっていく」と話しているという。同法人は毎年、訓練等給付費として、国、県、同町から計約1億2千万円の支給を受けている。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2014.03.26 (Wed)

袖ケ浦の少年死亡:理事長、理事刷新へ 組織の姿勢糾弾 中間報告 /千葉

「虐待という重大な事故に組織を挙げて取り組もうという意思がなかったと言わざるを得ない」

入所者の暴行死をはじめとする多くの虐待が発覚した県立障害者支援施設「袖ケ浦福祉センター」(袖ケ浦市)。県の第三者検証委員会(佐藤彰一座長)は25日に公表した中間報告で、運営法人の「県社会福祉事業団」の姿勢を強く批判し、県のチェック体制も「実質的に機能していなかった」と疑問視した。報告書を受け取った森田健作知事は新年度中にセンターを視察すると約束し、事業団は理事長と理事を全て刷新する人事案を明らかにした。

記者会見した事業団によると、新体制は、県内で障害者入所施設を運営したり、知的障害者の家族会のメンバーなど「深い経験と知識ある人」たちを外部から選んだ。当面は新しい理事長が常駐し、センター内の養育園と更生園の園長を兼務し、立て直しを図る。

また、虐待の情報を知りながら上司に報告しなかったり、適切な指導を行わなかったとして、田村邦夫前常務理事と武田逸朗前養育園施設長を停職3カ月の懲戒処分とする。2人はいずれも今月末で退職する意向のため、事業団は給与3カ月相当額の自主返納も求める。今月末で辞任する近藤敏旦理事長にも3カ月相当額の返納を求める。そのほか、虐待に関与したり、黙認するなどした職員13人も懲戒処分とする。

新体制について、近藤理事長は「二度とこのような悲しい事件を起こさないよう、利用者の皆さんが安心して生きられるよう、やっていただきたい」と話した。



◇県社会福祉事業団の新体制(案)

理事長 田中斎(県知的障害者福祉協会副会長・桐友学園施設長)

理事  小林勉(しもふさ学園施設長)、相馬伸男(くすのき苑施設長)、宮代隆治(さざんか会理事長)、泉幸江(県手をつなぐ育成会権利擁護委員会副委員長)、佐久間水月(弁護士)

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 千葉県社会福祉事業団 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2014.03.26 (Wed)

融資金3億不正流用 社会福祉法人の元理事長らに支払い命令

2006年、神戸市西区の社会福祉法人祉友会を舞台に、みなと銀行(同市中央区)からの融資が不正流用された事件で、同行が元理事長ら3人=いずれも業務上横領罪などで有罪=に損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、神戸地裁であり、松井千鶴子裁判長は請求通り約3億6千万円の支払いを命じた。

判決によると、3人は、祉友会の監督官庁である神戸市の承認を受けずに抵当権を設定したり、偽造した議事録を提出したりして、「融資の条件が整っている」と信じさせ、06年4月、3億6千万円の融資を受けた。

うち3億3千万円は資金繰りが悪化していた大阪府枚方市の医療法人の口座に移され、債務の返済に充てられた。



社福法人理事長が脱税 乗っ取り協力報酬1・5億円隠す 大阪国税局告発 2010年2月24日

社会福祉法人の乗っ取り工作への協力報酬など所得約1億4600万円を隠し、約5100万円を脱税したとして、大阪国税局が所得税法違反罪で、神戸市西区の社会福祉法人祉友会 元理事長、柴田義弘被告(69)=業務上横領罪で公判中=を神戸地検に告発していたことが22日、分かった。重加算税を含む追徴税額は約6900万円で、すでに修正申告したという。

関係者によると、柴田被告は平成18年、大阪府枚方市の医療法人加樟会(破綻)から祉友会の理事を入れ替え乗っ取る計画を持ちかけられ、協力する見返りに現金2億円を授受。理事3人とブローカー1人に退任料と仲介手数料計約5千万円を支払い、残額を報酬として得たが、18年分の申告所得から除外したとされる。

加樟会は神戸市のケアハウス事業に参入するため、参入資格のあった祉友会の乗っ取りを計画。柴田被告は「裏金で処理することを決めていたので、正しく申告するつもりはなかった」と話しているという。

柴田被告は、みなと銀行(神戸市)が祉友会に融資した3億3千万円を加樟会の口座に入金して不正流用したとして、業務上横領罪で逮捕・起訴され、神戸地裁で現在公判中。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2014.03.26 (Wed)

県事業団、来月に新体制 「養育園」虐待問題 職員処分、理事長は辞任

袖ケ浦市の県立障害者施設「養育園」に入所していた少年(19)が死亡した事件で、県社会福祉事業団の近藤敏旦理事長は二十五日、事業団役職員の処分を公表した。一方、県が設置した第三者検証委員会は、問題の背景を分析した中間報告を知事に提出。養育園の今後の在り方を中心とした最終報告を、八月ごろにまとめる。

役職員の処分は県が勧告した。同事業団によると、近藤理事長と前常務理事のセンター長、前養育園施設長の計三人が報酬や給与の月額三カ月分を自主返納し、近藤理事長は辞任する。センター長と前養育園施設長の二人は停職三カ月の懲戒処分となり、諭旨退職する。

そのほか、入所者に暴行した職員を十日間の停職、暴行を目撃しながら報告しなかった職員ら三人を十分の一の減給処分などにした。前理事長も報酬月額の三カ月分を寄付する。

辞任する近藤理事長の後任には、桐友学園の施設長を務める田中斎(さと)・県知的障害者福祉協会副会長を充てる。理事(非常勤)には小林勉・しもふさ学園施設長、相馬伸男・くすのき苑施設長ら五人を予定。田中氏は四十年以上、福祉の現場で働き、経験豊富という。

新役員案は二十七日の評議会に諮り、正式に決まる。四月一日から任期は二年。事業団が養育園を運営する指定管理期間は二〇一五年度までだが、第三者検証委は中間報告で、運営主体を前倒しで再選定するよう県に要請した。 

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2014.03.25 (Tue)

不正受給:介護給付費など250万円 /山口

県は24日、障害者向けの居宅介護などを手がけるニチラク(宇部市)が、介護給付費やデイサービスの障害児通所給付費など計約250万円を不正受給していたと発表した。同社は全面的に不正を認めているという。

県によるとニチラクは2009〜13年、居宅介護では無資格ヘルパーや居宅以外でのサービスなどを提供。放課後デイサービスでは架空の利用記録を作るなどして給付費を不正に受け取ったという。

同社は13年11月末、宇部市から委託を受け特産品などを販売するアンテナショップ「うべ元気市場」をオープン。市商業振興課は「アンテナショップ事業は適正に行われていたと思うが、今後しっかり確認していきたい」と話している。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2014.03.25 (Tue)

虐待訴えられぬ人選び暴行=入所者虐待死で中間報告―千葉

千葉県袖ケ浦市の県立障害者福祉施設「袖ケ浦福祉センター養育園」で入所者男性(19)が虐待を受け死亡した事件に関し、第三者検証委員会は25日、中間報告を公表した。事件が起きた第2寮で虐待された入所者はいずれも自ら虐待を外部に伝える能力が低く、「発覚しない人を選び、少なくとも2年以上意図的に虐待していた」と結論づけた。

虐待の原因は、職員のスキル不足や人員配置が手薄だったことにあると認定。記者会見した佐藤彰一座長は「強度行動障害の児童らが入る第2寮は、入所者からの苦情が出にくいため、比較的経験の浅い職員を配置していた」と指摘した。 

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 千葉県社会福祉事業団 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2014.03.25 (Tue)

袖ケ浦虐待:暴行「意図的で陰湿」 第三者検証委中間報告

千葉県袖ケ浦市の県立障害者支援施設「袖ケ浦福祉センター」の虐待問題で、県の第三者検証委員会(座長・佐藤彰一弁護士)は25日、中間報告を公表した。虐待を加えた職員らは「支援スキルが不十分だった」と指摘、死亡した少年(当時19歳)を日常的に暴行していた元職員5人=解雇=については「言葉を話せず被害を訴えられない利用者を選んでおり、意図的で陰湿」と批判した。運営を委託する県や外部のチェック体制も「実質的に機能していなかった」と結論付けた。

センターの各施設では利用者23人が身体的、性的、心理的虐待を受けていたことが県の調査で判明。職員15人以上が関与し、うち1人が昨年11月に少年の腹を蹴って死亡させたとして傷害致死容疑で逮捕されている。被害者は自分や他人を傷つけるような問題行動を頻繁に起こす「強度行動障害」などを抱えた利用者が多かった。

中間報告は「職員が支援に行き詰まり、問題行動を抑えるために暴行に至った面は否定できない」と指摘。2012年1月に、逮捕された元職員が利用者に暴行したとの情報を施設幹部が把握しながら対策を講じなかったことなどから「虐待防止体制が機能不全に陥っていた」とした。

また、センターの運営法人の説明に頼って施設を評価していた県の姿勢を「利用者の生活実態を独自に把握する姿勢に乏しかった」と批判した。【黒川晋史、山縣章子】

◇中間報告の骨子

・職員の支援スキルが不十分で、虐待防止の基礎知識がなかった

・施設幹部は現場にほとんど足を運ばず、実態把握が不十分だった

・県や外部のチェック体制は実質的に機能していなかった

・医療職が利用者の健康状態を把握していなかった

・事件後の保護者への情報提供などの対応も十分ではない



◇解説 障害の特性理解した人材育成が急務

袖ケ浦福祉センターの虐待問題で、第三者検証委員会は、「強度行動障害」の傾向があり支援が難しい利用者に対して、経験や知識の乏しい職員が安易に暴行を繰り返し、管理職らが防止に取り組まなかった結果、虐待が横行したと結論づけた。この障害の特性を理解した人材育成は各地で遅れがちとされており、国が対策を強化しない限り同様の虐待が他施設でも起きる可能性は否定できない。

行動障害のある人は言葉をうまく使えず、自分の考えが相手に伝わらなかったような場合に自分や他人を傷つける傾向があると言われる。特性を理解した対応が不可欠だが、死亡した少年がいた「養育園第2寮」の元職員5人は専門的な研修をほとんど受けていなかった。施設側も行動障害の入所者が多い第2寮は苦情が出にくいとして比較的経験の浅い職員を配置していたという。

2012年10月に施行された障害者虐待防止法は、虐待発見者に自治体への通報を義務づけた。だが、センターのように閉鎖性が強い入所施設は内部告発が機能しにくく、外部のチェックも働きにくいのが実情だ。今回の中間報告の指摘が、施行3年後に予定されている見直しの議論に影響を及ぼす可能性もある。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 千葉県社会福祉事業団 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2014.03.21 (Fri)

不正受給:2施設の指定取り消し 福岡市 /福岡

福岡市は20日、訓練等給付費の不正受給などで、NPO法人「茜の木」(南区井尻)が運営する2障害者施設の指定事業者取り消し(31日付)を発表した。不正受給は2009年4月から約4年間で総額約3400万円に上る見込みという。

市によると、2施設は通所施設「博多こころん」とグループホーム「井尻上池ホーム」。一部の利用者に訓練等給付費の対象となる支援を実施したように装い、給付費を不正に受給した。市は外部からの通報を受け13年7月から監査を実施し、不正の事実を確認した。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2014.03.19 (Wed)

障害者支援補助金不正受給:NPO元理事長起訴 広島地検 /広島

障害者支援制度を悪用した補助金不正受給事件で、広島地検は18日、NPO法人元理事長、福田抄湖(しょうこ)容疑者(34)=西区井口3=を補助金適正化法違反の罪で広島地裁に起訴した。

起訴内容によると2011年2月、厚生労働省の障害者生活支援のための補助金を申請する際、運営する施設の利用者を25人分水増しして窓口の広島市に申請。補助金304万円の交付を受けた。さらに同じ手口で同4月~12年1月までに11年度の補助金約2120万円の交付を受けたとしている。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2014.03.18 (Tue)

福祉施設の送迎ワゴン車が居眠り運転で逸脱事故、2人が死傷

15日午前9時40分ごろ、長野県安曇野市内の市道を走行中のワゴン車が路外に逸脱。道路脇の畑に転落した後も走行し、前方のコンクリート土台に衝突する事故が起きた。この事故で同乗していた2人が死傷。警察はクルマを運転していた20歳の女を逮捕している。

長野県警・安曇野署によると、現場は安曇野市豊科高家付近で車線区別のない幅員約3mの直線区間。福祉施設が所有する送迎用のワゴン車は斜行するようにして道路左側の路外に逸脱。そのまま畑に転落した後も約30mに渡って走行を続け、前方のコンクリート土台に衝突した。

衝突によってクルマは中破。車両後部スペースに車いすに着座した状態で同乗していた96歳の女性が胸部を強打。近くの病院へ収容されたが、約2時間30分後に死亡。助手席に同乗していた80歳の男性も足を骨折する重傷を負った。警察は福祉施設の職員で、クルマを運転していた松本市内に在住する20歳の女を自動車運転過失致死傷容疑で同日夜に逮捕している。

聴取に対して女は「夜勤明けで、運転中に意識を失った」などと供述しており、警察では居眠り運転が事故につながったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2014.03.17 (Mon)

介護施設送迎の車が衝突 1人死亡2人重体

15日午後3時55分ごろ、広島県呉市倉橋町の県道で、同市音戸町の介護施設「ルネッサンスデイサービス音戸」の職員、中本千鳥さん(56)=同県江田島市能美町鹿川=の運転するワゴン車が道路右側の街路樹に衝突した。同乗していた施設のデイサービス利用者5人のうち、久保清さん(74)=呉市倉橋町=が頭を強く打って死亡が確認された。68歳の男性と77歳の女性が重体で、80歳と84歳の女性が重傷。中本さんも重傷という。県警音戸署が事故原因を調べている。

同署によると、中本さんは、施設のデイサービスを利用した5人を、それぞれの自宅へ送り届ける途中だったという。現場は緩やかな左カーブ。

事故を起こした施設によると、高齢者5人はシートベルトをしていなかったという。また、職員は小動物を避けようとしてハンドル操作を誤ったとしている。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2014.03.16 (Sun)

社会福祉法人湘南遊愛会*改善できたのか

社会福祉法人湘南遊愛会

横浜市のサイトにアクセス
http://www.city.yokohama.lg.jp/

湘南遊愛会の語句でサイト内検索する

行政処分やら指導改善が出るわ出るワ

地域ケアプラザ職員による業務目的外の利用者宅への訪問について 平成26年3月14日

横浜市阿久和地域ケアプラザ勤務の指定管理者の非常勤職員が、平成25年6月ごろ職務上知り得た個人情報をもとに自らが関係している宗教団体関係者とともに、勧誘活動を目的にデイサービス利用者宅を訪問しました。



平成25年6月頃
当該職員が自ら関係のある宗教団体関係者(1名)と勧誘目的でデイサービス利用者宅を訪問しましたが、当該利用者は勧誘活動と思い面会を拒否しました。(訪問は1回のみ)

平成26年2月3日
当該利用者が地域ケアプラザに来所し、相談があり、ただちに所長が当該職員に確認したところ勧誘目的で訪問した事実を認めたため、その場でお詫びしました。
同日ケアプラザ所長より区福祉保健課へ報告がありました。

平成26年2月4日
区福祉保健課から地域ケアプラザ所長に対し、その他の同様の事例がないか詳細な調査を指示するとともに、あわせて当該職員に対する指導の徹底と再発防止に向けた措置を行うよう指示しました。

平成26年3月5日
指定管理者である湘南遊愛会から区福祉保健課へ調査結果の報告があり、その結果、勧誘行動は本件のみと確認できました。指定管理者に改めて厳重注意を行いました。

平成26年3月13日
指定管理者である湘南遊愛会では、理事長が全ての運営施設の責任者を臨時で招集し、注意喚起を行いました。

対象施設
名 称:横浜市阿久和地域ケアプラザ
指定管理者:社会福祉法人 湘南遊愛会
所 在 地:横浜市瀬谷区阿久和南2丁目9-2

http://www.city.yokohama.jp/ne/news/press/201403/images/phpM31KK1.pdf


社会福祉法人湘南遊愛会が運営する特別養護老人ホームも、勤務実態のない看護職員2人を配置したとする虚偽報告をしたとして、2015年11月4日から指定効力を一時停止する。


指導監査 平成25年4月1日
http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/726835.pdf

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2014.03.15 (Sat)

オマエらに介護をしてもらうより外人さんのほうがエエわ

人材不足なのに
あいかわらず福祉法人は私腹を肥やしている

税金で運営し、税金を優遇されてるくせに 金を貯めこむ

福祉職員は無知だと思って低賃金で雇って バカ?

いずれシッペ返し食らうワ

この先20年後には外国人が高齢者の介護をするようになるな


この記事おかしいわ だまされるな! 現場を知らん役人 厚生省のお得意数字マジック
医療・福祉の就業者、908万人で最大に 厚労省30年推計 2014/3/14
厚生労働省の推計によると、2030年には産業別の就業者数で、医療・福祉の分野が最大になることが分かった。医療・福祉の就業者数は12年と比べ最低でも202万人増え、908万人になる。大幅に減る卸売・小売業と製造業を抜き、首位になる。成長産業へのスムーズな労働移動が日本の成長のカギを握りそうだ。

厚労省が独立行政法人の労働政策研究・研修機構に委託して、将来の労働力の需給を推計した。経済が成長せず、労働市場の改革が進まない最低のケースの場合、全就業者数は12年比で821万人減り、5449万人になる。12年に首位だった卸売・小売業は287万人、2位の製造業が162万人減る一方、医療・福祉は202万人増と3割増える。

医療・福祉分野は高齢化の影響で労働力需要が伸びる数少ない成長市場になる。全体の就業者数に占める比率は12年(11.3%)から5.4ポイント増え、30年(16.7%)は産業別の割合で最大だ。

看護や介護職は仕事が大変な割に報酬が少ないとの不満が強く、人材不足が続いている。他分野からの人材移動を後押しするには、働き方の見直しや処遇改善なども課題となりそうだ。

成長率が2%で推移し、女性や高齢者の活用が進む楽観的なケースでは、30年に医療・福祉は12年比で256万人増え、製造業は38万人の減少にとどまる。この場合では、医療・福祉の就業者数は卸売・小売業を抜き、製造業に肉薄して2位になる見通しだ。
Blog Top  | つぶやき | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2014.03.15 (Sat)

関連施設運営休止へ 職員の退職相次ぎ 袖ケ浦の施設虐待

知的障害がある児童らが入所する袖ケ浦市蔵波の県立福祉施設「養育園」で昨年11月、入所者男性(19)が暴行を受け、その後死亡した事件を受け、運営する社会福祉法人で職員の退職希望者が相次いでいることが14日分かった。同法人は独自に運営する障害児デイサービス施設「児童デイサービスセンター風の子」(定員10人)を4月から休止することを決めた。同日の県議会健康福祉常任委員会で県が明らかにした。

県障害福祉課によると、社会福祉法人「千葉県社会福祉事業団」の職員19人が今月末での退職を希望。例年の倍以上の人数とされる。事業団は養育園や県立障害者支援施設「更生園」などの運営に支障を出さないように職員をやりくりするため、障害児デイサービス施設を休止することとした。

同施設は、養育園と同じ敷地内にあり、障害児の放課後生活支援施設。51人が契約して活用している。すでに施設利用者に説明会を開き、近隣の施設を紹介。職員が補充され次第、運営を再開したい意向という。

同事件は、養育園の寮内で男性の腹を複数回蹴り死亡させたとして、元職員の男(23)が傷害致死容疑で県警に逮捕された。県の調査で男を含めた職員5人が男性に暴行していたことが確認されており、事業団は5人全員を解雇している。

川島貞夫県健康福祉部長は逮捕について「県民の信頼を損なう事態となり、おわび申し上げる」と謝罪した。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2014.03.15 (Sat)

脳性マヒ生徒に体罰、車いす生活となり転校

長崎県諫早市教委は14日、同市立中学校の男性教諭2人が、軽度の脳性マヒを患って足などに障害があった1年生男子生徒(13)を正座させたり、たたいたりする体罰を行っていたと発表した。生徒は体罰によるストレスで症状が悪化して車いす生活になったといい、2月に市内の特別支援学校に転校した。

市教委と同中によると、男子生徒は脳性マヒで右足や右腕を十分に動かせなかったが、昨年7月までは通常の学校生活を送っていた。しかし、9月下旬に右足の痛みを訴えて車いすを使うようになり、学校も休みがちになった。

10月に生徒の親から「医師の診断を受けた結果、心因性のストレスで症状が悪化しているとのことだった」と学校に報告があり、11月には「登校できないのは教諭による体罰が原因」と親から指摘された。

学校側がこの生徒や教諭に聞き取った結果、生徒は6月以降、3回にわたり、いずれも男性の担任教諭(45)と保健体育科教諭(39)から、宿題などを忘れた時に正座をさせられ、げんこつや教科書で頭をたたかれたり、「げんこつしてください」と言わせられたりしていたことが判明した。生徒は今年2月、特別支援学校に転校した。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2014.03.15 (Sat)

介護施設で熱い風呂に女性入れ重いやけど…死亡

山梨県南アルプス市田島の介護施設「グループホーム甲西」で昨年12月、施設の女性職員2人が熱湯を張った浴槽に入所者の女性(87)を入れ、女性が重度のやけどを負っていたことがわかった。

女性は今月10日に搬送先の病院で死亡し、県警南アルプス署が入浴と死亡との因果関係を調べている。

市消防本部などによると、昨年12月16日午後2時頃、施設職員が介助器具を使って女性を浴槽に入れたところ、女性が「熱い」と訴えた。職員は浴槽の温度が異常に高いことに気づき、女性を引き上げた。女性は甲府市内の病院に搬送されたが、体の広範囲にわたってやけどを負っていたという。

同施設では認知症の高齢者が個室で生活し、職員が入浴などの介助を行っている。同施設を運営する医療法人「千歳会」は取材に対し、「誤って熱い風呂に入れる事故をおこしてしまった。誠に申し訳ない」と話している。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 入浴事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2014.03.14 (Fri)

右みても左みても同じ顔立ち同じ性格 キショイ

以前勤めていた福祉施設はエエ大学出身者が多かった
心理学と社会福祉士 社会福祉士と保育士とか、なんやねん一体 おまえら公務員になったほうがエエやろ ちゅう連中ばかりやったな。

でもな
そいつら見とったら面白くないねん。人間味がないねん。普通に会話もできんしな、ようするに私生活の話題は皆無な。
冗談も通じへんし、なんやねん一体。そんなことで職員間でコミュニケーションとれんのか?

現に正社員と非常勤とは別モノよ といわんばかりに、すべてにおいて格差があったな。
非常勤も認識しており会議も出席しないし、言われたことだけする。意見提言なんかするわけないしな。


集団、組織で活動するとき
こんな施設で信頼関係を築こうにも時間がかかるわな。いや信頼関係を築けんやろ。
ふつうな、仲良うするときお互いのプライベートにまで踏み込んで会話する、自分のことを知ってもらおうとするもんや。

ところがここの法人の正社員は変わった連中が多かったな。とくもまぁ似たものだらけの職員を採用したものだ と思ったものだ。そんな会社組織は危険だと思わないのだろうか。

この季節 退職する職員が多いね
退職する職員が多いのでその分雇い入れないといかんわな

偏差値の高い大卒がエエのんか?社会福祉士か?30歳未満しか雇わないのか?
職場の平均年齢が20代30代って、よ~考えてみろよ それだけ離職率が高いってこと。また、管理職が無能なので自分より年輩を指導管理できないってこと。そうだろ。

採用面接する管理者を年々変えてみるってどうだ?

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | つぶやき | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2014.03.14 (Fri)

社会性のないリーダー

税金で飯を食う連中は失敗を恐れる
新たなプロジェクトをする
新たな取り組みをする

過去に事例がない
失敗すれば誰が責任をとるのか

真のリーダーとは何ぞや
問題に直面した時、チームをリードできるか?引っ張っていけるか? というこだ

この業界、専門的な知識を持ってる者は周りにひけらかす。セミナーやらレポートにエエことばかり自慢する。
そんな人は信頼できん。能ある鷹は爪を隠すや。
俗にいう頭でっかちだ。失敗すれば他人に責任をなすりつける。他人の良いアイデアをネタミ、自分の功績にする。
否定する者は排除する。 人間の小さいヤツや

孫子は
将とは、智・信・仁・勇・厳なり と言ってる

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | つぶやき | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |  NEXT