FC2ブログ
2016年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2016.01.31 (Sun)

いきいき会居宅介護支援事業所*行政処分

特定非営利活動法人いきいき会
宮崎県東臼杵郡門川町須賀崎4丁目48番地
いきいき会居宅介護支援事業所
延岡市下伊形町6069番地

宮崎県福祉保健部長寿社会課は12月3日、東臼杵郡門川町内の特定非営利活動法人「いきいき会」(萱野照三郎理事長、同町須賀崎4-48)が運営するいきいき会居宅介護支援事業所について、1月1日から6月末までの6ヵ月間、新規利用の受け入れ停止とケアプラン作成費の介護報酬を3割削減する行政処分としたことを明らかにした。

県長寿社会課居宅介護担当によると、いきいき会事業所(利用者50人)は2013年9月から2015年9月まで、利用者の介護結果などのモニタリング記録を作成していないのに、介護報酬から減算しないまま計556万円を不正に請求し受領。その未作成だった期間は最長で連続19ヵ月間に及んでいたほか、利用者の要介護度が変更されたのに過去と同じ文言を流用して記された虚偽記録も複数見つかっている。

今回の不正発覚のキッカケは昨年9月10日の県による定期監査にあった。ここで書類不備がみつかり、利用者33人分の利用状況を評価するモニタリング結果が1ヵ月から最長19ヵ月間にわたって記録がないなどの不正事実が次々と判明していく。さらには「記録していたが、データが消えてしまった」などと虚偽答弁も繰り返したとされる。

昨年9月までにおける今回の不正受給額は約556万円におよぶが、今後は、門川町など関係保険者側が精査し加算金ふくめて請求されることになる。なお、今回の不正請求事案について県長寿社会課では、「担当のケアマネジャーの怠慢としか言いようがない」などとコメントしている。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.01.30 (Sat)

社会福祉法人三翠会*続報

三翠会資金流出 元常務理事ら告訴 5千万円横領

兵庫県三田市の社会福祉法人三翠会で約2億7千万円の資金流出が明らかになった問題で、市が選任した仮理事会は30日、流出資金のうち5350万円を着服したとして、元常務理事ら3人を、業務上横領の疑いで三田署に告訴した。

ほか2人は、不正の舞台となったサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の建設担当だった元理事と、建設会社の元担当者。

仮理事会によると、3人は共謀して2012年3月30日、うその領収書や契約書を使い、サ高住の工事代金に見せかけて法人の預金5350万円を引き出し、着服したとされる。3人とも不正を認めているという。

元常務理事は当時、理事職を退いていたが、周囲からは「常務」と呼ばれ、理事会に出席。法人の公印を使った預金の引き出しや対外交渉を取り仕切り、実質的なサ高住の建設責任者だった。横領した金は元常務理事が私的流用の穴埋めに充てたとみられるという。

また、仮理事会は、この3人と前理事長を相手取り、約2億5千万円の損害賠償請求訴訟を29日付で神戸地裁に起こした。さらに、元常務理事の妻で、副園長として法人に残っていた前理事長を「著しい注意義務違反があった」として30日付で懲戒解雇した。

仮理事の長谷部信一弁護士は、記者会見で「現時点で判明済みの事実関係をもとに、確実な部分で告訴、提訴した。捜査や裁判による全容解明を期待し、積極的に関与していく」と説明した。



こんな社会福祉法人は潰せよ*このバカ職員のために税金が使われるのか
法人職員や利用者ら約200人から理事長残留の嘆願署名が出されている
社会福祉法人の不正流用問題 三田市が仮理事選任へ 2015年11月12日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2536.html

もうどうでもエエけど*社会福祉法人三翠会
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2564.html

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.01.29 (Fri)

さんご株式会社 ⇒ ケアプランはいびすかす ⇒ 不正受給

さんご株式会社
千葉県千葉市花見川区花見川4番16棟113号
社長 杉本亜弓

510万円介護報酬不正取得 千葉市の居宅支援事業所 /千葉

千葉市は28日、同市花見川区の介護サービス会社さんご(杉本亜弓社長)が運営する事業所ケアプランはいびすかすが介護報酬約510万円などを不正に受け取っていたと発表した。市は加算金を含め約620万円の返還を請求し、来月1日付で、半年間の新規利用者受け入れ停止などの処分にする。

市によると、ケアマネジャーを派遣する居宅介護支援事業所が自治体から介護報酬を満額受け取るためには、サービス利用者や家族と面談して介護計画を作らなければならない。しかし、「はいびすかす」は2014年1月から昨年3月まで、計画を作っていないのに満額を請求し、不正に報酬を受け取っていたという。

昨年6月、市の立ち入り検査で発覚した。千葉市から約440万円を不正に受け取っていたほか、四街道市と八街市からも計68万円を不正に取得していたという。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.01.28 (Thu)

株式会社ライフケアゆうわの杜 ⇒ デイサービスゆうわ+ショートステイゆうわ指定取消し

株式会社ライフケアゆうわの杜
代表取締役 岩﨑友和


虚偽の申請で同一法人運営の2事業所を指定取消―栃木県

栃木県は、1月21日、株式会社ライフケアゆうわの杜が運営する、通所介護事業所と短期入所生活介護事業所を指定取消処分にすると発表した。
処分の対象となったのは、デイサービスゆうわとショートステイゆうわで、いずれも2015年8月1日に指定を受けた事業所。処分は1月31日付。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.01.28 (Thu)

有限会社AJ*ひめケアプランセンター指定取消し

有限会社AJ
大阪市西区立売堀1丁目9-19-903号
代表者 東実男

ひめケアプランセンター
大阪市西区新町三丁目15番6号1002号室
管理者 東ヒロ子

大阪市は1月28日、介護給付費を不正に請求し受領していた居宅介護支援事業所について、1月31日付けで指定を取消す処分を下した。不正請求額は2,591,963円で、市は、加算額を含む3,628,748円の返還を求める。

アセスメントやモニタリング、サービス担当者会議の開催を適切に実施しなかったにもかかわらず、減算を行わずに介護報酬を請求し、不正に受領。また、実施していないサービス担当者会議やモニタリングについて、記録を虚偽作成し、監査で虚偽の報告を行った。市が指導を行うも、必要な改善を行わなかった。

市は、2014年4月から2015年10月までの期間に不正に請求し受領していた介護給付費2,591,963円に、加算額1,036,785円を加えた、合計3,628,748円の返還を求める。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.01.28 (Thu)

神様 お願い*チンピラ永富直也を地獄に落として下さい

神様 お願い
チンピラの永富直也を
地獄に落として下さい




床に包丁、4階から「飛び降りろ」 3歳虐待死

東京都大田区のマンションで新井礼人あやとちゃん(3)が虐待され死亡した事件で、警視庁大森署に傷害容疑で逮捕された暴力団組員永富直也容疑者(20)が事件当日、礼人ちゃんを正座させてベランダから飛び降りて死んでしまえなどと脅していたことが、同署幹部への取材でわかった。

同署は28日、永富容疑者を同容疑で送検。今後、同致死容疑でも調べる。

母親(22)が虐待の実態を詳細に証言したという。同署幹部によると、母親の交際相手で同居していた永富容疑者は25日午後8時半頃、礼人ちゃんに「にらんだ」「説教中にテレビの方を向いた」などと因縁をつけ、かかとを礼人ちゃんの体に打ちつける「かかと落とし」をしたり、ガラスケースに向かって礼人ちゃんを投げたりするなど暴行を始めた。母親は「ボウリングのように投げていた」と話しているという。

さらに礼人ちゃんを正座させて「(部屋がある4階の)ベランダから飛び降りて死んでしまえ」などと迫り、床に包丁を突き刺して威嚇。礼人ちゃんに殴る蹴るの暴行を繰り返し、約1時間後、礼人ちゃんはけいれんを起こして過呼吸となり、ぐったりしたという。


東京・大田区のマンションで住人の新井礼人ちゃん(3)が心肺停止の状態で見つかり、その後死亡した事件で、礼人ちゃんの母親(22)の交際相手で、傷害容疑で逮捕された指定暴力団住吉会系組員、永富直也容疑者(20)が暴行中にベランダを指さし、「行け。死ね」などと脅していたとみられることが28日、警視庁大森署への取材で分かった。

頭に向けてかかとを振り落とす「かかと落とし」をしていたことも判明。司法解剖で、死因は頭部に強い衝撃を受けたことによる硬膜下血腫と分かり、同署はこうした激しい暴行が死亡につながったとみて、傷害致死容疑を視野に詳しい経緯を調べている。

永富容疑者は25日夜の夕食時、礼人ちゃんと目が合ったことをきっかけに暴行を始めたとみられる。同署によると、その場にいた母親は「永富容疑者が息子の胸ぐらをつかんでおもちゃの入ったガラス戸棚に投げ飛ばした。かかとを頭に振り下ろしたりもした」などと説明。永富容疑者はさらに、床に包丁を床に突き立ててベランダを指さし、「死んでしまえ」などと話したという。

礼人ちゃんは26日におう吐するなどしていたが病院には行かず、27日未明になって母親が119番通報。搬送先の病院で死亡した。 同署は28日、永富容疑者を傷害容疑で送検した。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.01.27 (Wed)

キッズスタイル赤羽園*保育士が虐待

vcx990087.jpg

保育士の女、園児暴行容疑で逮捕 警視庁赤羽署

勤務する無認可保育園で男児(6)の口に粘着テープを貼ってはがすなどしたとして、警視庁赤羽署は27日、暴行の疑いで、自称埼玉県春日部市、保育士の女(28)を逮捕した。

同署は、日常的に園児らを裸にして立たせるなどの虐待を繰り返していた可能性があるとみて調べている。

逮捕容疑は15日午後、北区の「保育ルームキッズスタイル赤羽園」で、男児の両手をひもで後ろ手に縛り、口元付近に粘着テープを貼っていきなりはがすなどした疑い。「やってない」と容疑を否認している。




保護者が警察に相談 される前に 内部で処理しろよな




東京・北区の託児所で男の子をひもで縛ったり、顔に粘着テープを貼ってはがしたりしたとして、28歳の保育士が逮捕され、警視庁は、託児所の子どもたちに日常的に暴行を加えていた可能性もあるとみて調べている。
保育士は容疑を否認しているという。

逮捕されたのは東京・北区の「キッズスタイル赤羽園」に勤務する保育士、南木愛美容疑者(28)。
警視庁の調べによると、今月15日、この託児所で6歳の男の子の両手をひもで縛ったり、顔に粘着テープを貼ってはがしたりしたなどとして、暴行の疑いが持たれている。

子どもの様子を不審に思った両親が警察に相談し、職員などに事情を聞いたところ、暴行した疑いが強まったという。南木容疑者は別の日にもこの男の子を裸で立たせていたほか、食事にこしょうやからしを混ぜたり、水を張った洗面器に顔をつけさせたりしているのも目撃されているという。

また、ほかの子どもたちに対しても騒ぐと、たたいたり、蹴ったりしていたということで、警視庁が、託児所の子どもたちに日常的に暴行を加えていた可能性もあるとみて調べている。
警視庁によると、調べに対し、「やっていない」と供述し、容疑を否認しているという。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.01.27 (Wed)

オマエさん*もう社会復帰せんでエエから

冥賀秀親  冥賀正雄

親子2代でワイセツ行為


NPO法人むさしの福祉会



冥賀秀親38歳*NPO法人むさしの福祉会
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2625.html




わいせつ容疑で逮捕の知的障害者施設代表理事、日常的に暴行か

入所者へのわいせつ容疑で逮捕された、知的障害者施設の運営団体の代表理事が、入所者に馬乗りになって殴るなど、日常的に暴行を繰り返していた疑いがあることが、FNNの取材でわかった。

元職員は「お乳をもまれたり、キスされそうになったり。利用者の方から聞いたことあります」と話した。

NPO法人むさしの福祉会の代表理事・冥賀秀親容疑者は、知的障害者施設に入所する、26歳の女性の胸や股間を触った疑いで逮捕され、27日、別の強制わいせつ容疑で再逮捕された。

冥賀容疑者は、少なくとも、4つの知的障害者施設を運営していたが、複数の施設の職員の証言で、入所者に日常的に暴行を繰り返していた疑いがあることがわかった。

元職員は「車いすの方が、お風呂のドアを壊したら、土下座して謝らせていましたよね。裸のまんま。『お風呂の扉様、壊してしまってごめんなさい』っていうことを」、「逃げるのを、追いかけて行って、巨体で馬乗りになって殴ったりとかしていたし」などと話した。

また、代表である冥賀容疑者が、入所者に暴行を振るうのを見て、ほかの職員も、頭や足をけるなどの暴行を、日常的に行っていたという。
再逮捕の容疑について、冥賀容疑者は「黙秘します」と話しているが、警視庁は、施設で行われていた暴行などの実態を解明する方針。.


他の職員もマネをする




入所者の預金を無断で使い込みか





不審に思った職員が



知的障害者施設わいせつ事件 入所者の預金を無断で使い込みか 1月29日

知的障害者施設の入所者へのわいせつ容疑で代表理事が逮捕された事件で、入居者の預金が無断で使い込まれていた疑いがあることが、元職員の証言でわかった。

NPO(民間非営利団体)法人代表理事・冥賀秀親容疑者(38)は、東京・府中市の知的障害者施設で、26歳の女性入所者に対する強制わいせつ容疑で逮捕された。
この施設では、一部の入所者が作業所などで稼いだ給料を預けた銀行口座を、代表らが管理していたが、預金の一部が、無断で使い込まれていた疑いがあることがわかった。

元職員は「家族が給料を管理すること、代表が預かって管理することの、2通りあった。家族があまり関わっていない人は、代表が給料の管理をして」と話した。

元職員によると、施設に届いた業務用掃除機の宛名が入所者の名前になっていたため、不審に思って確認したところ、入所者の口座から、数十万円が引き出されていたという。
警視庁は、施設での入所者の金の流用の実態についても調べている。.






冥賀正雄





逮捕の理事の父親もわいせつ行為か

知的障害者施設の入所者へのわいせつ容疑で代表理事が逮捕された事件で、理事の父親も、入所者にわいせつ行為をしていた疑いがあることが、元職員の証言でわかった。

東京・府中市の知的障害者施設における、26歳の女性への強制わいせつ容疑で逮捕された、NPO(民間非営利団体)法人代表理事・冥賀秀親容疑者(38)は、入所者を、日常的に暴行していた疑いがあることがわかっている。
さらに、元職員の証言で、冥賀容疑者の父親も、施設の女性にわいせつ行為をしていた疑いがあることがわかった。

元職員は「オーナー(冥賀容疑者の父親)が来た時に、30代の女性に目くばせをして部屋に行っていたのは、ほかの職員が何回も見た。あちこち触られたり、なめられたりして、『もう疲れちゃった』とポロッと言ったらしい」と話した。
この父親は、東京都の元職員でNPO法人の設立者だったが、2014年に死亡し、冥賀容疑者があとを継いでいた。

都は、親子2代にわたる不適切な運営の実態について調べる方針。.




掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.01.27 (Wed)

北海道日高町の・・・*元職員が虐待行為があったと通報

高齢者施設で「虐待」の通報

日高町の高齢者向けの施設で利用者に対する虐待行為が行われていたと通報がありました。町ではこの施設に対し、立ち入り調査を行い事実関係を確認している。

虐待行為があったと通報があり、立ち入り調査を受けたのは、日高町の高齢者向けグループホーム。
20日、元介護職員4人から、この施設で虐待があったと通報があり、町は25日に立ち入り調査を行った。
この施設には、介護を必要とする9人が利用しているが施設側は、虐待を否定している。
町は、事実関係を詳しく調べている。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.01.26 (Tue)

強盗容疑で横浜市の介護士

介 護 士 が
タ ク シ ー 強 盗
コ ン ビ ニ 強 盗



タクシー強盗容疑で介護士ら2人再逮捕 神奈川

伊勢佐木署は21日、タクシー運転手にモデルガンを突きつけて現金を奪ったとして、強盗容疑で横浜市中区石川町の介護士、檜森直樹容疑者(33)と同市南区真金の会社員、鈴木悠人容疑者(25)を再逮捕した。容疑について、檜森容疑者は覚えていないとし、鈴木容疑者は間違いないとしている。

逮捕容疑は昨年12月31日午後10時25分ごろ、同市中区寿町の路上でタクシー運転手の男性(59)にモデルガンを突きつけ、現金7千円を奪ったとしている。

檜森容疑者が客を装い同区吉浜町からタクシーに乗車。下車した同区寿町で、待ち構えていた鈴木容疑者が車外から運転手にモデルガンを突きつけたという。

両容疑者は今月1日、同区のコンビニエンスストアに押し入り、現金70万5千円が奪ったとして強盗容疑で逮捕されている。


今年の元日、横浜市のコンビニから現金70万円余りを奪ったとして、7日までに男2人が逮捕された。
強盗の疑いで逮捕されたのは介護士の檜森直樹容疑者(33)と会社員の鈴木悠人容疑者(25)。

警察によると2人は、今月1日の早朝、横浜市中区のコンビニで男性店員にモデルガンを突きつけて「金を出せ」などと脅し、現金70万5000円を奪った疑いがもたれている。
当時、檜森容疑者が客を装って店内に他の客がいないことを確認し、鈴木容疑者が強盗に入ったという。鈴木容疑者は追いかけてきた店員に取り押さえられて逮捕され、供述から檜森容疑者の関与が浮上したもの。

調べに対し、2人は容疑を認め、「コンビニ強盗の直前に付近でタクシー強盗もした」と話していることから、警察が詳しく調べている。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.01.25 (Mon)

社会福祉法人森の都 ⇒ 戸山保育園 ⇒ 税金の無駄

税金の無駄や
社会福祉法人森の都

社会福祉法人で500万円使途不明金 青森市が改善命令 /青森

青森市は21日、同市蛍沢の戸山保育園を運営する社会福祉法人森の都で不適切な会計処理があり、500万円の使途不明金があったと発表した。市は20日付で業務改善命令を出した。

市指導監査課によると、使途不明金は2014年11月の一般指導監査で発覚。
既に退職した保育士6人が引き続き勤務し、給与が支払われているように見せかけていたという。同年12月に給与分320万円と、領収書がなく支出の確認ができない保育所運営費180万円の計500万円が使途不明であることが分かった。

前園長の女性は市の調査に「記憶にない」と説明。今月7日に法人に全額弁済したという。


なんちゅう 現況報告書や
国民をナメとんのか
kenkou/fukushi/syakaifukushi/documents/77morinomiyako_26genkyo.xls
青森市役所指導監査課を糾弾せなアカンな

青森市で認可保育所「戸山保育園」を運営する社会福祉法人森の都が、2013、14年度の保育所運営費計500万円の使途不明金が生じる不正会計などをしたとして、青森市は21日、同法人に改善命令を出したと発表した。

市が14年11月に実施した一般指導監査で不適切な会計処理が発覚。特別監査の結果、不正会計と、監事による監査が不適切だったことが分かった。市は当時の園長に使途不明金全額を法人へ返還させ、会計責任者の交代、内部体制の見直しなどを命令。認可保育所に支払われる委託費の弾力運用を禁止するなどした。同園によると、使途不明金は既に返還された。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.01.25 (Mon)

ヘルパーステーション なみのこ*指定取り消し

不正受給 ヘルパーステーション なみのこ 指定取り消し

青森県健康福祉部高齢福祉保険課は2015年11月30日、実際には提供していない介護サービスを提供したなどと偽って介護報酬を不正に受給したなどとして、
株式会社あうら(川越幸夫代表、青森市幸畑字松元58-3)がむつ市内で運営する訪問介護事業所「ヘルパーステーション なみのこ」(柳田奈津子管理者、同市松原町292-10)の事業所指定を介護保険法に基づき取り消すことを明らかにした。あわせて介護予防訪問介護の指定も同日付で取り消した。

県高齢福祉保険課介護事業者グループによると、「ヘルパーステーション なみのこ」では、2013年4月から同年9月にかけて、実際にはサービスを提供していないにもかかわらず利用者41人分のサービス提供記録を偽造作成し、むつ市・下北郡六ヶ所村など4保険者に対して介護報酬を不正に請求していた。

今回の不正発覚のキッカケは、昨年7月における県当局への情報提供にあった。この情報に基づく監査などを通じて次々と不正事実が明らかになっていったとされる。

今回の不正受給された介護報酬は18万6,030円。これに加算分(100分の40)を加えた額については、むつ市を含めた4保険者からあうら社側に返還を今後求めていくことになる。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.01.25 (Mon)

アースサポート仙台青葉*送迎車 ⇒ 崖下に転落 ⇒ 1人死亡

jkgb666-18ok.jpg





詳しくは
https://goo.gl/mgfXiY

25日午前9時半ごろ、仙台市青葉区旭ケ丘の路地で、デイサービスの送迎車が道路脇の駐車場に転落してひっくり返り、乗っていた90代の女性利用者が死亡したほか、高齢の男女5人もけがをした。デイサービスの従業員2人にけがはなかった。

現場には積雪があり、消防は路面が凍結していたとみて事故原因を調べる。

宮城県警や消防によると、車は坂道を下った後、突き当たりで左折しようとしたが曲がりきれずに直進し、2~3メートル下の駐車場に落ちた。

事故後、現場で救助作業をした近所に住む男性(18)は「ぐったりした様子でうずくまっていた高齢の男性を、ほかの高齢者が懸命に介抱していた。この道は雪が降ると滑りやすく、住民はほとんど通らないのに」と話した。

仙台管区気象台によると、25日午前9時現在の仙台市内の積雪は12センチだった。

デイサービス運営会社「アースサポート」(東京)の責任者はエンジンブレーキだけで坂を下ろうとしたが、想定より道がすべり、ハンドル操作を誤ったと報告を受けた。遺族の方や利用者には大変申し訳ない」と謝罪した。





デイサービス送迎車、崖下に転落 1人死亡5人けが

25日午前9時35分ごろ、仙台市青葉区旭ケ丘1丁目で、デイサービス施設の利用者を送迎中のワゴン車が道路から約3メートル下の駐車場に転落した。仙台北署などの説明では、施設を利用する仙台市在住の90代女性が全身を強く打ってまもなく死亡した。ほかに60〜80代の男女5人がけがをした。施設の送迎職員2人にけがはなかった。

デイサービス施設は、アースサポート(本社・東京都渋谷区)直営のアースサポート仙台青葉

署によると、現場は住宅街の一角。ワゴン車が下り坂の左カーブを曲がりきれず、道路右側、約3メートル下にある駐車場に落ちたらしい。路面には雪が積もり、踏み固められた状態だった。署はスリップしたとみている。

仙台管区気象台によると、午前10時時点で仙台市内は雪がちらついていた。市内の積雪は12センチで、12時間降雪量は4センチだった。




25日午前9時35分ごろ、仙台市青葉区旭ケ丘で、住民から「ワゴン車が上の崖から転落した」と消防に通報があった。宮城県警仙台北署によると、ワゴン車が崖下約3メートルの駐車場に転落。乗っていた8人のうち90代女性が死亡、高齢者の男女5人が負傷した。

仙台北署によると、車はデイサービスの送迎車で、下りの左カーブを曲がり切れなかったとみられる。同乗していた送迎のスタッフ2人にけがはなかった。現場は積雪があり、スリップした可能性がある。同署が詳しい事故原因を調べている。


雪道で 道路幅の狭い 坂道の多い道で 運転技術がなければアカンやろ


25日午前9時半ごろ、仙台市青葉区旭ケ丘1丁目の市道で、同区の介護施設「アースサポート仙台青葉」の送迎用ワゴン車が約3メートル下の駐車場に逆さまに転落した。車には職員2人と利用者6人が乗っていた。利用者のうち90代の女性が全身を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。60~80代の男女5人がけがをした。

仙台北署によると、車は雪が積もった下り坂の左カーブを曲がろうとした際にスリップし、道路脇のポールをなぎ倒して転落したとみられる。夜来の雪で路面は圧雪状態となっており、場所によっては凍結していたとみられる。

近くの高校3年の男子生徒(18)は以前からスリップ事故が多発していた
道が細く勾配があるため、降雪時は近所の人は絶対に通らないと話した。
現場は市地下鉄南北線旭ケ丘駅から南に約600メートルの住宅街。


<介護送迎車転落>過失傷害容疑で運転手逮捕 1月26日

25日午前9時半ごろ、仙台市青葉区旭ケ丘1丁目の市道で、同区の介護施設「アースサポート仙台青葉」の送迎用ワゴン車が約3メートル下の駐車場に転落した。職員2人と利用者6人が乗った車は逆さまになり、利用者のうち同区台原5丁目、無職中村キミさん(93)が胸を強く打って搬送先の病院で死亡。いずれも同区で無職の84歳と81歳の女性、男性(65)の3人が頭などにけがをした。

仙台北署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、送迎車を運転していた角田市平貫、会社員加藤秀樹容疑者(24)を現行犯逮捕。容疑を同法違反(過失致死傷)に切り替えて調べている。「圧雪の下り坂でスリップした」と容疑を認めているという。

同署によると、現場は下り坂の急なカーブで、送迎車は曲がろうとした際にスリップ。道路脇のポールをなぎ倒して転落した。24日夜からの雪で路面の一部は凍結していたとみられる。

施設によると、送迎車は冬用タイヤを着用。チェーンは付けていなかった。17、18日の大雪の際は装着したが、25日は施設の判断で付けなかった。施設は「亡くなったり、けがをしたりした利用者に大変申し訳ない。再発防止に努めていきたい」と話した。

現場は市地下鉄南北線旭ケ丘駅から南に約600メートルの住宅街。




介護送迎車転落事故、容疑の男を釈放 1月29日

仙台市青葉区旭ケ丘1丁目で起きた介護送迎車の転落事故で、仙台地検は28日までに、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)で送検された角田市平貫、会社員加藤秀樹容疑者(24)を処分保留のまま釈放した。

仙台簡裁が地検の勾留請求を却下した。加藤容疑者は25日午前、圧雪状態だった旭ケ丘1丁目の市道で送迎車をスリップさせ、市道脇の約3メートル下の駐車場に転落。同乗者4人にけがをさせたとして仙台北署に現行犯逮捕された。4人のうち同区台原5丁目、無職中村キミさん=当時(93)=がその後、死亡した。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(6) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.01.24 (Sun)

長崎大学病院産婦人科*中年女性医師の発言

「将来、彼氏も結婚もできません」長崎大病院医師が知的障害患者に不適切発言

長崎大学病院産婦人科の女性医師(50歳代)が昨年7月、重度の知的障害のある長崎市の女性患者(24)に「将来、彼氏も結婚もできない」などと差別と受け取られる発言をしていたことがわかった。翌月、母親(56)は投書で抗議したが病院側は応答せず、昨年末に母親から説明を求められ、今月14日に謝罪した。

母親によると、医師は
生理は何のためにあると思いますか。子を産むためです。将来、結婚もできないから、妊娠・出産もできない
彼氏もいないから、内診台の上で脚を広げることもできないでしょうと発言。

病院の聞き取り調査に対し、医師は「差別の意図はない。今すぐ結婚の予定がないならば、妊娠や出産の心配はないなどと伝えたつもりだった」と釈明したという。

投書で抗議を受けた病院は医師に聞き取りを行い、不適切な発言と判断。医師を口頭注意処分にした。母親は「娘の存在価値を否定し、障害者への蔑視を感じてつらい。このような発言を繰り返さないでほしい」と話している。


長崎大病院(長崎市)の50代の女性産婦人科医が昨年7月、診察した重度の知的障害がある20代の女性患者とその母親に、「将来彼氏も結婚もできない」などと、障害者への差別と受け取られる趣旨の発言をしていたことが22日、病院への取材で分かった。病院は産婦人科医を口頭で注意し、母親に謝罪した。

病院総務課によると、女性は腹部の張りなどを訴え、母親に付き添われ受診した。母親は昨年8月に病院の意見箱に抗議の投書をしたが、担当者のミスで返答はなかった。同12月に母親が説明を求め、その後病院側が対応の不備も含めて謝罪した。

病院は取材に「女性を傷つける乱暴な発言だったと産婦人科医も反省している」と説明した。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 医療関連 | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.01.23 (Sat)

無資格で介護職員の研修*兵庫県高齢者生活協同組合

介護研修で文書偽造 神戸の組合が奨励金不正受給

兵庫県と兵庫労働局などは22日、県高齢者生活協同組合(神戸市中央区)が、介護職員になるための職業訓練を実施する際に、県から受ける必要があった通知書9枚を偽造し、同労働局から「訓練奨励金」285万円を不正に受給していたと発表した。同労働局は受講者への生活支援の給付分も含め、計761万円の返還を同組合に求めるという。県は有印公文書偽造などの疑いで、県警に刑事告発する方針。

同組合が偽造したのは、介護員養成研修▽福祉用具専門相談員指定講習会▽移動支援従業者養成研修-の3種類の指定通知書。いずれも訓練をするに当たり、県に申請し、研修内容や講師などについて審査を受けなければならなかった。

しかし、2015年4月、同7月、同11月から各3カ月間実施した訓練では、いずれも県に申請書を提出していなかった。受講者33人のうち、13人が同組合から修了証明書を交付されたが、資格は無効となる。

昨年12月下旬、別の介護事業者が、受講者を雇うため、県に資格の有無などを問い合わせて発覚。今月6日、県の調査に同組合の男性職員が偽造を認め、「奨励金の申請期限に間に合わないと思った」と話したという。同組合は14年度も訓練を実施しており、通知書を複写するなどして偽造した疑いがある。

同労働局は訓練実施機関としての同組合の資格を5年間停止した。県介護保険課は「許し難い行為。受講者の中には既に雇用されている人もいる。再度受講する際の費用を組合が負担するなど、きちんと対応するように指導していく」とする。


書類偽造し、介護養成講座 資格得られず、刑事告発へ

兵庫県と兵庫労働局は22日、介護サービス業者「兵庫県高齢者生活協同組合」(神戸市)が、訪問介護資格を得られる養成講座の事業者として、県から指定を受けたと偽った公文書9通を作成していたと発表した。偽造書類を使い、国の求職者支援制度の適用を申請し、2015年度に講座を3回実施。国からは運営のための奨励金約285万円と受講生に給付金約476万円が支給されていた。

受講した県内の20~60代の男女計33人は資格が取れなかった。県は今後、偽造をした組合の男性職員(58)を公文書偽造容疑などで県警に刑事告発する方針。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.01.19 (Tue)

胡散臭い公益財団法人

預託金2・7億円流用で全理事辞任 見守り事業の公益財団法人日本ライフ協会

身寄りのない高齢者らの葬儀の代行などをする公益財団法人日本ライフ協会東京都港区、浜田健士代表理事)が、利用者の預託金約2億7千万円を流用したとされる問題で、協会の理事8人全員が19日、責任を取って辞任した。

内閣府の公益認定等委員会が15日、役員報酬削減などによる運営の改善を勧告し、協会に2月中の報告を求めている。

勧告書などによると、協会は高齢者や障害者がアパートに入居する際の身元保証や銀行の手続き代行、死亡時の葬儀・納骨を支援する「みまもり家族事業」を実施。

葬儀支援などの財源には利用者が払い込む預託金が充てられ、協会の公益認定の際には第三者の弁護士が預託金を管理するとしていたが、実際は協会が直接管理し、平成25年ごろから一部を職員の賞与や事務所の開設費用などに流用していた。協会は「急速な事業の拡大が原因」としている。


公益財団法人 日本ライフ協会 役員名簿 平成27年6月16日
代表理事 濱田健士
専務理事 濱田伸夫
理事
村田幸子
石川由紀
清水一昭
梅原典子
才田 渡
澤田 泉



新代表 生駒貴徳



民事再生法を申請 2月1日

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.01.19 (Tue)

特別支援学校のスクールバス運転手 ⇒ ワイセツ行為

支援学校生徒にわいせつ容疑=送迎バス運転手逮捕-滋賀県

特別支援学校の女子生徒にわいせつな行為をしたとして、滋賀県警甲賀署は19日、県青少年健全育成条例違反容疑で、スクールバス運転手の前川治夫容疑者(67)=甲賀市水口町名坂=を逮捕した。同署によると、前川容疑者はキスしたことは認めているという。

逮捕容疑は昨年3月11日午後1時ごろから同20分までの間、滋賀県内の特別支援学校に駐車したバスの車内で、10代の女子生徒にキスしたり、胸を触ったりするなどのわいせつな行為をした疑い。
同署によると、女子生徒はバスが好きで、昼休みに駐車していたバスに乗り込み、被害を受けたという。生徒が関係者に相談し発覚した。


滋賀県警甲賀署は19日、県内の特別支援学校に通う10代の女子生徒にわいせつな行為をしたとして、県青少年健全育成条例違反の疑いで、同県甲賀市水口町名坂の会社員前川治夫容疑者(67)を逮捕した。

逮捕容疑は、昨年3月11日午後1時ごろ、学校の昼休み中にスクールバス車内で、女子生徒が18歳未満と知りながらキスをしたり胸を触ったりした疑い。「キスしたのは間違いないが、性欲を満たすためではなかった」と話しているという。

甲賀署によると、前川容疑者は当時、学校のスクールバスの運転手をしており、駐車中のバスに生徒が自ら乗ったという。昨年4月に生徒の関係者が警察に相談して発覚した。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.01.19 (Tue)

また大阪です*介護福祉士の張鳳栄 ⇒ 偽装結婚の斡旋

大阪市鶴見区茨田大宮
茨田大宮

なんて読むんだ?

まったおおみや




中国人男女に偽装結婚の日本人夫婦を斡旋 46歳の中国人“女ブローカー”を逮捕

中国籍の男女に在留資格を取得させるために偽装結婚の相手として日本人夫婦を斡旋(あっせん)したとして、大阪府警国際捜査課は18日、電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで、大阪市鶴見区茨田大宮、介護福祉士の中国籍、張鳳栄(ジャン・ファンロン)容疑者(46)を逮捕した。「何のことか分からない」と容疑を否認している。

同課はこれまでに、張容疑者から斡旋を受けたいずれも20~30代の中国籍の男女と日本人夫婦の計4人を同容疑で逮捕。中国人の女は張容疑者に謝礼として約160万円を支払っており、日本人夫婦は報酬として妻は8万円、夫は20万円を受け取っていたという。

張容疑者の逮捕容疑は、平成23年7月と26年8月、中国籍の男女に日本人配偶者として在留資格を得させるため、大阪市平野区に住む日本人夫婦と結婚したとする虚偽の婚姻届を区役所に提出させたとしている。


掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.01.18 (Mon)

グループホームかざぐるま*往生際が悪い輩

別の介護職員も認知症男性にプロレス技の疑いで逮捕

広島県福山市の介護事業所で入所者にプロレス技をかけ、暴行の疑いで元施設管理者が逮捕された事件に関連し、福山北署は18日、同様にプロレス技をかけたとして、暴行の疑いで同介護事業所職員の野本篤広容疑者(29)を逮捕した。

逮捕容疑は昨年3月29日午後2時ごろ、福山市のグループホームかざぐるまで、認知症の男性(85)に「4の字固め」をかけ暴行した疑い。
同署によると、「かけた覚えはありません」と容疑を否認している。

福山北署は今月12日、同じ被害男性にプロレス技をかけた疑いで、元施設管理者の男を逮捕。捜査の過程で野本容疑者も暴行していた疑いが浮上した。


介護施設「グループホームかざぐるま」(広島県福山市)で入居者が元管理者にプロレス技をかけられる暴行を受けた事件で、広島県警福山北署は18日、暴行容疑で、元管理者の部下だった介護職員、野本篤広容疑者(29)=同市御幸町上岩成=を逮捕した。同署によると、「技をかけた覚えはありません」と容疑を否認しているという。

逮捕容疑は、昨年3月29日、施設2階の和室共用スペースで、認知症の入居男性(85)を押し倒しプロレス技をかけて暴行したとしている。

同署によると、野本容疑者と元管理者は、同じ男性に暴行していた。
福山市は昨年10月の監査の際、野本容疑者にも暴行について聞き取りしていたが、関与を否定していたという。
施設担当者は「事実確認した上で厳正に対処する」と話している。



認知症男性に「4の字固め」 ストレス発散で虐待 2015年12月2日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2574.html

グループホームかざぐるま*岡崎正晶逮捕  2016年1月13日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2632.html

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.01.17 (Sun)

酒気帯び運転の女介護士と自分の子供をひいて亡くす男介護士

車 の 運 転 は

そ の 人 の 性 格


酒気帯び運転容疑で女逮捕 宇都宮東署

宇都宮東署は17日、酒気帯び運転の疑いで矢板市、介護士の女(24)を現行犯逮捕した。
逮捕容疑は17日午前7時15分ごろ、宇都宮市上田原町の道路で酒気を帯びた状態で乗用車を運転した疑い。物件事故の申告があり、容疑が判明した。


出庫時ひかれ2歳娘死亡、長野 運転の父親「気付かず」

17日午前10時半ごろ、長野県東御市の介護士の男性(38)が、自宅の車庫から乗用車でバックしている最中に三女(2)をひいた。三女は病院に運ばれたが、頭を強く打っており死亡が確認された。

県警上田署によると、男性は「後ろに娘がいることに気付かずひいてしまった」と話している。事故当時は妻、長女、次女、三女と5人で外出しようとしていて、長女と次女は車に乗っていた。同署は事故の原因を調べる。


掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |  NEXT