FC2ブログ
2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2016.12.31 (Sat)

今津赤十字病院*トイレに放置されて死亡

<難病患者>トイレに放置、1カ月後死亡 福岡の病院

日本赤十字社の医療施設である福岡市西区の今津赤十字病院(藤井弘二院長)で2016年8月、難病の入院患者の福岡県糸島市の女性(当時68歳)がトイレに放置されて心肺停止になり、約1カ月後に死亡していたことが同病院への取材で分かった。

同病院によると、女性は脳の神経細胞が変性し筋肉のこわばりなどを起こす難病「多系統萎縮症」で、床ずれの治療のため16年8月8日に入院。左半身が不自由で車椅子を使っていた。同12日午前10時過ぎ、女性看護助手が院内のトイレに連れて行き別の仕事で離れた。1人になった女性はトイレ内で意識を失ったとみられ約2時間後に心肺停止の状態で見つかり、9月9日に亡くなった。

女性は過去にも血圧が下がってトイレで意識を失ったことがあり、病院内では付き添いが必要と申し送りをしていたが、女性看護助手には伝わっていなかった

病院は当初、女性看護助手の話に基づき「5〜10分おきにトイレの様子を見に行った」と女性の家族に説明した。しかし、虚偽だったことが判明し家族に謝罪した。同病院の武田義夫事務部長は「当院の医療過誤と認識している。申し訳ない」と話している。現在は再発防止のため文書で申し送りをしているという。

福岡県脊髄(せきずい)小脳変性症・多系統萎縮症友の会事務局は「事故も虚偽の説明もあってはならない。病院は事実関係をきちんと調査し、二度と繰り返さないよう努めてほしい」としている。

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.12.31 (Sat)

ありがとう*浜松特別支援学校の岡田壮平さん

ありがとう

施設奉仕5年、高齢者ら笑顔 浜松、ダウン症の高校生

静岡県立浜松特別支援学校高等部3年の岡田壮平さん(17)=浜松市中区=が、同区の高齢者福祉施設で約5年間にわたりボランティア活動を続けている。ダウン症という障害を抱えながら一生懸命に働く姿は、利用者を元気づけ、施設には笑顔があふれている。

毎月第2、4土曜日の午前8時半から1時間、同区八幡町の介護老人保健施設「八幡の森」で、岡田さんは利用者へのお茶出し、タオルたたみ、浴室準備などに取り組む。

岡田さんは内気で当初は利用者に素っ気ない印象を与えることもあったが、徐々に利用者と目を合わせて「どうぞ」と声を掛けながらお茶を出したり、自分から積極的にあいさつをしたりと次第に打ち解けるようになった。利用者からは「黙々と作業をしていて立派。施設の人気者」と親しまれている。

この奉仕活動で10月に県公立高校PTA連合会の「高校生善行表彰」を受賞し、12月には浜松市の「青少年の表彰」で特に顕著な善行のあった青少年に贈られる「善行賞」も授与された。
岡田さんの母(56)は「みなさんの支えでここまでこれた。お世話になった方々に感謝したい」と話した。


ありがとう
壮平君のお母さん

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.12.31 (Sat)

今年も 残りわずかですね

日頃 高齢者や障害者の介護 自立支援して頂いている福祉職のみなさん
お疲れ様でございます
今年も 残りわずかですね

福祉関連のお仕事 入所施設は年中無休ですので 大晦日や元日に勤務する人は
大変だと思いますが おカラダに気をつけて頑張ってくださいね

当ブログも開設4年になりました
たくさんの御訪問ありがとうございました

タイトルの福祉は牛の涎
これは 介護の仕事をする上で 牛のヨダレが細く長く垂れるように気長に辛抱しなさいよ という教訓です
また 福祉法人は儲けを急ぎ過ぎるな ということなんです
日本の将来の介護福祉はアナタたちに懸かってるんです
どうしても辛抱できない
それならば自分達の発言できる場をつくってくださいな

発言できる場 というのは
労働組合です
労働組合を結成して
自分達の職場の改善改革や施設を利用する高齢者・障害者のみなさんが
安心安全に施設で過ごされるよう法人トップに訴えることができます

一日一日が改善です
今していることがベストではないんです
マニュアル通りしていても モットもっと良い方法良い介護方法があるんじゃないか って
考えてください


学びて思わざれば 則ち罔し 思いて学ばざれば 則ち殆うし

考えるチカラが大事なんです
高校や専門学校そして大学で一生懸命勉強してきた 資格を取るために知識を得た
でもね
知識も必要だけど その知識を生かすためには考えることが重要です
考えるチカラ
すなわち知恵なんです 知識を知恵に それが考えるチカラです


介護職のみなさんにとって2017年が 良い年でありますように
Blog Top  | つぶやき | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.12.31 (Sat)

高齢者施設で ⇒ 入所者の80歳男 ⇒ 職員を包丁で・・・

社会福祉法人三幸会
理事長 竹村寿文
静岡県浜松市西区大平台一丁目34番30号

特別養護老人ホーム 山崎園
静岡県浜松市西区雄踏町山崎2829番地

介護職員を包丁で切りつけた入所者の80歳男を逮捕 殺人未遂容疑 浜松の特養ホーム

30日午前2時15分ごろ、浜松市西区雄踏町山崎の特別養護老人ホーム 山崎園グループホームやまざきで、入所者の男が介護職員、鈴木ひろみさん(66)=同町宇布見=を包丁で切り付け、顔などにけがを負わせた。命に別条はない。

浜松中央署は殺人未遂容疑で、入所する無職、迫峻容疑者(80)を現行犯逮捕した。署が詳しい動機や経緯を調べている。

山崎園によると、グループホームやまざきは認知症を患う人が入所する併設施設。迫容疑者を含む高齢者9人が入っていた。鈴木さんはグループホームの担当で、当時は1人で勤務していた。




30日未明、浜松市西区雄踏町山崎のグループホームで、入所者の男が施設の女性職員(66)を包丁で切り付けた。女性は顔や左腕にけがを負ったが、命に別条はないという。同施設は軽度から中程度の認知症高齢者を受け入れている。

浜松中央署は同日、殺人未遂の疑いで施設に入所する無職の男(80)を現行犯逮捕した。80代男性と70代女性の入所者2人も頭や顔に切り傷を負って病院に搬送されたといい、同署は関連を調べている。

逮捕容疑は同日午前2時15分ごろ、同施設内で女性職員の頭を包丁で切り付け、殺害しようとした疑い。同署は容疑者の認否を明らかにしていない。施設関係者によると、女性職員は施設内の廊下で襲われたとみられる。食堂にあった包丁が凶器に使われた可能性があるという。
現場はJR浜松駅から西北西約10キロの畑や民家が点在する地域。

■10日前に入所したばかり 浜松の高齢者施設
浜松市西区の高齢者施設で30日発生した殺人未遂事件。介護職員の女性を包丁で切り付けたとして浜松中央署に逮捕された無職の男(80)は20日に同施設に入所したばかりだった。これまで暴れたりすることはなかったという。施設関係者は「こんなことが起きるとは」とショックを隠しきれない。

施設関係者によると、容疑者は要介護1で入所した。時折大声を上げることはあったが、夜もよく寝ていて問題行動は確認されていなかったという。

事件発生当時は容疑者を含む9人が入所していて、被害に遭った女性職員1人が夜勤中だったという。事件後、女性職員から助けを求められた同じ敷地内にある特別養護老人ホームの職員が110番した。

同じ敷地内の施設に家族が入所しているという30代女性は「安全管理はしっかりしていると思っていた」と言葉少なだった。

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.12.30 (Fri)

福岡市の障害者福祉施設組織的不正受給事件*続き

架空請求目的で設立か 福岡市発表被害1.6億円 9事業所取り消し 給付金不正
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3167.html


指定障がい福祉サービス事業所等における不正事案に対する処分ついて 平成28年12月27日
保存した 魚拓
http://megalodon.jp/2017-0402-1729-46/www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/55446/1/161227syougaifukushisyobun.pdf


福祉施設の不正受給 元代表の町議が釈明

障害者の就労を支援する施設が不正に多額の給付金を受け取っていた問題。

不正が確認された事業所の1つは、福岡県大刀洗町の現職の議員が代表理事を務めていた。
FBSの取材に、この議員は、故意ではなく、ミスだったことを強調した。
福岡市南区清水にあるさくら社会福祉協議会

今回、福岡市が公表した事業所のひとつで、約1000万円を不正受給していた。
この協議会の代表理事を今年11月まで務めていたのが、大刀洗町の平田利治議員。29日、大刀洗町では、12人の町議全員が出席した協議会が開かれ、今回の事態の説明や質疑応答などが行われた。平田議員は「さくら社会福祉協議会は障害者の受け入れなど実態は伴っていた」と主張したうえで、不正請求ではなく、「過誤請求」だったと説明。故意ではなく、ミスだったことを強調した。

福岡市は「さくら社会福祉協議会」をはじめとする10の事業所の指定を取り消し、給付金の返還請求を行うとともに、年明けにも詐欺容疑で告訴する方針。




13-tcccv33.jpg

一般社団法人さくら社会福祉協議会
代表者 中橋武彦
鈴の音 (就労支援)
すずの音 (放課後デイサービス)



代表理事で大刀洗町議会議員 平田利治


アレだな 国会議員さんが 悪いことをして追求されて 

秘書がやったことだから  って言い訳をする

アレだな 町会議員さんも真似しとるんかな

オマエさんは役員の代表なんだから  っていうか

役員はアンタ一人だけだったりして
なんにせよ
司法と福岡県警が判断するワ

平成28年12月27日付け 指定取消し

一般社団法人さくら社会福祉協議会
合同会社春
合同会社ステージア
一般社団法人アドバンス
合同会社椿
合同会社Color
合同会社lico

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.12.30 (Fri)

無断で施設外へ車椅子の女性が側溝に落ちて大けが 

車いす女性が側溝に落ち、大けが 職員気づかず 

宇佐市は29日、市立の特別養護老人ホーム妙見荘(同市院内町)から車いすで外出した女性入所者(91)が施設外の深さ約1メートルの側溝に落ち、骨盤と左もも骨折などの重傷を負ったと発表した。女性は左半身まひのほか認知症も患っており、「家に帰りたかった」と話したという。施設には介護士11人と看護師2人がいたが、女性が無断で外へ出たことに気づかず、市は「見守り不足によるミス」と陳謝した。

25日午後0時半ごろ、施設の玄関から約300メートル離れた側溝に車いすごと落ちている女性を、近くの住民が発見して119番した。正門入り口は急な坂になっている。女性は28日に手術を受け、長期入院が必要という。

賀来良美施設長によると、女性は午後0時10分ごろまで食堂におり、「見舞い客に紛れて外に出たのでは」という。土居秀徳・市福祉保健部長は「今後は見守り担当の職員を配置して安全を徹底したい」と話した。

妙見荘は1971年年開業で、2003年に建て替え、現在71人が入所する。来年度から5年契約で、市内の民間業者が指定管理者として運営する予定。

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.12.30 (Fri)

国土交通省*シートベルトの締め付けに高齢者が耐えられない

シートベルト、締め付け緩和へ 致命傷部位、胸が最多に

車に乗車中の人が死亡する事故で、致命傷となる部位は近年、「頭部」よりも「胸部」が多くなっている。エアバッグの普及で頭部が守られる半面、シートベルトの締め付けに高齢者らが耐えられないケースがあるためだ。国土交通省は、ベルトから胸にかかる圧力を下げるよう、基準を改める方針を決めた。

交通事故で乗車中の人が亡くなるケースは年々、減少傾向にある。国交省によると、2004年の2918人から、15年には1499人に半減した。致命傷となった部位では、04年に約41%を占めた頭部がもっとも多かったが、エアバッグの普及もあり、15年には約30%まで下がった。

かわって致命傷部位で最多になったのが胸部だ。12年に頭部を上回り、15年には約35%を占めた。シートベルトは事故の衝撃がかかると強く締まって体を守る。その締め付けで骨折したり、内臓を損傷したりすることがあるという。

エアバッグがない時代は頭部がフロントガラスなどにぶつからないよう、強い締め付けが必要だった。しかしエアバッグが普及し、近年の新車には標準装備されているため、頭部の損傷が減少。シートベルトで強く締め付ける必要はなくなってきたため、国交省はベルトの性能基準を見直すことにした。

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.12.30 (Fri)

福岡市の障害者施設 ⇒ 10事業所 ⇒ 不正受給1億6400万円

指定 障がい福祉サービス事業所等におけるにおける
不正事案に対する処分ついて
 平成28年12月27日
保存した ⇒ http://goo.gl/00B2Iw


とんでもない事件に発展した

典型的な障害者を食い物にする輩たち

過去の不正請求受給問題を覆す

過去にはなかった悪質な組織的犯罪

我々国民はこの9人の輩を赦してはならない

福岡市の議会議員さん達の今後の仕事ぶりを拝見したい

福岡市民は今回の事件に関心が有るのか無いのか

福岡市のオンブズマンは今回の事件でどう働くか

福岡市の障害者団体はビクビク?

今後は福岡市の監査は抜き打ちだろうな

架空請求目的で設立か 9事業所取り消し 給付金不正 12月27日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3167.html



10事業所 ⇒ http://goo.gl/00B2Iw

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.12.29 (Thu)

添い寝が寝落ちに ⇒ 短期入所の男の子窒息死 ⇒ 業務上過失致死

社会福祉法人同愛会
理事長 髙山和彦

川崎市中央療育センター
施設長 和田信也
川崎市中原区井田3-16-1



添い寝中に 障害者支援施設で9歳男児死亡

神奈川県川崎市の障害者支援施設に預けられていた9歳の男の子が、就寝中に死亡していたことがわかった。警察は、添い寝をしていた職員が覆いかぶさったことによる窒息死の可能性が高いとみて調べている。

警察によると、26日午前6時頃、川崎市中原区の障害者支援施設「川崎市中央療育センター」に預けられて寝ていた9歳の男の子が息をしていないと、職員から119番通報があった。

男の子は搬送先の病院で死亡が確認され、司法解剖の結果、窒息死の可能性が高いことがわかった。20代の女性職員が、「寝かしつけるために添い寝をしていた。朝起きたら男の子に覆いかぶさってしまっていた」と話しているということで、警察は誤って窒息死させた可能性があるとみて、業務上過失致死の疑いで捜査している。


業務上過失致死容疑

12_nb785cx.jpg

添い寝が寝落ちに

川崎市の障害者支援施設で女性職員と寝ていた9歳の男の子が意識不明になり、その後、死亡しました。警察は女性職員が誤って男の子に覆いかぶさり、窒息死させた可能性があるとみて調べている。

警察によると、26日午前6時ごろ、川崎市中原区の「川崎市中央療育センター」で、布団で寝ていた9歳の男の子の意識がないことに20代の女性職員が気付いて119番通報した。その後、男の子は死亡し、死因は窒息死の疑いがあるという。

当日は男の子がぐずってなかなか寝なかったため、女性職員が寝かし付けるために一緒に寝ていた。女性職員は「起きると男の子に自分の体が覆いかぶさっていた」と話していて、警察は誤って窒息死させた可能性があるとみて調べている。




26日午前6時20分ごろ、川崎市中原区井田3丁目の市中央療育センターで、短期入所中の男児(9)が「心肺停止状態だ」と男性職員が119番通報した。男児は病院に搬送されたが、死亡が確認された。目立った外傷はなく、中原署が死因などを調べている。

同署や同センターなどによると、男児は重度の知的障害があり、23日から個室に入所。26日に退所予定だった。同日朝、添い寝していた職員が布団でうつぶせになっていた男児を確認したところ、呼吸していなかったという。
同センターには、18歳までの主に知的障害のある子どもが入所しており、社会福祉法人「同愛会」が指定管理者として運営している。




今月26日、川崎市の障害のある子どもの支援施設で、寝ていた9歳の男の子が心肺停止の状態となり、病院に搬送されたが死亡した。死因は窒息死の疑いがあり、警察は添い寝をしていた職員が男の子に誤って覆いかぶさり、呼吸ができなくなった疑いがあると見て調べている。

警察や消防によると、今月26日の午前6時ごろ、川崎市の障害児支援施設「川崎市中央療育センター」で、寝ていた9歳の男の子が心肺停止の状態になり、病院に搬送されたが死亡した。警察が詳しく調べたところ、死因は窒息死の疑いがあることがわかった。

男の子は、短期間、この施設に入所していて、当時、20代の女性の職員が男の子を寝かしつけるために添い寝をしていたということだが、その後、寝てしまい、職員が目を覚ました際には男の子に覆いかぶさった状態だったという。

警察は、職員が寝ている間に男の子に誤って覆いかぶさり、男の子が呼吸できなくなった業務上過失致死の疑いがあると見て調べている。

川崎市から施設の運営を委託されている社会福祉法人同愛会は、「再発防止に努めるとともに、ご遺族には誠実に対応していきたい」と話している。



ここの福祉法人 規模が大きすぎるワ
規模が大きいけど
役員 評議員は身内が半数以上を占めている  何なん?
しかも
貯め込んでるねぇ
http://www.douaikai.com/pdf/H27_zaimu_syohyou.pdf

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.12.29 (Thu)

北九州市の事業所*不正請求で指定取消し

有限会社ハートフル商事
代表 藤本久充
設立 2002年8月
北九州市八幡西区紅梅一丁目6番15号

ハートフルデイサービスセンター
ハートフル介護サービス
ケアプランセンターハートフル北九州

北九州市は、介護サービス事業所について監査を行った結果、居宅介護サービス費の不正請求等が判明した同一事業者が運営する市内の3事業所の指定を取り消すと発表した。

不正請求額は、通所介護では約827万円、訪問介護では約12万円(いずれも加算金40%を含む)。

指定取り消しまでの経緯は、7月に実地指導を行った際、不適正な運営の実態が発覚。その後、7回にわたって監査を実施。12月に聴聞を開催し、22日に行政処分(指定取消し)の通知となった。

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.12.29 (Thu)

御下賜金 ⇒ 天皇陛下から金一封が贈られる

御下賜金
ごかしきん

毎年 天皇誕生日に天皇陛下から
優良な民間社会福祉事業施設に対して 金一封が贈られる

私ヤンマーは
この下賜って言葉が嫌いだ
なぜならば
下賜ってのは
身分の高い人が身分の低い人に物を与えること だから

自治体やマスメディアが
>天皇陛下から○○○施設に対し金一封を下賜される
どうなん? オマエらが勝手に下賜って言うなよ

大阪府では今回2016年の御下賜金 2016年12月16日
毎年、天皇誕生日(12月23日)に際して、天皇陛下より社会福祉事業御奨励の思召をもって、優良民間社会福祉事業施設・団体に対し金一封が下賜されます

今年度、本府においては、社会福祉法人大阪福祉事業財団が経営する救護施設「高槻温心寮」に対し、金一封が下賜されます
http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/attach/hodo-26021_5.pdf


天皇陛下はどう思っているのだろうか



そんなことはどうでもエエけどな


ちなみに
過去の大阪府の御下賜金

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.12.29 (Thu)

品川区立ひろまち保育園が2017年4月~ ⇒ 長谷川キッズライフ株式会社へ

品川区立ひろまち保育園
来年4月から長谷川キッズライフ株式会社へ

代表取締役社長 横尾 隆義
東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 57F
保育所 太陽の子 わらべうた
保育所 病児保育室 学童クラブなど施設の運営をしている
http://www.kidslife-nursery.com/


認可保育所 品川区立ひろまち保育園
2021年3月までの五年間の契約で 毎月2200万円を運営費として補助してきた

品川の保育園 開園1年で事業者の契約解除 公設民営で問われる質 2016年8月18日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3075.html



品川区立ひろまち保育園運営事業者の選定

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 社会福祉法人夢工房まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.12.28 (Wed)

介護給付費の返還請求 ⇒ 大阪市の措置命令 ⇒ 大阪市は本気です

合同会社笑顔
代表 山﨑紀子

大阪市は本気だ  ナメとったらアカンぞ 合同会社笑顔

不正請求とそのほう助で、訪問介護事業所とケアマネ事業所を指定取消し

大阪市は、12月27日、介護報酬の不正請求などを理由に、同一事業者が運営する市内の2事業所の指定を取り消すと発表した。処分は12月31日付け。

同市によると、障がい福祉サービスと移動支援事業を行う訪問介護事業所の監査を実施したところ、介護報酬の不正請求・受領が判明した。一体的に運営する
介護保険事業において不正が行われたことにより、障がい福祉サービス事業所の指定と移動支援事業の登録も取り消す。
市は、事業者が不正に受領した介護報酬273万7,284円に加算金109万4,913円を加えた合計383万2,197円の返還を求める。

指定取消し

介護センター笑顔
大阪市西成区天下茶屋二丁目16番26号

不正請求
法人代表者が担当の介護支援専門員である立場を利用し、利用者6名に対し、2015年4月から2016年5月までの間、一部のサービス提供を行っていないにもかかわらず、サービス提供を行ったかのように装い、サービス実績報告書を虚偽作成し、介護報酬を不正に請求し、受領した。

介護保険法その他法令違反
一体的に運営する訪問介護事業において、介護報酬の請求に関する不正が行われた。


ケアプランセンター笑顔
大阪市西成区天下茶屋二丁目16番26号

居宅サービスに関する不正な行為
法人代表者兼管理者が介護支援専門員の立場を利用し、利用者6名に対し、2015年4月から2016年5月までの間に行われていた訪問介護サービスに単位数を追加して虚偽作成した給付管理票を提出することにより、同法人が運営する訪問介護事業所の介護報酬の不正請求をほう助した。


大阪市は本気やぞ!
不正請求額 2,737,284円 加算額 1,094,913円 3,832,197円支払わせます
いろんな自治体の報道発表をみてきたけれど 支払わせます! って 初めてみたわ
http://www.city.osaka.lg.jp/fukushi/page/0000383746.html

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.12.28 (Wed)

神奈川県が津久井やまゆり園の建て替えで公聴会を開く

全面的な建て替えということで 再生のシンボルとなるような

理不尽な事件に屈しないという 強いメッセージを発信していく

神奈川県知事 黒岩祐治


障害者支援 ⇒ 地域生活に移行 ⇒ 日本国の政策的課題だよな

津久井やまゆり園再生基本構想(以下「基本構想」という。)の策定に当たって、障がい当事者等のご意見を反映させていただくため、次のとおりヒアリング(公聴会)を実施します。

日時
平成29年1月10日(火曜日) 9:30 から 12:30 まで

場所
かながわ県民センター 2階 ホール (横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2)

対象者
障がい者団体等(県が県内に所在することを確認している約80団体)
神奈川県障害者施策審議会委員等の有識者

内容
(1) 基本構想策定に向けての現時点での県の考え方についての説明
(2) ヒアリング



オマエら
参加しろよ 出席せえよ 参画するか?

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 津久井やまゆり園まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.12.28 (Wed)

ありがとう*竹家の酒井竹夫さん

ありがとう
竹家の酒井竹夫さん 奥様の弘子さん
群馬県北群馬郡榛東村山子田2068−19


園児に「本物の味を」 保育園に19年間ラーメン提供

群馬県榛東村内で飲食店「竹家」を営む。近所の榛東中央保育園に1998年から19年間にわたり、行事の際にラーメンを提供した。11月末、最後のラーメンを園児に振る舞った。

同保育園に娘2人が通い始めたのをきっかけに、「本物の味を園児に知ってもらいたい」と、運動会や卒園時など年2、3回提供してきた。園児らの成長を見るのがうれしく、娘たちの卒園後も続けた。
60歳を区切りに終了を考えたが、店を訪れた女の子に「おじちゃん止めないでね」と声を掛けられ、続けた。しかし今年3月に体調を崩して入院し、卒園時に振る舞えなくなった。「子どもたちとの約束を破ってしまった」との思いから、秋の運動会で最後にすることを決めた。

最終日は仕込んだスープを園の調理室に持ち込み、妻の弘子さん(59)と一杯ずつ丁寧に作った。ラーメンが教室に届くと、待ちわびた園児約120人が「いただきます」と感謝しながら、勢いよく頬張った。渡辺萌楓もかちゃん(5)は「今まで作ってくれてありがとう。また食べたい」と笑顔で喜んでいた。

「子どもたちの笑顔のおかげで続けてこられた。成長しても味を忘れずに、店を訪れてもらえたら」と願う。


今までありがとう!!

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.12.28 (Wed)

有限会社パル ⇒ 第2ニコニコあみきハウス指定取消し

有限会社パル
第2ニコニコあみきハウス

名古屋の障害児支援事業所が不正請求で指定取り消し

名古屋市は、名東区の障害者支援施設が、市の給付金およそ730万円を不正に受け取ったとして、支援事業所の指定を取り消す方針を明らかにした。

指定取り消しの行政処分を受けるのは、名東区香流で障害児向けのデイサービスなどを行う「第2ニコニコあみきハウス」。
名古屋市によるとこの施設は、おととし4月から、去年8月までの間に、利用者に知識の習得訓練を提供したように装うなどして、市の給付金あわせておよそ730万円を不正に受け取ったという。

市はこの施設について、来月31日に支援事業所の指定を取り消すとともに、不正受給した額に加算金およそ300万円をあわせたおよそ1020万円の返還を求める方針。


なんか よーわからん
>利用者に知識の習得訓練を提供したように装う

不正請求??

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.12.28 (Wed)

ありがとう*我孫子市の伊達直人さん

「伊達直人」さんありがとう 我孫子市に今年もランドセル届く

我孫子市に今年も「伊達直人」から、ランドセルのクリスマスプレゼントが届いた。市社会福祉課を通じて、希望する生活困窮家庭に贈られる。

25日早朝、市役所の本庁舎玄関前に、五つの包みが置いてあるのを、巡回中の守衛が見つけた。
中身はランドセルで「今年も我孫子のイベントに参加させて頂き、みな様の協力を得て贈らせて頂きます。沢山の伊達直人」と記した手紙が添えられていた。

同市には2011年以来、クリスマスの時期に、ランドセルが贈られてくるという。社会福祉課の担当者は「たくさんの伊達直人さん、本当にありがとう」と話した。 



残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.12.28 (Wed)

2015年度に悪いことをして取り消された保険医療機関名と医師名は


厚労省は20日、診療報酬の不正請求などで2015年度に健康保険法に基づく指定を取り消した保険医療機関等は、歯科を含む計15施設(前年度比2施設減)だったと発表した。登録を取り消した保険医等は医師6人、歯科医師15人、薬剤師1人の計22人。

このほか22施設が取り消し相当だったが、いずれも取り消し前に廃業、4人が自主的に登録の抹消を届けた。
指導や監査で不正請求を確認し、返還を求めた総額は約124億4千万円(前年度比約8億8千万円減)。一部は返還金額が確定してないが、診療報酬を不正請求していた札幌市の板垣小児科内科医院(閉院)が約2670万円で最多だった。

保険医療機関等の指定取消処分の不正内容)を見ると、不正請求(架空請求、付増請求、振替請求、二重請求)がそのほとんどを占めている。

保険医療機関等から返還を求めた額は、約124億4千万円

厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000146140.html



平成27年度における保険医療機関等の指導・監査等の実施状況
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000146376.pdf

ちなみに大阪府の保険医療機関名と医師名は
クリックで拡大

平成27年度における保険医療機関等の指導・監査等の実施状況
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000146376.pdf

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.12.27 (Tue)

100,294,709円返せよ*株式会社トラスト・ケア

株式会社トラスト・ケア
代表取締役 三川徹
大阪府堺市中区深阪6丁19番27-101号


返金総額1億円超 福祉サービス事業所の指定取消

高槻市は、介護保険法および障害者の日常生活および社会生活を総合的に支援するための法律の規定に基づき、指定介護保険事業者および指定障がい福祉サービス事業者の指定取消処分を決定した。

市は処分に伴う経済上の措置として、不正に請求し受領した支払済みの以下の介護給付費等(高槻市分)に40%相当の加算金等を加えた金額の返還を求める。総額は1億円を超える。


指定取消し

(1) トラストケアプランセンター高槻 (居宅介護支援)

法令違反
指定を受けた事業所だけではなく、株式会社トラスト・ケアが運営する有料老人ホーム事務所に設置したパーソナルコンピューターで居宅介護支援事業所の業務を行っていた。

運営基準違反に伴う不正請
サービス担当者会議及び居宅サービス計画作成後に定期的に行われるべきモニタリングの不実施等に伴う基準減算により減算請求を行うべきところ、減算請求を行わず不正に請求し、受領した。

虚偽答弁
監査での聞き取りにおいて、サービス担当者会議及びモニタリングを実施している旨の答弁を行った。
介護給付費分:4,703,135円、 生活保護費分:387,918円


(2) トラストケアセンター高槻 (訪問介護・介護予防訪問介護)

不正の手段による申請により指定を受けた
平成26年11月1日付けの指定を受けるため、トラストケアセンター高槻に勤務しない職員を管理者兼サービス提供責任者として配置するとした事実と異なる勤務表を作成して指定申請を行い、指定を受けた。

介護給付費の不正請求
利用者について、訪問介護計画を作成せずにサービス提供を行い、介護給付費を不正に請求し、受領した。また、トラストケアセンター高槻の従業者でない者等にサービス提供を行わせていた。

法令違反
タイムカードや書類等を近隣にある株式会社トラスト・ケアが運営する有料老人ホーム内の事務所に設置、保管し、また従業者が事業所において勤務せずに当該有料老人ホームに直接出退勤をする等、指定を受けた事業所の所在地では事業を実質的に運営しておらず、不適切な運営が常態化していた。
介護給付費分:83,887,060円、 生活保護費分:11,316,596円


(3) トラストケアセンター高槻 (居宅介護・重度訪問介護・同行援護)

不正の手段による指定
平成26年11月1日付けの指定を受けるため、トラストケアセンター高槻に勤務しない職員を管理者兼サービス提供責任者として配置するとした事実と異なる勤務表を作成して指定申請を行い、指定を受けた。

法令違反
タイムカードや書類等を近隣にある株式会社トラスト・ケアが運営する有料老人ホーム内の事務所に設置、保管し、また従業者が事業所において勤務せずに当該有料老人ホームに直接出退勤をする等、指定を受けた事業所の所在地では事業を実質的に運営しておらず、不適切な運営が常態化していた。

介護保険法に違反
一体的に運営している指定(介護予防)訪問介護事業所において、指定取消処分に相当する介護保険法違反が認められた。

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.12.27 (Tue)

組織的な虐待行為*東大阪市のホームヘルパー*介護サービスフロイデン

株式会社 フロイデン
大阪府東大阪市稲葉3丁目2-32

訪問介護事業所 介護サービスフロイデンの
ホームヘルパー8人



高齢者虐待と不正請求 東大阪の介護事業所

東大阪市は21日、高齢者虐待などをしたとして、東大阪市稲葉3のフロイデン(南尾清次社長)が運営する訪問介護事業所「介護サービスフロイデン」の介護保険事業者の指定を取り消すと発表した。来年2月1日付。

市居宅事業者課によると、同事業所は、東大阪市内の有料老人ホームにヘルパーを派遣。1~7月、70~90代の男女5人に対し、居室の外側から鍵をかけたり、ベッドの周りを柵で囲んで自由な行動を制約したりするなどの虐待行為があったという。

また、訪問介護計画書を別人の名前で作るなどし、介護給付費約230万円も不正請求していた。加算額を含めた返還請求額は約320万円という。

同社は返還の意思を示し、市は詐欺容疑での刑事告訴は見送る。


12_m2i-bdjz.jpg

有料老人ホームで、入居者の部屋に鍵をかけるなどの虐待行為があったなどとして、東大阪市は21日、訪問介護員を派遣する「フロイデン」(東大阪市稲葉3丁目)の事業者指定を取り消すと発表した。取り消しは来年2月1日付。

市によると、今年6月に市職員が訪問した際、部屋の外に鍵が取り付けられ入居者が外に出られないようにしていた。監査の結果、複数の入居者に同様の行動制限をしていたことが分かった。また、訪問介護員が取得していた資格を偽り、実際より高い介護給付費を請求していたことも分かった。不正請求額は2014年11月からの4カ月で計190万円にのぼるという。

市は加算額を含む約268万円の返還を求める方針。サービス提供責任者は「利用者の安全のためだった。虐待とは思わなかった」と話しているという。

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |  NEXT