FC2ブログ
2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2018.12.30 (Sun)

ケアビジネスエイド株式会社:行政処分*5,470,609円返せよ

ケアビジネスエイド株式会社の前川桂子さんよ
我々の税金なんじゃ
キッチリキッカリ返せよな

ホンマに福岡市の介護事業者はハンパないわ

介護サービス事業所の行政処分について

下記法人が運営する,介護サービス事業所において不正事案があり,介護保険法(平成9年法律第123号。以下「法」という。)の規定に基づき,行政処分を行いましたので,お知らせします。

ケアビジネスエイド株式会社
代表者名:前川 桂子
法人所在地:福岡市早良区小田部一丁目13番8号

処分の内容
指定の全部の効力停止3カ月
対象事業所
ケアプランセンター ケアエイド(東区香椎駅前二丁目4番15号)
※事業種別 ・・・ 居宅介護支援

指定の効力停止期間
平成30年12月27日から平成31年3月26日まで

不正事案の概要(根拠法令)
「ケアプランセンター ケアエイド」において,ケアプランの実施状況に関する記録を作成していないなど適切な運営がなされていなかったにも関わらず,請求にあたって減算せずに満額の介護給付費等を請求し,受領したもの。
 (法第84条第1項第6号該当)

返還請求額
5,470,609円
※ 徴収金に100分の40を乗じて得た加算額を含む。


ケアビジネスエイド株式会社の法人所在地は
福岡市早良区小田部一丁目13番8号


+++++++++++++++++++
介護サ-ビス九州株式会社
代表者 渡辺弘幸
福岡県福岡市早良区西新7丁目15-17
+++++++++++++++++++
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4286.html


みなさん どう思われますか? (笑

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.12.29 (Sat)

今年も残りわずかですね

今年も残りわずかですね


高齢者施設 障害者施設 幼稚園 保育所 病院で勤務しておられる皆様

お勤め御苦労さまです

日本国の戦後の復興を尽くした人達を
障害や病を持って生まれた人達を
未来ある子供達を
事故や病で治療をされている人達を

介護や支援に日夜奮闘している皆様方

皆様方は
私たち一般市民を代表して
お国のためにお勤めしておられます

誇らしく誇りを持って
これからもお仕事に従事してください
応援しています



皆様が良い年になりますように

福祉は牛の涎
管理人ヤンマー

Blog Top  | つぶやき | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.12.29 (Sat)

犯行は計画的で悪質だとさ*石川悌43歳+石山宏央58歳

助成金不正受給の保育園元事務長に有罪

秋田市の笑咲(えみ)保育園が助成金を不正受給した事件で、秋田地裁は26日、詐欺罪に問われた保育園元事務長の会社員石川悌被告(43)=由利本荘市石脇=に懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。

判決によると保育園運営会社の元代表兼元園長の会社員石山宏央被告(58)=秋田市添川、詐欺罪で起訴=と共謀して2017年8~10月と12月、企業主導型保育事業の助成申請窓口となる公益財団法人児童育成協会(東京)に対し、在籍園児数などを水増しした虚偽の申請をして助成金計約103万円をだまし取った。


事務長の石川悌43歳 懲役2年 執行猶予3年

園長の石山宏央58歳 起訴=逮捕4回 公判中


企業が主に従業員向けに設ける企業主導型保育所への国の助成金をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた秋田市の「笑咲保育園」の元事務長、石川悌被告(43)に、秋田地裁は26日、懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。

判決理由で杉山正明裁判官は「事務長として重要な役割を果たしており、計画的で悪質な犯行」と指摘。被害額を弁償していることなどから、執行猶予を付けた。

判決によると、石川被告は保育園の元園長、石山宏央被告(58)=詐欺罪で公判中=と共謀して昨年8~12月、助成金を審査する児童育成協会に対して園児や職員の数を水増しし、助成金約103万円をだまし取った。


有限会社心理教育相談室クローバー
秋田市添川字地ノ内97-44

秋田市の企業主導型保育所「笑咲(えみ)保育園」を巡る助成金の不正受給事件で、詐欺の罪に問われた同園運営法人元事務長(43)=由利本荘市石脇字石脇、会社員=に、秋田地裁は26日、懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。

杉山正明裁判官は判決理由で「助成制度を悪用した計画的な犯行。従属的な立場だが一定の重要な役割を担った」と指摘したものの、罪を認めて反省し、不正受給分を弁済したことなどから、刑の執行を猶予するのが相当とした。


元経営者を追起訴

秋田市の「笑咲(えみ)保育園」を巡る助成金の不正受給事件で、秋田地検は27日、企業主導型保育所向けの施設整備助成金約674万円をだまし取ったとして、同園運営法人元代表(58)=同市添川字地ノ内、会社員=を詐欺の罪で秋田地裁に追起訴した。

元代表の起訴は4回目。起訴状によると、昨年2~4月、助成金の支給窓口の児童育成協会(東京)に保育園の施設整備費を水増し申告し、本来受け取れる助成金が2374万6千円だったのに、3049万2千円を受け取ったとしている。次回公判は来年1月28日。


4400万円を不正受給 秋田の企業主導型保育園 2018年4月18日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3999.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.12.29 (Sat)

メチャクチャな障害者施設だったってこと

そもそものA級戦犯は75歳の運転手

以前から前々から何度も何回も当ブログで言ってるやろ
通所施設は送迎で始まって送迎で終わりなんですよ


上尾の施設の障害者放置死で担当職員ら起訴

上尾市戸崎の障害者支援施設「コスモス・アース」(現生活介護とさき)で送迎車に取り残された知的障害のある男性=当時(19)=が約6時間放置され、熱中症で死亡した事故で、さいたま地検は28日、業務上過失致死罪で、担当職員だった寺下晋平容疑者(38)=白岡市=、運転手の高橋三男容疑者(75)=さいたま市北区=を起訴した。

起訴状などによると、2人は男性の安全を確保する義務があったにもかかわらず、男性の両親や施設管理者に安否確認を怠ったとしている。男性は昨年7月13日午前9時ごろ、送迎車で施設到着後、炎天下の中で約6時間放置され、倒れているところを発見された。

地検は業務上過失致死容疑で書類送検されていた利用者の出勤確認担当の元職員の20代女性については同日、不起訴処分とした。地検は理由を明らかにしていない。


担当職員 ⇒ 所在確認せず 不在に気付いた職員もいたが
捜したり保護者に連絡したりしなかった
運転手 ⇒ 建物内に誘導怠る 降りたと思っていた


職員ら2人を在宅起訴 

埼玉県上尾市の障害者支援施設「コスモス・アース」(現生活介護とさき)で昨年7月、知的障害のある男性利用者=当時(19)=が車内に放置され死亡した事故で、さいたま地検は28日、業務上過失致死の罪で、男性の担当職員だった男(38)=白岡市=と、送迎車両の運転手だった男(75)=さいたま市=をさいたま地裁に在宅起訴した。

起訴状などによると、担当職員だった男は昨年7月13日午前9時10~30分ごろ、男性がいないのを知りながら遅刻や欠席したと思い込んで所在を確認することを怠り、送迎車両の運転手だった男は男性を送迎車から建物内に誘導することを怠ったとされる。

男性は知的障害のため自力で降車できず、午前9時14分~午後3時22分ごろまでの間、車内に放置され、熱中症で死亡した。

ともに書類送検された元職員の20代女性について、地検は同日付で不起訴処分とした。裁定主文や処分理由は明らかにしていない。


NPO法人コスモス・アース ⇒ 特定非営利活動法人とさき が引き継ぎしていた

特定非営利活動法人とさき  設立 2008年7月
代表者 太田原秀義
埼玉県上尾市大字戸崎384番地1

特定非営利活動法人とさき 2017年度事業報告書等


障害者男性が死亡 施設側が車から降ろし忘れ熱中症か 2017年7月13日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3584.html

施設側は県に対し1日5回ほど利用者が来ているか確認していたと話している 2017年7月15日
ずさんな運営明らかに
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3588.html

<上尾男性放置死>殺された気持ち 死亡男性の父「事実曲げないで」 2017年7月21日
睡眠薬は息子が落ち着いて寝られるように、夜寝る前に服用していたことはあるが、朝に飲ませたということはない。事実が曲げられて伝えられたことが悲しく、憤りを感じている。ちゃんと事実を伝えたい」
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3595.html

熱中症死亡事故の施設 利用者2年で倍、常勤職員は1人 2017年7月27日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3604.html

2017年10月23日
NPO法人コスモス・アースの理事長兼施設管理者 ⇒ 大塚健司
理事長に抱きつかれ 体を触られた
強制わいせつ容疑で逮捕
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3733.html

障害者死亡事故受け 指定NPO法人取消しへ 2017年12月5日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3793.html

職員ら3人を書類送検 2018年1月22日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3848.html

エロ爺*大塚健司75歳瑞宝双光章 懲役2年6月 執行猶予5年 2018年1月26日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3860.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.12.28 (Fri)

ただの資格マニアだったのか*南福島保育園の園長さん

南福島保育園の優秀なスタッフが
皆様のかけがえのない宝物であるお子様を
心を込めて保育させていただいております



うつぶせ寝


福島の保育園で1歳児死亡

福島市伏拝の認可外保育施設「南福島保育園」で、うつぶせ状態で昼寝をしていた1歳2カ月の男児が死亡していたことが26日分かった。同市が発表した。福島署が当時の状況などを調べている。

市や同園によると25日午後2時ごろ、父親が迎えにきたため、20代の女性保育士が男児を起こそうとして心肺停止状態になっているのに気付いた。心肺蘇生の措置後に病院に救急搬送したが、死亡が確認された。男児は今月10日に入園したばかりで、短時間の慣らし保育中だった。

当時は0~1歳児クラスの園児15人が昼寝中で、20~40代の保育士2人と無資格2人の女性職員計4人が担当。男児は正午ごろに眠り、午後1時ごろ、職員がうつぶせ状態だったため顔を横向きにしたが、心肺停止で見つかった時は顔が再び下になっていたという。

同園によると、福島市の7月の監査で睡眠時の1歳以上の見守りを10分おきにするように指導されたが、マニュアルの「30分おき」を是正せずに続けていた。丹治洋子園長は取材に「本当に申し訳ない。確認に非があったことは間違いない」と話した。




南福島保育園は
睡眠時の見守りを30分おきにしていた

福島市の指導監査で10分おきにするようにせえよ

事故当日は1時間おきだった



認可外保育で1歳死亡 うつぶせ寝、10分おき見守らず

福島市は26日、同市伏拝の認可外保育施設「南福島保育園」で、うつぶせで昼寝していた1歳2カ月の男児が死亡したと発表した。市は市内の保育園に睡眠中は10分おきに見守るよう指導していたが、同園は守っていなかった。警察は司法解剖をして死因を調べる。

市などによると、男児は25日正午から保育室で昼寝を始め、午後2時ごろに父親が迎えに来た際、職員が起こそうとしたところ、うつぶせでぐったりした状態だった。父親が119番通報し、病院に搬送したが死亡が確認された。

当時、保育室には死亡した男児を含めて0~1歳児15人が睡眠中で、基準の3人を上回る4人の職員で見守っていた。福島市は市内の保育園に1歳児は10分おき、0歳児は5分おきに睡眠の状況を確認するように指導しているが、同園の丹治洋子園長は取材に「当日は1時間おきだった。大変申し訳なく思います」と謝罪した。

うつぶせ寝は子どもが窒息する恐れがあるため、厚生労働省は2016年に作ったガイドラインで、仰向けに寝かせることや呼吸の状態を定期的に確認することを保育施設に求めている。


見守りの時間間隔について明確な国の基準がないため、市はNPO法人「家庭的保育全国連絡協議会」のガイドラインを採用。0歳児は5分ごと、1歳児は10分ごとにチェックし、記録を残すよう助言していた。



丹治洋子園長先生は
保健師 看護師 養護教諭 衛生管理者 調理師等の免許を所持し ・・・・・

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.12.28 (Fri)

傷害罪+威力業務妨害罪 ⇒ 介護福祉士の窪田由香41歳

介護付有料老人ホーム ティエラ

老人ホームのポットに液体混入容疑、職員を逮捕 山口

勤務先の介護付き有料老人ホームで、入所者のポットに液体を混入したとして、山口県警は27日、山口県岩国市楠町2丁目、介護福祉士の窪田由香容疑者(41)を威力業務妨害容疑で逮捕し、発表した。容疑を認めているという。飲んだ人はおらず、健康被害の情報はない。

岩国署によると、窪田容疑者は勤務中だった10月24日午前2時40分ごろから午前7時40分ごろ、岩国市多田の老人ホームの入所者の居室にあったポットの水に液体を入れ、施設の業務を妨げた疑いがある。「水回りの掃除に使う洗剤を入れた」と話しているという。

施設の職員が異臭に気づき、県警に届け出た。県警が液体の鑑定を進めている。窪田容疑者は今月7日に入所者の90代の女性に暴行し、けがをさせたとして傷害容疑で逮捕、起訴されている。


ココか? http://goo.gl/DExGgE

Googleマップに誰かがイタズラを 閉鎖しているの?
介護付有料老人ホーム ティエラ

介護付有料老人ホーム ティエラ

ポットに洗剤 介護福祉士逮捕

今年10月、岩国市の介護付き有料老人ホームで水の入ったポットに洗剤を混ぜたとして、41歳の介護福祉士の女が威力業務妨害の疑いで警察に逮捕されました。
ポットの水を飲むなどして体調を崩した人はいないということです。

逮捕されたのは岩国市楠町の介護福祉士、窪田由香容疑者(41)です。

警察によりますと、窪田容疑者は今年10月24日の未明から朝にかけて岩国市の介護付き有料老人ホームで勤務していた際、入所者の80代の女性の個室に置いてあった水の入ったポットに市販の洗剤を混入したとして、威力業務妨害の疑いが持たれています。
この日の朝、別の職員が入所者の女性に水を飲ませようとしたところ、異臭に気づき事件が発覚しました。

入所者の女性は水を飲んでおらず、体調を崩した人もいませんでした。
警察は当時の勤務記録などから窪田容疑者の犯行の疑いが強まったとして逮捕し、調べに対し「間違いありません」と容疑を認めているということです。

窪田容疑者は今月7日に別の入所者の女性を手で押して目の付近に軽いけがをさせたとして傷害の疑いで逮捕・起訴されていて、警察は施設の職員からも話を聞くなどして犯行の動機や経緯を詳しく調べることにしています。





ココか? http://goo.gl/DExGgE



入所者の女性に暴行をを 逮捕されていた

入所者の右目打撲の疑いで介護福祉士逮捕 12月8日

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.12.27 (Thu)

相変わらず福岡市は不正受給額が半端ない

2億でっせ 2億円!不正受給が200000000円
さすが大阪人やな(社長) 不正受給の額が違うわな


介護事業で2億円不正受給

福岡市は27日、通所介護(デイサービス)事業所を運営する「介護サービス九州」(同市早良区)が、必要な看護職員数を満たしているように装うなどして介護給付費計約2億1500万円を不正受給したと発表した。市は同日付で同社運営の3事業所の指定を取り消した。加算金を含む計約2億3000万円の返還を求める一方、詐欺容疑での刑事告訴も検討する。

市によると、3事業所では平成25年9月~30年8月、実際には勤務していない職員を組み込んだ偽の勤務表を提出するなど不正な申請をしていた。今年6月の指定更新に伴う実地指導で不正が発覚した。


介護サ-ビス九州株式会社 代表者 渡辺弘幸
福岡県福岡市早良区西新7丁目15-17

福岡市

2億3000万円の返還を求めます

不正を認めています
笑 笑 笑 笑 笑 笑 笑 笑 笑 笑 笑 笑


2億円不正受給 7事業所、福岡市が処分

福岡市は27日、介護サービス九州(渡辺弘幸代表取締役)=福岡市早良区=が運営する7事業所が、介護保険法に基づく介護給付費計約2億1500万円を不正受給していたと発表した。

市は、7事業所のうち、デイサービス施設「つくしんぼのデイサービス箱崎」など3事業所の指定を取り消し、居宅介護支援事業所など3事業所に改善勧告を出した。残る1事業所は既に廃止されていた。

市によると、デイサービス施設などでは、サービス時間中に必要な看護師1人を配置しないなどの不正があった。居宅介護支援事業所では必要な書類を作成しないなどの不正が確認された。同市は追加徴収金を含めて2億3165万円の返還を請求している。


社長 ⇒ http://archive.is/qzHwL

介護給付費など2億1463万円を不正に受給したとして、福岡市は27日、介護保険法に基づき、同市早良区西新の「介護サービス九州」が運営する「つくしんぼのデイサービス箱崎」(福岡市東区)など3施設の介護サービス事業所の指定を取り消した。

市介護保険課によると、同社は2013年9月~18年8月、3施設を含む計7施設で実際には勤務していない看護職員を配置したように装うなどして、介護給付費などを請求し、計2億1463万円を不正受給した。同社は不正を認めており、市は加算金を含めて計2億3165万円の返還を求めている。


福岡市さんよ
ホンマに返してもらったのなら 我々国民に情報公開せえよ
我々の税金なんだからな

半端ない!

介護サービス事業所の指定取消処分等について

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.12.27 (Thu)

施設内暴行事件 ⇒ 虐待防止の研修をしていなかった ⇒ 行政処分

株式会社 仙台在宅サービス
グループホーム東仙台

グループホームの女性入所者を殴って骨折 職員を逮捕 2018年9月28日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4203.html


グループホーム東仙台に行政処分

仙台市は26日、宮城野区新田3丁目の介護サービス事業所「グループホーム東仙台」の男性職員が入居者を虐待したとして、同施設に対し、新規入居者の受け入れを来年1月1日から3カ月間停止する行政処分を行った。

市によると、職員は8~9月、80~90代の男女6人を暴行し、けがをさせるなど介護保険法上の人格尊重義務違反があった。施設は職員への高齢者虐待防止の研修や、入居者がけがをした事故後の原因究明が不十分だった。

市は11月、再発防止に関する改善を勧告。事業者が提出する改善計画の内容を精査し、実施状況の確認や助言、指導を行う。

虐待は、9月26日に職員が傷害容疑で逮捕されて発覚。運営法人「仙台在宅サービス」(仙台市)の関係者に聞き取りして虐待の状況を把握した。


新たに6人の入居者にも暴行していた

入居者6人に暴行で行政処分 仙台の介護施設

仙台市宮城野区の介護施設で職員が入居者を殴り骨折などを負わせたとして、市は26日、介護施設「グループホーム東仙台」を来年1月1日から3カ月間、新規利用者の受け入れ停止の行政処分にした。市の調査で入居者6人に暴行していたことが判明した。

市などによると、同施設職員の大野雅英被告(28)=傷害罪で公判中=は今年8~9月、入居者の80~90代の男女6人に対し、殴るなどの暴行を加えた。うち3人は肋骨が折れていた。

施設が虐待防止に関する効果的な研修を行っていなかったことなども処分の理由に加えた。

大野被告は9月26日、入居者の女性を殴ったとして傷害容疑で逮捕、起訴された。その後も別の入居者2人への傷害罪でそれぞれ追起訴された。



>施設が虐待防止に関する効果的な研修を行っていなかった
虐待防止の研修って ・・・・・ (笑
あのな
人様を ⇒ 叩いたり殴ったり蹴ったりしたらダメよ
アタリマエでしょ
この事案は虐待っていうレベルじゃないんです 
傷害なんです
こんな輩は虐待防止の研修を受けても ・・・
鬼畜なんだから

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.12.27 (Thu)

ララハートなごみケアー合同会社指定取消し

何度も何回も言うけれど
オマエらな
就職転職するとき
ネットで情報を集めるやろ

求人誌やハローワーク等で求人募集をみつけて
>ララハートなごみケアー合同会社>>デイサービス>>訪問介護
おっ コレええんちゃう 家からも近いし 勤務時間もちょうどエエし
給与はこんなもんかな ってな
こんな感じで簡単に就職転職するなよ
例えパート・アルバイトでもな
インターネットで検索してみても 何~も情報もない
ヤメとけよ辞めとけ 


ララハートなごみケアー合同会社
代表者 石田陽子
神戸市兵庫区石井町2丁目3-10 スマイルウエスト205


介護報酬76万円を不正受給 神戸の事業者に処分

神戸市は26日、同市兵庫区石井町2の介護事業所「ララ・ハートなごみケアー合同会社」が訪問介護の虚偽記録をもとに、介護報酬約76万円を不正請求し、受給したとして、指定取り消し処分にしたと発表した。市は加算額を含めて計約106万円の返還を求める。

同市によると、同事業所は2017年5~7月、利用者がデイサービスを利用している時間帯に、訪問介護を計22回受けたとする虚偽記録を作成し、同年5~8月には、記録がないのに訪問介護232回を提供したとして報酬を請求した。

同年4月に匿名の通報があり、市が監査を進めていた。監査中も、実際はサービスを行っていないヘルパーの名前を記載した虚偽記録3件の報告もあったという。同事業所代表の女性(60)は「実際にサービスは提供している。記録を誤った」と説明しているという。

処分効力は訪問介護と介護予防訪問サービスが来年4月1日から、居宅介護支援事業が同年2月1日から、それぞれ発生する。


ナメとる

介護保険法に基づくヘルパー事業所及び居宅介護支援事業所の指定取消し処分

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.12.26 (Wed)

また放課後等デイサービスが*株式会社ふぁいん指定取消し

株式会社ふぁいん
代表取締役 児玉圭司
名古屋市中川区供米田二丁目103 番地

放課後等デイサービス ふぁいん中川あじさい園
名古屋市中川区大当郎二丁目1501 番地


指導員がいないのに勤務していると虚偽申請、障害児支援事業所指定取り消し

不正に給付費を受給したなどとして、名古屋市中川区の障害児支援事業所が11日、事業所指定取り消し処分を受けた。

児童福祉法に基づく名古屋市の行政処分を受けたのは、中川区の「ふぁいん」。

市によると「ふぁいん」は障害児が生活に順応するための訓練などを行っているが、児童指導員がいないにもかかわらず、勤務していると虚偽の届け出をし、給付費を不正に受け取っていた。

不正受給した給付費は今年5月までの半年間で約308万円で、市は加算金と合わせて約430万円を返還させるという。



障害児通所支援事業所の指定の取消しについて

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.12.26 (Wed)

また放課後等デイサービスが*今度はトンデモナイことが発覚した

資格証明書の偽造は奈良県の業者がしてくれるのか!??

オマエら真似するなよ




イニシャルイノベーション株式会社
設立 2016年12月1日



明石の障がい児支援施設の指定取り消し

兵庫県明石市にある2つの障がい児支援施設を運営する会社が専門職員の数を偽って県に届け出ていたとして、県はこの2つの施設の事業者指定を取り消す処分をした。

事業者指定の取り消し処分を受けたのは、明石市大久保町の障がい児通所支援施設「おひさん」と「児童発達支援ふわり」。

兵庫県によると、この2つの施設を運営する大阪市内の会社は2年前、施設を開く際に実務経験のある専門職員がそれぞれの施設に1人しかいなかったにもかかわらず、2人ずついると偽った書類を県に提出していたという。

県の聴取に対し、「事業をやりたかったが、職員を捜すのが難しかった」と話してい。施設側には介護給付費約763万円が支給されていて、県は不正な受け取りとして返還を求める。




職員の資格証明書を偽造

発達障害児らの支援などを行う施設運営に必要な児童指導員などの資格者や実務経験者の証明書を偽造したとして、兵庫県は21日、明石市大久保町大窪の障害児通所支援施設「おひさん」と「児童発達支援ふわり」の2施設に対する事業者指定を、来年1月21日付で取り消すと発表した。

2施設は大阪市西区の株式会社「イニシャルイノベーション」が運営。県によると、同社は今年10月末、3カ所目となる新規施設の開所の相談に県へ来庁。事前提出された同社職員の実務経験証明書について、県職員が記載された過去の職場に勤務歴を問い合わせたところ、実際には同社職員が働いていなかったことが分かり、押印されていた元勤務先のはんこも偽造されていたことが判明した。
県と明石市は11月に抜き打ちで合同監査を実施。実際には実務の経験がない職員の実務経験証明書が、ほかにも10人分あった。

中には架空の人物を捏造しているケースもあったといい、兵庫県悪質性が高いと判断し、私文書偽造の疑いで明石署に届け出た。

明石市は同社が不正に受け取った給付額763万2千円の返還を請求する方針。現在の利用者49人については、市内の近隣事業所へ受け入れてもらうよう調整している。

同社は聞き取りに対し「職員の確保が難しかった。偽造の証明書は奈良の業者に依頼して作ってもらった」などと話したという。




指定取り消し

指定取り消しの処分を受けたのは、明石市にある障害児の預かりなどを行う施設「おひさん」と「児童発達支援ふわり」で、いずれも大阪市の「イニシャルイノベーション」という会社が運営している。

障害児の支援事業者としての指定を受けるには、職員の勤務経験を示す書類を自治体に提出することになっているが、兵庫県によると、「イニシャルイノベーション」は10人の職員にこの書類を偽造していたという。
このため兵庫県は、21日付けで2つの施設の指定を取り消す処分にした。
また、勤務経験がある職員がいるとして受け取っていた763万円余りの介護報酬について返還請求する。

調べに対し、この会社は「施設を開設したかったが経験ある職員が確保できず、書類を偽造してしまった」と話しているという。
2つの施設に通っている約50人の子どもたちについては、近くの別の施設で受け入れるよう調整している。

「イニシャルイノベーション」は、NHKの取材に対し、「障害児の受け入れ施設を求める声が多く、オープンを急いだことや認識の甘さなどから書類を偽造してしまった。利用者の方にご迷惑をおかけし、責任を感じている」と話している。


認識の甘さから

書類を偽造した
????
子供でも認識できると思うわ

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.12.26 (Wed)

また放課後等デイサービスが*このこのリーフ光が丘不正受給

MIRAIA株式会社
代表者
代表取締役 正田契

このこのリーフ光が丘
東京都練馬区旭町一丁目41番12号


障害児給付金、241万円を不正受給

東京都は26日、保育士などの配置基準を満たさないまま障害児のデイサービス事業を行い、障害児通所給付費を不正受給するなどしたとして、児童福祉法に基づき、練馬区の支援施設「このこのリーフ光が丘」を9カ月間の新規利用者受け入れ停止とする行政処分を行った。

同事業所は昨年5月に放課後等デイサービス事業の指定を受けた。同サービスでは、児童福祉法に基づき保育士、児童指導員または障害福祉サービス経験者を配置することが求められている。都によると、同事業所は人員基準を満たしていないことを認識しながら指定申請したり、人員不足が解消されないまま事業を行ったりして、昨年5~8月に給付金約241万円を不正に受給するなどした。

同事業所は1日定員10人で、小学1年~高校3年の心身に障害を持つ児童・生徒を受け入れている。現在契約している26人は処分期間中も利用できる。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.12.26 (Wed)

巷で有名な社会福祉法人瑞宝会が不正受給40,000,000円

あのな
公益性のない社会福祉法人なんだから解散せえよ
地域に日本国民に社会貢献できないんだから
税金のムダです

栃木県は13日、障害者総合支援法に基づく給付金約4500万円を不正受給したとして、宇都宮市の社会福祉法人瑞宝会(三上公博代表)が運営する障害者福祉施設3カ所に対し、新規利用者の受け入れを6カ月間停止する行政処分をしたと発表した。


短期入所・就労移行カーサ・パラディソ
栃木県佐野市富士見町1-4
短期入所サント・ニーニョ・ハウス
栃木県那須塩原市美原町4-136
短期入所ミカエラ・ハウス
栃木県那須郡那須町湯本字新林390


福祉法人4千万円不正受給 過去に入所者傷害も

栃木県は13日、県内で障害者支援サービスを手掛ける社会福祉法人瑞宝会(宇都宮市)が、介護給付費など計約4500万円を不正に受給したとして、14日から来年6月13日まで、運営する施設3カ所で新規利用者の受け入れを禁止する行政処分を出した。

瑞宝会を巡っては、宇都宮市の施設で入所男性を蹴るなどして重傷を負わせたとして、元職員の女らが昨年12月に有罪判決を受けた傷害事件でも、管轄の同市が処分を検討している。

県によると、瑞宝会は昨年1月から今年7月、同県佐野市などの施設で、県の条例で定めた従業員数に満たない人員で施設を運営したり、給付対象と違う就労支援サービスを利用者に受けさせたりして不正受給した。

昨年10月の定期監査で発覚
是正指導後も一部で不正が続いていた

瑞宝会の担当者は
傷害事件後、多くの従業員が辞めた中で手続きの余裕がなかった。不正とされた分は返金し、従業員の確保に努める
と話した。


指定障害福祉サービス事業者の行政処分について 2018年12月13日


1 処分対象事業者 

(1) 名称 社会福祉法人瑞宝会
(2) 所在地 宇都宮市下栗町2936-10
(3) 代表者の氏名 三上公博 

2 処分対象事業所

(1) カーサ・パラディソ
所在地 佐野市富士見町1-4
サービスの種類 指定短期入所、指定就労移行支援

(2) サント・ニーニョ・ハウス
所在地 那須塩原市美原町4-136
サービスの種類 指定短期入所

(3) ミカエラ・ハウス
所在地 那須郡那須町湯本新林390
サービスの種類 指定短期入所

3 処分を行った日

平成30(2018)年12月13日

4 処分の内容

平成30(2018)年12月14日から平成31(2019)年6月13日までの間、上記2の指定短期入所事業及び指定就労移行支援事業に係る新規の利用者の受入れを行わないこと。(法第50条第1項)

5 処分の理由

介護給付費及び訓練等給付費の請求に関する不正(法第50条第1項第5号該当)

(1) 「カーサ・パラディソ」(指定就労移行支援)において、平成29(2017)年1月から同年9月までの間、利用者22名に対し、支給決定サービスとは異なるサービスを同法人が運営する別事業所において提供したにもかかわらず、就労移行支援サービスを提供したとして不正に訓練等給付費を請求し、受領したと認められたため。

(2) 「サント・ニーニョ・ハウス」、「ミカエラ・ハウス」及び「カーサ・パラディソ」(いずれも指定短期入所)において、それぞれ平成29年1月から平成30年7月まで、平成29年1月から平成30年4月まで、平成29年9月から平成30年7月までの間、指定障害福祉サービスの事業等の人員、設備及び運営に関する基準等を定める条例(平成25年栃木県条例第19号)第101条の規定により当該短期入所事業所に置くべき従業者の員数を満たしていないにもかかわらず、サービス提供職員欠如減算を行わず、不正に介護給付費を請求し、受領したと認められたため。





社会福祉法人瑞宝会のまとめ
icon_19_02.png

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.12.26 (Wed)

佐伯市の株式会社やのたけ*内部告発で事業所指定取消し

株式会社やのたけ
代表取締役 山崎厚子

番匠のひかりヘルパー事業所
大分県佐伯市弥生大字門田173-1



訪問介護で不正受給の事業所を指定取り消し

佐伯市にある介護事業所が介護報酬227万円あまりを不正受給していたとして大分県は、この事業所を指定取り消し処分にすると発表した。

処分を受けたのは佐伯市弥生の「番匠のひかりヘルパー事業所」。

大分県によると、この事業所は2015年11月から今年4月にかけて訪問介護の実績記録がないにも関わらず介護報酬を請求したほか、ヘルパーの勤務時間以外にサービスを提供したとする記録を作り不正請求していたという。
不正に請求していた回数は1,154件で受給額は227万円あまりにのぼるという。

今年2月に匿名の通報が県に寄せられ発覚した。県の調査に対し事業所の代表は「担当者に任せていて確認していなった。不正の意図はなかった」と説明しているということです。県は事業者に対し全額返還するよう指導し、来年2月1日付けでの指定取り消し処分とする。





介護報酬を不正請求指定取り消し

佐伯市にある訪問介護事業所が平成27年からことし4月にかけて記録のないサービスを提供したなどとして介護報酬およそ230万円を不正に受け取っていたとして、大分県は、21日、この事業所の指定を取り消すことを発表した。

指定が取り消されることになったのは、佐伯市弥生にある訪問介護事業所、「番匠のひかりヘルパー事業所」。

大分県の発表によりますと、この事業所は、平成27年11月からことし4月にかけて、記録のないサービスを提供したとしたり、職員が勤務していない時間であったにも関わらず訪問介護を行ったとしたりするなどしてあわせて1154件の介護報酬およそ230万円を不正に受け取っていたという。

大分県では、今年2月に寄せられた情報をもとに調査を行い、介護保険法に違反していたとして、来年2月1日付けで居宅サービス事業者の指定を取り消すことにした。

また、佐伯市は事業所に対し、介護報酬の返還を求める。

事業所を運営する「やのたけ」は大分県の調査に対し、「故意に不正は行っていない」としたうえで、「一部の職員に事務を任せていて、運営者として十分に適正さを確認できていなかった」と説明しているという。



株式会社 やのたけ ハローワークの求人が大量募集

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.12.26 (Wed)

コメントありがとう

非公開でのコメント 情報ありがとう
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3771.html

然るべき機関へ告発してください

ニちゃんねる ゴちゃんねる でネットで晒すとか ・・・

この福祉業界
犯罪や
施設内で虐待傷害事件を起こした輩たちは
同じ道を歩むものです

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.12.23 (Sun)

性悪な婆ちゃんやな

へえぇ~ こんなサイトがあったんや


http://brog.keiten.net/

エエな こんなサイトは有益や


http://brog.keiten.net/?eid=1097947



株式会社創生事業団

49億円で買収  49億円で買収 

株式会社未来設計
代表取締役 洞寛二
設立 2000年2月
38億円残っているはずの一時金が12億円しかなかった



老人ホームの入居一時金、26億円消える 買収で発覚

首都圏で有料老人ホーム「未来倶楽部(くらぶ)」など37施設を運営する未来設計(東京)で、入居者から預かった「入居一時金」の大半が消失していたことが、同社を買収した企業の調査でわかった。

帳簿上、38億円余残っているはずの一時金が12億円余しかなかった。入居者の遺族らに残った一時金をすぐに返還できないなどの影響が出ており、金融機関に支援を求めている。

37施設には計2千人近いお年寄りが生活し、介護職員ら約1600人が働く。

未来設計の財務部長が、同社の持ち株会社を今年7月に買収した同業の「創生事業団」(福岡市)に内部告発して発覚したという。財務部長によると、未来設計の創業者の女性(70)の指示で、入居一時金を一括で売上高に計上して役員報酬などに使い、赤字経営の実態を黒字に見せかけていたという

入居一時金は、入居者が長期にわたってホームで暮らせるように最初に支払うお金。未来設計では240万~1千万円の一時金で終身の入居が約束される。老人福祉法に基づく契約で、一時金は想定居住期間(60~84カ月)内の月々の売上高に計上すると定め、それより早く亡くなった場合などは、残った一時金は返還されることになっている。

だが財務部長によると、未来設計では今年8月期まで3期にわたり、新たな入居者から支払われた一時金を月々に分割せず、全額を売上高に計上する会計処理をしていたという。

発覚後、創生事業団が公認会計士に依頼して、今年4月末時点の財務状況を再計算すると、正常な会計処理をしていれば総額約38億5千万円あるはずの一時金が帳簿上、12億円余しかなく、差額の約26億4千万円が消えていた。

契約に反する会計処理について、財務部長は取材に「創業者の役員報酬を確保するため、創業者の指示で行った」と述べた。財務部長が記録していた帳簿によると、この3年間で創業者には、未来設計や持ち株会社から計8億8500万円の報酬が支払われていた

一連の会計処理について、創業者は取材に「(顧問)税理士に確認して大丈夫だと言われた」などと話し、創業者側の弁護士は創業者による指示を否定した。一方、顧問税理士は創生事業団の聞き取りに「債権者に対しては仮装経理の事実は説明したほうがいいですよ、言っとかなきゃまずいですよ、という話は(創業者に対して)何度もした」などと証言しているという。

過大な支出により未来設計は今年8月末時点で27億円の債務超過に陥り、現預金も6億円余りしか残っていない。介護報酬が入る銀行口座の一部は、取引先銀行によって凍結された。

創生事業団によると、今のところホームの入居者の生活に影響は出ておらず、従業員の給与などの支払いも滞っていないという。同社は「経営を改善し、なんとか入居者を守りたい」として、金融機関に返済猶予などの支援を求めている。

創生事業団は7月に、創業者を唯一の株主とする未来設計の持ち株会社を49億円で買収したが、架空の財務諸表に基づいて買収契約を結ばされたことは詐欺にあたるとして、9月、警視庁に告訴状を提出。今月中旬には創業者らを相手に損害賠償を求める民事訴訟を東京地裁に起こした。


倒産した
株式会社未来設計 社長 洞寛二
⇒ 民事再生法の適用を申請
 2019年1月22日
負債53億8626万円



創生事業団、未来設計を事業継承 全株式を取得 2018年7月25日

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.12.22 (Sat)

岐阜県立多治見病院の看護師を書類送検*点滴チューブ外れ

看護師 書類送検*岐阜県立多治見病院

岐阜県立多治見病院(同県多治見市)で昨年4月、点滴のチューブが外れ、入院していた70代の女性が失血死した事故で、県警は15日までに、チューブの接続部分の確認を怠り女性を死亡させたとして、業務上過失致死容疑で同病院の女性看護師(53)=同市=を書類送検した。

書類送検容疑は昨年4月11日夜、女性に点滴をした際、接続部分の十分な確認を怠ったため緩みを見逃し、チューブが外れて失血死させた疑い。

県警によると、接続部分はチューブをねじ込む仕組みになっている。看護師は手で軽く触れただけで、十分に締まっているかどうか確認しなかった。「しっかり確認しなくても外れないと思った」と容疑を認めている。

事故を巡っては今年4月、遺族が病院に約3800万円の賠償を求め、名古屋地裁に提訴。9月、病院が謝罪し1700万円を支払うことで和解が成立した。


点滴死亡の要因は看護師確認不足 県立多治見病院   2018年2月19日
2017年4月、岐阜の県立病院で点滴チューブ外れ70代女性失血死   2017年11月25日
医療事故調査・支援センターへの医療事故調査報告について   2018年2月16日

http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3902.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.12.21 (Fri)

また送迎死亡事故*山形県高畠町で

あのな
何度も なー~んども言うけど
施設の職員 介護士に運転させるなよ
そもそも自覚が無いんだから
人を他人を乗せてハンドルを握るってこと
ましてや
己の職場の施設を利用してくださっている大切な利用者様なんだろ




見通しの良い直線道路で ・・・
昨夜は忘年会で酒が残ってたんか?
遅くまで宴会してたんか?
寝不足なんか?




介護施設の送迎車が電柱に衝突 女性死亡

20日午前、山形県高畠町で、送迎中の介護施設のワゴン車が道路脇の電柱に衝突し、乗っていた75歳の女性が死亡した。

20日午前9時半頃、高畠町相森の県道で、町内にある介護施設のワゴン車が道路脇の電柱に衝突した。この事故で、施設を利用していた高畠町二井宿の無職・島津禮子さん(75)が意識不明のまま病院に運ばれ、約1時間後に心破裂のため死亡した。車には、島津さんの他に運転手と施設の職員の2人が乗っていて、重軽傷を負ったが命に別条はない。

現場は見通しの良い片側1車線の直線道路で、事故当時、路面は雨で濡れていた。警察は運転していた男性から話を聞くなどして、事故に至った経緯を調べている。今年に入って、県内での交通事故による死者数は50人。去年に比べ12人多い。


29歳の職員が運転



施設への送迎中の事故 75歳女性死亡

20日午前9時20分ごろ、高畠町相森の県道で、高齢者施設の送迎用ワゴン車が電柱に衝突した。

この事故で、送迎車を利用していた高畠町二井宿の無職・島津禮子さん(75)が意識不明で病院に搬送されたが、午前10時13分に心臓破裂により死亡した。

現場は見通しの良い直線道路で、警察の調べによると、送迎車には、当時、島津さんのほかに施設の職員2人が乗っていて、車を運転していた米沢市三沢の29歳の団体職員が足の骨を折る大けがをした。

送迎車は、車イスごと乗れるタイプの車で、当時、島津さんは車イスに乗った状態で車内にいた。送迎車は、島津さんの自宅から施設に向かう途中で、走行中に、道路左側の縁石に乗り上げたという。


これか?

http://goo.gl/p1rz5E

専属の運転手を雇えよ

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.12.20 (Thu)

川南町社会福祉協議会の元職員 永友仁48歳 ⇒ 執行猶予4年

趣味のロードバイクを購入するため じゃなかったのか?
人助け?
葬儀代を工面してあげようと?

なんやねん
本当の動機はなんなんや

川南町社会福祉協議会の元職員 永友仁48歳 ⇒ 執行猶予4年

利用者から預かった金を着服したとして業務上横領の罪に問われた宮崎県川南町社会福祉協議会の元職員、永友仁被告(48)=同町川南=の判決が19日、宮崎地裁であり、下山洋司裁判官は懲役2年6カ月執行猶予4年(求刑懲役2年6カ月)を言い渡した。

判決によると、永友被告は同社協で福祉サービス利用者の金銭管理を担当していた2015年10月29日~12月28日、利用者が預けていた現金計135万円を横領した。

永友被告は知的障害がある兄の存在をきっかけに、宮城県にある福祉系大学に進学。卒業後、地元宮崎の県社会福祉事業団に就職した。しかし事業団での着服が発覚し懲戒解雇処分になり、13年に川南町社協に再就職した。着服で解雇になった過去について、社協側には伝えていなかった。

公判で担当弁護士は「人助けの気持ちが犯行のきっかけだったようだ」と話した。借金返済に困窮していた幼なじみを助けようと、横領に手を染めたのが始まりだったという。困り事相談業務も担当しており、福祉サービス利用者から相談を受ける中で葬儀代を工面してあげようと、さらに着服を重ねた。


過去 前職では
社会福祉法人宮崎県社会福祉事業団で着服してクビ ってか
実は性悪だったりして ・・・

判決で、宮崎地方裁判所の下山洋司裁判官は「高齢や認知症のため判断能力が不十分な利用者を狙った計画的な犯行で、常習性も認められる」と指摘したうえで、「被害の返済のため1000万円を支払っており反省の態度も示している」として執行猶予4年がついた懲役2年6か月の有罪判決を言い渡した。



社会福祉法人川南町社会福祉協議会の職員が着服 2018年8月14日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4133.html
元職員の初公判 10月24日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4219.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.12.20 (Thu)

住宅型有料老人ホームサポートハウス美咲*職員の管理体制が不十分で

老人福祉法に基づく有料老人ホーム事業者に対する行政処分について 平成30年12月20日

有料老人ホーム事業者である極東警備保障株式会社に対し,老人福祉法(昭和38年法律133号)第29条第13項の規定に基づく行政処分を平成30年12月20日に行いました。

対象事業者等
(1)事業者
法人名: 極東警備保障株式会社
代表者名: 代表取締役長谷川力也
所在地: 旭川市永山北1条10丁目11番19号
(2)施設
施設名: 住宅型有料老人ホームサポートハウス美咲
所在地: 旭川市永山5条24丁目4番15号
類型: 住宅型

処分の内容
老人福祉法第29条第13項に基づき,改善に必要な措置をとるべきことを命ずる。

処分の理由となる事実
・当該施設の職員が入居者に対し故意に暴行した結果,外傷性くも膜下出血という怪我を負わせたほか,過去にも複数回暴力を振るっていた。
・平成29年2月1日から平成30年10月8日まで管理者が不在であり,職員の管理体制が不十分であった。

改善命令の内容
・高齢者虐待の防止のための具体的な措置を講ずること。
・職員の管理,業務の実施状況の把握,その他の管理を一元的に行う立場として管理者を配置するとともに,今後,変更が生じたときは,一月以内に届出を行うこと。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |  NEXT