FC2ブログ
2019年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2019.04.03 (Wed)

あのコスモス・アースの事件*初公判

さいたま地裁で初公判

業務上過失致死罪に問われたのは
施設職員の男39歳
運転手の男75歳


埼玉県上尾市の障害者支援施設で2017年、男性利用者=当時(19)=が送迎車内に放置され、熱中症で死亡した事故で、業務上過失致死罪に問われた、白岡市篠津、施設職員の男(39)と、さいたま市北区、元運転手の男(75)の初公判が1日、さいたま地裁(石井俊和裁判長)で開かれ、両被告は起訴内容を認めた。

スーツ姿で入廷した両被告。石井裁判長に起訴内容について問われた職員の男はメモを読み上げ
公訴事実に間違いない。(男性が)欠席だと思って出席確認を怠りました。しかし施設としても出席確認業務がきちんと行われていなかったことを述べておきます」と、施設側の出席のチェック体制に不備があったことも指摘した。

検察側は冒頭陳述で、施設のサービス管理責任者だった職員の男が、保護者からの欠席の連絡や運転手から送迎車に乗車させなかったなどの報告を受けていないにもかかわらず、男性の所在を確認しなかった点を指摘。送迎車の運転手だった男については「眠り込んでいた被害者に声を掛けるにとどまり、ほかの利用者と共に誘導し終えたと軽信した」とそれぞれの過失を主張した。

起訴状などによると、元運転手の男は17年7月13日午前、送迎車で同施設「コスモス・アース」(生活介護とさきに改称)まで男性らを送り届けたが、建物内まで誘導することを怠って施錠した送迎車から離れ、職員の男は男性が遅刻か欠席したものと思い込んで所在を確認せず、男性を約6時間車内に放置し、熱中症で死亡させたとされる。



にしても
75歳の運転手 ってな

>利用者男性が欠席だと思って出席確認を怠りました
>しかし施設としても出席確認業務がきちんと行われていなかったことを述べておきます

なんや コレって なんでワシだけ罪に問われるんやー
そういうことか?


メチャクチャな障害者施設だったってこと

障害者男性が死亡 施設側が車から降ろし忘れ熱中症か 2017年7月13日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3584.html

施設側は県に対し1日5回ほど利用者が来ているか確認していたと話している 2017年7月15日
ずさんな運営明らかに
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3588.html

<上尾男性放置死>殺された気持ち 死亡男性の父「事実曲げないで」 2017年7月21日
睡眠薬は息子が落ち着いて寝られるように、夜寝る前に服用していたことはあるが、朝に飲ませたということはない。事実が曲げられて伝えられたことが悲しく、憤りを感じている。ちゃんと事実を伝えたい」
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3595.html

熱中症死亡事故の施設 利用者2年で倍、常勤職員は1人 2017年7月27日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3604.html

2017年10月23日
NPO法人コスモス・アースの理事長兼施設管理者 ⇒ 大塚健司
理事長に抱きつかれ 体を触られた
強制わいせつ容疑で逮捕
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3733.html

障害者死亡事故受け 指定NPO法人取消しへ 2017年12月5日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3793.html

職員ら3人を書類送検 2018年1月22日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3848.html

エロ爺*大塚健司75歳瑞宝双光章 懲役2年6月 執行猶予5年 2018年1月26日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3860.html

上尾の施設の障害者放置死で担当職員ら起訴 2018年12月29日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4289.html

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.04.03 (Wed)

奈良県上牧町のこころ上牧*殺人容疑の元介護職員が不起訴処分

末恐ろしい 今宵の老人施設

2017年5月、奈良県上牧町の介護老人保健施設で、入所者の森本ミツヱさん(当時97)が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された元職員、田島茂容疑者56歳

密 室 殺 人 が蔓 延 す る 老 人 施 設

殺人容疑の元介護職員を不起訴

奈良県上牧町の介護老人保健施設で2017年、入所者の森本ミツヱさん=当時(97)=を殺害したとして、県警が殺人容疑で逮捕した元施設職員の男性(56)について、奈良地検が嫌疑不十分で不起訴処分にしたことが2日、捜査関係者への取材で分かった。

男性は17年5月10日ごろ、施設の4階に入所していた森本さんの首を絞め殺害したとして今年2月に逮捕された。倒れていた森本さんの第一発見者で介護士として施設で働き「身に覚えがない」と容疑を否認していた。

県警は、当時施設で当直を務めていた職員らのパソコンの使用履歴や勤務記録を確認。


遺族の無念

2017年5月10日午前3時20分ごろ、奈良県上牧町上牧の介護老人保健施設「こころ上牧」で、入所者の森本ミツヱさん(97)がベッドのそばで倒れているのを巡回中の男性介護士(54)が見つけた。死亡が確認され、司法解剖の結果、首を絞められた窒息死と判明。
じゃあ 犯人は誰よ?


目立った問題やトラブルなかった
介護施設入所者殺害の疑い、「第一発見者」の元職員逮捕 2019年2月6日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4347.html

97歳女性、首絞められ殺害 奈良の介護老人保健施設
殺人容疑で捜査
外部から侵入形跡なし、97歳女性の部屋は無施錠
車いすの97歳女性はなぜ殺されたのか 現場は「密室」、深まるナゾ
 2017年5月23日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3457.html

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.04.03 (Wed)

ずさんな運営 ⇒ 下関市の社会福祉法人 ⇒ 聖恵会解散せえよ

こんな社会福祉法人は
社会福祉法人聖恵会

下関市は解散命令せよ!


改善命令の老人ホーム、全入居者21人が転居

下関市菊川町の社会福祉法人聖恵会(大谷法厳理事長)が社会福祉法に基づく市の改善命令を受けた問題で、市は2日、同法人が運営する軽費老人ホーム「ケアハウス希望の郷」の入居者21人全員が他の施設に転居したと発表した。
転居は、職員が施設長1人しかおらず入居者の安全が確保できないためで、市が支援した。


3月20日

下関市は20日、軽費老人ホーム「ケアハウス希望の郷」を運営する同市菊川町の社会福祉法人聖恵会(大谷法厳理事長)に対し、社会福祉法に基づく改善命令を出した。
2015年度以降、決算書が未提出で、17年度以降は帳簿も付けていないなどずさんな運営が続き、昨年3月に改善勧告を出していた。

同ホームには15日現在、入居者21人、従業員12人(うち非常勤9人)がいる。今年になって給与の未払いや光熱費の滞納が続いていた。


社会福祉法に基づく改善命令を行った社会福祉法人に対するその後の対応について 2019年4月3日
(入居者の転居支援)

社会福祉法人 聖恵会(めぐみかい)
下関市菊川町大字久野字湯谷ヶ浴94番地1
理事長 大谷法厳
ケアハウス希望の郷の設置経営 【定員30名】

概要
当該法人については既に改善命令を行い、まだその報告の期限に至っていないが(6参照)、法人の資金状況が著しく悪化し、運営する施設の入居者の安全を脅かすと思われる事態が発生したため、急遽特別監査を実施し、改善命令の内容と重複するが、直ちに改善が必要な事項について至急改善を行うよう指摘を行なった。同時に入居者の安全を確保するため、転居に同意した入居者に対し施設の紹介などの支援を行い、全入居者の他施設への転居を確認した。

改善命令後の法人(施設)の状況について
平成31年3月20日に改善を命令した事項についてその改善状況を現地で確認するため、平成31年3月26日に福祉政策課職員が法人事務所(ケアハウス内)を訪問した際、以下の状況を確認した。
(1)出勤者が職員1名のみ、休日であった施設長が急遽出勤し、計2名で業務を行っていた。

(2)給与未払いを理由に職員(パート含む)10名が3月26日より期間を定めず休暇取得。
残り1名の職員も27日より休暇を取る予定となっており、施設長一人での運営は3日間が限界との説明があった。

(3)理事長に連絡を取ったが、資金確保の目途は立っていないとの説明があった。

本市が行った対応について
状況を確認したため、本市として以下の対応を行った。
(1)急遽特別監査を実施することとし、現地から電話にて理事長に通知した。法人事務所内の書類の確認や出勤者への聞き取りを行ない、平成31年3月27日から勤務者が施設長1人になることが確認され、入居者へのサービスが著しく悪化して数日程度で運営が行き詰まることが推定された。そこで入居者の安全及び運営資金を至急確保し、その状況を平成31年4月1日までに報告するよう理事長に対して通知した。同時に、その通知の写しを役員全員に送付するとともに、市が電話番号を把握している役員3名に対し電話で通知内容を説明し、至急理事会を開催して対策を取るよう指導した。

(2)同時に現地から高齢者の権利擁護を担当する長寿支援課に情報提供を行った。同日長寿支援課職員が施設を訪問し、現場の状況を確認した。施設長からの聞き取りの結果、重大かつ緊急性が極めて高いと判断し、入居者の安全確保を最優先させるため、直ちに本人及び家族に施設の状況説明と転居相談を開始した。順次、転居に係る支援が必要な入居者には支援を行い、平成31年4月1日に入居者全員の転居を確認した。
なお、入居者の転居にあたっては、休暇中の施設職員が自主的に無給で出勤し、転居が円滑に行えるよう市の職員と連携して対応した。

特別監査実施日及びその改善状況の報告期限 (改善命令年月日及び改善報告期限)
平成31年3月26日、平成31年4月1日 (平成31年3月20日、平成31年4月17日)



社会福祉法人に対する社会福祉法に基づく改善命令について 2019年3月20日

法人名称 社会福祉法人聖恵会(めぐみかい)
所 在 地 下関市菊川町大字久野字湯谷ヶ浴94番地1
理事長 大谷法厳
事業 ケアハウス希望の郷の設置経営 【定員30名】

改善命令の主な内容
法令、定款等に違反する事項を是正し、適切な法人運営を図るために必要な措置をただちに講じること。
(1)会計帳簿書類の整備及び適切に法人会計が行えるような体制の整備を早急に行うこと。
(2)平成27年度以降の計算書類及び事業報告並びにこれらの附属明細書を早急に作成すること。
(3)平成28年度以前の法人に備えておくべき書類が事務所外に持ち出されており、その所在の調査及び回収を速やかに行うとともに、再発防止策を講じること。
(4)借入金や未払い金の実態を把握するとともに、債権者等と協議の上返済計画及び5か年の事業収支計画を作成すること。

改善命令に至った理由
平成30年3月8日付け下福第460号により改善を勧告した事項に対し、平成31年2月25日に実施した特別監査において以下の事実が確認されたため、改善命令を行うとともに、市民への適切な情報提供を行うことを目的として、この改善命令の内容について公表を行うもの。

【確認事実】
(1)所轄庁である市の再三再四の是正を求めた指摘事項にほとんど改善が見られないこと。
(2)著しく適性を欠く運営により法人及び施設の運営に緊急かつ重大な問題が生じていること。

なお、平成31年2月26日に行政手続法に基づき、当該法人委弁明の機会を付与するために、予定される不利益処分の内容、不利益処分の原因となる事実等を示した弁明通知書を法人理事長に手交したが、その期限である平成31年3月12日までに、その反論を示した弁明書の提出はなかった。

改善命令年月日
  平成31年3月20日

改善報告期限
  平成31年4月17日

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.04.03 (Wed)

旭川市の株式会社カメリアハウス995,471円返せよ

法人名: 株式会社 カメリアハウス
代表者名: 代表取締役 椿原耕司
所在地: 旭川市忠和6条1丁目番34号

住宅型有料老人ホーム:カメリア
入居者数20名 入居定員20名

実態として自らが運営する有料老人ホーム内に事業所を置いてサービスを提供していながら、割高な「訪問介護」の報酬を受け取っていた。

介護保険法に規定する指居宅サービス事業者及び指定第1号事業者に対する行政処分ついて

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.04.03 (Wed)

旭川市の訪問事業者:株式会社松本 ⇒ 6,091,389円返せよ

代表取締役 松本孝司
株式会社松本
住宅型有料老人ホーム:アッポジオ
開設日 平成27年8月1日
入居者数:13名 入居定員:13名

実態として自らが運営する有料老人ホーム内に事業所を置いてサービスを提供していながら、割高な「訪問介護」の報酬を受け取っていた。
旭川市職員が各事業所を訪れても職員が不在だったため、発覚した。不正に受け取った介護報酬全額の返還を求める。

介護保険法に規定する指定居宅サービス事業者及び指定第1号事業者に対する行政処分について 平成31年3月29日

指定居宅サービス事業者及び指定第1号訪問事業者である株式会社松本に対し,介護保険法(平成9年法律第123号)第77条第1項第6号及び第115条の45の9第6号の規定に基づく行政処分を平成31年3月29日に行いました。

対象事業者等
(1)事業者
法人名: 株式会社松本
代表者名: 代表取締役 松本孝司
所在地: 旭川市東光15条3丁目8番1号

(2)事業所
事業所名: ヘルパーステーションアッポジオ
所在地: 旭川市東光16条4丁目2番17号
サービス種類: 訪問介護及び第1号訪問事業
指定年月日: (訪問介護)平成24年4月1日
(第1号訪問事業)平成27年4月1日

処分内容
・指定居宅サービス事業者及び指定第1号事業者の指定の一部の効力の停止
(平成31年4月1日から平成31年6月30日までの3か月間,新規利用者の受入停止及び報酬の上限を7割とする。)
サービス種類: 訪問介護及び第1号訪問事業
根拠法令: 介護保険法第77条第1項第6号及び第115条の45の9第6号

処分の原因となる事実
(1)不正請求(介護保険法第77条第1項第6号該当)
平成30年1月から平成30年12月までの期間,同法人運営の住宅型有料老人ホーム内に指定訪問介護事業所の拠点を設置し,有料老人ホームの入居者に対し提供した介護サービスについて同一建物減算を適用せず,介護報酬を不正に請求した。
不正請求額3,244,707円(試算額)

(2)法令違反(介護保険法第115条の45の9第6号該当)
第1号訪問事業と一体的に運営されている指定訪問介護事業所において,介護報酬を不正に請求した。


代表取締役 松本孝司
有限会社啓翁舎
住宅型有料老人ホーム:啓翁舎倶楽部
開設日 平成27年8月1日
入居者数10名 入居定員13名
旭川市東光16条4丁目2番1号

実態として自らが運営する有料老人ホーム内に事業所を置いてサービスを提供していながら、割高な「訪問介護」の報酬を受け取っていた。
旭川市職員が各事業所を訪れても職員が不在だったため、発覚した。不正に受け取った介護報酬全額の返還を求める。

介護保険法に規定する指定居宅サービス事業者及び指定第1号事業者に対する行政処分について

指定居宅サービス事業者及び指定第1号訪問事業者である有限会社啓翁舎に対し,介護保険法(平成9年法律第123号)第77条第1項第6号及び第115条の45の9第6号の規定に基づく行政処分を平成31年3月29日に行いました。

対象事業者等
(1)事業者
法人名: 有限会社啓翁舎
代表者名: 代表取締役 松本孝司
所在地: 旭川市東光15条3丁目8番1号

(2)事業所
事業所名: ヘルパーステーション啓翁舎
所在地: 旭川市東光15条3丁目8番1号
サービス種類: 訪問介護及び第1号訪問事業
指定年月日: (訪問介護)平成19年3月10日
(第1号訪問事業)平成27年4月1日

処分内容
・指定居宅サービス事業者及び指定第1号事業者の指定の一部の効力の停止
(平成31年4月1日から平成31年6月30日までの3か月間,新規利用者の受入停止及び報酬の上限を7割とする。)
サービス種類: 訪問介護及び第1号訪問事業
根拠法令: 介護保険法第77条第1項第6号及び第115条の45の9第6 号

処分の原因となる事実
(1)不正請求(介護保険法第77条第1項第6号該当)
平成30年1月から平成30年12月までの期間,同法人運営の住宅型有料老人ホーム内に指定訪問介護事業所の拠点を設置し,有料老人ホームの入居者に対し提供した介護サービスについて同一建物減算を適用せず,介護報酬を不正に請求した。
不正請求額2,846,682円(試算額)

(2)法令違反(介護保険法第115条の45の9第6号該当)
第1号訪問事業と一体的に運営されている指定訪問介護事業所において,介護報酬を不正に請求した。

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.04.03 (Wed)

腐敗している藍住町の議会議員*こんどは ⇒ 森介護事業所株式会社が

腐敗している
藍住町の議会議員

森介護事業所株式会社
徳島県板野郡藍住町矢上字原78番地5
設立 2011年11月22日
代表取締役で藍住町議の 森 志郎66歳
取締役で管理者の 森 眞弓





デイサービス日和
徳島県板野郡藍住町矢上字原190番地1
99a_kmeedf5.jpg


介護報酬の不正受給で指定取り消し

徳島県は現職の藍住町議が運営する介護事業所が国の基準を満たさないまま介護報酬を受給したとして居宅サービス事業者の指定を取り消した。

4月1日付けで居宅サービス事業者の指定取り消し処分を受けたのは藍住町矢上の「日和デイサービス」を運営する「森介護事業所」で、森志郎藍住町議が代表を務めている。

県によると、森介護事業所は介護職員や看護職員の配置基準を満たしていなかったにもかかわらず、2016年9月から2018年8月にかけて合わせて2000万円余りの介護報酬を不正に受給していた。
行政処分に対し、「日和デイサービス」の施設長は「人員配置について認識不足だった」と話している。

県は故意の不正請求ではないと見ている。また、介護事業所の代表を務める森町議は、四国放送の取材に対し、「大変申し訳ない。知識不足によるミスだった。不正と指摘された金額については返還していきたい」と話し、議員辞職は否定した。


徳島県藍住町で高齢者のデイサービス施設を運営する会社が、およそ2000万円の介護報酬を不正に受け取ったうえ事実と異なる改善報告書を提出したとして、徳島県はデイサービス施設の介護保険の事業者として指定を取り消した。

介護保険の事業者としての指定が取り消されるのは、藍住町の「森介護事業所株式会社」が運営する「日和デイサービス」。

徳島県によると、この会社は平成28年9月から去年8月までの間、デイサービス施設の介護職員や看護職員の人数が法律の基準を満たしていないのに介護報酬を減額しないまま請求しおよそ2000万円を不正に受け取ったという。
さらに県の改善指導に対し、職員の人数が足りているとする事実と異なる勤務表をつくって提出したということで、県はデイサービス施設の介護保険の事業者としての指定を今月30日から取り消すことにする。

今後介護報酬を支払った市町村が返還を求めるという。
森介護事業所は「事務手続きに詳しい人間がおらず認識不足だった」と話している。


過去の藍住町議会議員さん


2019年3月4日
藍住町議が酒気帯び運転で議員辞職

徳島県藍住町議会の議員が酒を飲んで車を運転したとして、警察に摘発された。

酒気帯び運転の疑いで摘発されたのは、藍住町議会の矢部幸一議員(68)

警察によると、矢部議員は3日午前1時ごろ自宅近くの県道で車を運転していたところ、パトロール中の警察官に停車を求められ呼気検査で基準値を上回るアルコールが検出された。矢部議員はビールやチューハイを5杯ほど飲んでいたということで、3日付けで議員を辞職した。

矢部幸一議員
「町民に対して非常に言い訳のしようのないことをしてしまいまして、誠に申し訳ありませんでした」


去年4月には当時議長だった奥村晴明議員が酒気帯び運転の疑いで摘発されたが議員を続けている


3月26日
藍住町議会、2町議の辞職勧告決議を可決

藍住町議会は25日、昨年4月に酒気帯び運転で摘発された奥村晴明町議(69)と、佐野慶一町議(71)への辞職勧告決議案を賛成多数で可決した。


議長の奥村晴明への決議可決は3回目 3回も審議するって ・・・ バカ?

藍住町議会議員名簿

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.04.03 (Wed)

株式会社なかた+デイサービスなかた田宮店 ⇒ 3300万円返せよ

株式会社なかた
代表取締役 中田 寛
デイサービスなかた田宮店
徳島県徳島市北田宮一丁目1番4号

99a_kmeedf9b.jpg

徳島市で「デイサービスなかた田宮店」を運営する「株式会社なかた」は、看護職員の人数が法律の基準を満たしていないのに介護報酬を減額せずに請求し、3300万円余りを不正に受け取ったとして、徳島県はデイサービス施設に対し新規の利用者の受け入れなどを1日から3か月間停止する処分を行った。

「株式会社なかた」は「県の処分を真摯に受け止め、このようなことが2度とないように業務態勢を整えていきたい」と話している。

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |