FC2ブログ
2019年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2019.04.19 (Fri)

社会福祉法人龍峯会+林一族

社会福祉法人龍峯会
設立 平成19年10月4日
熊本県八代市興善寺町495番地

理事長 林 邦雄 医療法人優林会理事長 整形外科専門医
業務執行理事 常務理事 林 真千子
理事 林 悦子

理事全員の報酬等の総額 17,704,852円

監事監査 ⇒ 高橋静喜(税理士) 稲田卓也
監査報告により求められた改善すべきこと ⇒ 特になし (笑




社会福祉法人の資産を私的流用か

八代市で特別養護老人ホームを経営する社会福祉法人の理事長と家族が、法人の資産を私的に流用していたことが分かり、市は流用分を弁済し、辞任するよう勧告した。

勧告を受けたのは八代市で特別養護老人ホームを経営する社会福祉法人龍峯会。

市によると、平成29年度の定期監査の結果、理事長と、いずれも理事を務める妻と娘の3人の個人的な飲食代や買い物代が特別養護老人ホームの経費として支払われるなど、法人の資産が私的に流用されていたことが分かった。

理事長はそれ以前に不適切だと指摘された分も含めておよそ600万円を法人に返還した。

ところが、翌年度(30年)の定期監査でも不適切な支払いが明らかになったうえ、ことし2月の特別監査では、法人が公用車として購入した外国製の乗用車を、娘が個人的に使用し続けていることなどが確認されたという。
このため市は法人に対し、私的流用の実態を調べる第三者委員会を設置し、流用分を弁済させて理事長ら3人が辞任することなどを勧告した。

龍峯会の林邦雄理事長はNHKの取材に対し、責任を認めたうえで「妻と娘は理事を辞める予定だが入所者や職員のためにも理事長は続けたい」と話している。
市によると、この法人は、特別養護老人ホームを建設した際、国の補助金およそ2600万円を受け取っていた。



娘が個人的に使用している公用車 ⇒ BMW


理事長 林邦雄のあいさつ 顔出し
http://archive.is/pCVSm


八代市は
理事長の林邦雄や理事の妻と娘らが法人資金を私的流用したとして
法人に流用分の回復や理事辞任を勧告した


八代市が所管する社会福祉法人龍峯会において
社会福祉法等に関する重大な違反行為が行われた疑いが強いと判断されたため 社会福祉法第56条第4項の規定に基づく勧告を行い改善のために必要な措置をとるよう求めた。

今般 その措置状況報告が4月10日に法人より提出されたが本市の勧告内容に対して一部の対応が不十分であると判断し
同条第5項の規定に基づき公表する

社会福祉法人龍峯に対する勧告ついて平成31年4月12日

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.04.19 (Fri)

なんかよーわからん医療法人やな

医療法人悠山会
理事長 山内達司
愛知県名古屋市天白区植田1-2116 88ビル

介護報酬不正受給で返還命令

名古屋市の医療法人が運営する岐阜県下呂市にある2つの介護施設が、入所者の数をごまかして介護報酬を不正に請求していたとして、下呂市は、加算金を含めて約680万円を返還するよう命じた。
また、ケアプランを作成せずに介護報酬約1億円を受け取っていたとして、自主的に返還するよう指導をした。

返還を命じられたのは
名古屋市の医療法人「悠山会」が下呂市で運営するファミリア小坂ファミリア下呂・少ヶ野の2つの介護施設。

下呂市によると、2つの施設は、平成28年10月から去年5月にかけて、定員を超えた場合の介護報酬の減額を申請しなかったり、逆に、入所者を多く報告したりして、介護報酬を不正に請求していた。
このため下呂市は、加算金を含めて約680万円を返還するよう命じた。

また、2つの施設が4年から5年間にわたって、ケアプランを作成せずに介護サービスを提供し、約1億円の介護報酬を不適切に受け取っていたとして、自主的に返還するよう指導した。

施設を運営する悠山会は「処分を重く受け止め、今後、このようなことが起こらない体制にするための改革を行って参ります」とコメントしている。


下呂市が昨年12月に両施設で行った監査で不正が発覚

介護給付費を不正受給 下呂市と飛騨市が計約1200万円返還請求へ

岐阜県下呂市の2つの介護施設が介護給付費を不正に受給していたとして、下呂市などは医療法人に約1200万円の返還を求めることを明らかにした。

下呂市によると不正請求をしていたのは、名古屋市の医療法人「悠山会」が運営する下呂市の「ファミリア小坂」と「ファミリア下呂・少ヶ野」。

2016年11月から2018年5月までの間、「ファミリア小坂」で定員を2人上回っていたにも関わらず、「ファミリア下呂・少ヶ野」で2人を受け入れていると偽り、定員を超えた場合に必要な介護給付費を減額申請せず、満額を不正請求していました。

不正請求された下呂市と飛騨市は「悠山会」に対し、計約1200万円の返還を求めるということです。


利用者数を水増しするなどして、介護報酬を不正に受け取っていたとして、岐阜県下呂市は15日、市内二つの小規模多機能型居宅介護施設を運営する医療法人「悠山会」(名古屋市天白区)に対し、計約678万円の返還を命令するとともに、両施設の地域密着型サービス事業所指定の効力を6月から3カ月間停止するとの行政処分を発表した。

 下呂市によると、両施設のうち、同市小坂町の「ファミリア小坂」は2016年10月から17年3月にかけ、定員より2人多く利用者がいたが、定員を超える場合、3割減額して介護報酬を申請しなければならないのに市に報告せず、不正に報酬を受け取った。

 もう一方の同市少ケ野の「ファミリア下呂・少ケ野」では16年10月から18年5月にかけ、利用者を2人分多く装って申請し、市から介護報酬を受け取った。



ファミリア小坂とファミリア下呂・少ヶ野は3月から施設を休止している

悠山会は1億円近くの介護報酬を市に自主返還する意向を示している


過去には
入居者の90歳女性

職員に殴られた と訴える

南里裕也42歳 ⇒ ⇒ 殴った覚えはありません

医療法人悠山会が運営するグループホーム「ファミリア元八事」(名古屋市天白区)で、介護職員の南里裕也容疑者(42歳、名古屋市守山区元郷2丁目)が入所者に暴行したとして、愛知県警天白署は今月11日、同容疑者を逮捕したことを発表した。

南里容疑者は、先月22日、同グループホームに入所する90歳女性に対して、顔を数回殴るなどの暴行を加えケガを負わせた。翌23日、ホーム責任者に対し南里容疑者は「女性は転んで顔を打ったようだ」と説明していたが、被害女性が家族に「南里容疑者に殴られた」と訴えて事件が発覚した。

90歳入所者殴った疑い 介護施設職員逮捕 2018年9月12日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4160.html

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |