FC2ブログ
2019年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2019.04.21 (Sun)

全日本指定自動車教習所協会連合会*会長は元警察庁長官

また プリウスか
って言うじゃな~い

別にプリウスを叩くわけじゃないけどな
あまりにもプリウスの重大事故が多すぎるわ
オマエらこのプリウスって車を運転したことあるかぇ?
ワテは何度か運転したことがあるけどな相当慣れないと戸惑うわ
ましてや高齢者だからな


こんな危険な危ない75歳以上のドライバーが多すぎるわ

19日午後12時25分ごろ、東京都豊島区東池袋四の都道交差点で、板橋区弥生町、無職飯塚幸三さん(87)の乗用車が、横断歩道を自転車で渡っていた豊島区東池袋二、無職松永真菜さん(31)と長女莉子ちゃん(3つ)や歩行者らを次々とはねた。松永さん親子は病院で死亡が確認された。ほかに、飯塚さんを含む40~90代の男女8人が骨折などの重軽傷を負った。

警視庁交通捜査課によると、ドライブレコーダーに残された音声から、飯塚さんは事故直前、同乗していた80代の妻から「危ないよ。どうしたの」と声をかけられ、「どうしたんだろう」と答えていた。事故後、息子に「アクセルが戻らなくなって、人をいっぱいひいてしまった」と電話していた。

飯塚さんは池袋駅方面から南東に走行中、道路左側のガードパイプに接触。スピードを緩めずに約150メートルにわたって暴走した。その間、横断歩道で自転車の70代の男性をはね、二カ所目の横断歩道で、自転車に乗っていた松永さん親子をはねた。さらに、左側から来たごみ収集車と衝突し、別の横断歩道に突入。歩行者4人をはねた。対向車線で信号待ちをしていたトラックにぶつかって止まった。

現場は片側二車線の直線。いずれの横断歩道も飯塚さんの側が赤信号だったと、交通捜査課はみている。目立ったブレーキ痕はなかった。



この人って この男の家族は 松永真菜さんと莉子ちゃんに どう詫びるんだろうか

このドライバーの無職の飯塚幸三87歳は経済産業省の官僚だった そうや
近所の住民は飯塚幸三87歳の近況について
ここ何年かで 歩くのは結構きつそうになっていた 最近はいつも、つえを持って歩いていたと語った

このドライバーの無職の飯塚幸三87歳は
アクセルが戻らなくなったと話している
だがなオマエさんのウソはバレる
近頃の車にはイベントデータレコーダーなるものを密かに設置してるんだよ
解析すれば言い訳は通用せんのだ
オマエさんの一族で松永さんを一生償え!


認知機能検査 って (笑
87歳って
男性の平均寿命は81歳だろ
免許の更新させるなよ
この飯塚一族は よくもまぁこの男をホッタラカシにしといたわ


高齢者の運転支援だと
我々の税金をこんなもんに使わんといてくれ

一般社団法人
全日本指定自動車教習所協会連合会
会長 田中節夫 元警察庁長官
東京都千代田区九段南2丁目3番9号サン九段ビル4階
Tel 03-3556-0070

全日本指定自動車教習所協会連合会が運営するサイト

http://www.zensiren.or.jp/kourei/index.html


高齢運転者は自動車の運転のベテランです。しかし、年齢とともに視力や体力、記憶力や判断力など身体機能が変化し、若いときと同じではなくなってきます。そうした加齢に伴う身体機能の変化を理解し、変化に応じた運転を行うことで安全運転を続けることができます。

現在、70歳以上の運転免許取得者には、免許証更新時に「高齢者講習」を受講しなければなりません。この講習は、視力や運転操作につき問題がないかを確認したり、実際に車を運転したりしながら、自身の運転技能についての認識・理解を深め、その後の安全運転に生かしていただくためのものです。

75歳以上の方が免許証を更新する場合には、高齢者講習及び認知機能検査を受けなければなりません。認知機能検査は、記憶力や判断力等の認知機能を簡易な手法で調べる検査で、その結果に応じて高齢者講習を実施します。
また、認知機能の低下のおそれのある方に対して、タイムリーに医師の診断や安全運転支援(安全運転指導)を行うことを可能とするため、認知機能が低下した場合に行われやすい一定の違反行為をした場合には、臨時認知機能検査を受けなければならず、その結果に基づいて、臨時高齢者講習の受講や臨時適性検査又は主治医等の診断書の提出を行うことなどが定められています。
高齢者講習及び認知機能検査は、各都道府県公安委員会又は各都道府県公安委員会よ り業務委託されている指定自動車教習所等で受けることができます。

エエかげんに もうな
65歳以上の運転免許の更新を厳しくさせなさい
くだらんサイトに金をつかうなよ
Blog Top  | つぶやき | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.04.21 (Sun)

公職選挙法違反で捕まるなんて ⇒ オマエさんら人間失格や

選挙で投票の偽造をすることは悪質な行為である
オマエら やるんじゃねぇぞ
人生終わるよ
横領とか不正受給とかのレベルじゃないぞ
気ぃつけや


氷山の一角
表面に現れている事柄は全体のほんの一部にすぎないことのたとえ

4月7日に行われた県知事選挙の不在者投票で意思表示ができない70代から90代の入所者の女性5人の投票用紙に勝手に候補者の名前を書いて投票した理事長の一乗公博容疑者86歳+吉田まみ44歳+川田有美52歳+中村嘉克43歳+四方康代40歳
公職選挙法違反の投票偽造で逮捕された





福井県知事選で投票偽造、介護施設の5人逮捕 

7日投開票された福井県知事選で、特別養護老人ホーム入所者の不在者投票用紙に勝手に候補者名を記入して投票したとして、県警は19日、公職選挙法違反(投票偽造)の疑いで、同県大野市犬山、社会福祉法人理事長一乗公博容疑者86歳ら5人を逮捕した。

他に逮捕されたのは
いずれも同老人ホーム職員の同市春日、吉田まみ44歳、同市中荒井、川田有美52歳、勝山市郡町3、中村嘉克43歳、大野市中野、四方康代40歳の4容疑者。

逮捕容疑では、4月上旬に同老人ホームで行われた不在者投票で、意思表示できない70~90代の女性入所者5人の投票用紙に勝手に候補者の氏名を書いて投票したとされる。

県警は認否を明らかにしていない。
同老人ホームの不在者投票は県選挙管理委員会から指定され、施設長の一乗容疑者が管理者、中村、四方両容疑者が代理投票補助者、吉田、川田両容疑者が投票立会人となっていた。老人ホームなどでの不在者投票で、公正さを確保するために努力義務とされている外部立会人はいなかった。


社会福祉法人光明寺福祉会
浄土真宗 本願寺派光明寺が創設した福祉法人 だってさ



不在者投票で投票偽造 第三者チェックなし

警察によると、この施設は県知事選挙で不在者投票を行う施設に指定されていて5人は不在者投票の管理者や立会人、それに代理で投票用紙に記入する役割を務めていたという。
また、不在者投票時には施設関係者以外の外部の人の立ち会いはなく、不正がないか第三者のチェックはない状況だった。
この施設では今回の県知事選挙でおよそ50人が不在者投票をしていた。警察はほかにも不正がなかったなど詳しく調べることにしている。


さて 誰に投票したのか

投票偽造 施設長が中心的役割か

福井県知事選挙の不在者投票で、大野市の特別養護老人ホームの施設長ら5人が、意思表示できない入所者5人の投票用紙で勝手に投票したとして逮捕された事件で、警察は逮捕された施設長が中心的な役割を果たした疑いがあるとみて20日、施設を家宅捜索するなどして詳しく調べている。

この事件は、大野市の特別養護老人ホームなどを運営する社会福祉法人の理事長で施設長を務める一乗公博容疑者(86)と職員のあわせて5人が、4月7日に行われた県知事選挙の不在者投票で、意思表示ができない70代から90代の入所者の女性5人の投票用紙に、勝手に候補者の名前を書いて投票したとして、公職選挙法違反の投票偽造の疑いで、19日逮捕された。

警察は20日、大野市の施設などを家宅捜索した。
警察によると、不在者投票時には施設関係者以外の外部の人の立ち会いはなく、不正がないか第三者のチェックはない状況だったという。

このうち施設長の一乗容疑者は不在者投票の管理者を務めていて立会人などを選定する立場だったことなどから、犯行で中心的な役割を担った疑いがあるとみて調べている。
警察は施設での不在者投票制度を悪用した犯行とみてほかにも不正がなかったかなど詳しく調べることにしている。


>入所者5人の投票用紙に同じ候補者名が記入された可能性がある
>今回 施設全体で約50人が不在者投票していた

>統一地方選に当たり、福井県選管は2月12日、不在者投票で投票偽造がないよう県内の施設担当者ら約150人を集めて福井市内で説明会を開いていた。
>入所者らに投票の意思を確認するよう要請。「入所者から依頼があった場合のみ、市町に投票用紙を請求してほしい。
>投票が公正・公平に行われるよう立会人を決めるように」と念を押していた。

>>不在者投票時には施設関係者以外の外部の人の立ち会いはなく、不正がないか第三者のチェックはない状況だった。
>>>あるベテラン捜査員は「今回の知事選のような激戦になると、支持する候補者を勝たせたいという思いが強まる。なかなか不正はなくならない」と語った。

なんのこっちゃ

仏教精神 って何なのさ
浄土真宗本願寺派

むかし昔ムカシから こんな事件事例は
よくあることだった
社会福祉法人の理事長が県や市からの天下り 県や市の元幹部職員だったとか
新たに施設を建設するとき市長や知事に市議会議員や県会議員に
土地や建設の斡旋してもらいたいから 入札の便宜や献金や選挙応援する
特定の候補者を選挙応援する
むかし昔から こんな事件事例は よくあることだった
今もだろ
氷山の一角




浄土真宗 本願寺派光明寺が創設した福祉法人
社会福祉法人光明寺福祉会
この福祉法人が この候補者3人の誰かと関わりがあるのか?
この誰かを投票すれば どんなメリットがあるのだろうか?


不正の温床の声も

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |