FC2ブログ
2019年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2019.05.31 (Fri)

ええええええええええええええええええええ*んなアホなホンマかいな

株式会社アセット
神戸市兵庫区中道通6丁目1-29
代表取締役社長 押部浩二

有料老人ホーム:パーマリィ・イン明石
開業 平成12年2月1日
兵庫県明石市大久保町八木486


有料老人ホームで男性孤独死 10日超気付かず 

兵庫県明石市の介護付き有料老人ホーム「パーマリィ・イン明石」の個室で暮らしていた男性(91)が5月22日に死亡しているのが見つかり、死後十数日経過していたことが31日、ホームへの取材で分かった。明石市は施設職員が孤独死に気付かなかった経緯を調べている。

ホームや明石市によると、防犯カメラ映像から、男性は9日に買い物に出掛けた後は外出していない。22日午前、男性が2階にある部屋から出てこないことに事務職員が気付き、室内を確認して倒れているのを見つけた。医師の検案では死因不明だったが、10日ごろに死亡したという。

男性は2000年に妻と入居し、妻は04年に死亡。家族からは5月4日に「(男性の)体調が悪い」と伝えられていた。ただ、その後数日は何度も自転車で外出していたという。

ホームは約90室に約100人が入居しており、複数の介護スタッフが常駐。男性は食事提供や週1回の掃除といったサービスを受けておらず、ホームとして安否確認ができていなかった。




たぶん ココか? 確定しました
http://bit.ly/2MfqbnB

兵庫県明石市の有料老人ホームで、入居者が「孤独死」していた。亡くなった90代の男性は遺体の状況から、通夜や葬儀では棺(ひつぎ)のふたにテープが張られ、遺族は顔を見られなかった。棺に花を入れることもできず、遺族は「きちんとお別れもできなかった」と悔しさをにじませる。

男性は2000年、妻と一緒に入居。妻が04年に亡くなった後も同じ部屋で1人で暮らしていた。「子どもたちに迷惑をかけたくない。誰にも気付かれずに死ぬのも嫌」などと語っていたという。

入居金は2人で約2200万円。男性は介護の必要のない「自立」で、現在は管理費などで月約12万円を支払っていた。

今月22日朝、男性は自室の机の近くで倒れているのが見つかった。今月4日、家族が訪れた際に作った煮物が、鍋の中でカビだらけになっていたという。

同ホームでは、入居者の約8割は介護保険サービスを受けており、定期的に部屋に人の出入りがある。男性と同じ「自立」の人の安否は、清掃サービス(無料)やレストランでの食事、医師による往診の状況などで把握していたが、男性はいずれも利用していなかったという。介護保険サービスを使っていない入居者の安否確認のため、スタッフが各部屋を訪問する制度はなかった。

遺族は「支払ったお金は安くはない。介護保険サービスを受けず、身の回りのことができていたとはいえ、何かあったときは助けてほしいと思っていたはず」と肩を落とした。


b555c_m8ui8i.jpg

亡くなった90代の男性は遺体の状況から、通夜や葬儀では棺のふたにテープが張られ、遺族は顔を見られなかった。棺に花を入れることもできず、遺族は「きちんとお別れもできなかった」と悔しさをにじませる。

男性は2000年、妻と一緒に入居。妻が04年に亡くなった後も同じ部屋で1人で暮らしていた。「子どもたちに迷惑をかけたくない。誰にも気付かれずに死ぬのも嫌」などと語っていたという。


支配人 二反田 幸樹

兵庫県明石市の介護付き有料老人ホーム「パーマリィ・イン明石」で男性(91)が孤独死して10日以上気付かれなかったのは、元気で自立した生活をしていたため施設側が安否確認を怠ったことが原因とみられる。明石市は31日、見回り態勢や人員配置に問題がなかったか詳しく聞き取る方針を明らかにした。

厚生労働省は同日、全国の自治体に「入居者が希望しなくても、毎日1回以上、安否確認を実施することが必要」との通知を出し、施設への指導の徹底を求めた

ホームによると、男性の部屋は2階の端で、机の脇で倒れていた。入り口の鍵はかかっていなかったため、様子を見ることは容易だった。


生活相談員 西田陽一    ケアマネジャー 常峰はるな



看護職員 田村美恵子
b555c_m8b9iin.jpg
http://palmaryinn.com/akasi/facilitystaff.html

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.05.30 (Thu)

58歳の介護者を傷害で逮捕*グループホーム紫苑のさと

認知症女性の顔を殴った疑い 高齢者施設の介護職員逮捕

グループホームに入所する高齢の女性を殴ってけがを負わせたとして、福岡県警は30日、宇美町貴船2丁目、介護職員吉村浩一容疑者(58)を傷害の疑いで逮捕し、発表した。吉村容疑者は「ストレスがたまってイライラしていたので、つい手が出てしまった」などと話しているという。

粕屋署によると、吉村容疑者は23日午後4時ごろから24日午前10時ごろまでの間、勤務先の町内のグループホームで、自身が担当する入所者の認知症の女性(85)の顔を殴るなどして、約1週間のけがを負わせた疑いがある。

当時は吉村容疑者が当直勤務で、24日に別の職員が出勤した際、女性のけがを見つけ、発覚した。


・・・ ストレスがたまって ・・・
どんなストレスなんだろうか?
単に自律神経失調症か?



それとも むしゃクシャしてて 言い訳で ストレスがたまって ・・・ そうなんか? 

株式会社アメニティライフ
代表取締役社長 山口高史
福岡県太宰府市向佐野4丁目16-1

グループホーム紫苑のさと
福岡県糟屋郡宇美町井野15-9

58歳の介護士

認知症高齢者向けグループホームに入居する女性(85)の顔を殴り、全治約1週間のけがを負わせたとして、福岡県警粕屋署は30日、施設で働く介護士の吉村浩一容疑者(58)=同県宇美町貴船2=を傷害の疑いで逮捕した。同署によると、吉村容疑者は「ストレスがたまりイライラしていたので、つい手が出てしまった」と容疑を認めている。

逮捕容疑は23日午後4時ごろから24日午前10時ごろ、宇美町にある「グループホーム紫苑のさと」で、入居中の女性の顔面を殴るなどの暴行を加え、両目にあざなど全治約1週間のけがを負わせた疑い。

同署によると、吉村容疑者は2017年9月ごろから施設で働いていた。当日は夜勤で、女性を含め計9人の入居者を1人で担当。女性のあざに気付いた他の職員が吉村容疑者に話を聞いたところ、暴行を認めた。

女性の次女が「以前にもおでこにあざがあった」と話しており、同署は他にも暴行がなかったかを調べている。


イライラしたのでつい手が出てしまった

グループホーム入所者85歳女性の顔殴る 介護士を傷害容疑で逮捕

福岡県宇美町の認知症対応型グループホーム「紫苑のさと」で、入所者の女性(85)の顔を殴り、けがをさせたとして、福岡県警粕屋署は30日、施設職員の介護士、吉村浩一容疑者(58)=宇美町貴船2=を傷害容疑で逮捕した。「ストレスがたまってつい手が出てしまった」と供述し、容疑を認めているという。女性の家族は「過去にも額にあざがあった」と話しており、同署は日常的な虐待の有無を追及する。

逮捕容疑は23日午後3時55分~24日午前10時10分ごろ、入所者の女性の顔を殴るなどの暴行を加え、約1週間の打撲傷などを負わせたとしている。女性は中度の認知症を患い、普段は車椅子を使用しているという。

粕屋署によると、施設の女性が暮らす建物には9人が入所。職員は7人態勢だが、当時は当直の吉村容疑者が1人で勤務する時間もあった。24日朝、別の職員が女性の両目と左腕のあざに気付き、吉村容疑者を問いただしたところ「たたいた」と認めたという。施設側は25、26の両日、女性の家族へけがについて説明したが、吉村容疑者がたたいた疑いは28日まで説明しなかった。同日、家族が粕屋署に通報して発覚した。

県警は30日、施設などを傷害容疑で家宅捜索した。施設の運営会社アメニティライフ(福岡県太宰府市)は取材に「暴行を防ぐための研修は十分にしてきたつもりだが、こうした事が起きてしまい申し訳ない」と話した。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.05.28 (Tue)

鹿児島乳児院の改善報告書を見たいわ

5歳の男の子に対し
施設長が正座をさせ平手でたたいた




社会福祉法人鶴陽会
鹿児島県鹿児島市山田町2017-1

鹿児島乳児院
施設長 増元邦明?

乳児院虐待問題 再発防止策について協議

鹿児島市の乳児院で、施設長による5歳の男の子への虐待があったと県に認められた問題。施設側が提出した再発防止策について、専門家などが意見を交わした。

問題があったのは、鹿児島市山田町の社会福祉法人鶴陽会が運営する鹿児島乳児院。
今年2月に施設長が当時5歳の男の子に虐待をしていた。施設長は先月処分され現在、新しい施設長が就任している。

施設側は県に報告書を提出し、職員が不正行為を理事長などに通報するホットラインを整備するほか、研修を行うなどの再発防止策を示していた。

27日の会議には、県の医師会や福祉関係の団体の関係者などが出席し、再発防止策について意見を交わした。会議では、ほとんどの取り組みがすでに行われていることなどから、「おおむね評価できる」との意見がまとまった。
その上で今後は、公的な機関など第三者に通報できるシステムを導入することや、人材確保に早急に取り組むなどの意見が出された。
県は出された意見を施設側に伝え、改善の状況を確認していくとしている。


鹿児島県によると法人は問題点として
児童を厳しくしつける方針の施設長に対し職場全体で意見を言えない雰囲気があった
補佐役の主任が配置されていなかった




鹿児島乳児院で長時間正座強要 3月28日

鹿児島県は28日までに、鹿児島乳児院(鹿児島市)の施設長が児童に正座を長時間強いる虐待があったとして、施設を運営する同市の社会福祉法人「鶴陽会」に再発防止策を講ずるよう求める行政指導を行ったと発表した。指導は22日付。

乳児院によると、施設長は男性で、虐待を受けたのは当時5歳の男児。県によると、男児は現在、県内で一時保護されている。
虐待は2月8日、児童相談所への通告で発覚。県はその後、職員らへの聞き取り調査を実施し、施設長が同日、男児を硬い床の上に少なくとも15分間正座させて叱る身体的虐待があったと認定した。ほかの児童への体罰は確認できなかった。

鶴陽会の大勝隆一理事長は「子供を保護する施設であってはならない事案。再発防止に努め、施設長を厳しく処分する」とコメントした。
乳児院は、保護者が育てられなくなった乳幼児を預かる施設。


施設側は鹿児島県に報告書を提出
その報告書を公表してくれ
見せてくれ

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.05.27 (Mon)

社会福祉法人さくら会+八尾市が訴えられた

園児の保護者10人が社会福祉法人さくら会と八尾市に約550万円の損害賠償訴訟

保育士のわいせつ事件で他の保育士が一斉に退職を希望し、大阪府八尾市の認定こども園が休園した問題で、転園を余儀なくされた園児の保護者10人が27日、園を運営する社会福祉法人や八尾市に約550万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。

保護者らは2018年12月、休園回避のための調停を申し立て、経営陣の刷新などを求めたが運営法人は応じず、不成立に終わっていた。提訴後に記者会見した保護者の1人は「園側の身勝手な理由でなぜ子どもたちが放り出されなければならないのか、理解できない」と憤った。


認定こども園の男性保育士が園児に対しわいせつ疑惑 2018年8月5日
今年6月逮捕されていた ⇒ 強制わいせつの罪で起訴される
和田敬之30歳は
勤務先の認定子ども園で全裸の女子児童2人の身体を触った罪に問われている
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4122.html

2018年10月24日
わいせつ事件が発覚した八尾の認定こども園
社会福祉法人さくら会 さくら保育園
10月23日八尾市議会

田中ゆうこ議員
認定こども園の休園があるとしたら大変な問題です。休園を避ける、このための努力と決意を語っていただきたいと思います

平野佐織副市長
保育の保証されることについては、いま鋭意努力させていただいているし、保護者にも説明しているなかなので、ご指摘いただくまでのことではないと思います

⇒ 保育士30人が全員退職を希望している 休園へと
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4221.html

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.05.27 (Mon)

外部公益通報で発覚*印章偽造罪 ⇒ 社会福祉協議会

これらの報道ニュースは5月22日~24日
なのに
社会福祉法人八幡市社会福祉協議会
社会福祉法人城陽市社会福祉協議会
27日現在にも己のホームページには何の記載がない

認印だけれど
罪は重いぞ

ケアマネが印鑑無断作成「忘れた際に備えて」10年で114人分

京都府八幡市社会福祉協議会のケアマネジャーが、介護サービス利用者114人分の印鑑を無断で作り、本人や家族の許可無く使用していたことが23日、分かった。市は利用者への確認が不適切として調査、市の聞き取りに対しケアマネ4人は「印鑑をもらい忘れた際に備えて作っていた」と話しているという。

市社協によると10年ほど前からこうした運用が行われており、その期間に利用者本人や家族に許可無く作成された印鑑114人分(119本)を確認。うち93人分(97本)が使用されていた。

介護保険法に基づく省令では、月1回、ケアマネが利用者らに介護サービスの内容や日時、保険料などを示した計画書を提示し、同意の証明として押印してもらう必要がある。

市の聞き取りに対し、ケアマネは
押印してもらうのを忘れた際に無断作成した印鑑を押していた。認知症の利用者の場合、再訪問すると混乱させてしまうことがある

などと説明しているという。

4月下旬に市への情報提供で発覚。
八幡市市社協の和田康弘事務局長は「事務局として、こうした運用がされていたことは知らなかった。印鑑を無断作成された利用者や家族に謝罪し、再発防止を徹底する」と話した。


ケアマネージャーの単独による犯罪なんですか?

社会福祉協議会のケアマネが利用者の印鑑を無断作成 不正使用も

京都府八幡市社会福祉協議会職員のケアマネジャーが介護サービス利用者116人の印鑑を無断でつくり、介護の計画をつくる際、本人や家族の許可なく押していたことがわかった。調査した市への取材でわかった。市は聞き取り調査を終え、ケアマネ4人が不正を認めた。複数のケアマネが「印鑑をもらい忘れた場合、手間を省き、再訪問せずに勝手に押していた」と説明しているという。

八幡市と京都府は7日、社協に立ち入り調査をした。ケアマネの机から見つかった利用者の印鑑は139人分(145本)で、なかには61人分(64本)を持っていたケアマネもいた。116人分(121本)は本人や家族に無断でつくられており、うち95人分(99本)は実際に不正使用されたことを確認したという。

介護保険法に基づく省令では、ケアマネが少なくとも月1回、利用者と面接することを規定。ケアプランをつくる際、利用者に計画書を示して同意を得ることも定めている。同意した証しとして書類に押印してもらうか、署名してもらうことになる。

厚生労働省振興課や市高齢介護課によると、無断でつくった印鑑を押した場合、同意を得たり面接したりしたとは認められず、同法の趣旨に反するおそれがある。


八幡市社会福祉協議会のケアマネが介護利用116人分の印鑑無断作成・使用

八幡市社会福祉協議会職員のケアマネジャーが、介護サービス利用者116人分の印鑑を無断で作り、本人らの許可なく使用したとして、市と府が調査していることが分かった。無断使用を認めたケアマネは4人で、市に「印鑑をもらい忘れた際などに備え、業務をスムーズに進めるために作った」などと釈明しているという。


京都府八幡市社会福祉協議会のケアマネジャーが、介護サービス利用者114人分の印鑑を無断で用意し、本人や家族の許可無く使用していたことが23日、分かった。城陽市社協でも利用者5人分の印鑑を無断で用意、使用していた。いずれも書類に印鑑をもらい忘れたり、利用者本人が印鑑の管理が難しかったりした場合に押印していたという。

介護保険法に基づく省令は、月1回、ケアマネが利用者を訪問して面接することや、介護サービスの内容や保険料などを示した計画書を説明し、同意を得なければならないと規定。同意を得た証しとして押印してもらっているという。

八幡市社協では、10年ほど前からこうした運用が行われており、無断で用意した印鑑114人分(119本)を確認。93人分(97本)が使用されていた。

城陽市社会福祉協議会でも印鑑5本を本人や家族の許可無く用意、使用していた。

両市社協のケアマネは市などの聞き取りに対し「認知症の利用者の場合、再訪問すると混乱させてしまうことがある」「介護サービスの予定を記した利用票には必ず確認印が必要と思い込み、無断で押印していた」と説明しているという。今後、利用者に謝罪するとともに再発防止を徹底するとしている。



城陽市社会福祉協議会も無断で印鑑作製・使用 利用者5人分

京都府城陽市社会福祉協議会職員のケアマネジャーが、介護サービス利用者名の印鑑を無断でつくり、月1回つくる介護計画の書類に押していたことがわかった。社協が取材に明らかにした。社協の聞き取り調査に対し、ケアマネ4人が不正を認めたという。無断でつくられた印鑑は5人分(5本)で、利用者や家族の許可なく押されていた。

八幡市社協で同様の問題が発覚したため、城陽市社協が全7人のケアマネに聞き取りをしたところ、うち4人が「寝たきりや認知症で押印してもらうのが難しいとき、無断で印鑑をつくって押した」と説明。「本人に押してもらえそうになく、家族に会えない場合に印鑑をつくった」と話しているという。不正は少なくとも数年前から始まっており、確認を進める。

社協の担当課長は23日以降、関係者宅を訪れ、謝罪している。社協の山下浩二事務局長は取材に、「利用者や家族の了解を得ておらず、反省している。無断でつくった印鑑については今後、利用者宅で家族に保管してもらうことを考えたい」と話した。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.05.24 (Fri)

元施設長+元支援員3人不起訴

元施設長+元支援員3人

退職されたんですか?

元障害者施設長ら不起訴=8歳児水死事故

大阪府太子町の障害者支援施設「四天王寺太子学園」で入浴中の男児が水死した事故で、業務上過失致死容疑で書類送検された元施設長の男性(58)ら3人について、大阪地検堺支部は23日までに、嫌疑不十分で不起訴とした。


障害者施設の風呂で8歳男児が溺れ死亡 2017年6月15日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3526.html

注意義務怠った 業務上過失致死容疑で 施設長+支援員3人 2018年3月15日
施設職員3人書類送検
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3936.html

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.05.23 (Thu)

児童養護施設愛児の家での虐待人権問題疑惑 ⇒ 東京都の調査は不適切

愛児の家

戦災孤児を救護するため戦後の1945年11月に創立
家庭環境などに恵まれない子どもたちを中野区の施設で養護、育成している
入所児童の定員は36人



東京弁護士会が児童養護施設「愛児の家」で虐待と是正勧告

家庭環境に恵まれない子どもが生活する東京都中野区の児童養護施設「愛児の家」で、職員による児童への虐待があったとして、東京弁護士会が今年2月に是正を勧告していたことが23日、弁護士会への取材で分かった。東京都も過去に通告を受けて調査したが、虐待には当たらないと判断。弁護士会は調査が不適切だったとして、都にも改善を勧告した。

愛児の家の石綿徳太郎施設長は同日、施設で記者会見し「虐待の事実はなく、職員の弁明も聞かずに出された勧告には納得いかない」と反論。16日に勧告の撤回を求めて弁護士会に異議申し立てをしたと明らかにした。

人権問題も?


施設内で隠蔽か?


それともこの問題はウソ偽り?


「中野の施設で児童虐待」 弁護士会が是正勧告

虐待など事情のある子どもが生活する社会福祉法人の児童養護施設「愛児の家」(東京都中野区)で複数の職員から複数の児童への虐待があったとして、東京弁護士会(東弁)が児童の権利を侵害しないよう今年2月に勧告したことが分かった。

2015年に人権救済の申し立てがあり、施設の児童らから独自に聞き取り調査をしていた。この施設については都も通告を二度受けて調査したが、いずれも虐待に当たらないと判断。東弁は都の調査手法も「著しく不適切」と改善を勧告した。

関係者や入手資料によると、都が虐待通告を受けたのは2013年3月と14年1月で同じ通告者らからだった。都は一部の児童や職員から聞き取り調査を行い、一度目は職員の強い口調や差別的な発言が不適切などとして口頭で指導する一方、虐待には当たらないと判断。二度目も「特段指導の必要はない」とした。

東弁は2015年6月に人権救済の申し立てを受け、ほぼ全ての児童らから聞き取り調査を実施。勧告では、高校進学時などに、施設のルールを守らない場合、施設にいられないと約束させる誓約書に署名を求めていたことを問題視。複数の職員で取り囲んで署名を迫ったとし、厚生労働省の虐待対応ガイドラインで「脅かし、脅迫」に当たる心理的虐待だとした。施設側は2017年に誓約書の一部を修正している。

また、男性職員が反抗的な児童の首周辺を腕で絞め、ソファに押し付けるなどの身体的虐待もあったと判断。施設の女性職員が児童に聞こえるように「ぶす」「死ねよ」などと述べ、男性職員が児童に「頭おかしい」と発言したとした。

愛児の家の石綿徳太郎施設長は取材に「勧告は事実関係があまりに違う」と事実関係を否定し、施設の職員に弁明の機会がなかったなどとして、東弁に異議申立書を提出したことを明らかにした。

東弁は都の一度目の調査に対しては、施設を介して聴取対象児童を選び、施設内で聞き取りをしたとして調査手法を問題視。この調査では誓約書の存在も確認できておらず、東弁は厚労省ガイドラインに違反し「著しく不適切」と指摘した。このほか、児童が都児童相談所の職員に「施設の職員に怒鳴られる」と相談したのに都が調査せず、相談内容を施設側に伝えたとも指摘。相談時の事実確認などを定めた児童福祉法に違反するとした。東弁は近く勧告書をホームページに公表する方針。

都の桑田朋子担当課長は「都の調査は適切に行われたと考えている。児相職員が相談内容を施設側に伝えたとの事実は確認していない」とし、どう対応するか検討するため東弁に問い合わせているとした。


東京都が虐待通告を受けたのは2013年3月と2014年1月で同じ通告者から



 高校進学時などに施設のルールを守らない場合、施設にいられないと約束させる誓約書に署名を求めていた
 施設側 ⇒ 2017年に誓約書の一部を修正する

 複数の職員で取り囲んで署名を迫る
 施設側 ⇒ 誓約書への署名についても強要ではなく、子どもたちの進路に幅広い選択肢を与えるための説明だった
 男性職員が反抗的な児童の首周辺を腕で絞め、ソファに押し付ける
 女性職員が児童に聞こえるように ブス 死ねよ
 施設側 ⇒ この時代にあり得ない。うちは(多数の職員で多数の子どもを養育する)大舎制で、職員は必ず複数で対応する。(職員の)1人が不適切なことをしても、誰かが止めることができる。それぞれ抑止力になり、1人が暴走することがない。

 全児童から聞き取りをしなかった
 施設側 ⇒ 問題はない

 虐待調査で誓約書の存在に気づかなかった
 施設側 ⇒ 重く受け止めるが本音を聞きだしており調査不十分ではない

 児童が東京都児童相談所の職員に「施設の職員に怒鳴られる」と相談したのに都が調査しなかった
 相談内容を児童相談所の職員が施設側に伝えた

 施設側 ⇒ 事実ではない

東京都当時の調査は適切に行ったと考えている

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.05.22 (Wed)

古河文化幼稚園*送迎バス運転手は71歳



幼稚園バスが乗用車と衝突、運転手が意識不明

22日午前8時ごろ、茨城県古河市古河の国道4号で、古河文化幼稚園(古河市)の送迎バスが対向車線の乗用車と衝突した。バスの運転手の男性(71)が意識不明の状態で病院に搬送され、同乗していた幼稚園の女性教諭(23)と乗用車の男性会社員(41)が首などに軽傷を負った。バスに園児は乗っていなかった。

県警古河署が、運転手が意識不明の状態になった経緯などを調べている。バスは園児を迎えに行く途中だった。現場は片側1車線の直線道路。


ホームページには何も無かったかのように ・・・
ブログには当日も更新されているし ・・・


運転手は71歳

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.05.22 (Wed)

株式会社川島コーポレーション ⇒ 有料老人ホームの経営

経営者が×なのか 施設管理者が×なのか

ggff3_9oklbb9.jpg

介護施設で入居者男性殺害の疑い 元介護士の男逮捕

先月、東京・品川区の介護施設で入居者の82歳の男性を暴行を加えて殺害したとして、元介護士の28歳の男が逮捕された。

元介護士の根本智紀容疑者は先月3日から4日にかけて、品川区北品川の介護施設「サニーライフ北品川」で、入居者の黒沢喜八郎さん(当時82)の腹を蹴るなどして殺害した疑いが持たれている。

捜査関係者によると、黒沢さんは搬送された病院で娘に「施設の職員に暴行を受けた」などと話し、その翌日に死亡した。司法解剖の結果、黒沢さんの肋骨が折れるなどしていた。

黒沢さんの次女:「絶対に許せない。もう、うちのお父さんは帰ってこない」
取り調べに対し、根本容疑者は「暴行を加えたことはありません」と容疑を否認している。


次女が施設から見せられた防犯カメラの映像には、根本容疑者が部屋からはいつくばるように出てくる黒澤さんの足を持って乱暴に引きずる様子が映っていた



司法解剖の結果、黒沢さんの死因は内臓損傷による出血性ショックで、背中に強い力が加えられたとみられる。
捜査関係者によると、複数の医師が司法解剖の結果を基に、三階建ての建物から転落したり、交通事故にあったりしたのと同じくらいの衝撃で内臓が激しく傷つけられているとの所見を出した。

警視庁捜査一課は22日、医師の所見などの捜査結果から殺意があったと判断

老人ホームで殺人か 元職員逮捕

先月、東京・品川区の有料老人ホームで入居者の82歳の男性が意識不明となって死亡していたことがわかった。
警視庁は、28歳の元職員の男が暴行を加えて死亡させたとして、殺人の疑いで逮捕した。

先月、東京・品川区北品川の有料老人ホーム「サニーライフ北品川」の1室で、入居者の黒澤喜八郎さん(当時82歳)が意識不明の状態で見つかり、搬送先の病院で死亡。
腹部には強い衝撃を受けた際にできる皮下出血があり、警視庁が複数の医師などに鑑定を依頼したところ、自分で転んだだけでは加わらない強い力がかけられていた疑いがあるという。

警視庁は、当時、宿直勤務をしていた元職員の根本智紀容疑者(28)が黒澤さんに暴行を加えて死亡させた疑いがあるとして、22日朝、品川警察署に同行を求め、先ほど殺人の疑いで逮捕した。
警視庁は、事件の状況や背景について詳しく調べている。

東京・新宿区にある根本容疑者の自宅マンションには、警視庁の捜査員が捜索に入り、午前9時40分ごろには捜査員が、部屋から段ボール箱を運び出していた。


根本容疑者は5年前の平成26年7月に正社員として入社し、別の施設で働いたあと、去年11月から「サニーライフ北品川」で働いていた

黒澤さんの50代の次女は「4月4日の未明に、『胸が苦しい』と訴えたので救急搬送します、という連絡が来た。私も病院に駆けつけた。『外傷性出血で骨も折れている』と聞いて、はじめは転倒して打ち所が悪かったのかなと思っていました」と振り返った。

黒澤さんは次の日、一時的に意識を取り戻し、口をパクパクさせていたので、次女が「何か言いたいことがあるのかな」と思って話しかけると、しばらくして黒澤さんは「若い男に蹴られた」と話したという。

次女は「そんなことをする職員がいるはずがないと思って、その時は聞き流して『またあした来るからね』と言って別れたが、その後すぐに亡くなってしまった。それが父の最期の言葉となった。警察からは事件性があるかもしれないと聞き、ようやく頭の中で事件と結び付きました。認知症でことばは少なくなっていたが、父もきっと悔しかったんだと思います」と話していた。

また「施設の職員皆さんが悪い訳ではないですが、私があの施設を選んでしまったので、お父さんには申し訳ないという気持ちで過ごしています」と話していた。


翌日の先月4日の午前1時44分に根本容疑者が消防に通報していた





警視庁人身安全関連事案総合対策本部によると、2017年2月上旬、施設関係者を名乗る人物が警察署に「都内の施設に入所中の女性が虐待を受けている」と連絡。根本容疑者の名前を挙げたという。その後の捜査で、入所者の80代女性の左目にあざが確認されたが、女性が別の入所者とトラブルになっていたことや同容疑者ら当直職員から事情を聴いた結果などから、事件性はないと判断したという。


元職員の根本智紀28歳とは

逮捕された根本智紀容疑者(28)は、東京・江戸川区の出身で、地元の高校を卒業したあと病院に就職し、介護職の仕事に就いていた。
しかし長続きせずに退職し、とび職やホストの仕事をしたあと、神奈川県内の有料老人ホームでヘルパーとして働いていた。

そして5年ほど前に、事件が起きた老人ホームの親会社に転職し、新宿区内の老人ホームで働いていたが、去年11月に事件の現場となった品川区の有料老人ホーム「サニーライフ北品川」がオープンする際に異動し、宿直勤務の責任者を任されていた。
根本容疑者は事件後、防犯カメラに残った映像から出勤停止となり、その後、解雇された。

根本容疑者のものとみられるフェイスブックには、東京・江戸川区出身でホストや建設会社での勤務を経て介護士として働いているという経歴が記されていた。
投稿欄には趣味のバイクの写真などがあげられ、6年前の平成25年には建設会社の退職を前に「さあ鳶もラスト二日!!来月からは介護士根本智紀なんでよろしくぅー!」と書き込まれているほか、自己紹介欄には「この世の弱き者に手をさしのべるスーパー介護士笑っよろしく!」などと投稿されていた。




サニーライフ国分寺

系列の有料老人ホーム「サニーライフ国分寺」では平成23年、職員2人が入居していた認知症の男性の体を拘束する行為を繰り返していたことが市の調査で確認された。

職員らは夜間の時間帯に認知症の男性の周囲をいすや机などで取り囲み、身動きができない状態にしていた。
職員らは「転倒の危険を避けるためにやった」などと説明したが、市は、入居者の生命を守るときなど例外的に拘束が認められる状況ではなく虐待行為だ、と判断した。

調査報告書の中では、職員の個人的な問題として捉えるのではなく、事業所の運営の問題として再発させない体制づくりを求めていた。
この中で、複数の職員への聞き取りでは現場を改善するための提案をしてもその対応が適切になされないという回答が寄せられたほか、事故や虐待が未然に防止されないことがやりがいの喪失による離職につながっている、と指摘していた。

そして、運営面や研修面を見直し、虐待を再発させない体制づくりやケアの質の改善を図ることを求め、施設側は「研修をさらに強化し、再発防止策を徹底する」としていた。


職員の拘束による虐待の様子がビデオに 2012年1月12日


掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.05.20 (Mon)

宮崎県社会福祉事業団で着服 ⇒ 懲戒解雇 ⇒ 全額返済 ⇒ 刑事告訴しない

ネコババしといて金を返せばお咎めなし ってか
お咎めはクビ ってか

宮崎県社会福祉事業団で着服 職員が備品転売、懲戒解雇

宮崎県社会福祉事業団(高原みゆき理事長)の30代男性職員が、勤務先の県延岡発達障害者支援センター(延岡市櫛津町)で、施設会計で購入したゲーム機や工具を無断で転売したとして、懲戒解雇されていたことが16日、分かった。

処分は10日付。施設の備品も一部無断で売却しており、事業団によると、元職員は「借金返済に充てた」と着服を認めているという。


社会福祉法人宮崎県社会福祉事業団
理事長 髙原みゆき


150万円着服

宮崎県社会福祉事業団が運営する県延岡発達障害者支援センターに勤務する30代男性職員が備品を転売するなどして、計約150万円を不正に得ていたことが、同事業団への取材で分かった。

内部調査に「借金返済に充てた」と認めたといい、10日付で懲戒解雇された。同事業団は全て弁済されたとして、刑事告訴しない方針。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.05.20 (Mon)

アイ・スタイル株式会社*担当のヘルパーが

アイ・スタイル株式会社
代表 池田高子
奈良県大和郡山市小泉町505-1

水増し 不正に介護報酬を受け取る

障害者の訪問介護事業などを行っている会社がサービスを水増しし、不正に介護報酬を受け取っていたとして、上牧町は、およそ300万円を返還するよう命じた。

返還を命じられたのは、大和郡山市の「アイ・スタイル」。
上牧町によると、この会社は精神障害がある町内の40代の女性が平成26年から去年にかけて利用した散歩や買い物の支援事業について、サービスを行わなかったときにも行ったとするうその書類を町に提出し、不正に介護報酬を受け取っていたという。

担当のヘルパーが女性を装い、書類に印鑑を押すなどしていたということで、町は、女性についてのすべての介護報酬およそ300万円を返還するよう命じた。

町によると、アイ・スタイルは「ヘルパーから提出される実施報告に基づいて介護報酬を請求していたが、実態を確認するべきだった。利用者にも町にも申し訳ないことをした」と話している。
町は、再発防止のための改善計画書の提出を求める。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.05.19 (Sun)

3回当選の兵庫県議会議員:谷口俊介 ⇒ 選挙中に当て逃げ ⇒ 親族を身代わり出頭

兵庫県議会議員の選挙中に当て逃げ ⇒ 親族を身代わり出頭

兵庫県議の谷口俊介氏(41)(自民、神戸市西区選出)が4月の県議選の期間中、神戸市西区のスーパー駐車場で当て逃げし、その後、谷口氏の親族が県警神戸西署に出向いていたことがわかった。

県警は、谷口氏が親族を身代わりに出頭させた疑いもあるとみて調べる方針。

谷口氏は、読売新聞の取材に「全て弁護士に任せている」と説明を避けた。谷口氏の代理人弁護士は、谷口氏の当て逃げ行為を認めた上で、「親族が署に出向いたことは事実だが、詳しい経緯は確認中だ」としている。

県警などによると、谷口氏は4月2日午前、神戸市西区のスーパーの立体駐車場で自身の運転する車を出入り口ゲートのバーに当てたが、そのまま通報せずに走り去った。バーはその後、折れて破損した。

防犯カメラの映像から谷口氏の車が接触していたことが判明。谷口氏は神戸西署から連絡を受けた後、自身は同署に行かず、親族が行った。

谷口氏は今春の統一地方選の県議選(3月29日告示、4月7日投開票)に自民党公認で出馬し、3選を果たしている。自民党県連青年局長を務めている。


防犯カメラ映像などから谷口氏名義の車と判明し、神戸西署が事務所に連絡。弟が運転者と名乗って出頭したが、すぐに「兄が運転していた」と話したという。



兵庫県議会議員 谷口俊介
生年月日 1978年3月1日
選挙区 神戸市西区
所属会派 自由民主党
文教常任委員会委員長
当選回数 3回
経歴
平成8年 神戸北高校卒業
オーストラリア クイーンズランド州立専門学校経営学科卒
オーストラリア ルッソ専門学校ホテル経営学科卒
衆議院議員井上喜一秘書
医療法人顧問
妻 長女 長男との4人家族


今年4月の県議選では神戸市西区選挙区でトップ当選 




https://ameblo.jp/shunsukeblog


当て逃げ身代わり依頼の兵庫県議、書類送検へ 犯人隠避教唆容疑 5月17日

選挙運動期間中に車で当て逃げをした県議が、弟を警察署に身代わり出頭させた問題で、兵庫県警神戸西署は17日に道交法違反と犯人隠避教唆の疑いで、谷口俊介兵庫県議(41)=神戸市西区選出=を書類送検する方針を固めた。同署への取材で分かった。

同署によると、送検容疑は4月2日午前、同区内のスーパー駐車場の出入り口のバーに車を接触させたにもかかわらず現場を立ち去り、弟を同署に身代わり出頭させたとしている。

同署によると、防犯カメラ映像などから、谷口県議名義の車が事故を起こしたと判明。身代わりで同署に出頭した弟が「実際には兄の運転だった」などと説明していた。同署は犯人隠避の疑いで、この弟についても書類送検する方針。

谷口県議は4月7日投開票の兵庫県議選で3選。当て逃げは選挙運動期間中に起こしていた。


Blog Top  | つぶやき | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.05.16 (Thu)

せいしん幼児園のプール死亡事故*園の責任

園児プール死亡事故で保育園に2千万円賠償命令 園の責任認める

京都市上京区の保育園「せいしん幼児園」で2014年夏、プール活動をしていた榛葉天翔(あもう)ちゃん=当時(4)=が死亡した事故で、両親らが、同園を運営する社会福祉法人「正親福祉会」(上京区)に約4200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が16日、京都地裁であった。井上一成裁判長は正親福祉会に約2千万円の支払いを命じた。

訴訟で両親側は、保育士2人が数分間プールから離れるなど不十分な監視を行い、天翔ちゃんを溺死させたとし、同会に使用者責任があると主張。

園側は「給食の吐しゃ物誤えんなどの可能性がある」と請求棄却を求めていた

事故を巡っては、15年に両親が当時の園長ら4人を業務上過失致死容疑で京都地検に告訴。地検は16年に不起訴処分(嫌疑不十分)としたが、同年に検察審査会が不起訴不当と議決。地検は17年に再び不起訴処分とした。


京都市の認可保育所「せいしん幼児園」で2014年、園児の榛葉天翔ちゃん(当時4歳)がプールで溺れて死亡したのは監視が不十分だったためとして、両親ら遺族3人が園側を相手取り、約4200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、京都地裁は16日、園側に約2000万円の支払いを命じた。

訴状によると、天翔ちゃんは14年7月30日、プールで水遊び中に意識不明の状態で見つかり、1週間後に低酸素脳症で死亡した。両親らは、保育士の1人がプールを離れるなど適切な監視を怠ったとして、16年7月に提訴していた。


安全であるはずの保育園で何が起きたのか

2014年夏、京都市上京区の保育園「せいしん幼児園」で、プールで遊んでいた榛葉天翔(しんばあもう)ちゃん=当時(4)=が死亡した事故から約5年。両親らが園を運営する社会福祉法人「正親福祉会」(同区)に対して損害賠償を求めた訴訟の判決が16日、京都地裁で言い渡される。父親の英樹さん(48)は「天翔との時間は取り戻せない。幼い命がなぜ失われたのか、事故を風化させず社会全体で考えてほしい」と訴える。

事故は14年7月30日午後2時ごろ、園舎屋上のプールで起きた。約30人の園児がプール遊びをする中、天翔ちゃんが水に沈んでいるのを保育士が見つけた。既に呼吸と心肺が停止している状態で救急搬送された。

「トイレで嘔吐(おうと)して倒れた。意識はある」。両親は当初、園側から電話でそう聞いていた。しかし、病院で医師から「意識がない。1分1秒を争う状況」と説明を受けた。英樹さんは園長に説明を求めたが「適切に処置をした」と繰り返すばかり。保育士が「プールでおぼれた」と話し、ようやく状況を把握した。

天翔ちゃんは一度も意識が戻らないまま、1週間後の8月6日、低酸素脳症で亡くなった。「一度も目を開けることなく、家族とのお別れもできなかった」。英樹さんは今でも当時を思い出すと震えが止まらない。

あの日、プールで何があったのか。両親は当時の状況について園に説明を求めたが、「責任はない」として面会も断られた。

事故を受け、京都市は園に対して特別監査を実施。報告書では、保育士がプールから目を離す時間があったなどとして監視の不十分さを指摘した。しかし、事故原因は特定されなかった。

真相解明を願う両親は15年3月に京都地検に当時の園長ら4人を業務上過失致死容疑で告訴したが、不起訴処分(嫌疑不十分)に。16年に検察審査会が不起訴不当と議決したが、地検は再び不起訴とした。

16年に提起した民事訴訟で、両親側は、天翔ちゃんの死因はプールでおぼれた「溺水」だと主張する。一方、園側は「死亡に至る原因は給食の吐しゃ物を飲み込んだことによる窒息死などの可能性がある」と請求棄却を求めている。

英樹さんは事故後、保育士資格を取る際に救命講習などを義務付ける法整備や保育士待遇の向上を求めて活動を続ける。「保育中の4歳児が亡くなった事故の重大さを忘れず、命を守るという保育の大前提を徹底してほしい。みんなが天翔を忘れないような判決が下されることを望みたい」


2018年11月22日 京都地裁(井上一成裁判長) 第8回口頭弁論
4歳児の全3組の各担任保育士だった女性3人が両親の前で初めて証言
1人は監視が不十分で責任があったと認めた
もう1人も完全な監視ではなかったと証言した


「プール事故防止に監視員」 保育園が京都市に改善報告 2014年12月16日
教訓生かされず…なぜ園児のプール事故再発する?  2014年8月12日
<認可保育所プール事故>ずさん運営 幼い命犠牲  2014年11月18日
社会福祉法人正親福祉会 理事長 城戸京子
せいしん幼児園 園長 城戸京子
社会福祉法人理事長の城戸京子園長が理事長職を辞任し 園長職も今後辞すると
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-1589.html


すばらしい京都市の報告書

京都市認可保育所「せいしん幼児園」に対する調査報告書 (特別監査実施結果)  2014年10月20日
http://www.city.kyoto.lg.jp/hagukumi/cmsfiles/contents/0000173/173990/tyousahoukokusyo.pdf

京都市認可保育所「せいしん幼児園」に対する特別監査実施結果について  2014年10月20日
http://www.city.kyoto.lg.jp/hagukumi/cmsfiles/contents/0000173/173990/osirase.pdf


保育園プール事故「原因特定できず」 京都・第三者委が報告書 2015年2月5日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-1851.html

男児プール事故死、両親が園長ら告訴 2015年3月13日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2017.html

京都市が第三者委設置へ 保育園プール事故、原因を追及 2015年5月23日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2159.html

元保育園長らを不起訴処分 男児プール事故死、京都地検 2016年2月6日
検察審査会に申し立て 両親ら地検処分不服で 2016年3月2日
水遊び園児死亡、遺族ら社会福祉法人を損賠提訴 2016年7月22日
水遊び園児死亡、検察審が不起訴不当議決  2016年7月21日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2885.html

保育園側、請求棄却を求める 京都「せいしん幼児園」プール事故訴訟の口頭弁論 2016年9月16日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2955.html

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.05.15 (Wed)

豊橋市の株式会社銀の樹 ⇒ 賃金未払い+不正請求

株式会社銀の樹
代表取締役 大内眞喜
愛知県豊橋市東小鷹野2丁目6番地2


株式会社銀の樹 不正請求

東三河広域連合は十五日、介護報酬を不正請求したなどとして、介護保険法に基づき豊橋市東小鷹野の訪問介護等事業所「ぎんのき・ヘルパーステーション」の事業所指定を取り消す行政処分にした。また、同所の居宅介護支援事業所「ケアプラン・ぎんのき」も事業所指定を三カ月停止した。いずれも発効は五月十五日。

同連合によると、「ヘルパーステーション」は二〇一七年八月~一八年七月、サービス提供の記録がないにもかかわらず介護報酬を請求。サービスを実施していない介護者の名前を書いた虚偽の記録も提出していたなどとされる。「ケアプラン」も、一七年十二月~一八年十月にかけて不正請求するなどしていたとみられている。

情報提供を受けた同連合は、昨年八月から四回にわたり監査。また、不正請求額に罰則金を加えた計約五百六十七万円の返還も請求した。

運営会社「銀の樹」と社長(65)は三月十四日、最低賃金法違反(賃金不払い)の疑いで豊橋労働基準監督署に書類送検されている。



経営不振 賃金不払いで書類送検 2019年4月9日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4443.html

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.05.14 (Tue)

社会福祉法人京都福祉サービス協会*経理担当職員が横領逮捕

社会福祉法人京都福祉サービス協会
理事長 浅野信之


運営費を横領 元職員を逮捕

京都市の外郭団体「京都福祉サービス協会」が運営する特別養護老人ホームの資金を着服したとして、京都府警上京署は14日、業務上横領容疑で老人ホームの元経理担当職員五十嵐敏弘容疑者(59)=同市伏見区竹田浄菩提院町=を逮捕した。

容疑を認めているという。

逮捕容疑は2017年8月~18年7月、70回にわたり、老人ホーム名義の預金口座から現金計約266万円を引き出して横領した疑い。現金はホームの運営費で、協会が告訴していた。


京都市小川特別養護老人ホームの元経理担当職員
五十嵐敏弘容疑者59歳 (京都市伏見区竹田浄菩提院町)


京都福祉サービス協会に改善勧告 施設費の不正流用  2018年12月19日
京都市は19日までに、外郭団体の社会福祉法人「京都福祉サービス協会」(下京区)を巡る施設運営費の不正流用で、適正な経理事務体制の構築を求めて同協会に改善勧告を出した。

勧告は17日付。同協会が運営する全施設の管理職らに経理事務の監視や確認を徹底させる研修の実施などを要請した。来年1月18日までに結果について報告を求めるという。

不正流用は、市が同協会に管理運営を委託している小川特別養護老人ホーム(上京区)で経理担当だった50代男性職員が2017、18年度の施設運営費を私的に流用した。同協会と市は流用額を当初239万円とみていたが、その後の特別監査などでさらに305万円の流用も判明したという。同協会は9月に男性職員を懲戒解雇した。


銀行印悪用し伝票かいざん 2018年10月18日
京都市の外郭団体「京都福祉サービス協会」(同市下京区)が運営する特別養護老人ホームで、経理担当の50代の男性職員が銀行印を不正に利用し、運営費239万円を私的流用していたことが18日、分かった。流用が疑われる支出は計395万円に上り、協会は職員を懲戒解雇した。

市が市議会委員会で報告した。市によると、職員は会計伝票を改竄(かいざん)することで毎月末の預金残高と帳簿残高の帳尻を合わせていたという。

今年8月の税理士による監査で発覚。平成24年5月~30年8月に不正が疑われる支出が計395万円見つかり、職員はこのうち239万円の流用を認めた。協会は残る156万円の調査を続けている。

京都市の報告書はたいしたもんだ

社会福祉法人京都福祉サービス協会に対する特別監査実施結果について 2018年12月19日

https://www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/cmsfiles/contents/0000245/245957/houkoku.pdf

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.05.14 (Tue)

裁判沙汰になるかな?

社会福祉法人東京都手をつなぐ育成会
江戸川区立障害者支援ハウス
施設長  小原誠太郎
開設 平成15年4月1日
東京都江戸川区中葛西2-11-8





障害者支援施設で入浴中の女性死亡

東京・江戸川区の障害者支援施設で、30代の女性が入浴中に死亡していたことがわかった。

江戸川区によると11日午後5時ごろ、区立障害者支援ハウスで30代の女性が入浴中に湯船にうつぶせで浮いている状態で発見された。女性は病院に搬送されたが、死亡が確認された。

江戸川区によると、女性が浴室に入る際、施設の職員が立ち会っていたが途中で職員は脱衣所に移り、女性に声をかけながら様子を見ていたところ、突然、返事がなくなったという。

女性の死亡を受けて江戸川区は「お亡くなりになった御本人の御冥福をお祈りするとともに、御遺族の方々には心よりお悔やみ申し上げます。今後は事故の詳細を把握し、再発防止に努めて参ります」とコメントしている。


江戸川区は今回の事件を検証せえよ

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 入浴事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.05.10 (Fri)

幼稚園バスにシートベルトが必要か?

シートベルトが有れば それで安全だけれど

園児用バスにシートベルト必要 事故経験の保育士「大けが防げたかも」 東京新聞

乗り合いバスの車内で高齢者らが転んでけがをする事故の多さを昨年9月から今年1月にかけての不定期連載で紹介したところ、幼稚園関係者らから「通園バスにシートベルトが必要」との意見が寄せられた。シートベルトがあれば園児の大けがを防げたかもしれない交通事故も、実際に起きている。

「子どもたちがみんな泣き、パニックだった。とにかく助けなきゃと必死だった」。女性保育士は通園バスの横転事故を振り返り、涙をぬぐった。「今でも思い出すとつらくて」

事故は2016年秋の午前8時ごろ、埼玉県北部で起きた。定員22人のバスに、3~6歳の園児11人とこの女性保育士、運転手が乗車。見通しのよい十字路で、軽乗用車がバスの運転席側後方に衝突した。

バスは助手席側が下になる形で横転。助手席側の窓ガラスは割れ、園児たちは座席から転がり落ちた。ガラスが腰や足の裏に刺さったり、割れた窓の隙間から脚が外に飛び出たり。女性保育士は、近所の人と後部の非常用扉から園児たちを助け出した。救急車3台で搬送され、腰にガラス片が刺さった子は手術を受けた。園児全員と女性保育士が負傷したという。

この保育園は2015年に通園バスを購入した際、メーカーにシートベルトをつけてほしいと要望していた。ところが「ベルトはない」と断られたという。「シートベルトがあれば体が飛ばされず、けがは打撲で済んだかもしれない」と女性保育士。男性園長も「命が助かったのは不幸中の幸い。シートベルトは必要だ」と言葉に力を込めた。


保育園送迎バスが事故で横転 園児ら12人搬送 埼玉
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3071.html



なぜ、通園バスなどの「幼児専用車」には
シートベルトがないのか



国土交通省が一三年にまとめたガイドラインでは・・・・・

icon_19_05.png

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.05.09 (Thu)

身を呈して守った保育士

心からご冥福をお祈りいたします


大津市大萱6丁目の県道交差点で
乗用車と軽乗用車が衝突し弾みで軽乗用車が園児らの列に突っ込んだ
列にいたのは園児13人と女性保育士3人
全員が病院に搬送される
伊藤雅宮ちゃん2歳と原田優衣ちゃん2歳が亡くなった

何と言っても泣けてくるのは
2018年3月に撮影された Googleストリートビューの



わたし コレを見るたびに涙がでるわ



この事故で二人の子供が亡くなったけど



この画のように
三人の保育士さんは子供を身を呈して守ったのだろうな


http://bit.ly/2LyguAF

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.05.09 (Thu)

長岡京市立滝ノ町保育所で腸管出血性大腸菌感染*5歳女児死亡

4月18日に感染が確認され入院治療中であった5歳女児が4月30日に逝去された
ご冥福を心よりお祈り申し上げます

保育所での腸管出血性大腸菌感染症(O157)の発生について
平成31年4月22日(月)の時点で、長岡京市立保育所の園児3人が、腸管出血性大腸菌(O157)に感染していることが確認されましたのでお知らせします。

感染の原因及び経路
現在、京都府乙訓保健所とともに調査を行っているが、特定には至っていない。
保育所の提供する食事が原因である可能性は低い。


保育所で腸管出血性大腸菌O157感染

京都府長岡京市は7日、市立滝ノ町保育所に通う女児(5)が腸管出血性大腸菌O157に感染し、4月30日に死亡したと発表した。この保育所では、同じ時期に他に男女4人の園児が感染したが、いずれも快方に向かっているという。

市によると、女児は4月15日に下痢や嘔吐の症状を訴えた。18日に感染が確認され入院し、その後、症状が悪化した。感染経路は不明というが、感染の規模から、保育所で提供されている給食が原因である可能性は低いとしている。

保育所は4月24日から休所し、5月7日に再開した。市の担当者は「職員、園児の手洗いや消毒を徹底させ、感染予防に努めます」と話した。


掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.05.09 (Thu)

浜風の家*兵庫県との闘いは続く

浜風の家
子供たちの心に何時までも残る*浜風の家

売却違法確認を請求 神戸地裁

阪神・淡路大震災の遺児らのケアハウスとして県有地に設立され、昨年1月に閉館した「浜風の家」(兵庫県芦屋市)を巡り、設立呼び掛け人で作家の故藤本義一さんの妻統紀子さん(84)らが8日、兵庫県による土地売却処分などについて、違法であることの確認を求める住民訴訟を神戸地裁に起こした。

訴状などによると、浜風の家は県有地の返還期限を迎えたため閉館。県による土地売却の入札で、統紀子さんが理事長だった運営法人は落札できず、別の社会福祉法人が落札し、建物は昨年6月に解体された。

統紀子さんらは今年2月、「県の入札方法は違法」などとして住民監査請求をしたが、4月に請求の大部分が棄却されたため、提訴に踏み切った。県企業庁は「訴状が届いていないためコメントは差し控える」とした。

統紀子さんらは2月、県に計4700万円の損害賠償を求めて提訴しており、県側は争う姿勢を示している。



住民訴訟とは
住民が自ら居住する地方公共団体の監査委員に住民監査請求を行った結果、監査の結果自体に不服、又は監査の結果不正・違法な行為があったにもかかわらず必要な措置を講じなかった場合などに裁判所に訴訟を起こすことができるという制度である。




震災遺児支援「浜風の家」入札 運営者側、落札できず解体へ 2018年3月24日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3955.html

仁愛がない宮地千尋さん

兵庫県は3月24日、阪神大震災で被災した児童らの心のケアの場となった児童館「浜風の家」(兵庫県芦屋市、昨年12月閉館)の立つ県有地について、建物付きで売却する一般競争入札を行い、神戸市中央区の社会福祉法人明倫福祉会が落札した。同法人は現地に福祉施設を新設する方針で、現在の建物は解体される見通しとなった。

浜風の家*別法人が落札 ⇒ 実は出来レースか? 2018年3月27日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3961.html

「浜風の家」入札巡り談合か 元運営者が県と法人を刑事告訴   2018年8月8日
官製談合容疑 震災遺児支援「浜風の家」の土地入札で刑事告訴
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4125.html

藤本統紀子さんら県を提訴 閉館の「浜風の家」巡り  2019年3月2日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4378.html
「浜風の家」巡り 官製談合容疑で告訴した藤本義一氏遺族を、恫喝していた兵庫県
https://access-journal.jp/20897

神戸地検 ⇒ 不起訴処分
2019年4月1日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4451.html
藤本義一氏の遺族が兵庫県と社会福祉法人を告発した理由
http://www.bestbookweb.com/verdad/article.php?id=20190303

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |  NEXT