FC2ブログ
2019年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2019.05.14 (Tue)

社会福祉法人京都福祉サービス協会*経理担当職員が横領逮捕

社会福祉法人京都福祉サービス協会
理事長 浅野信之


運営費を横領 元職員を逮捕

京都市の外郭団体「京都福祉サービス協会」が運営する特別養護老人ホームの資金を着服したとして、京都府警上京署は14日、業務上横領容疑で老人ホームの元経理担当職員五十嵐敏弘容疑者(59)=同市伏見区竹田浄菩提院町=を逮捕した。

容疑を認めているという。

逮捕容疑は2017年8月~18年7月、70回にわたり、老人ホーム名義の預金口座から現金計約266万円を引き出して横領した疑い。現金はホームの運営費で、協会が告訴していた。


京都市小川特別養護老人ホームの元経理担当職員
五十嵐敏弘容疑者59歳 (京都市伏見区竹田浄菩提院町)


京都福祉サービス協会に改善勧告 施設費の不正流用  2018年12月19日
京都市は19日までに、外郭団体の社会福祉法人「京都福祉サービス協会」(下京区)を巡る施設運営費の不正流用で、適正な経理事務体制の構築を求めて同協会に改善勧告を出した。

勧告は17日付。同協会が運営する全施設の管理職らに経理事務の監視や確認を徹底させる研修の実施などを要請した。来年1月18日までに結果について報告を求めるという。

不正流用は、市が同協会に管理運営を委託している小川特別養護老人ホーム(上京区)で経理担当だった50代男性職員が2017、18年度の施設運営費を私的に流用した。同協会と市は流用額を当初239万円とみていたが、その後の特別監査などでさらに305万円の流用も判明したという。同協会は9月に男性職員を懲戒解雇した。


銀行印悪用し伝票かいざん 2018年10月18日
京都市の外郭団体「京都福祉サービス協会」(同市下京区)が運営する特別養護老人ホームで、経理担当の50代の男性職員が銀行印を不正に利用し、運営費239万円を私的流用していたことが18日、分かった。流用が疑われる支出は計395万円に上り、協会は職員を懲戒解雇した。

市が市議会委員会で報告した。市によると、職員は会計伝票を改竄(かいざん)することで毎月末の預金残高と帳簿残高の帳尻を合わせていたという。

今年8月の税理士による監査で発覚。平成24年5月~30年8月に不正が疑われる支出が計395万円見つかり、職員はこのうち239万円の流用を認めた。協会は残る156万円の調査を続けている。

京都市の報告書はたいしたもんだ

社会福祉法人京都福祉サービス協会に対する特別監査実施結果について 2018年12月19日

https://www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/cmsfiles/contents/0000245/245957/houkoku.pdf

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.05.14 (Tue)

裁判沙汰になるかな?

社会福祉法人東京都手をつなぐ育成会
江戸川区立障害者支援ハウス
施設長  小原誠太郎
開設 平成15年4月1日
東京都江戸川区中葛西2-11-8





障害者支援施設で入浴中の女性死亡

東京・江戸川区の障害者支援施設で、30代の女性が入浴中に死亡していたことがわかった。

江戸川区によると11日午後5時ごろ、区立障害者支援ハウスで30代の女性が入浴中に湯船にうつぶせで浮いている状態で発見された。女性は病院に搬送されたが、死亡が確認された。

江戸川区によると、女性が浴室に入る際、施設の職員が立ち会っていたが途中で職員は脱衣所に移り、女性に声をかけながら様子を見ていたところ、突然、返事がなくなったという。

女性の死亡を受けて江戸川区は「お亡くなりになった御本人の御冥福をお祈りするとともに、御遺族の方々には心よりお悔やみ申し上げます。今後は事故の詳細を把握し、再発防止に努めて参ります」とコメントしている。


江戸川区は今回の事件を検証せえよ

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 入浴事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |