FC2ブログ
2019年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2019.06.16 (Sun)

乙訓保健所の判断は○×? ⇒ 指導は○×?


3月に別園児O157感染確認、市が公表せず 4月に1人死亡

京都府長岡京市滝ノ町2丁目の市立滝ノ町保育所で4月以降に園児5人が腸管出血性大腸菌O157に感染しうち1人が死亡した問題で、同保育所では3月にも別の男児1人が感染していたことが14日までに分かった。4月の感染と関連があったことは否定できず、3月の時点で速やかに公表し、注意喚起などを行うべきだったとの声も上がっている。

市や乙訓保健所によると、同保健所は3月20日に医療機関からの連絡で同保育所の4歳男児の感染を把握。市は同日、男児の保護者から感染の連絡を受けた。男児は同19日から体調不良で休園していたが、2回の検査で陰性が確認されたため、29日に通園禁止措置が解除された。

その後、4月18日にも5歳女児1人の感染が見つかり、5月3日までにさらに4人の感染が確認された。5歳女児は、症状が悪化し4月30日に死亡した。市はこの間、4月21日に保護者説明会、22日以降に報道発表したが、3月の感染については公表していなかった。

公表を控えた理由について、市は「乙訓保健所との協議の上で決めた」としている。同保健所は、市とのやりとりについて、「3月に感染した男児は同月内に陰性となっていることなどから、4月の感染と直接の関連性は低い、と同市に伝えた」としている。

一方、同保健所がこのほどまとめた報告書によると、3~5月に感染が確認された計6人から検出された菌の遺伝子型はすべて同一だった。園内で感染の広がりの可能性を示唆する結果だったが、4月の感染と発症の間隔が3週間以上空いていることなどから「感染源および感染経路の特定には至らなかった」と結論づけている。

乙訓保健所が当初、3月と4月の感染の関連性が低いと判断したことについて、感染症の専門家は「同じ保育所で感染が発生しており、関連の可能性は考えられた。3月の感染を速やかに公表し、園児や保護者に注意喚起を行うなどの対策もあり得ただろう」と話している。

6月14日に開かれた市議会6月定例会でも、一連の対応について問う一般質問があった。中小路健吾市長は「今回の事案を教訓とするため、振り返りの検証作業を行っている。その内容を踏まえ、健康や衛生の管理を一層徹底したい」と答弁した。


長岡京市立滝ノ町保育所
京都府長岡京市滝ノ町2丁目

133s_nyyuyt6.jpg

5歳女児は4月15日に下痢や嘔吐の症状を訴えた
18日に感染が確認され入院し、その後、症状が悪化し4月30日に死亡

保育所は4月24日から休所し、5月7日に再開


保育所園児や家族がO157感染、5歳女児が死亡 5月7日

京都府長岡京市は7日、腸管出血性大腸菌O157に感染していた市内の保育所に通う5歳女児が4月30日に死亡したと発表した。

ほかに同じ保育所に通う園児4人とその家族4人にも感染が確認されているが、いずれも快方に向かっているという。

同市によると、女児は下痢や嘔吐(おうと)などの症状を訴えて4月15日から通園する市立滝ノ町保育所を欠席していた。18日にO157の感染が判明し、同日から滋賀県内の病院に入院し治療を受けていたが、病状が悪化した。

同保育所では同じ時期に女児を含む3人の園児に下痢や嘔吐、血便などの症状が見られ、O157の感染が確認された。その後、全園児97人や職員、発症者の家族を対象にした検便などで、他の感染者も見つかっていた。乙訓保健所が詳しい感染経路を調べている。



掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.06.16 (Sun)

また放課後等デイサービスが* YESアルファスマイル千葉校

株式会社YESアルファスマイル
YESアルファスマイル千葉校
千葉県千葉市若葉区若松町2135-10 千葉北ビル5階
指定 2017年5月1日

児童発達支援 放課後等デイサービス


千葉市の障害児施設処分 給付金600万円不正受給

千葉市は13日、障害児通所給付金を不正に受給したとして、児童福祉法に基づき、障害児福祉施設「YESアルファスマイル千葉校」(同市若葉区若松町、派谷恵美代表)の指定取り消し処分を行ったと発表した。処分に伴い、加算金を含め約845万円を返還請求した。

市障害福祉サービス課によると、同施設は2017年12月~昨年7月まで、同法で設置が義務付けられている児童発達支援管理責任者がいないにもかかわらず、市の監査に配置していると虚偽の回答をし、同給付金約603万円を不正に受給するなどしていた。

派谷代表は取材に対し「責任者が抜けたのは把握していたが、後任が決まってから報告すれば良いと思っていた。費用の返還を粛々と行いたい」と釈明。施設は閉鎖する考えで、市と相談し利用者の受け入れ先を探すという。

同施設は障害のある子どもを放課後に預かるなどしており、4~15歳までの18人が利用。市は匿名の通報を受け、2月と3月に監査を実施していた。



千葉市の行政処分情報 アホらしい処分内容やな

指定障害福祉サービス等事業者に対する行政処分
たったコレだけ

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |