FC2ブログ
2019年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2019.07.11 (Thu)

子供は日本国の宝 ⇒ 育児放棄や虐待から歯医者さんが救う

虐待の早期発見

近所の住人や学校に加えて
大きな役割を果たしそうなのが
歯科医=歯医者さん



医療法人橿の木会 さわやか歯科
奈良県橿原市中曽司町191番地の14



ネグレクト(育児放棄)をされている
子どもの歯にはある共通点があると



生活習慣が整っていないということが
ネグレクト 虐待につながる



<育児放棄を受けている子供には>



<虫歯は歯科医師だからこそ見抜ける>


子供は日本国の宝




歯からみつけるネグレクト 2018年11月30日
http://www.nhk.or.jp/osaka-blog/StopChildAbuse/309885.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.07.11 (Thu)

典型的な施設内事故 ⇒ 昔の老人ホームは隠蔽が日常茶飯事だった

特別養護老人ホーム長命園
島根県松江市上乃木10-5-2


40代の女性職員が介護中に目を離した隙に70代の女性入所者が高さ63.5センチのベッドから転落

ベッドから落ちた入所者を約3時間放置

ベッド転落で負傷したのに事故を隠した特養 松江市が処分

松江市は9日、特別養護老人ホーム「長命園」(同市上乃木10丁目)で1月、70代の入居女性に対する虐待があったとして、介護保険法に基づき1カ月(8月1~31日)の新規利用者受け入れ停止の処分をした、と発表した。8日付。ベッドから転落して骨折した女性を速やかに病院に搬送しなかったという。

市介護保険課と同園によると、入居女性は1月17日午後11時ごろ、夜勤の40代の女性職員がベッドの柵を外した際に転落。職員は女性をベッドに戻したが、3時間後の見回りの際に鼻血や顔の腫れが確認されるまで救急車を呼ぶなどせず放置した。女性は右足の骨折と眼底周囲の打撲だったといい、病院が虐待の可能性を同園に伝えた。入所の女性は病院で5月下旬に死亡した。市は骨折との因果関係について「松江警察署が調べており、分からない」としている。

職員は4月、園長が骨折事故の責任を取って退職することになった際に転落の事実を告白したという。園は入浴介助の際に骨折することもあることから原因が分からないままだったという。職員は退職し、園長も交代したという。

職員は市の調べに対し、パッドなどを取り換えようと背を向けた際に転落したと説明したといい、「大変なことをしてしまい、職を失うかもしれないととっさに考え、言い出せなかった」と話したという。

石野正亮園長は「心からおわび申し上げる。職員への指導が不十分だったことを自覚し、責任を痛感している」と話している。同園は、社会福祉法人「松江福祉公社」が運営している。


令和元年7月9日
社会福祉法人松江福祉公社
理事長 岩田憙昌
特別養護老人ホーム長命園
園長 石野正亮 令和元年7月~
前園長 谷口 稔



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.07.10 (Wed)

自分の性的欲求を満たすために*大阪の四方慈遠21歳

またか 放課後等デイサービス

小学生や中学生の足を自分の股間に押し当てるなどしたとして、大阪府警捜査1課は10日、強制わいせつ容疑などで、大阪府豊中市庄本町の無職、四方慈遠被告(21)=強制わいせつ罪などで起訴=を逮捕、送検したと発表した。

同課によると、四方容疑者は犯行時、障害者支援事業所の職員で、同所を利用する子供2人にも送迎中に靴を脱がせて足を触るなどしたという。「性的欲求を満たすためだった」などと供述している。

逮捕、送検容疑は昨年12月上旬から今年4月中旬までの間、大阪府内の集合住宅などで小学生や中学生の男女に「靴を脱いで」などと声をかけ、足を自分の股間に押し当てたり、手でなでたりしたとしている。



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.07.10 (Wed)

なんかよーわからん介護事業者*株式会社オールサンクス

200万円を不正受給 介護事業者を指定取消し

介護サービス費およそ200万円を不正に受け取っていたとして山梨県南アルプス市は、市内の介護施設とその経営会社に対し介護事業者としての指定を取り消すことを7月8日明らかにした。

指定取り消し処分となるのは南アルプス市十日市場にある「デイサービスこんぴら」とその経営会社で中央市の「オールサンクス」。

南アルプス市によると「こんぴら」などは、2017年4月から1年8か月間にわたって、介護職員の配置数が基準のおよそ7割だったにも関わらず満額の介護サービス費を請求するなどおよそ200万円を不正に受け取っていた。

不正は市の定期指導で2018年10月に「こんぴら」を訪問した際に閉鎖していて運営していないことから判明した。
市では、追加徴収金を含めたおよそ280万円の返還も求めている。
一方、経営会社の「オールサンクス」は指導を受け止め追加徴収金を全額支払うとしている。


指定地域密着型サービス事業者に対する行政処分について

1 対象事業者
法人名 株式会社オールサンクス

所在地 中央市下河東3017番地13

代表者 代表取締役 佐藤 久

2 対象事業所
事業所名 デイサービスこんぴら

事業種別 地域密着型通所介護

所在地 南アルプス市十日市場2011番地1

定員等 10人(現在利用者なし)

3 処分の内容
指定取り消し
取消の年月日 令和元年7月10日

4 行政処分の理由
⑴不正請求(法第78条の10第1項第8号該当)
⑵虚偽答弁(法第78条の10第1項第10号該当)

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.07.10 (Wed)

93歳の入所者にイスを投げ暴行

社会福祉法人北広島町社会福祉協議会
会長 橋渡良臣

グループホーム松籟荘
広島県山県郡北広島町川小田10075-45


93歳の入所者にイスを投げ暴行

広島県の介護施設で入所者の93歳の女性に椅子を投げ付けるなどしてけがをさせた疑いで、介護福祉士の男が逮捕された。

広島県北広島町の介護福祉士・波出本忠司容疑者(32)は3日午前7時ごろ、介護施設「松籟荘」で入所者の93歳の女性を床に引き倒して椅子を投げ付けるなどの暴行を加えた疑いが持たれている。

入所者の女性は左目尻や左肩に全治2週間の軽いけがをした。

波出本容疑者が入所者に暴行する様子が施設の防犯カメラに映っていて、職員が警察に通報した。波出本容疑者は「間違いなく暴力を振るってけがをさせました」と容疑を認めていて、警察が動機などを調べている。




入所者に暴力の男逮捕

北広島町の介護施設に入所している93歳の女性にいすを投げつけるなどしてけがをさせたとして、この施設で働く32歳の介護福祉士の男が傷害の疑いで警察に逮捕された。

逮捕されたのは、北広島町川小田の介護施設「グループホーム松籟荘」で働く介護福祉士、波出本忠司容疑者(32)。

警察によると、波出本容疑者は今月3日午前7時ごろ、施設に入所している93歳の女性を床に引き倒していすを投げつけ、顔や肩に打撲のけがをさせたとして傷害の疑いが持たれている。
93歳の女性は、入院はしておらず命に別状はない。

当時、施設内の食堂で女性が食事をとっていた際に波出本容疑者が暴行したということで、施設の別の職員から相談を受けた警察が裏付け捜査を進め、9日に逮捕した。

調べに対して、波出本容疑者は「暴力を振るってけがをさせたのは間違いない」と供述し、容疑を認めているということで警察は、詳しいいきさつを調べている。


施設を運営する北広島町社会福祉協議会
福祉の手本となるべき団体の施設でこのようなことが起き、深くお詫びします


グループホーム松籟荘における虐待事件についてのお詫び


全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.07.08 (Mon)

小児性愛者だった北九州市の児童養護施設元職員




秋田将嗣43歳は
2012年から勤務し生活指導を担当していた。
許可なく子供を施設外に連れ出すなど勤務態度に問題があるとして
今年2月に諭旨退職処分となっていた


再逮捕 ⇒ 児童養護施設で元職員が男子中学生にわいせつな行為

北九州市内の児童養護施設で元職員が入所している男子中学生にわいせつな行為をさせたとされる事件で、福岡県警は8日、入所中の小学生の男子児童(当時11歳)にも自宅で性的な行為をさせたとして、元職員で無職の秋田将嗣容疑者(43)=同市若松区=を強制性交等と児童福祉法違反の容疑で再逮捕した。「家には泊めたが、わいせつな行為は一切していない」と容疑を否認している。

逮捕容疑は、施設の「児童指導員」だった昨年12月23日午前2時ごろ、13歳未満と知りながら自宅で男子児童に性的な行為をさせたなどとしている。県警によると、施設側は児童に外泊を許可していた。

施設によると、秋田容疑者は2012年から勤務。児童指導員として入所者の生活指導をしていたが、深夜に子どもの部屋に入るなどしたため、今年2月に諭旨退職処分とされていた。

秋田容疑者は児童指導員だった立場を利用し、福岡県内のホテルで今年3月、当時中学1年の男子生徒(13)にわいせつな行為をさせたとして、児童福祉法違反容疑で逮捕されていた。



中学生にわいせつ容疑の児童養護施設元職員逮捕 2019年6月17日

児童養護施設の職員だった立場を利用し、入所する中学生にわいせつな行為をさせたとして、福岡県警は17日、児童福祉法違反(淫行させる行為)の疑いで、北九州市内の施設の元職員、秋田将嗣容疑者(43)=同市若松区畠田3丁目=を逮捕した。

逮捕容疑は3月8日午後10時半ごろ、福岡県内のホテルで、18歳未満と知りながら、施設に入所している男子中学生にわいせつな行為をさせた疑い。「ホテルには行ったが、わいせつな行為はしていない」と容疑を否認しているという。

県警によると、秋田容疑者は児童指導員として約7年間施設に勤め、入所する子どもの生活全般を指導する立場だった。施設側は、許可なく子どもを外泊させるなどの問題行動があるとして「児童への過剰な接触」で訓戒処分としたが、改善が見られないとして2月22日、諭旨退職処分にしていた。北九州市は17日、今回の事件を受けて施設の特別指導監査を始めた。職員らから事情を聴き、事実関係の把握に努めるという。



同じ施設で2年前にも別の男性職員が入所する女子高校生と不適切な関係を持つ不祥事があった
男性職員は発覚後退職

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.07.05 (Fri)

奈良市の株式会社 和*指定取消し


株式会社 和
代表取締役 稲井 和子
奈良県奈良市佐紀町2412‐1 アイリスハイツ2号館1 F

ヘルパーステーションなごみ
奈良県奈良市佐紀町2412‐1 アイリスハイツ2号館1 F

住宅型有料老人ホーム 和の家
奈良県天理市杣之内町231-1

奈良市が不正請求で介護事業者指定取り消し

奈良市は20日、同市佐紀町の訪問介護事業所「ヘルパーステーションなごみ」の運営会社「和」の介護サービス事業者指定を30日付で取り消すと発表した。処分理由は2017年4月~18年5月、無資格者が行った訪問介護を、訪問介護員等が行ったように虚偽の訪問介護記録を作成し、居宅介護サービス費を不正に請求し、受領した。



介護サービス事業者指定取消処分

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.07.03 (Wed)

中道山保育園のズサンな金銭管理

社会福祉法人幸栄振興会
理事長 佐藤 孔
園長 五十嵐雅樹
設立認可 昭和54年9月

前園長で理事 佐藤征子


親からの徴収金4100万円、保育園がずさん会計

社会福祉法人幸栄振興会が運営する中道山保育園(新潟市東区、定員90人)が、保護者からの徴収金4113万円を前園長の自宅に置いたままにするなど、ずさんな会計を続けていたことが分かった。新潟市は私的流用はなかったとみているが、一部を保護者に返すなどの改善を勧告した。

市が26日に発表した。保護者から問い合わせを受け、特別監査をしていたという。

市福祉監査課によると、同園は2009~17年度に、保護者から絵本代や教材代などの名目で計6173万円の現金を集めたが、徴収金から実際に支払ったのは2494万円で、園長だった80代女性の自宅に現金4113万円が封筒に入ったまま残っていた。差額を上回る現金が前園長宅にあったことから、徴収金で支払うべき経費を園の運営費から充てたり、前園長が立て替えたりするずさんな会計だったと市はみている。

この間、園は会計報告をせず、保護者会の運営に充てるべき現金も前園長宅にあった。市の許可なく児童7人を入園させたことも分かっており、市は改善勧告をした。市によると、園は近く説明会を開くという。



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.07.03 (Wed)

58歳の介護士が入所者に傷害*クティール六角橋

入所の90歳に傷害疑い 介護士の男逮捕

介護支援施設の入所者の男性(90)を殴り、けがをさせたとして、神奈川県警神奈川署は2日、傷害の疑いで横浜市緑区東本郷、職員の介護士、細池志郎容疑者(58)を逮捕した。「普段から男性の暴言を受けており、怒りが頂点に達して殴ってしまった」と容疑を認めている。

逮捕容疑は2日午前7時20分ごろ、横浜市神奈川区六角橋の介護支援施設で、入所者の男性の顔を複数回殴り、顔面打撲や外傷性くも膜下出血などのけがをさせたとしている。同署によると、男性は救急搬送されて入院したが、意識はあり、命に別条はない。

細池容疑者は1~2日の夜間に別の介護士と2人で勤務。2日朝に出勤した職員が男性のけがに気付き、119番通報した。同署は、この施設で他に暴行や傷害などは把握していないとしている。


別の介護士と2人で勤務

デイサービス クティール 六角橋
神奈川県横浜市神奈川区六角橋5-1-15 







介護士が入居者殴り重傷

横浜市の介護施設で90歳の入居者の男性を殴って重傷を負わせたとして、58歳の職員が逮捕された。

横浜市の「デイサービスクティール六角橋」の介護士・細池志郎容疑者は2日午前7時すぎ、施設内で90歳の入居者の男性の顔を殴って重傷を負わせた疑いが持たれている。

男性は病院に搬送されて外傷性くも膜下出血などで入院したが、命に別状はないという。
警察によると、細池容疑者は施設の食堂で男性の食事の介助をしていた際に素手で顔面を複数回殴っていて、取り調べに対して「暴言を我慢していたが、怒りが頂点に達して殴ってしまった」と容疑を認めている。


株式会社 M&H
神奈川県横浜市港北区小机町1512-6
代表取締役 丸山修一
法人の設立 2009年4月




クティール六角橋
https://www.youtube.com/watch?v=2Eia4wZiemA

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(2) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.07.02 (Tue)

また高齢ドライバーの送迎事故*藤棚地域ケアプラザ

ケアプラザの送迎車が交通事故、横浜 70代女性、骨折

横浜市は1日、藤棚地域ケアプラザ(同市西区)の送迎車が70代の女性と接触し、骨折の重傷を負わせた、と発表した。

同区によると、6月30日午前9時半ごろ、同市西区境之谷の交差点で、ケアプラザの軽自動車が左折しようとした際、横断歩道を渡っていた女性をはねた。女性は搬送先の病院で、右肩の骨が折れており、手術が必要と診断された。運転手の60代男性職員は「不注意だった」と話している。

同ケアプラザは、市の指定管理者「横浜市福祉サービス協会」が運営している。



2019年7月1日
【記者発表】藤棚地域ケアプラザ(本市指定管理施設)における
デイサービス利用者送迎車両の交通事故について

      

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
PREV  | BLOGTOP |