FC2ブログ
2019年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2019.08.04 (Sun)

大阪市の株式会社フルライフケア行政処分*訪問介護事業所フルライフケア門真

指定居宅サービス事業者の指定の一部効力(新規利用者受入)の停止処分について

大阪府は、介護保険法(平成9年法律第123号。以下「法」という。)に基づき、下記のとおり指定居宅サービス事業者の指定の一部の効力を停止したので、お知らせします。

1 対象事業者
(1) 法人名 株式会社フルライフケア
(2) 代表者 代表取締役 徳山善雄
(3) 所在地 大阪市中央区南本町一丁目2番6号

2 事業所の名称及び所在地等
(1) 事業所名 訪問介護事業所フルライフケア門真
(2) 所在地 門真市柳田町7番20号シェルマンド薩摩203号室
(3) サービス種別  訪問介護

3 指定年月日
平成29年8月1日

4 処分の内容
令和元年8月1日から同年10月31日までの間、新規利用者の受入れを停止する。

5 処分の理由
運営基準違反(法第77条第1項第4号に該当)
サービス提供記録の作成及び整備並びに訪問介護員等の業務の実施状況の把握について、平成30年3月13日の実地指導において指導を受けたにもかかわらず、これを怠った。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.08.04 (Sun)

35歳の看護師が勤務する病院で注射器盗み ⇒!!

覚醒剤を買うときに注射器を渡して値引きしてもらった
400~500本盗んだ

己が勤務する病院で健康診断すればバレる ってか
転職する理由は?


病院から覚醒剤用に注射器盗んだ疑いで看護師ら再逮捕
      注射器は闇ルートで高値、密売人に渡し覚醒剤値引き

覚醒剤を使用するための注射器を勤務先の病院から盗んだとして、県警組織犯罪総合対策本部と朝霞署は1日までに、窃盗の疑いで、東京都板橋区西台2丁目、看護師の男(35)とアルバイトの男(35)=いずれも覚せい剤取締法違反罪で起訴=を再逮捕し、さいたま地検に送検した。

看護師らは「400~500本盗んだ」「覚醒剤を買うときに注射器を渡して値引きしてもらった」などと供述。県警は看護師らが注射器を大量に盗み、密売人に譲り渡していた可能性もあるとみて調べる。

2人の再逮捕容疑は6月29~30日の間、看護師が勤務する東京都板橋区内の病院で注射器19本を盗んだ疑い。「自分たちで覚醒剤を使うためや、他人に譲り渡すために盗んだことは間違いない」と容疑を認めているという。

薬物銃器対策課によると、2人は知人で集合住宅の一室に同居。アルバイトの男が依頼し、看護師が6月29~30日の夜勤の際に注射器を盗んでいた。2年ほど前から同病院に勤めていたという。

盗まれた注射器は0・5ミリリットル容量で、厚生労働省が定める薬価基準では1本約25円。同省の許可を得た業者が病院などに販売しており、個人で購入する際には医師の処方箋が必要。医療用で一般流通しておらず入手が困難なため、闇ルートでは高値で取引されているという。

覚醒剤の密売事件を捜査する過程で、客として看護師らが浮上。
県警は7月1日、両容疑者の自宅を家宅捜索し、覚醒剤約2・4グラム(末端価格約14万5千円)を所持したとして、覚せい剤取締法違反容疑で2人を現行犯逮捕した。また、新品の注射器24本が見つかったことから、入手先について捜査していた。

看護師が勤務していた板橋区内の私立病院はホームページによると、200床以上の病床を持ち、職員数は600人を超える総合病院。総務課の担当者は埼玉新聞の取材に「何も答えられない」としている。



医療法人社団 明芳会 高島平中央総合病院

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |