FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2019.09.02 (Mon)

障害者の就労支援をママごととは言わないけれど

あのな
そもそも障害のある人達の就労支援ってぇもんは
ただ単に賃金を増やすとか 人並みの給与を得るとか
考え方が可笑しいわ

あのな
障害者の就労支援とは
賃金が低かろうと 障害のある人達は気にしていないわ
重要なのは
その地域住民と如何に関わるってことが大事なのよ
 
工賃アップを目指すことが ⇒ 障害者の就労支援じゃないのよ
障害のある人達は社会に出たいのよ
障害のある人達は低賃金でもエエのよ
自分が創った商品が売れたときの喜びや 人達との交わりを欲しているんです

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.09.02 (Mon)

日本国民の誇りだ!ありがとう松戸市の看護師:菊地大介さん

ありがとう



日本国民の誇りだ



19歳少年の命救った 男性看護師を表彰

ことし5月、八千代市の国道で起きた交通事故の際、左脚切断の大けがを負った少年の命を迅速な対応で救った松戸市の男性看護師が30日、市から表彰された。

松戸市長表彰を受けたのは、松戸市立総合医療センターに勤務する看護師の菊地大介さん。

菊地さんはことし5月、八千代市の国道16号線で起きた車とバイクによる交通事故に遭遇した。菊池さんは道路上で左脚を切断し大量出血して倒れている19歳の少年を見つけると、止血処置や意識レベルの確認を素早く行い、救急車による搬送では命が持たないと判断。ドクターヘリの出動を要請するなど迅速的確な救助活動を行った結果、少年は左脚を失ったものの一命を取り留めた。

菊地さんの功績に対し松戸市の本郷谷健次市長は、「冷静で適切な処置は職員として見本であり市民の誇りだ」と称えた。

市立総合医療センター看護師 菊地大介さん
「その時は無我夢中といいますか一刻も(早く)駆け寄らないと命の危険が迫っているということで出来る限りのことを一生懸命やりました」
「普段は集中治療室の方で勤務していまして、その場で処置をすること自体は少ないんですけど、処置の方は勉強していましたので今回少しでも活用できてよかったと思います」

日本男児や



松戸市立総合医療センターに勤務する看護師


全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.09.02 (Mon)

河川敷で大麻栽培*上田市の看護師

河川敷で大麻栽培疑い、看護師逮捕

長野県警上田署は2日、同県上田市の河川敷で大麻を栽培したとして、大麻取締法違反(栽培)の疑いで、同市の看護師、福沢貴春容疑者(40)を現行犯逮捕したと発表した。逮捕は8月22日。

逮捕容疑は今年7月18日ごろ~8月22日、市内を流れる千曲川の河川敷で大麻を栽培した疑い。

署によると、近くの住民から「大麻のようなものが生えている」との通報があり発覚。現場で警戒していた署員が様子を見に来た福沢容疑者を逮捕した。署は、付近に生えていた大麻草約20本を押収し、栽培の目的などを調べている。


大麻草栽培 千曲川河川敷に約20本

千曲川の河川敷で大麻草1本を栽培したとして、長野県長和町の病院に勤務する看護師の男が現行犯逮捕された。現場には他にも20本ほどの大麻草が栽培されていて、警察が余罪などを調べている。

逮捕されたのは、長和町の依田窪病院の看護師・福沢貴春容疑者40歳です。調べによると、福沢容疑者は今年7月18日頃から先月22日までの間、上田市の千曲川の河川敷で大麻草一本を栽培した。

「大麻を栽培している人がいる」などと通報を受けた警察が先月22日に付近を張り込んでいる際、犯行を目撃し現行犯逮捕した。福沢容疑者は調べに対し、容疑を認めている。 現場には他に20本ほどの大麻が栽培されていたということで、警察が余罪や動機などを詳しく調べている。

一方、依田窪病院は、福沢容疑者を懲戒免職処分とした。三沢弘道院長は「地域住民のみなさまにご心配とご迷惑をかけ、また信頼を損ねたことに対し、深くお詫び申し上げます。職員に対して綱紀粛正を徹底し、信頼回復に全力を尽くしてまいります」とコメントした。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |