FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2015.06.24 (Wed)

大藤園*シールの束で利用者の頭を叩いた支援員も暴行容疑で書類送検へ

別の支援員も暴行容疑、書類送検へ 下関の障害者施設

知的障害者らが利用する山口県下関市の指定障害福祉サービス事業所「大藤園」の元支援員が利用者に対する暴行容疑で逮捕された事件で、山口県警は、別の支援員の男についても利用者への暴行容疑で近く書類送検する方針を固めた。

捜査関係者などによると、支援員の男は昨年1月ごろ、利用者の男性の頭を棒状になったシールの束で数回たたいた疑いがある。任意の調べに対し、暴行を認めて「指導の一環だった」と話しているという。

事件をめぐっては先月28日、支援員による暴行の様子を撮影した映像がテレビなどで流れ、山口県警も映像を入手。同園の関係者からの告発を受けて、利用者の額を平手打ちした暴行の疑いで元支援員の男(35)を逮捕するとともに、映像には他の支援員も利用者へ暴行する様子が映っていたことから、引き続き捜査していた。




虐待は常習だった
そうなんでしょ



山口県下関市の知的障害者福祉施設「大藤園」の元職員が利用者への暴行容疑で逮捕された事件で、県警長府署は24日、別の職員の男(55)を暴行容疑で地検下関支部に書類送検した。

送検容疑は2014年1月27日午前10時20分ごろ、大藤園の訓練作業室内で、作業中だった40代の男性利用者の頭を、長さ約30センチのシールの束で1回たたき、翌28日午前11時半ごろにも3回たたいた上、頭を1回小突いたとしている。

事件を巡っては先月末、職員による暴行の様子を撮影した映像が内部告発によって流出。男性利用者は被害を受けた認識が明確でないが、男がたたいている様子が映像に映っていた。同署は指導する側による行為は悪質と判断した。男は「コミュニケーションを取ったり、励ましたりするつもりでたたいた」と容疑を認めているという。

流出した映像には、大藤園から懲戒解雇処分を受けた元職員の柳信介容疑者(35)の暴行シーンもあり、同署は柳容疑者を暴行容疑で既に逮捕している。映像や証言などから、柳容疑者と書類送検した男の他に、同施設の少なくとも3人の職員が利用者に暴言を吐くなどの虐待を繰り返していたことが明らかになっている。同署は日常的に虐待が行われていた可能性があるとみて、今後も捜査を進める。

書類送検を受け、大藤園を運営する社会福祉法人「開成会」の木谷義孝理事長は「非常に残念だ。就業規則に照らし、近いうちに処分を出す」と述べた。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 大藤園まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |