FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.02.04 (Sat)

障害者を食い物にする悪い輩達*マスメディアが世間に知らしめてくれ

西日本新聞が社説で訴える
..
障害者就労支援 指導監督の抜本見直しを

障害者総合支援法に基づく給付金を不正受給したとして、福岡市が4就労移行支援事業所の代表と主導役とされる男2人の計6人を詐欺容疑で福岡県警に告訴した。受給総額は1億円に及ぶという。

障害者福祉に対する信頼が大きく損なわれた。これほど組織的な不正受給は前例がない。まずは捜査による全容解明を求めたい。

就労移行支援事業は、企業などへの就職を後押しする支援法に基づく福祉サービスの一つである。事業所には利用者1人当たり1日約8千円が行政から支給される。
市の調査によると、4事業所は2015年5月以降、相次いで事業を始めた。主導役の男2人が代表らに開設を持ち掛けたという。直後から運営実態がないのに障害者にサービスを提供したように装い、架空請求を行ってきた。

市の実地指導がある日には、障害者を集め偽装工作も行っていたという。悪質というほかない。
最初から「ペーパー事務所」で給付金をだまし取る狙いがあったのではないか。金の使途も含め、市の調査では解明できなかったことが多いと言わざるを得ない。

1億円もの不正受給を見過ごしてきた市の責任は重大だ。再発防止策として抜き打ち指導を導入した。監督や事業認可の審査の在り方も抜本的に検証すべきである。
支援法に基づく就労系福祉サービスは就労移行支援のほか、障害者に仕事の場を提供する就労継続支援A型事業とB型事業がある。

どちらも職員数や利用日数の水増しなどで給付金を不正に受給し、処分を受ける事業所が後を絶たない。仕事を十分に提供しない不適切な事業所もあるという。

民間事業者の参入が進み、事業所は増加傾向にある。サービスの受け皿の拡充は歓迎すべきことだが、福祉を食い物にするような業者の横行は断じて許されない。
就労支援の福祉サービスは障害者の自立と社会参画に必要だ。着実に社会に根付かせたい。
福岡市だけの問題ではない。これを機に不正防止や監督指導を強化すべきである。


前例がない*福岡市の障害福祉サービス事業所による悪質な組織的犯罪
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3261.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |