FC2ブログ
2019年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.02.16 (Thu)

辞めて責任を取る*バカ?*ナメとんのか社会福祉法人こだま保育園

いわゆる二重帳簿を作成していた ってことですか?

社会福祉法人こだま保育園
滋賀県栗東市野尻451番1
理事長 伊藤正明



滋賀の福祉法人、学童保育料でゴルフ会員権購入

滋賀県栗東市の社会福祉法人こだま保育園が運営している学童保育所で、学童保育料の不適切な使用や管理があるとして滋賀県が改善を指導していることが15日分かった。法人の会計とは別に口座をつくって保育料を管理していた保育園長らが「責任を取る」として辞任する事態になっており、同法人は16日に保護者への説明会を開く。

同法人は同市などで保育園4園と学童保育所2施設を運営。法人によると、保育園長が責任者を務めていた学童保育所2施設の学童保育料について2015~16年に県の監査を受け、
▽健康増進としてゴルフ会員権約20万円を購入し、高価なボールペンを買うなど不適切な会計がある
▽4~6年生の保育料を園長が個人口座で管理していると指摘されたという。

園長は不適切使用とされた百数十万円を法人に返金。さらに17年1月に、別口座で管理していた約1千万円を返金し、辞職した。他の保育園長2人も、口座の存在を知りながら報告しなかった責任を取るとして辞職したという。

保育園の保護者らが「園長がやめた理由や経緯の説明がない」と説明会開催を求めた。同法人の伊藤正明理事長は「指摘を受けて本人が返金し、私的な流用はなかった。保護者にきちんと説明したい」と話し、県健康福祉政策課は「自主的な改善に向けて継続的に指導する」としている。



滋賀県栗東市の社会福祉法人が運営する学童保育所で、園長が保育料でゴルフ会員権を購入するなど不適切な使用があったとして、県から改善指導を受けていたことがわかった。
滋賀県から改善指導を受けたのは、栗東市の社会福祉法人こだま保育園が運営する学童保育所です。

社会福祉法人によると、学童保育所の園長はおととしから去年に行われた県の監査で、学童保育料でおよそ20万円のゴルフ会員権や高級ブランドのボールペンを買うなど、不適切な使用や管理がおよそ150万円あったと指摘された。また、個人口座で、小学4年生から6年生の保育料を別に管理していたという。

指摘を受けて園長は150万円全額を返還し、今年1月に辞任した。社会福祉法人の理事長は「私的流用はなかったと考えている」としています。




社会福祉法人こだま保育園
平成27年4月1日現在 現況報告書


こだま保育園
栗東市野尻451-1

こだまふれんど保育園
栗東市苅原141番地

こだま乳児保育園
栗東市綣3丁目1-20

こだまそよかぜ保育園
彦根市正法寺町26-4




掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |