FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.04.14 (Fri)

また親が訴えたりして ・・・ 管理が悪いとか ・・・

3歳児、首挟む 一時心肺停止 香川の保育園

12日午前9時半ごろ、香川県善通寺市生野本町2の私立保育所「カナン子育てプラザ21」(園児126人)で、園庭のうんていで遊んでいた女児(3)が、木製外枠の狭くなっている部分に首を掛けた状態で宙づりになっているのに施設内にいた保育士が気付き、保育所の看護師が助け出した。県警丸亀署によると、一時は心肺停止状態だったが、病院に搬送後、自発呼吸が戻ったという。

保育所によると、当時は外遊びの時間中で、うんてい周辺では数人が遊んでいた。うんていは、手でぶら下がれる鉄棒が高さ1メートル地点にあるが、その上部にも木枠があり、筋交いで固定されていた。女児は頭を内側に入れる形で筋交いに挟まっていたという。当時、園庭で見守っていた保育士は、別の場所で起こった園児同士のトラブルに対応しており、女児の近くに大人はいなかったという。

保育所を運営する社会福祉法人「カナン福祉センター」の片山堯理事長(75)は「(保育士の)目が離れてしまった。安全をより徹底すればよかった」と話した。




施設運営の団体理事長「おわびするしかない」 3歳女児一時心肺停止の雲梯事故

香川県善通寺市生野本町の保育施設「カナン子育てプラザ21」で12日、3歳の女児が一時心肺停止になった遊具事故で、施設を運営する社会福祉法人カナン福祉センターの片山堯理事長は「このような事故が起こり誠に申し訳ない。おわびするしかない」と述べた。

取材に応じた片山理事長によると、女児は午前8時45分ごろに登園し、9時20分ごろから園庭の端にある遊具の雲梯(うんてい)で遊んでいた。

隣接する部屋の窓から様子を見ていた保育士が声をかけても動かないことに異変を感じ、同室にいた看護師が駆けつけたところ、女児は雲梯の枠と補強用の筋交いの間に首が挟まった状態だったという。看護師はAEDなどで応急処置を行い、他の保育士が119番した。

女児の身長は約1メートルで、雲梯の捕まる部分と同じ位の高さ。事故当時は外遊びの時間で園庭には3歳から5歳までの園児57人と保育士4人がいた。女児の0歳の妹が隣接する部屋にいたという。

施設では県警が実況見分や関係者からの事情聴取を行い、その後、雲梯にはブルーシートがかけられた。



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |