FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.08.08 (Tue)

もう議論は終わったか?*障害者福祉の後進県

知ってた?
津久井やまゆり園の指定管理者は平成37年3月31日まで
え? えぇ??
ウソやろ
あと8年も社会福祉法人かながわ共同会が ・・・・・
ええかげん管理者を代えろよ


平成26年10月14日
神奈川県議会の議決を経て 社会福祉法人かながわ共同会を指定管理者として指定した

神奈川県の施設である津久井やまゆり園
その管理運営を行う指定管理者 社会福祉法人かながわ共同会
指定期間は平成27年4月1日から平成37年3月31日

津久井やまゆり園
相模原市緑区千木良476番地

昭和39年設置
建物の構造 鉄筋コンクリート造 地上2階
延べ床面積 11,885.76平方メートル
敷地面積 30,890.06平方メートル
定員 障害者支援施設 入園定員 160名
(内訳)施設入所支援 150名   生活介護 160名   短期入所 10名

設置目的
障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成17年法律第123号)第5条第11項に規定する障害者支援施設として、障害者につき、施設入所支援を行うとともに、施設入所以外の施設障害サービスを行うほか、診療等を行うこと。

事業内容
施設入所支援、生活介護、短期入所、その他自主事業等


指定管理者 社会福祉法人かながわ共同会が提案する事業計画書

http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/734900.pdf



平成29年8月2日
神奈川県障害者施策審議会 津久井やまゆり園再生基本構想策定に関する部会
津久井やまゆり園再生基本構想策定に関する部会検討結果報告書(案)

出席者
・部会長 堀江 まゆみ (白梅学園大学教授)
・副部会長 堀越 由紀子 (東海大学教授)
冨田 祐 (神奈川県本人の会「希望」副会長)
野口 富美子 (神奈川県心身障害児者父母の会連盟幹事)
安藤 浩己 (神奈川県知的障害福祉協会顧問)
伊部 智隆 (社会福祉法人神奈川県社会福祉協議会総務企画部参事)
小川 喜道 (神奈川工科大学教授)
在原 理恵 (神奈川県立保健福祉大学准教授)

http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/890278.pdf

ともに生きる社会かながわ


基本的な考え方


障害福祉施策においては、ひとり一人が大切にされ、どこで誰と生活するかの選択の機会が確保されていることが重要である。そして、本人の選択の結果を尊重しつつ、可能な限り身近な場所において、必要な日常生活又は社会生活を営むための支援を受けられることが必要となる。
津久井やまゆり園利用者の今後の生活の場についても、入所施設における生活、地域における多様な居住の場における生活、このいずれについても複数の選択肢を用意し、ひとり一人にとって最良の福祉を提供することが必要である。


ところが ここの支援員 職員たちは
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3498.html

だからぁ 何度も言ってるやろ
建て替えたらエエよ
日本国の障害者福祉の概念を覆す神奈川県知事や津久井やまゆり園の職員たち
そして家族会のみなさん 
中途半端に入所施設を何十億円も使うのならば
どうせ建て替えるんなら 500人規模のコロニーでもつくれよ

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 津久井やまゆり園まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |