FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.08.25 (Fri)

保育園のプール死亡事故*問題は見守り体制

24日午後、さいたま市・緑区にある「めだか保育園」のプールで赤沼美空ちゃん(4)が、意識不明の状態で浮いているのが見つかり、美空ちゃんは25日未明、病院で死亡が確認された。


保育園のプールで4歳女児溺れ意識不明 さいたま市
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3643.html

24日、さいたま市の保育園のプールで4歳の園児が溺れて死亡した事故で、当時、プールでは、3歳から5歳までの年齢の異なる園児が一緒に遊んでいたことがわかった。

専門家は、子どもは年齢が1歳でも違えば体格差が大きくなり、監視の目が届きにくくなると指摘していて、警察は、当時の対応に問題がなかったか調べている。

24日午後3時半すぎ、さいたま市緑区の認可保育所「めだか保育園」のプールで、近くに住む赤沼美空ちゃん(4)が、うつぶせの状態で浮かんでいるのが見つかり、25日朝早く、死亡した。

警察と市は、美空ちゃんが溺れたと見て、25日、保育園の関係者を立ち会わせて現場で当時の状況を調べた。保育園によると、事故が起きた当時、プールでは、3歳と4歳、そして5歳の年齢の異なる園児合わせて19人が遊んでいたことがわかった。午前中は、年齢別にプールの時間を設定していましたが、午後は、再びプール遊びを希望した異なる年齢の園児を一緒に遊ばせていたという。

当時、プールでは、保育士2人が監視にあたっていたが、子どもの事故に詳しい専門家は、幼い子どもの場合、年齢が1歳でも違えば体格差が大きくなり、監視の目が届きにくくなると指摘している。警察は、プールの防犯カメラの映像を分析するなどして、当時の対応に問題がなかったか調べる。

保育園長「申し訳ない」

プールで遊んでいた4歳の女の子の園児が死亡したことについて、「めだか保育園」の黛秋代園長(67)は「監視の目を離さない、水面から目を離さないことを徹底していたのですが、穴があったということで申し訳ないと思っています」と謝罪した。

保育園によると、24日はプール遊びの最終日で、昼寝を終えておやつを食べ終わった園児に10分程度、プールで遊んでもらっていた。
保育園では25日午後7時から保護者会を開き、事故の詳しいいきさつや再発防止策について説明する。


【 記事の続き ・・・・・ 】

識者 「事故のリスクが高い」

保育士の経験をもとに保育現場の救命処置や事故を防ぐための講演活動を行っている専門家、遠藤登さんは、幼い子どもは年齢が1歳でも違えば体格差が大きくなるとしたうえで、「3歳から5歳までの19人が一緒に遊ぶ中で保育士が2人という態勢は事故のリスクが高いと思う。異なる年齢の子どもたちをプールに入れるのであれば4、5人の保育士が必要だ」と指摘しています。

そのうえでプールでの事故を防ぐためには「プールで遊んでいる最中も一人一人の園児の名前を呼ぶなどして所在を確認することや、滑ったり転んだりしても水から顔が出るような年齢にあった水深にすることが大切だ」と話しています。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |