FC2ブログ
2019年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2018.03.06 (Tue)

鬼畜*和歌山県伊都郡高野町東富貴の介護職員 ⇒ 梶部雄太24歳

医療法人敬英会
理事長 光山 誠
大阪府大阪市大正区鶴町二丁目15番18号

介護老人保健施設 グリーンガーデン橋本
施設長 石神やす子 (医師)
和歌山県橋本市隅田町山内1919



p0oomn_519.jpg

和歌山県伊都郡高野町東富貴の介護職員 ⇒ 梶部雄太24歳
平成23年4月グリーンガーデン橋本に就職
平成28年12月に退職
平成29年3月にグリーンガーデン橋本に再就職


p0oomn_519m.jpg

和歌山県伊都郡高野町東富貴の介護職員 ⇒ 梶部雄太24歳
橋本市の介護老人保健施設グリーンガーデン橋本で入所者の女性(96)に熱湯をかけ
唇やあご 胸 右肩などに全治約50日のやけどを負わせた
ポットで沸かしたお湯をコップに入れ 下前さんにかけた






介護老人保健施設の女性入所者・やけどで重傷 施設の介護士逮捕

和歌山県橋本市の介護老人保健施設で、入所者の96歳の女性に熱湯をかけて重傷を負わせた疑いで施設に勤める介護士の男が逮捕された。

傷害の疑いで逮捕された介護士の梶部雄太容疑者(24)は今年1月9日の未明に橋本市内の介護老人保健施設での宿直勤務中、96歳の女性入所者の口元にコップで熱湯をかけ首や胸などに重傷を負わせた疑い。

女性は重度の認知症があって寝たきりで、この日の朝食の際、別の男性職員が口元のヤケドに気づいた。

施設の内部調査には関与を否定していた梶部容疑者が、5日午後警察に出頭を求められ犯行を認めた。

調べに対し梶部容疑者は「夜中に大声で叫ぶのをやめなかったので腹が立ち、詰所にあるポットでお湯を沸かして女性にかけた」と話している。

女性は重度の認知症で寝たきり
この日の朝食の際
別の男性職員が口元のヤケドに気づいた




橋本署に被害届を出した



何もしていないし心当たりもない

警察から出頭を求められると犯行を認めた


96歳入所者に熱湯、傷害容疑 「叫ぶのやめないので」

介護老人保健施設の入所者の女性(96)に熱湯をかけて重いやけどを負わせたとして、和歌山県警は5日、介護職員の梶部雄太容疑者(24)=同県高野町=を傷害の疑いで逮捕し、発表した。「夜中に大声で叫ぶのをやめないので、腹が立った」と容疑を認めているという。

橋本署によると、梶部容疑者は1月9日午前1時20分ごろ、勤務先の同県橋本市内の介護老人保健施設「グリーンガーデン橋本」で、入所していた女性の口元付近にコップ1杯の熱湯をかけ、口や胸などに約50日のやけどを負わせた疑いがある。女性は重度の認知症だったという。

梶部容疑者は当時夜勤をしており、女性が入所する2階の担当だったという。朝になって別の職員がやけどに気づき、施設側が署に被害届を出していた。

施設を運営する医療法人敬英会(大阪市大正区)は「虐待事件が発生し、心からおわび申し上げます。再発防止に全力を尽くす所存であります」とのコメントを出した。





理事長が謝罪

ことし1月、和歌山県橋本市の介護老人保健施設で、96歳の女性に熱湯をかけて大やけどを負わせたとして、施設の職員の男が傷害の疑いで逮捕された事件で、施設を運営する医療法人の理事長が記者会見し謝罪した。

ことし1月9日、和歌山県橋本市の介護老人保健施設グリーンガーデン橋本で、入所している96歳の女性が顔から肩にかけて大やけどをし、警察はこの施設の介護職員、梶部雄太容疑者(24)を女性に熱湯をかけて大やけどをさせたとして5日、傷害の疑いで逮捕した。
警察の調べに対し、梶部容疑者は「深夜に大声で叫んで言うことを聞かず腹が立ったので、ポットでわかした熱湯をかけた」と供述し、容疑を認めているという。

職員の逮捕を受けて施設を運営する医療法人敬英会の光山誠理事長が記者会見し、「多大なご迷惑ご心配をおかけし、心からおわびします」と謝罪した。

光山理事長によると、梶部容疑者は平成23年4月にこの施設に就職し、おととし12月にいったん退職したものの、去年3月に再就職したという。
上司の指示には素直に従いこれまでトラブルや無断欠勤などはなかったという。
また、施設が行った聞き取りに対し、「何もしていないし心当たりもない」と話していた。

和歌山県では7日以降、施設の立ち入り調査を行い、再発防止を指導することにしています。
「グリーンガーデン橋本」によりますと、事件が起きた当時、3つのフロアに計100人近い高齢者が入所していました。
夜間は介護職員4人と看護師1人の計5人が勤務し、入所者からの呼び出しへの対応や、1時間おきの見回りなどを行っていたということです。
事件が起きた当日、梶部容疑者は被害にあった女性を含む約30人が入所していた2階のフロアを1人で担当していたということです。


事務長が謝罪

「グリーンガーデン橋本」の胡麻寿明事務長は「介護施設として、あってはならないことで、入所者や関係者の皆様に大変申し訳なく思います。再発防止策を協議し、職員一丸となって取り組んでいきます」と話しています。



icon_19_02.png

元職員、傷害で起訴 2018年3月27日

【 記事の続き ・・・・・ 】

和歌山県橋本市の介護老人保健施設「グリーンガーデン橋本」で入所者の女性(96)に熱湯をかけて重傷を負わせたとして、和歌山地検は26日、同施設の元介護職員、梶部雄太容疑者(25)=高野町東富貴=を傷害罪で起訴した。

起訴状によると、梶部被告は1月9日午前1時20分ごろ、施設内のベッドであおむけに寝ていた女性の口元に熱湯をかけ、唇から顎、肩にかけて全治約50日のやけどをする重傷を負わせたとしている。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |