FC2ブログ
2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2018.06.05 (Tue)

NPO法人手をさしのべて+レインボーサンフラワー指定取消し

NPO法人手をさしのべて
群馬県高崎市寺尾2592
代表者 櫻井信治

就労移行支援
レインボーサンフラワー


高崎の障害福祉施設の指定取り消し

高崎市は4日、NPO法人手をさしのべて(桜井信治代表)が運営する「レインボーサンフラワー」(高崎市寺尾町)の障害福祉サービス事業所の指定を6月30日付で取り消すと発表した。2016年9月~今年1月、利用者3人のサービス提供実績を水増しし、計165万余円を不正に請求・受領。さらに、常勤ではないサービス管理責任者を常勤と報告したとしている。市は不正請求分など550万余円の返還を求めた。


介護報酬不正受給

高崎市にある障害者就労支援施設が利用者の利用日数を水増しするなどして、介護報酬など合わせて480万円余りを受給していたことがわかり、市はこの施設の障害福祉サービス事業者としての指定を、今月30日付けで取り消すことを決めた。

指定を取り消されるのは、高崎市寺尾町のNPO法人が運営する障害者就労支援施設、「レインボーサンフラワー」。

高崎市によると、この施設は虚偽の記録を作って利用者の利用日数を水増しし、おととし9月からことし1月にかけて、介護報酬160万円余りを受給していたほか、市などから障害者の職業訓練のための給付金を受ける際の条件となっていた、常勤の職員を置いていないにも関わらず、およそ320万円の給付金を受け取っていた。

市が、ことし2月に定期の立ち入り調査を行った結果、こうした事実が判明した。
これを受けて市は、施設の障害福祉サービス事業所としての指定を、今月30日付けで取り消すことを決めるとともに、不正に受給した介護報酬に40%を加算した金額など合わせておよそ550万円の返還を求めている。

市は今後、この施設の利用者に、別の施設を紹介するなどする。
施設を運営するNPO法人の櫻井信治理事長は「今回の決定を真摯に受け止め、施設の運営をやめることを検討したい」としている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |