FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2018.06.14 (Thu)

オマエら+こんなとこで働くなよ

労働基準法第14条

解雇は 客観的に合理的な理由を欠き 社会通念上相当であると認められない場合は その権利を濫用したものとして 無効とする

有期労働契約の締結 更新及び雇止めに関する基準(労働基準法第14条第2項、第3項)
使用者は、有期契約労働者に対し、契約の締結時に契約の更新の有無、契約を更新する場合又はしない場合の判断の基準を明示しなければならない。

判断の基準
契約期間満了時の業務量により判断する
労働者の勤務成績、態度により判断する
労働者の能力により判断する
会社の経営状況により判断する
従事している業務の進捗状況により判断する


みんなー 応援しようぜ!




ガンバレ村岡!!

福祉施設の非正規職員「雇い止め」撤回申し入れ 2018年3月22日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3949.html


社会福祉法人仙台市社会福祉協議会
仙台市青葉区五橋2丁目12番2号 仙台市福祉プラザ6階
理事長 山浦正井
TEL 022-223-2010 FAX 022-262-1948
E-mail hureai-net@shakyo-sendai.or.jp

糾弾せよ!

潰してまえ!
仙台市社会福祉協議会
こんな社会福祉法人なんて日本国では悪である

221_90kkm68.jpg

仙台市社協へ“雇い止め”撤回求め男性提訴

いわゆる雇い止めを巡り、仙台市社会福祉協議会が3月末に非正規職員の雇用を打ち切ったことについて、雇用の打ち切りは違法だとして、非正規職員だった仙台市の男性が打ち切りの撤回などを求める訴えを仙台地方裁判所に起こした。

訴えを起こしたのは、仙台市社会福祉協議会が運営する福祉施設で非正規職員として働いていた仙台市青葉区に住む村岡靖昭さん。

訴状によると、村岡さんは2013年から5年を上限に雇用され2018年3月末に雇用を打ち切られた。しかし協議会では契約を5年より延長している例があり、また福祉施設は雇い止め後に人員不足を理由に職員の募集を行っていました。このため村岡さんは雇用打ち切りには合理的な理由がなく、労働契約法に違反するとして、打ち切りの撤回と裁判終了まで間の賃金の支払いを求めている。

協議会は2018年3月末で村岡さんを含む29人の非正規職員を雇止めにしている。協議会は「訴状が届いていないためコメントはできない」。




ふざけるな 仙台市社会福祉協議会

【 記事の続き ・・・・・ 】






おいおいオマエら
こんなとこへ現金で寄付なんてするなよ


平成29年3月31日現在

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |