FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2018.09.21 (Fri)

大崎ミッドタウン総合メディケアセンター内で入居者に性的虐待

大崎ミッドタウン総合メディケアセンター
宮城県大崎市松山金谷中田76-1


老人ホーム職員、入居女性に性的虐待 県が改善命令

宮城県は20日、大崎市松山千石にある有料老人ホーム「大崎ミッドタウン総合メディケアセンター」の職員が入居者に性的虐待をしたとして、施設を運営する医療法人而成(じせい)会(大崎市)に対し、老人福祉法に基づき改善命令を出した。
県長寿社会課によると、今年2月上旬の深夜、男性介護職員が施設に入居する女性に対してわいせつな行為をした。女性の親族が大崎保健所に相談し、調査の結果、性的虐待と認定された。男性職員は「介護の一環だった」と話しているという。男性職員は退職している。


有料老人ホームに対する行政処分について

老人福祉法(昭和38年法律第133号)に基づき,下記のとおり改善命令を行いましたのでお知らせします

1  処分対象事業者の概要
(1)法人名:医療法人而成会
理事長 松本 啓
(2)法人所在地:大崎市松山千石字広田35番地
(3)事業所名:大崎ミッドタウン総合メディケアセンター
(4)事業所所在地:大崎市松山金谷字中田76番1
(5)サービスの種類:サービス付き高齢者向け住宅(有料老人ホーム)

2  処分の内容
改善命令

3  処分の原因となる事実
入居者に対し性的虐待を行った。

4  今回の処分による入居者への影響
改善命令は,設置者に対してその改善に必要な措置を採るべきことを命じるものであり,入居者のサービス利用に影響を及ぼすものではない。

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |