FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2018.09.29 (Sat)

横浜市の株式会社CAI指定取消し*なんか胡散臭い

指定障害福祉サービス事業所の指定の取消しについて

横浜市は、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成17年法律第123号。以下「法」といいます。)に基づく監査を実施した結果、就労移行支援事業及び就労継続支援A型事業に関する不正請求等の事実を確認したため、次のとおり行政処分を行い、通知しましたのでお知らせします。

1 処分対象の事業者(法人)
(1) 事業者の名称 株式会社CAI
(2) 事業者の所在地 横浜市港北区新横浜三丁目22番地5
(3) 事業者代表者 代表取締役 久保田 淳

2 処分対象の事業所
(1) JESD新横浜 日本うつ病就労移行支援協会、JESD新横浜
ア 事業内容 就労移行支援、就労継続支援A型
イ 利用定員 20名(就労移行支援)、10名(就労継続支援A型)
ウ 所在地 横浜市港北区新横浜三丁目22-5 新横浜メグロビル6階A
エ 指定年月日 平成28年5月1日(就労移行支援)、平成29年4月1日(就労継続支援A型)
(2) JESD横浜
ア 事業内容 就労移行支援
イ 利用定員 20名
ウ 所在地 横浜市神奈川区鶴屋町三丁目30-8 鶴屋町共同ビル4階
エ 指定年月日 平成29年9月1日
(3) JESD杉田
ア 事業内容 就労移行支援
イ 利用定員 20名
ウ 所在地 横浜市磯子区新杉田町8-8 ハマシップモール4階401号室
エ 指定年月日 平成30年3月1日

3 処分内容【上記3事業所共通】
(1) 処分内容
法第50条第1項第5号、第6号及び第10号に基づく指定の取消し
(2) 処分年月日
平成30年9月25日

4 処分理由
(1) 就労移行支援サービス及び就労継続支援A型サービスにおいて、実際のサービス提供とは異なる請求をし、不正に訓練等給付費を受領していました。
(2) 不正の手段として、請求内容と辻褄を合わせるため、実際には提供を行っていない虚偽のサービス提供記録を作成していました。
(3) 監査における報告の要請に対して、虚偽の報告を行いました。

5 返還を求める額(現時点で把握している額)
返還を求める金額は以下の通りです。なお、訓練等給付費の不正請求額に対し、法第8条第2項の規定により、以下の金額に100分の40を乗じて得た額を加算して返還を求めます。
17,258,838円
(川崎市、藤沢市、平塚市、茅ヶ崎市、厚木市、鎌倉市、東京都町田市分含む)
うち本市分14,334,187円(内訳は以下のとおり)
※当該利用者に支給決定を行っている自治体が訓練等給付費を支払っています。


残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |