FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2018.10.05 (Fri)

この程度です*相変わらずな放課後等デイサービス

内部通報で発覚
通報者から提供された動画 音声データが証拠
40代の女性マネジャーが利用者に平手打ちをする虐待行為をしていた


株式会社プレイズコンフォート
福井県福井市みのり2丁目5-7
設立 平成6年
代表取締役 角屋 隆

この程度が虐待ですか?

京都市は28日、障害児が通う山科区の放課後等デイサービス事業所で今年4月、40代の女性職員が小学生の頭を平手で1回殴る虐待行為があったことを公表した。運営会社「プレイズコンフォート」(福井市)が京都市内で営む全4事業所では、市などの給付金の不正受給も判明し、市は同日、児童福祉法に基づき4事業所の指定を10月31日に取り消すことを同社に通知した。市は虐待と不正受給に関し、京都府警への刑事告発も検討する。

放課後等デイサービスは2012年度に制度化された。市内での指定取り消しは、給付金14万円を不正受給した伏見区の事業所が15年に受けて以来2例目。

同社は15~17年、「くるみの森」の名称で山科区の3カ所と左京区の1カ所で同事業所の指定を受けた。市によると、虐待があったのは「くるみの森 山科3号店」(山科区勧修寺)。

市の特別監査に対し女性職員は否定したが、関係者提供の動画に虐待の様子が映っており、複数の職員も証言したため虐待行為と認定した。映像を見た同社幹部らは「この程度が虐待ですか」と述べたという。

不正受給したのは、支援計画を作る児童発達支援管理責任者の配置で得られる給付金1040万円。同社は16年6月~18年3月、4事業所の同責任者が退職後も給付金を請求し続けたという。市は不正行為への加算金を含む1456万円の返還を求めている。

4事業所には約60人が通所しており、指定取り消しまでに他施設での受け入れを調整するよう同社を指導した。


指定が取り消されるのは
くるみの森 山科
くるみの森 山科2号店
くるみの森 山科3号店
くるみの森 左京

くるみの森 山科3号店
小学生低学年を中心にパワフルに活動中です!SSTを中心にTEACCHやABAを取り入れた支援を行っています
 (笑
cv55cv_nbnm6003.jpg

SST ⇒ ソーシャル スキル トレーニング
TEACCH ⇒ TEACCH自閉症プログラム 自閉症児者支援
ABA ⇒ 応用行動分析

コヤツら言葉だけは知ってるな

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |