FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2018.11.03 (Sat)

補助金や助成金に甘える今宵の経営者

企業主導型保育の運営資金には

公益財団法人児童育成協会からの助成金をアテにする

企業主導型保育所は認可外保育である

企業主導型保育所 って
まるで巷で問題の多い障害児の放課後等デイサービスみたいやな
計画性も経営能力も無い 人様の金で何かをしようと企むバカ

オマエら
就職転職するときは よー~く見極めろよ


Brighton Nursery & After School株式会社
東京都杉並区下高井戸1-39-3 クレアシティ上北沢1階
代表者 和田勝海

保育士の一斉退職、企業主導型で相次ぐ 世田谷では休園へ

政府が待機児童対策の切り札として始めた企業主導型保育所をめぐって、待機児童が全国で3番目に多い東京都世田谷区で、保育士の一斉退職などのトラブルが相次いでいる。企業主導型保育所は認可外のため設置の審査が緩く、トラブルの可能性が当初から指摘されていた。

企業主導型保育所は2016年度に創設。保育士の配置基準や保育室の面積などは、認可より緩いが、一定の基準を満たせば、認可並みの助成金が出る。審査や指導を担う公益財団法人「児童育成協会」によると、今年3月末の時点で、全国の2597施設(定員5万9703人分)に助成が決まっているという。

同協会によると、世田谷区上北沢の保育所で10月末、保育士ら7人が一斉に退職し、1日から休園。
同じ会社が運営する世田谷区赤堤の園でも11人が退職した。協会の調査に対し、職員らは「給与未払いがある」と話したという。区の職員が1日に現地で確認したところ、臨時の職員が数人を預かっている状態だった。

赤堤の園に次女(2)を預けていた会社員の男性(48)によると、一斉退職について園から伝えられたのは31日夜のメール。「なぜ急にこんな話に」と驚いた。翌朝、園で対応した社長は「こちらも困っている」などと話すばかりで、安心して預けられないと判断し、次女は1日から欠席しているという。男性は「これまでも保育士の入れ替わりが激しく、不信感を抱いていた」と話した。

運営会社の社長は朝日新聞の取材に、ほとんどの職員と連絡が取れない状態だと認め、「自分の責任。けがなどを防止するため、保護者にはできればお休みするようお願いした」と話した。給与については「支払っていた」と説明した。

世田谷区では、別の会社が運営する園も7月に休園。別の園でも保育士が一斉退職し、9~10月に一時、預かる人数を制限するなど、少なくとも4件のトラブルが起きている。
区の担当者は「似たような事態が続き、驚いている。区には審査や指導の権限はないが、今回はあまりに急な事態なので、一時保育で受け入れる態勢を取っている」と話した。

協会の審査担当者によると、審査は主に書類のみで、運営会社の決算書などを確認しているというが、経営実績がない新しい会社でも、予算書を確認した上で助成をしている。基本的に書類が整った場合は全て助成しているという。



こどもの杜 下高井戸駅前保育園
世田谷区赤堤4-46-3ほんだビル

こどもの杜 上北沢駅前保育園 (平成30年4月開園)
世田谷区上北沢4-15-12メゾンド・ボンシャス1階



https://sogno.mobi/company/ceo_1908986.html

社長への評価,コメント一覧

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |