FC2ブログ
2019年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2018.11.28 (Wed)

また放課後等デイサービスで行政処分*船橋市

こぱんはうすさくら船橋夏見台教室
児童発達支援、放課後等デイサービス
船橋市夏見台5丁目7-46
指定年月日平成29年5月1日


船橋市夏見台の「こぱんはうすさくら船橋夏見台教室」(運営会社・市川市の福笑)は、専任・常勤で配置が必要な管理責任者について、自社別事業所の責任者の名義を使った上、児童指導員の配置も基準を満たしたように装い、昨年5月~今年2月に約630万円を不正受給。

処分は来年1月1日から半年間の指定停止で、この間は事実上運営ができない。


有限会社福笑
代表者 嵯神彦光
市川市原木二丁目1番1号

指定障害児通所支援事業者の行政処分について

処分内容
指定の効力の全部停止(6か月)
停止期間
平成31年1月1日から平成31年(2019年)6月30日まで

処分の理由
不正の手段による指定(法第21条の5の24第1項第8号該当)
専任かつ常勤で配置しなければならない児童発達支援管理責任者について、当該事業所に勤務していない者の氏名を記載した上で提出し、不正の手段により指定を受けた。

虚偽の答弁及び書類の提出(法第21条の5の24第1項第6号及び第7号該当)
当該事業所に実際には勤務していない児童発達支援管理責任者及び児童指導員について勤務していると法人代表が虚偽の答弁をするとともに、出勤していると偽った書類を提出した。

不正請求
平成29年5月から平成29年12月までの間、児童発達支援管理責任者を配置しないまま、児童発達支援管理責任者専任加算を不正に請求した。

児童発達支援管理責任者を平成29年5月から平成29年12月までの間、児童指導員等を平成29年6月から8月までの間及び平成30年2月について、人員基準を満たさないにも関わらず、人員欠如減算をせずに給付費を不正に請求し、受領した。

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |