FC2ブログ
2019年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2018.11.30 (Fri)

ありがとう*雲南市のサンタさん

71歳の ・・・
40年以上 全国の被災地にショートケーキを届ける活動を続ける


西日本豪雨で被災した真備町にサンタがやってきた 保育園にプレゼント

西日本豪雨で被災した倉敷市真備町地区のふたつの保育園に29日、サンタクロースが現れた。サンタに扮したのは、40年以上にわたって全国の被災地にショートケーキを届ける活動を続けてきた島根県雲南市の飲食業、村松憲さん(71)。落書き帳や鉛筆など約350人分のプレゼントを子どもたちに贈った。

真備かなりや保育園では、約120人の子どもたちがサンタ姿の村松さんとダンスを踊ったり、歌ったりして交流した。

同園は豪雨災害で1階が浸水。ほかの複数の保育園の部屋を借りるなどして運営を続け、園児たちも各地に散らばっていた。11月から改修が終わった元の園舎への通園が全面的に再開。この日、プレゼントを受け取った子どもたちはさっそく中身を確かめて喜んでいた。
サンタと交流した豊島奈々緒ちゃん(6)は「ダンスがおもしろかった」と笑顔いっぱいで話した。

村松さんは高校生だった1964年に山陰北陸豪雨による水害で、当時住んでいた自宅が全壊。義援金など支援のありがたさを身に染みて感じた経験から、恩返しのつもりで東日本大震災や熊本地震の被災地を回り、子どもたちにケーキを届けてきた。

今回の真備町地区への訪問では「浸水で物がないのでは」と思い、お絵かきができる文房具を選んだという。村松さんは「子どもたちが喜んでくれてうれしかった。いっそう元気になって、明るい人生をたどっていただきたい」と話していた。


【 記事の続き ・・・・・ 】




残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |