FC2ブログ
2019年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2018.12.27 (Thu)

ララハートなごみケアー合同会社指定取消し

何度も何回も言うけれど
オマエらな
就職転職するとき
ネットで情報を集めるやろ

求人誌やハローワーク等で求人募集をみつけて
>ララハートなごみケアー合同会社>>デイサービス>>訪問介護
おっ コレええんちゃう 家からも近いし 勤務時間もちょうどエエし
給与はこんなもんかな ってな
こんな感じで簡単に就職転職するなよ
例えパート・アルバイトでもな
インターネットで検索してみても 何~も情報もない
ヤメとけよ辞めとけ 


ララハートなごみケアー合同会社
代表者 石田陽子
神戸市兵庫区石井町2丁目3-10 スマイルウエスト205


介護報酬76万円を不正受給 神戸の事業者に処分

神戸市は26日、同市兵庫区石井町2の介護事業所「ララ・ハートなごみケアー合同会社」が訪問介護の虚偽記録をもとに、介護報酬約76万円を不正請求し、受給したとして、指定取り消し処分にしたと発表した。市は加算額を含めて計約106万円の返還を求める。

同市によると、同事業所は2017年5~7月、利用者がデイサービスを利用している時間帯に、訪問介護を計22回受けたとする虚偽記録を作成し、同年5~8月には、記録がないのに訪問介護232回を提供したとして報酬を請求した。

同年4月に匿名の通報があり、市が監査を進めていた。監査中も、実際はサービスを行っていないヘルパーの名前を記載した虚偽記録3件の報告もあったという。同事業所代表の女性(60)は「実際にサービスは提供している。記録を誤った」と説明しているという。

処分効力は訪問介護と介護予防訪問サービスが来年4月1日から、居宅介護支援事業が同年2月1日から、それぞれ発生する。


ナメとる

介護保険法に基づくヘルパー事業所及び居宅介護支援事業所の指定取消し処分

【 記事の続き ・・・・・ 】

介護保険法に基づくヘルパー事業所及び居宅介護支援事業所の指定取消し処分

ララ・ハートなごみケアー合同会社

サービス種別
(1)訪問介護
(2)介護予防訪問サービス
(3)居宅介護支援

所在地         
神戸市兵庫区石井町2丁目3-10 スマイルウエスト205

運営法人        
ララ・ハートなごみケアー合同会社
代表社員:石田 陽子
所在地:神戸市北区花山台4-22

事業開始年月日    
(1)平成20年10月1日
(2)平成29年4月1日
(3)平成20年7月1日   

処分の内容
指定取消し

処分年月日
平成30年12月26日(水曜)

処分効力発生年月日
(1),(2)平成31年4月1日(月曜)
(3)平成31年2月1日(金曜)


これまでの経緯
平成29年9月28日 介護保険法に基づく監査を実施
平成29年10月~平成30年4月 不正事実の確認のための書類精査,聞取り等
平成30年12月17日  行政手続法に基づく聴聞を実施


6.処分を行う理由
(1)訪問介護
当該事業所は,同法人が運営する通所介護を利用する時間帯と同一時間帯に,訪問介護を利用したとする虚偽のサービス提供記録及び,居宅介護支援事業所管理者であった法人代表が作成した,サービス提供記録がない訪問介護のサービス実績を加えた虚偽のサービス提供票に基づき報酬を請求し,受領した。
   
○通所介護を利用中の時間帯の虚偽のサービス提供記録に基づく請求
平成29年5月及び平成29年7月に計22件

○サービス提供記録がないサービスを加えた虚偽のサービス提供票に基づく請求
平成29年5月から平成29年8月に計232件

監査着手後,サービス提供を行った従業者とは異なる従業者名義のサービス提供記録を作成し,調査に対して虚偽の報告を行った。

○調査に対する虚偽の報告
平成29年10月20日に3件

(2)介護予防訪問サービス事業
当該事業所においては,指定訪問介護事業と指定介護予防訪問サービス事業が一体的に運営されており,指定訪問介護事業において介護保険法違反(不正請求)を行った。

(3)居宅介護支援事業
居宅介護支援事業所として,居宅介護支援事業所管理者であった法人代表が,サービス提供記録がないサービスを加えた虚偽のサービス提供票を作成し,訪問介護事業所の不正請求を主導した。


根拠法令
(1)訪問介護
 介護保険法第77条第1項第6号(不正請求)
 介護保険法第77条第1項第7号(虚偽報告)
(2)介護予防訪問サービス
 介護保険法第115条の45の9第1項第6号(その他法令違反)
(3)居宅介護支援
 介護保険法第84条第1項第11号(サービス関連不正等行為)


事業者に対する経済上の措置
不正に請求し,受領した介護サービス費(約76万円)を返還させるほか,介護保険法第22条第3項の規定に基づき返還額に100分の40を乗じて得た加算額(約30万円)を加え,合計約106万円を徴収する予定である。

掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

ホントに、その通りです。
働き出して、後悔してもおそいですよね。
名無しさん |  2019.03.19(火) 09:51 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |