FC2ブログ
2019年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2018.11.26 (Mon)

老人保健施設ウェルビーで集団食中毒

豊田市内の老人保健施設から40人が食中毒

豊田市は二十六日、同市昭和町の「老人保健施設ウェルビー」で、二十二~百歳の男女四十人が食中毒を発症したと発表した。
発症者は入所者と職員で、十七、十八日に下痢や軽い発熱などの症状を訴えた。入院患者はおらず、全員が快方に向かっているという。 市によると、発症者十三人の便からウエルシュ菌が検出された。全員が施設の食事を取っており、いつの食事が原因かは不明。
市保健所は二十六日、施設内で食事を提供していたロハスフード(知立市)に対し、この施設での営業を禁止する処分を出した。施設では処分解除まで、入所者に別の業者の弁当を提供する。


豊田市内の老人保健施設から、複数の入所者等が体調不良になったとの連絡が、平成30年11月19日(月曜日)に豊田市保健所に入りました。

これを受け豊田市保健所が調査したところ、40人が食中毒様症状を呈していることが判明し、そのうち有症者13人の便からウエルシュ菌が検出されました。豊田市保健所は、複数の有症者からウエルシュ菌が検出されたこと、有症者の共通食が当該老人保健施設で提供された給食のみであること、有症者を診察した医師から食中毒の届出があったことから、当該老人保健施設の給食を受託調理していた施設を原因とする食中毒と断定しました。

このため、本日(26日)付けで給食施設を営業禁止処分とし、再発防止策の指導を実施します。なお、入院した人はおらず、有症者は全員快方に向かっています。

発症状況等
喫食者数:70~80人(日によって変動)
有症者数:40人(うちウエルシュ菌が検出されたのは13人)
発症日時:11月17日(土曜日)午前0時~11月18日(日曜日)午前10時
主な症状:下痢、発熱(37~37.3℃)

原因施設(給食施設)
営業所名称:老人保健施設ウェルビー内厨房
営業所所在地:豊田市昭和町1丁目1番地
営業者氏名:株式会社 ロハスフード 代表取締役 村田 貴彦
営業者住所:愛知県知立市山町御林1番地12

残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |