FC2ブログ
2019年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2019.02.05 (Tue)

NPO法人ドリーム南さつま指定取消し

NPO法人ドリーム南さつま
代表者 中江達好

鹿児島県は1月31日、県に提出した書類に虚偽の記載があったとして、障害者就労継続支援B型事業所を運営するNPO法人「ドリーム南さつま」(南さつま市)に対し、障害者総合支援法に基づき、事業所の指定を取り消す行政処分を出したと発表した。処分は1月29日付。

県障害福祉課によると、同法人は2015年11月~16年4月、必要な人員を確保していないのに、所定の職員を配置したかのような書類を作成し、県に提出するなどした。昨年10月、県の監査で発覚した。

同法人は県に対し、1月末での廃業を伝えている。同事業所に通う4人の障害者は今後、別の施設を探すことになるという。


指定障害福祉サービス事業者の指定の取消しについて

対象事業者
1事業者の名称:特定非営利活動法人ドリーム南さつま
2事業者の所在地:鹿児島県南さつま市加世田津貫14215番地1

対象事業所
1事業所の名称:ドリーム南さつま
2事業所の所在地:鹿児島県南さつま市加世田津貫14215番地1

処分日
平成31年1月29日

処分の内容
指定の取消し

処分の理由
監査において,管理者は,勤務実態のないサービス管理責任者について,「常勤のサービス管理責任者として勤務していた。」との虚偽の答弁を行った。

指定内容変更届出書について,常勤・専従のサービス管理責任者を確保していない状況であるにもかかわらず,常勤・専従のサービス管理責任者を配置しているとして,虚偽の届出書を提出した。

定款に記載された目的
この法人は、南さつま市を中心に、広く多くの心身に障害をもつ障害者や社会的弱者といわれる高齢者等が、一般の人と同等に地域で生活し、働く喜びと生きがいを高めるため、就労継続支援B型施設の運営等障害者自立支援法に基づく障害福祉サービス事業や障害者・高齢者の生きがいづくりに関する事業を行うとともに学童保育等子育て支援事業、不登校や引きこもりなどの青少年健全育成事業、併せて福祉系公の施設の運営・管理に関する事業を行うことにより、福祉と公益の増進に寄与することを目的とする。


平成31年1月4日
加世田公共職業安定所に求人を出していた
サービス管理責任者を1名
必要な経験等は
・パソコンで書類作成ができる方
・看護師の方は5年以上の経験
賃金120,000円

【 記事の続き ・・・・・ 】


残しておきたい福祉ニュース 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

誰も履歴書出さないね。最初から看護師を雇うつもりもなかったとしか言いようがないですね。
名無しさん |  2019.02.05(火) 19:08 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |