FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2019.02.15 (Fri)

そもそも虐待が起きる背景には目に見える要因がある

虐待が起きる背景には目に見える要因がある

その要因とは
該当者の言動や態度で判る



職員が入所者のあご殴る

名張市美旗中村の知的障害者入所施設「名張育成園成美」で、職員が入所者を殴る虐待があったと、運営する社会福祉法人名張育成会(市川知恵子理事長)が2月13日に発表した。

同法人によると、1月17日午後4時半ごろ、20代の男性職員が50代の男性入所者の右あごを左の握り拳で殴り、全治2週間のけがを負わせた。別の職員があごのあざに気づき、男性職員に確認したが、「入所者が自身でたたいた」と説明していた。その後の内部調査で、1月末に事実を認めたという。

男性職員は「規定量以上の飲料を要求され、感情的になった」と話している。

同法人は既に、自治体が設置する関係機関に報告などしており、県の指導を受けながら再発防止策を検討するとしている。
現在、男性職員は自宅で待機しており、法人では15日に処分を決定する。



社会福祉法人名張育成会

名張市に報告

名張市は虐待と認定

名張市は三重県へ報告

名張育成園成美は名張署に通報相談

職員は現在自宅待機


三重県名張市の知的障害者入所施設「名張育成園成美」で、20代の男性職員が50代の男性入所者を殴り、けがを負わせていたことが分かった。施設を運営する社会福祉法人名張育成会(市川知恵子理事長)が13日、発表した。

施設によると、職員は1月17日午後4時半ごろ、入所者の右顎を左拳で殴り、全治2週間のけがを負わせた。夜勤担当者が顎のあざに気づき、発覚した。職員は、入所者が規定を超えた飲料を求めたためだと説明したという。
過去にも、この入所者の椅子を引いて尻もちをつかせるなどし、8回注意されていた

入所者の保護者が居住する自治体は虐待と認定し、県に報告。施設は名張署に相談した。

市川理事長は謝罪した上で、「支援の仕方を一から見直す」と話した。職員は自宅待機しており、法人は近く処分を決定する。


この法人は虐待傷害の事件後 各方面に報告対応ができていた
家族へ早い段階で謝罪をした

残念なのは
この職員は過去に8回もの虐待事案があったのに
注意 だけで済ましていたのか

一人の職員がおかしな言動をしていた その発見した段階で迅速に
施設内で 法人全体で
社会福祉法人の組織として対応しなければならなかった
>入所者の椅子を引いて尻もちをつかせるなど ・・・
なぜこの職員はこんなことをしたのか
ただ悪フザケだったのか?  
他の職員も利用者に虐待をしていたのか?
日常的に ・・・ そうなんか?
早い段階で迅速に人権研修をしてれば
分析していれば
傷害事件にならなかったのだ

三重県名張市の知的障害者入所施設「名張育成園成美」は14日までに、20代の男性職員が1月に50代の入所男性の顎を殴り、全治約2週間のけがをさせていたと明らかにした。

施設によると、医師の指示でカロリー制限を受けていた入所男性が1月17日、規定量以上のコーヒーを要求。男性は職員の説得を受け入れず興奮状態になり、職員が顎を1回殴打した。職員の後に男性を担当した別の職員があざがあるのに気付いたとしている。

職員はこれまで男性の椅子を引き、尻もちをつかせるなどしたとして施設から8回の注意を受けていた。

施設は男性の家族に謝罪、名張署に相談したが、家族は被害届を提出しない意向という。

職員は自宅待機しており、施設は処分を検討。施設を運営する法人の市川知恵子理事長は「一から支援を見直していきたい」と話した。


全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |