FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2019.03.05 (Tue)

福岡県の浦田一族ハンパない

前町長の徳島真次に懲役4年求刑、鞍手町官製談合 福岡地裁

福岡県鞍手町が発注した下水道事業を巡る官製談合事件などで、官製談合防止法違反などの罪に問われた前町長の徳島真次被告(59)と仲介役の無職、浦田宗徳被告(46)の論告求刑公判が4日、福岡地裁(平塚浩司裁判長)で開かれた。検察側は「刑事責任は重大」として徳島被告に懲役4年、追徴金75万円を求刑した。結審し、判決は28日に言い渡される。

浦田被告には「不可欠な役割を果たした」として、懲役2年、追徴金37万5千円を求刑した。

検察側は論告で「私欲のために平然と行政の公正を害した」と指摘。「町政に対する信頼を著しく失墜させた」として実刑判決を訴えた。弁護側は「深く反省している」などとし、起訴猶予付き判決が相当と主張した。

起訴状などによると、2015年7月、鞍手町発注の2つの下水道事業を巡る指名競争入札で、両被告らが共謀し、事前に最低制限価格などの情報を開示し、入札の公正を害したとされる。

また、徳島被告は2015年2月ごろ、特別養護老人ホームの新設を巡り、県内の社会福祉法人を運営する浦田被告から便宜を図るよう依頼され、見返りに現金1千万円を受け取ったとされる。


社会福祉法人レーヴ福岡
当時の理事長だった浦田宗徳46歳
現理事長 浦田 宏

前町長の徳島真次、賄賂は「1千万いいですか」料亭で即答 2018年12月20日
福岡県鞍手町の官製談合・汚職事件で、受託収賄罪などに問われた前町長・徳島真次被告(59)ら2人の第2回公判が19日、福岡地裁(平塚浩司裁判長)であった。検察側は冒頭陳述で、繰り返し料亭で接待を受けて賄賂を受け取り、2期目の選挙資金などに充てようと考えていたと主張した。

起訴状では、徳島被告は2013年11月、社会福祉法人理事長だった無職浦田宗徳被告(46)(別の加重収賄罪などで起訴)から特別養護老人ホームの新設に関して県への働きかけを依頼され、15年2月に1000万円を受け取ったなどとしている。

検察側の冒頭陳述によると、徳島被告は14年11月、直方市内の料亭で浦田被告らから接待を受けた際に謝礼額を問われ、「1000万、いいですか」と即答。15年2月、同じ料亭で紙袋入りの1000万円を受け取り、「選挙前なので助かりましたよ」と述べたという。翌日、銀行の貸金庫に全額を保管した。浦田被告の贈賄罪は公訴時効が成立している。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |