FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2019.04.18 (Thu)

懲戒解雇すればお咎めなしってか*目糞鼻糞の社会福祉協議会

社会福祉法人桐生市社会福祉協議会
理事長 笠井秋夫
群馬県桐生市新宿三丁目3番19号

障害者施設の職員が400万円着服

桐生市社会福祉協議会は17日、運営する障害者支援施設「桐生みやま園」(同市川内町)の40代の経理担当の男性職員が、施設で制作した販売品の売上金などから現金計約400万円を着服したとして、懲戒解雇処分とした。

同会によると、男性は昨年1月から今月まで、現金で受け取っていた売上金などを46回にわたって預金口座に入金していなかった。着服した現金は競艇、パチンコ、マージャンなどギャンブルに使ったという。

男性本人からの報告で、8日に発覚した。15日時点で約175万円が返済されており、12月27日までに完済予定。

笠井秋夫会長は「信頼を損ねる事態を招いたことに対し、深くおわびする。再発防止に努める」との謝罪コメントを発表した。

桐生みやま園
群馬県桐生市川内町5丁目1199
園長 桑子信之



桐生市の障害者支援施設の男性職員が施設で作った商品の売り上げなどあわせて400万円余りを着服していたことがわかり、施設を運営する社会福祉協議会はこの職員を懲戒解雇の処分にした。

懲戒解雇となったのは桐生市にある障害者支援施設「桐生みやま園」の経理を担当していた40代の男性職員。

施設を運営する桐生市社会福祉協議会によると、この職員は去年1月から今月4日までの間に施設の利用者が作った学用品などの売り上げや、保護者が支払った行事に参加するための費用などあわせて400万円余りを施設の口座に入金せず、着服していたというこ。この職員は今月、経理に詳しい上司が施設に異動してきたため発覚を恐れ、みずから着服していたことを申し出たという。

社会福祉協議会によると職員は着服した金を「ギャンブルにあてた」と話していてこれまでに220万円余りを返済しことし中には全額返済する意向を示しているという。

社会福祉協議会は警察に被害の相談をするとともに、17日付けで懲戒解雇の処分にした。
桐生市社会福祉協議会の前原太常務理事は「利用者や多くのみなさまの信頼を損なうことになり、心より深くおわびいたします」と述べ、謝罪した。


あのな
何度も言うけど
誰の金で運営できとんのや
我々の税金でオマエさんは飯を食っているんだろが



福祉施設職員が403万着服 桐生市社会福祉協議会が懲戒解雇

障害者が製作した販売品の売上金や保護者会負担金など総額約403万円を着服したとして、桐生市社会福祉協議会(笠井秋夫会長)は17日、経営する障害者施設「桐生みやま園」(同市川内町、桑子信之園長)の40代男性職員を懲戒解雇にしたと発表した。処分は同日付。群馬県警桐生署への被害届の提出も検討する。一部は返済されたという。

市社協によると、元職員は2018年1月~19年4月、利用者が製作した児童用のバッグや小物入れなど販売品の売上金をはじめ、利用者や保護者が支払った施設行事の負担金などを46回に渡り、同園の預金口座に入金せず、着服した。着服分の売上金は、売掛金を計上する会計処理を行っていた。元職員が8日、桑子園長に申し出て発覚した。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |