FC2ブログ
2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2019.06.13 (Thu)

殺人事件 ⇒ 大阪の社会福祉法人慶徳会+障がい者サポートセンターしみず

社会福祉法人慶徳会
理事長 大和治文
本部 大阪府茨木市見付山1-3-29
TEL : 072-665-5165 FAX : 072-665-5166
E-mail : honbu@keitokukai.or.jp

障がい者サポートセンターしみず
施設長 山本愛
大阪府茨木市清水一丁目28-15



大阪の障害者施設で入所者死なせる 施設職員を逮捕

大阪府茨木市の障害者施設で今年3月、男性入所者に暴行を加えて死なせたとして、大阪府警捜査1課は13日、傷害致死容疑で、「障がい者サポートセンターしみず」(同市清水)の職員、伊住(いずみ)祐輔容疑者(40)=同府箕面市今宮=を逮捕した。同課によると、容疑を否認している。

逮捕容疑は3月22日深夜~23日未明、「障がい者サポートセンターしみず」の施設内で、担当していた男性入所者に暴行を加え、内臓を損傷させるなどして死亡させたとしている。

同課や施設によると、男性には重度の知的障害があった。22日夕方に施設を訪れ、翌23日昼までの1泊2日の短期入所を予定していた。男性は個室で就寝することになっており、22日夜には施設内を歩く姿が確認されたが、23日未明、別の部屋で息をしていない状態で布団に横たわっているのが見つかったという。すぐに救急搬送されたが、その後に死亡が確認された。

伊住容疑者は逮捕前の産経新聞の取材に「施設で起きたことについては何も言えません。施設の責任者に聞いてほしい」と話していた。


入所していた男性の腹部に膝を乗せたり頸部を圧迫したりする暴行
胸や腹など複数の箇所に打撲があった
喉の付近の骨が折れるていた


10年以上前に慶徳会に採用された

障害者施設で入所者暴行死 容疑の職員逮捕

大阪府茨木市の社会福祉法人慶徳会が運営する障害者施設「障がい者サポートセンターしみず」で3月、入所者の無職の男性(30)に暴行を加え死亡させたとして、大阪府警捜査1課は13日、施設職員で介護福祉士の伊住祐輔容疑者(40)=同府箕面市今宮3=を傷害致死の疑いで逮捕した。同課によると「腕をつかむなどしたが、けがをさせることはしていない」と容疑を否認している。

逮捕容疑は3月22日午後11時~23日午前1時15分ごろ、施設内で入所していた男性の腹部に膝を乗せたり頸(けい)部を圧迫したりする暴行を加え、同月24日に搬送先の病院で死亡させた疑い。男性は胸や腹など複数の箇所に打撲があったほか、喉の付近の骨が折れるなどしていたという。

同課によると、男性は同月22日午後4時すぎ、1泊2日の予定で施設3階の個室に入所。同8時から伊住容疑者と50代の女性職員の2人で、男性を含め4人の入所者を介助していた。センターによると、男性には知的障害がある。

伊住容疑者の逮捕前の任意聴取などによると、男性は消灯時間になっても寝付かず廊下に出るなど徘徊(はいかい)を繰り返していた。以前に入所した時に同じ階の別の部屋では眠りに就いたと聞いていたためそこに布団を移動。「引き倒して覆いかぶさったり腹部に膝を乗せたりしておとなしくさせようとした」という。

伊住容疑者は同月23日午前1時15分ごろ、休憩していた女性職員に「様子がおかしい」と伝え、同職員が布団の端であおむけに倒れた男性を発見。声をかけても反応がなく119番したが、翌24日に搬送先の病院で死亡が確認された。消灯までに別の職員が風呂に入れるなどした際には男性の体に皮膚変色などの異常はみられなかったという。

障がい者サポートセンターしみずは13日午前、取材に「担当者が不在のためお答えできない」と話した。


男性は1泊2日の予定で短期入所していた
施設の利用は4回目だった

腕はつかんだが暴行はしていないと容疑を否認している

逮捕容疑は3月22日午後11時~翌23日午前1時15分ごろ、「障がい者サポートセンターしみず」で、入所者の男性の腹部に乗ったり、首を圧迫したりする暴行を加え、24日未明に搬送先の病院で死亡させた疑い。

同課によると、男性は1泊2日の予定で短期入所しており、施設の利用は4回目だった。胸や腹部に複数の打撲痕があり、喉の骨も折れていた。

当時は伊住容疑者と女性職員の2人で夜勤に当たっており、休憩中の女性職員が同容疑者から「男性の様子がおかしい」と報告を受けて119番した。伊住容疑者が男性を担当したのは初めてだったという。


施設長の山本愛
逮捕された職員は
利用者や他の職員からも信頼されていたので信じられない気持ちだ


対人関係が苦手だった 施設長の山本愛

大阪府警に職員の伊住祐輔容疑者(40)が逮捕されたことを受け、茨木市の「障がい者サポートセンターしみず」の山本愛施設長が13日午前、報道陣の取材に応じ、「今でも職員が逮捕されたということが信じられない。利用者が亡くなっているのは事実なので、ご遺族には大変申し訳ない気持ち」と神妙な面持ちで語った。

施設によると、伊住容疑者は正規職員で10年以上、障害者の介護支援などを専門に担当していた。勤務態度には問題はなく、これまでに施設の利用者らとトラブルになったことはないという。

府警の捜査を受ける中、伊住容疑者は「自分は暴行をしていない。早く嫌疑がはれてほしい」と漏らしていたという。山本施設長は「口下手で新しい対人関係をつくるのは苦手だったが、障害者の方には親切に対応していた」と話した。


人を見た目で判断したらダメよ
性善説はウソよ





貯め込んでるのぉ 11億3千万円


この法人
低い賃金で最低賃金で雇うことで
これだけ貯まるわな



8月2日現在
社会福祉法人慶徳会のホームページにはお詫び等の文言がない

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

これだから、福祉士の有資格者は信用できない。

市原市の件は、社会福祉士が。

この件は、介護福祉士が
ソーシャルワーカー |  2019.06.14(金) 23:30 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |