FC2ブログ
2019年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2019.07.18 (Thu)

菊池市のケアホームともづな ⇒ 情報の共有がなかったから ・・・?

株式会社ともづなリハサービス
宅型有料老人ホーム:ケアホームともづな
代表取締役 施設長 冨来 一到

熊本の老人ホームで虐待 床ずれを放置

熊本県菊池市の住宅型有料老人ホーム「ケアホームともづな」で、重症の入所者を病院で受診させない介護放棄や、入所者約20人に対して緊急性のない身体拘束などがあったとして、市が高齢者虐待防止法に基づき、虐待と認定していたことがわかった。7月末までに再発防止策などを書面で報告するよう求めている。

市によると、2月に2度にわたって立ち入り調査し、6月21日付で報告を求める通知を出した。施設は2棟あり、定員は55人。終末期の高齢者を積極的に受け入れている。訪問看護事業所などを併設し、市内の株式会社ともづなリハサービス:冨来一到社長が運営している。

市などによると、昨年秋、90代の女性入所者の腰に、直径8センチ、深さ5センチの褥瘡ができていたが病院の皮膚科を受診させず、家族にも知らせていなかったという。

女性の息子は、職員の一人から「床ずれがひどい状態になっている」と耳打ちされた。確認すると、女性の腰に「ぼっこりクレーターができていた」。普段はほとんど言葉を発することができない女性が、床ずれを処置する際に「痛い!」と叫び、失禁したとも聞かされたという。

60代の男性入所者は、市が調査に入った際に40度の発熱があることがわかり、救急搬送されて肺炎と診断された。市の調査をきっかけに入院した入所者が、ほかに少なくとも2人いるという。

また、市は、四方を柵で囲ったベッドに寝かせる身体拘束も約20人について確認した。いずれも緊急性や家族への説明がなかったという。複数の職員が入所者を心理的に圧迫するような暴言を吐いていたことも判明したという。

運営会社の冨来社長は朝日新聞の取材に対し、「床ずれや発熱の状態変化が早くて対応が追いつかないこともあったが、かかりつけ医の往診も受けていた。放置していたとは思っていない」と説明している。


言い訳にも聞こえるし

介 護 士 だ け が 知 っ て い る



掲示板 全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |